阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:鉄道(関西地区事業者) > JR西日本

JR西日本では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、JR京都線・JR神戸線等の特急列車で、定期券と併せて利用可能なチケットレス特急券を6月1日から発売しています。


この度、この「期間限定 定期券併用チケットレス特急券」について、6月末までの発売期間だったものを、7月末まで発売期間を延長すると共に、2020年7月6日(月)より、JR神戸線通勤特急「らくラクはりま」を全席指定席として運転することを発表しました。

「期間限定 定期券併用チケットレス特急券」の発売延長:JR西日本

概要は以下の通りです。

●利用期間:
2020年7月31日(金)まで
(※)土休日除く

●対象列車:
※7月以降、対象列車が変更されているのに留意
[上り]
はるか40号・44号
サンダーバード35号・37号・39号・41号・43号・45号
スーパーはくと2号・12号
らくラクはりま

[下り]
はるか3号・7号・11号
サンダーバード2号・4号
スーパーはくと1号・3号・13号
はまかぜ5号
らくラクはりま

●設定区間:
近江今津〜大阪、草津〜天王寺、京都〜姫路

●発売額:
300円(大人1名、普通車指定席・片道利用)

●利用条件等:
別途、利用区間を含む定期乗車券(フレックス定期券を除く)が必要。
対象列車の指定席については、定員の5割程度を上限として発売していたが、7月以降はこの取扱いを終了


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が解除され、「新しい生活様式」の元、徐々にこれまでの社会生活を取り戻していく取り組みが求められていますが、とはいえ、感染症拡大の懸念が拭い去られたわけではありません。

特に通勤時間帯の混雑を緩和し、「社会的距離」を確保する観点から、有料着席サービスを利用しやすくする施策については、関西地区の鉄道事業者でも、JR西日本のみならず、近鉄・南海でも既に実施が発表されています。



今回、JR西日本では、既に6月から取り組みを始めている「期間限定 定期券併用チケットレス特急券」について、7月も引き続き実施することを発表しています。
引き続き「ゥイズコロナ」の点から「社会的距離」を取る方策を実施することから、この企画きっぷ自体はしばらく続くのかな、と思っていたのですが、意外なニュースだったのは、「『らくラクはりま』の全車指定席化」であります。

2019年3月のダイヤ改正で、JR神戸線の通勤特急として登場した「らくラクはりま」ですが、同路線では新快速列車も多く設定されていることもあり、こういった有料着席サービスの通勤特急が定着するか否か、意見が分かれていたように記憶しています。
実際、夕方の「らくラクはりま」では、直前に大阪駅始発の新快速が設定されていることもあってか、利用がいまいち定着していない、という話も聞こえてはいました。

しかし、今回の新型コロナウイルス感染症後、社会的距離を取る観点から期間限定・定期券利用者限定で特急料金の値下げが行われた結果、全席指定席に変更するほどの利用者の増加があったとは、これまた驚きでありました。


格安な料金に釣られて利用しているという点はあるかと思いますが、一定の利用者は期間限定での割引終了後も引き続き利用する可能性もありますので、思わぬところで「らくラクはりま」の「お試し企画」が実現した、という格好でしょうか。

既にJR東日本では「あずさ」「かいじ」「ひたち」「ときわ」等々の在来線特急列車が全車指定席となっていますが、JR西日本近畿エリアの在来線特急列車も同様に全車指定席となるのか、といったところも今後注目なのかな、とも感じたニュースでありました。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今朝早起きして、「くろしお6号」で撮影した「パンダくろしお」と「山中渓のアジサイ」ですが、夕方になって曇りがちになってきたことと、本日は部分日食もあることから、過去二回の様に影が生じることも無いのではないか、と考え、三度目のトライをしてみることにしました。

DSC01622-2_R
▲「パンダくろしお」編成「くろしお26号」と山中渓駅のアジサイ(2020.6.21)

今回はこのように、曇り空だったことが奏功し、「パンダくろしお」と「アジサイ」の色がどちらもきっちり現れてくれました。
また一つ、「パンダくろしお」関係でのミッションコンプリートであります。

「パンダくろしお」の直前の225系紀州路快速と、アジサイとの組み合わせも撮影してみました。
DSC01616_R


アジサイの見頃もピークを過ぎてきましたので、今シーズンの撮影はこれが最後となるでしょうか。
来シーズンは、雨上がりの様子などにもトライしてみたいなと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

昨日の夕方に山中渓駅近くのアジサイとパンダくろしおを撮影してみました。


今朝も早起きして、山中渓駅近くまで向かい、「パンダくろしお」とアジサイを撮影してみました。
DSC01600_R


昨日とは異なり、今度はアジサイに日が当たる写真となりましたが、これはこれでよしとしましょうか。

本日は、「くろしお14号」も「パンダくろしお」が充当されていますが、他の用事があるので、今シーズンのアジサイとの撮影はこれでひとまず終了、といったところでしょうか。

梅雨空のアジサイ、らしい「パンダくろしお」との写真は、来シーズンに期待ですね。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

JR西日本では、これまで新型コロナウイルスの影響による旅行の見合わせについて、無手数料によるきっぷの払い戻しを特例的に行ってきましたが、この取扱いを、6月18日(木)までの申し出までとして終了することを発表しました。

新型コロナウイルスの影響に伴うきっぷの無手数料払いもどしの取扱い終了について|JR西日本
新型コロナウイルスの影響に伴うきっぷ・定期券の取扱いについて|JR西日本

なお、「緊急事態宣言に伴う外出自粛を事由とする払い戻し」で、かつ「緊急事態宣言措置期間(2020年4月7日〜2020年5月25日)を有効期間に含むきっぷ」については、2021年5月25日(火)まで払い戻しすることとなっています。

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



このブログでも、新型コロナウイルスの影響によるJR西日本の払い戻しの特例の取扱いについて、これまでご紹介してきました。




緊急事態宣言が解除されてしばらく時間も経過し、感染拡大も現在のところ抑え込まれていることもあり、今回乗車券類の払い戻しに対する無手数料による特例を、6月18日で終了することになりました。

ただ、「緊急事態宣言を含むきっぷ」については、従前どおり2021年5月25日(火)まで払い戻しを実施しますが、6月18日(木)以降の申し出の場合は、手数料が発生することになるかと思われますので、当該有効期間を含むきっぷをお持ちの方はご注意下さい。

また、定期券・回数券については、従前からの特例の取扱いのまま、変更は行われていません。
通学定期(高校まで)は2月28日(金)以降の最終登校日、通勤及び通学(大学生)については、緊急事態措置期間を有効期間に含む定期券について、4月7日(火)以降の最終使用日をそれぞれ申し出日とみなす取扱いとなっていますので、今一度改めてご確認くださればと思います。


思えば私自身も、家族の定期券の関係で、この払い戻し特例を有り難く適用させていただきました。
特に新年度は、通学定期券を使用した矢先に緊急事態宣言が発出され、その後の登校が中止となり、払い戻しを行ったりしました。

そういった特例について、徐々に終了のアナウンスが発せられるところをみると、鉄道関係でも新型コロナウイルスの収束に向けての動きが見えてきているのかな、と感じたニュースでありました。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

夏至も近づいてきて、日の出の時刻も日々早くなってきています。
この時期だからこそ、早起きを励行して、着々と撮影記録を増やしていきたいところです。



さて本日は、今月から府県間をまたぐ不要不急の移動自粛が解除となったことを踏まえて、自粛解除後、初の府外での撮影記録をご紹介することとします。

場所は、阪和線・山中渓〜紀伊間の、府県境付近の踏切であります。
ここは、夏至に近い時間帯の朝だけ、正面から明るい写真が撮れるようでして、以前からこの時期にここで撮影してみたいな、と思っていた次第です。

府県境から1kmもない場所ですが、境界をまたいでの移動が自粛されていたことから、解除のタイミングまで待っていた次第です。

DSC01315_R
▲特急「くろしお6号」
287系「パンダくろしお」充当列車です。
パンダくろしおの「くろしお6号」は、下記記事で長滝〜新家間でも撮影しましたが、今回はこの場所で、真正面に影の当たらない、良い感じで記録できました。

DSC01324-2_R
▲225系5100番台普通列車

DSC01326_R
▲223系2500番台紀州路快速

ちなみに撮影地はこちらです。


来週も、早起きできれば、近所で撮影できればいいなと思っています。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

JR西日本とJR九州では、去る5月11日(月)から定期列車の一部運休を実施していましたが、新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が解除になったことなどを踏まえて、6月13日(土)より全ての定期列車を運転することを発表しました。

山陽新幹線 運転計画の見直し:JR西日本
今後の九州新幹線運転計画等について |JR九州

これに伴い、一部設定されていた臨時列車の運転は6月12日(金)までとなり、運転取りやめとなる列車のきっぷは、無手数料で変更または払い戻しを実施するとのことです。

詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



既に先ほどアップした記事(下記参照)で、JR西日本の北陸新幹線「つるぎ」及び在来線特急について、定期列車全列車運転再開の発表をご紹介しました。


これに加えて、山陽新幹線と九州新幹線でも、6月13日(土)より定期列車は全て運転再開されることなりました。

また、既にJR東海からは、東海道新幹線については、6月1日(月)より定期列車は全て運転再開することが発表されています。
東海道新幹線 今後の運転計画について(6月1日以降)|JR東海


新幹線についても、徐々にコロナ前の姿に戻りつつある、といったところですが、出張や観光の動きは、回復のペースが通勤・通学より遅いでしょうから、これらに加えて臨時列車の運転も実施される、というこれまでの通常の姿に戻るのは、まだしばらく時間がかかりそうです。

とはいえ、定期列車全列車運転再開は、一つの区切りとも思われますので、今回ご紹介した次第です。
出張等で東海道・山陽・九州新幹線を利用する際には、気をつけておきたいところであります。



●関連ニュースサイト:
北陸新幹線「つるぎ」やJR西日本の特急 13日から通常ダイヤ 九州新幹線も全便運転へ | 乗りものニュース



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

JR西日本では、新型コロナウイルス発生による利用者減少を踏まえ、5月16日(土)より北陸新幹線「つるぎ」及び在来線特急の一部列車の運休を行ってきました。

【JR西日本】在来線特急の一部定期列車運休を発表。「くろしお」は36本中12本が運休 : 阪和線の沿線から

この度、政府による緊急事態宣言が解除されたことや、最近の利用傾向を踏まえて、6月13日(土)より運転計画を見直すことを発表しました。

北陸新幹線「つるぎ」、在来線特急 運転計画の見直し:JR西日本

概要は以下の通りです。

●運転を再開する列車:
・北陸新幹線:
「つるぎ」
・在来線特急:
「サンダーバード」「くろしお」「こうのとり」「きのさき」「はしだて」「まいづる」「やくも」「しおかぜ」「南風」

●引き続き一部の定期列車を運休する列車:
特急「はるか」


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



新型コロナウイルス感染症拡大以降、極端に利用が減少した特急列車について、先月半ばより運休が続いてきましたが、冒頭に記したように、政府による緊急事態宣言が解除されたことなどから、特急列車も含めて利用者が少しずつではありますが回復している傾向にあります。

加えて、通勤・通学が再開したものの、社会的距離(ソーシャルディスタンス)確保の取り組みも求められる中、下記記事のように、定期券併用によるチケットレス特急券を発売する等の動きも出てきています。
(参考)


そんな中、そろそろ特急列車の運休措置が終了されるのではないか、と思っていたところ、本日、6月13日(土)以降の在来線特急について、そのほとんどのが定期列車全列車運転再開となることが発表されました。

DSC_1617
▲289系「くろしお」号。
36本中12本が運休していた「くろしお」も、6月13日(土)より全列車が運転再開となります。

一方で、関西空港アクセスの特急「はるか」の一部列車運休は継続されるとのことで、こちらは主たる目的が関空アクセスという関係上、運転再開はまだ先になるのかな、とも思われます。
(参考)


ただ、「はるか」に関しても、朝夕は通勤利用としての利用もあることから、これらの時間帯の運転再開を望む声もありますが、車両運用の観点から、一部時間帯の運転再開、というのは難しいのかも知れません。

ともあれ、「くろしお」に関しては定期列車全列車運転再開となりますので、先に述べた「アドベンチャーワールド」への観光や、和歌山県内、和歌山〜大阪の通勤・通学利用等にも、運休を気にすることなく利用が可能になるのは、一安心なのではないか、と感じたニュースでありました。




●関連ニュースサイト:
北陸新幹線「つるぎ」やJR西日本の特急 13日から通常ダイヤ 九州新幹線も全便運転へ | 乗りものニュース

JR西日本では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止、そして「社会的距離(ソーシャルディスタンス)の確保」への対応の一環として、JR京都線・JR神戸線等で、定期券と併せて利用可能なチケットレス特急券を期間限定で発売することを発表しました。

朝・夕時間帯における分散乗車の取り組みについて:JR西日本

概要は以下の通りです。

●名称:
「期間限定 定期券併用チケットレス特急券」(e5489限定発売)

●利用期間:
2020年6月1日(月)〜2020年6月30日(火)
(※)土休日を除きます。

●発売期間:
2020年5月31日(日)〜2020年6月30日(火)
JR西日本のネット予約「e5489」で発売。
利用日の前日及び当日に限り予約可能。

●対象列車:
(上り)
はるか2号・4号・40号・44号
サンダーバード1号・3号・5号・7号・35号・37号・39号・41号・43号
スーパーはくと2号・12号
はまかぜ6号
らくラクはりま

(下り)
はるか3号・7号・11号・51号
サンダーバード2号・4号・34号・36号・38号
スーパーはくと1号・3号
はまかぜ5号
らくラクはりま

(※)対象列車が運転休止の場合あり。

●設定区間:
近江今津〜大阪、草津〜天王寺、新大阪・大阪〜姫路

●発売額:
300円(大人1名、普通車指定席・片道利用)

●利用条件:
別途、利用区間を含む定期乗車券(フレックス定期券を除く)が必要。
対象列車の指定席については、定員の5割程度を上限として発売。


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC_0500
▲京都駅に停車中の281系「はるか」。
「はるか」の一部列車でも、「期間限定 定期券併用チケットレス特急券」が利用できます。


緊急事態宣言が解除され、徐々に経済活動も再開し始めているところですが、従前とは違い、新型コロナウイルスの感染予防のため、「社会的距離」の確保が求められています。

厚生労働省のサイトによれば、「身体的距離の確保」として、「人との感覚はできるだけ2m(最低1m)空ける」ことや、公共交通機関の利用における生活様式として、「混んでいる時間帯は避けて」利用することが示されています。
新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を公表しました(新型コロナウイルス感染症)|厚生労働省

とはいえ、元より利用者の多い区間では、特に朝夕の時間帯においては、そういった社会的距離を確保するのも難しいのですが、それでも少しでも感染のリスクを下げられるよう、今回定期券利用者限定に、特急列車指定席を格安で利用できる特急券が発売されることとなりました。

料金は「300円」と、これまでの「J-WESTチケットレス」よりも割安な、まさに破格の料金であります。
これらの特急列車は、出張・観光といった中長距離の移動需要が低迷していることもあり、利用者が少ない状況が続いています。
その空席を埋めるべく、社会的距離の観点から格安商品で利用者を誘導するのは、なるほど上手い方法だと感じた次第です。

また、特急列車指定席の快適さを味わえば、キャンペーンが終了した後も、引き続き「J-WESTチケットレス」を使ってもらえる可能性もあるだけに、まさにお試しキャンペーン、という意味もありそうな商品設定であるといえます。


同様の商品が、「くろしお」の運転区間である阪和線・きのくに線でも設定されないか、と思うところですが、果たして同様の趣旨の商品が出てくるのか、注目しておきたいところです。




●関連ニュースサイト:
京阪神のJR特急300円でOK 「期間限定チケットレス特急券」で通勤時間帯の分散乗車促進 | 乗りものニュース



●関連ブログ:
Msykの業務(鉄道)日誌:+300円で特急に乗車して ” 三密 ” 回避へ



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

JR西日本は、新型コロナウイルスの感染拡大による利用者減少を踏まえ、5月11日(月)より山陽新幹線において「のぞみ」の減便を主体としたダイヤ変更を実施しました。


また、北陸新幹線では、5月28日(木)より「かがやき」の全列車運休を主体とした運転計画を発表していました。



この度、政府による緊急事態宣言の一部地域における解除や、最近の利用傾向を踏まえ、山陽新幹線での運転計画の見直し、北陸新幹線での運転計画見直しの中止を発表しました。

山陽新幹線 運転計画の見直しについて:JR西日本

北陸新幹線 運転計画見直しの中止について:JR西日本

概要は以下の通りです。

●山陽新幹線:
6月1日(月)より運転計画を以下のとおり見直し。
・東海道新幹線と直通する「のぞみ」全ての定期列車を運転。
「のぞみ」定期列車の運転率は50%→100%に。
・「みずほ」「さくら」は1時間当たり1本程度の運転を継続。
・「ひかり」「こだま」は引き続き全ての定期列車を運転。

●北陸新幹線:
・5月28日(木)からの定期「かがやき」運休を中心とした運転計画見直しは実施せず。
・定期「かがやき」「はくたか」は全列車運転。
・「つるぎ」についても、一部列車の運転を再開。
・指定券は2週間毎にまとめて前売り開始。
例:5月28日(木)〜6月10日(水)運転の列車は5月23日(土)5:30〜発売
「かがやき」については、普通車指定席は定員の6割程度、グリーン車は定員の5割程度を上限として発売。


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC02235-2_R
▲新高岡駅に到着するW7系。
(2015年10月撮影)

新型コロナウイルスの感染拡大により、利用者が極度に減少した山陽新幹線や北陸新幹線では、利用状況を踏まえた大幅な減便が実施済、あるいは実施予定となっていました。
しかし先日、京都・大阪・兵庫の各府県で緊急事態宣言が解除されたこともあり、今後利用者が回復してくる見込みも見えてきたように感じます。

それを踏まえて、本日の発表では、「のぞみ」の定期列車を100%に回復、また「かがやき」全便運休の運転計画見直しを中止することが発表されました。


今回の発表では、これらに加えて、北陸新幹線では、指定券の発売が2週間毎となったり、乗客同士の距離を確保する目的から、「かがやき」については、5〜6割程度を上限とした席数を発売することも併せて発表されています。

いわゆる「ソーシャルディスタンス」を確保するための方策、といえますし、新型コロナウイルス感染がまだ抑え切れていない現状では仕方がない措置であるともいえます。
一方で、利用できない座席が発生することで、鉄道事業者の収益悪化の原因にもなることも確かなわけですから、そういう意味でもこの新型コロナウイルスが終息を迎え、これまで通り定員どおりの指定席発売ができる日を心待ちにしたいと思うところであります。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

JR西日本では、新型コロナウイルス感染症の発生による利用者の減少を踏まえ、5月28日(木)より北陸新幹線の運転計画見直しを実施することを発表しました。

北陸新幹線 今後の運転計画等について:JR西日本

概要は以下の通りです。

●5月28日(木)からの一日あたり運転本数:
(通常ダイヤの本数→5/28〜当面の間の本数)

かがやき:
東京〜金沢・・・20本→0本

はくたか:
東京〜金沢・・・28本→28本
長野〜金沢・・・2本→2本

つるぎ:
富山〜金沢・・・36本→27本

合計:
86本→57本



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC02235-2_R
▲北陸新幹線W7系(新高岡駅)

既に39県で緊急事態宣言の解除が発表されているなか、今後じわじわと利用者が戻ってくることも考えられるなかではありますが、北陸新幹線では「かがやき」の全面運休を主体とした運転本数の見直しを発表しました。

新型コロナウイルス感染症による利用者の外出自粛が始まって以降、特に北陸新幹線については極端に利用が落ち込んでおり、直近で発表された4月の利用状況では、前年同日比で8%(92%減)という有様でした。


流石にこの状況では、運転本数の見直しを行わざるを得ない、ということで、今回の発表になったわけですですが、指定席設定があるためにある程度早い段階で発表しなければならないこと、また、JR東日本との直通運転も行っていることなどから、様々な部門にまたがる調整が必要なこともあって、緊急事態宣言一部解除後に列車運休を増やすという、ある意味皮肉な発表となっていました。

もっとも、今後の利用状況の回復状況をみて、臨時列車の追加設定等、可能な限り柔軟な対応が為されるものと思われますが、ともあれ5月28日(木)より北陸新幹線を利用する際には、運休はもとより運行されている列車も普段と停車駅が違っている場合もあるようなので、実際に利用の際には十分注意しておきたいところであります。

加えて、先に記したように、緊急事態宣言が39県で解除されていることもあれ、今後の追加での発表内容にも注意しておきたいところであります。



●関連ニュースサイト:
北陸新幹線,5月28日以降の運転計画を発表|鉄道ニュース|2020年5月14日掲載|鉄道ファン・railf.jp



●関連ブログ:
5月28日からは「かがやき」全て運休: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ