阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:鉄道(関西地区事業者) > 南海電鉄

下記記事でご紹介したように、南海電鉄高師浜線は、今年で全線開業100周年を記念したイベントを実施しています。


今回、こちらの乗車記録で「まんがタイムきらら展in大阪」を見に行った後、南海線で羽衣まで行き、高師浜線に乗車しました。

DSC00230_R

高師浜駅で撮影した高師浜線100周年記念ヘッドマーク掲出「走る工場夜景」ラッピング2200系。

ヘッドマーク部分をアップしてみます。
DSC00231_R


夜景ラッピングを夜に撮影しようと、下記のラッピング運行開始の時から密かに思っていましたが、ようやく実現できました。
DSC00234_R


DSC_0451
折り返しの間にもう一枚。

高師浜駅の駅前には、だんじりの時期ということもあり、提灯が掲げられていて、駅舎のステンドグラスとともに駅前を明るく照らしていました。
DSC00227-2_R


そして、駅改札口で、「記念乗車証」をもらいます。
駅係員に記念乗車証を欲しい旨伝えると、すんなりいただけました。
img315_R
▲記念乗車証(表面)

img316_R
▲記念乗車証(裏面)

以上が、高師浜線全線開業100周年記念イベントのヘッドマーク掲出・記念乗車証の記録でありました。
わずか1.5kmの短い支線ではありますが、100年の歴史が詰まっている高師浜線。
今だけの特別なイベントを体験に、皆さまも高師浜線を訪問してみてはいかがでしょうか。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

このブログでも恒例的にご紹介しています、南海電鉄への新車の甲種車両輸送ですが、今年に入って恐らく3回目くらいの甲種輸送が、昨日から本日にかけて実施されました。
本日、少し早起きして、到着したばかりの8300系の様子を見てきました。

DSC00163_R

本日は8両(4両編成×2本)の輸送でありました。
難波方先頭車は8414号車でした。

続きを読む

南海電鉄では、2019年10月25日に高師浜(たかしのはま)線(羽衣〜高師浜間)が全線開業100周年を迎えますが、これを記念して、地元の高石市と協力して、100周年記念イベントを実施することを発表しました。

高師浜線全線開業100周年! メモリアルイヤーを記念した各種イベントを開催します|南海電鉄

概要は以下の通りです。

●記念ヘッドマーク掲出:
・期間:
2019年10月4日(金)〜2020年3月31日(火)
・掲出車両:
「走る工場夜景」ラッピング電車(2200系)
・運行路線:
高師浜線、多奈川線、加太線、和歌山港線、高野線(岸里玉出〜汐見橋)
・ヘッドマークデザイン:
nankai_takashinohama_100th_HM
(上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/191001_1.pdf)より引用)

●記念乗車証配布:
・期間:
2019年10月5日(土)〜11月30日(土)
・場所:
羽衣駅改札(6:00〜23:00)
高師浜駅改札(係員滞在時間帯のみ配布)
・その他:
先着3,000枚で、なくなり次第終了
乗客の申告により配布

●その他:
写真家「小林哲朗」氏と巡る 高石・堺工場夜景ツアー、鉄道学校(高石市内在住小学生限定)を開催


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


南海高師浜線は、羽衣〜高師浜を結ぶ、わずか1.5kmの支線で、1918年に羽衣〜伽羅橋(きゃらばし)間が部分開業し、翌1919年に伽羅橋〜高師浜間が全通し、いまの姿となりました。
以降、伽羅橋〜高師浜間が高架化されたり、ワンマン運転が開始されたりと、その姿を少しずつかえつつも、南海本線の支線の一つとして走り続け、この度100周年を迎えました。

それを記念して今回、今や高師浜線の注目の的でもある「走る工場夜景」ラッピング電車に期間限定でヘッドマーク掲出を実施するとのことであります。
参考:

ヘッドマークの掲出期間は来年3月末までですので、機会を見つけて是非とも見に行きたいな、と思っていますが、「工場夜景ラッピング」編成は、必ずしも高師浜線で走っているわけでもないので、その点注意でありましょうか。

また、乗車記念証も配布されるとのことですので、南海線に乗車の際は、少し時間を取って高師浜線に寄って、折角の記念ですので、乗車証を貰えることができればいいな、と思ったニュースでした。




●関連ニュースサイト:




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

南海電鉄では、鉄道の日記念行事として、「南海電車まつり2019」を開催することを発表しました。

「鉄道の日」記念行事 「南海電車まつり2019」11月9日(土)開催!9000系「NANKAIマイトレイン」が南海電車まつりに初登場!(南海電鉄)

概要は以下の通りです。

●日時:
2019年11月9日(土) 10:00〜16:00
(最終入場15:30)

●場所:
南海電鉄千代田工場(高野線・千代田駅下車徒歩約10分)

●主な内容:
・9000系「NANKAIマイトレイン」車内見学会
・めでたいでんしゃ車内見学会
・工場探検
・各種物販ブース
・ドローン無料体験

●9000系「NANKAIマイトレイン」臨時直通列車:
・運転日時:
2019年11月9日(土)、難波駅9:09発→千代田工場9:49着(往路のみ運転)
・集合場所:
難波駅2階中央改札口前(8:30集合)
・募集人数:
インターネット、電話で計140人(最小催行人数60人)
・使用車両:
9000系「NANKAIマイトレイン」4両
・募集方法
インターネット「南海電鉄ぶらりたび」(http://www.nankai.co.jp/odekake/burari.html)で10月18日(金)10:00〜10月24日(木)17:00
電話で10月28日(月)〜10月29日(火)

●PR用ヘッドマーク掲出:
・掲出期間:
2019年10月8日(火)〜11月8日(金)
・掲出車両:
南海線9000系1編成、高野線6200系1編成
・デザイン:
nankai_denshamatsuri2019_hm
(上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190930_1.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


今年も開催が発表された「南海電車まつり」。
例年は10月頃の開催と記憶していますが、今年は11月9日と、少しばかり遅い開催となりました。
他社の「鉄道の日」イベントの発表があるなか、「南海電車まつり」の発表がなかなかされずに気になってはいましたが、無事開催の発表がありました。

その代わり、というわけでもないのでしょうが、今回の電車まつりでは、9000系「NANKAIマイトレイン」が展示されることとなるのが、一番の目玉でありましょうか。
DSC09721-2_R
▲9000系「NANKAIマイトレイン」
(2019.9.21、羽倉崎車庫)

オレンジ色のまばゆい「NANKAIマイトレイン」9000系ですが、この塗色は今年4月から1年間限定で実施される予定のため、「南海電車まつり」で展示されるのは、今回が最初で最後となるものと思われます。

それだけに、例年以上にファンが詰めかけるのでは、とも思ったりしますが、かくいう私はこの日に丁度外せない用事があるため、残念ながら不参加とならざるを得ないのが、惜しいところでありますが、他の皆さんの記録を見て、会場の雰囲気を楽しむことができればな、と思ったニュースでした。



●関連ニュースサイト:





●関連ブログ:




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

本日、鉄道友の会の阪神支部の開催による南海電鉄9000系「マイトレイン」の撮影会に参加してきました。

鉄道友の会の撮影会は、前回105系・227系撮影会に参加して以来、今回が2回目となります。
参考:鉄道友の会による227系・105系撮影会に参加する(2019.6.22) : 阪和線の沿線から

前日の予報では雨や曇りのマークが並んでいましたが、いざ当日となると、雨の予報はどこへやら、むしろ途中で晴れ間も垣間見えるほどに、天候に恵まれました。

今回の撮影会では、南海電鉄の9000系「マイトレイン」に加えて、更新前の9000系も留置していただき、何と両方の編成を撮影することができるというメニューとなっています。
何かと忙しい中、車両のやりくり等にご配慮いただきました、南海電鉄の方々には深く感謝いたします。

早速撮影会に入ります。
まずは、更新前の9000系6両編成です。
DSC09621_R
▲南海電鉄9000系・9513F

DSC09624-2_R
▲端正な顔つきの前面も撮影します。


続きを読む

三連休の最終日。
少し早起きして、お手軽に撮影している尾崎〜鳥取ノ荘間の踏切で撮影してみました。

DSC09522_R
▲7100系・10000系特急サザン(尾崎6:20着)
本日の主な目的は、「朝焼けの7100系サザン」でありましたが、この列車の通過まで、太陽が雲に隠れたままでした。
そのため、このように日の差し込まない撮影となりました。
通過後、すぐに日が差してきたのは、何かの因果でありましょうか…

DSC09539-2_R
▲1000系区間急行(尾崎6:34着)
上記の「サザン」通過後に日が差してきたので、この区間急行1000系は、朝の日差しを浴びて走る姿を記録することができました。

DSC09547-2_R
▲8000系区間急行(尾崎6:48着)

DSC09560-2_R
▲8000系+12000系特急サザン(尾崎6:50着)


逆方向の下り列車は、縦アングルで撮影してみました。
DSC09530-2_R
▲2000系普通(尾崎6:23発)

DSC09533-2_R
▲1000系急行


本日は「朝焼け」の感じが撮影できればな、と思いましたが、なかなかうまくいかないものですね…
この撮影地で前面が陰にならずに記録ができるシーズンも、もうすぐ終わりな感じです。
機会があれば、また早起きして出向きたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

先日水間鉄道に乗車した際、ふと思い立って、南海電鉄と水間鉄道の連絡乗車券が購入できないか、南海難波駅の窓口で聞いてみました。

すると、しばらくして、このようなきっぷを手渡されました。
img311
▲難波→貝塚→水間観音の連絡乗車券


何の変哲もない、普通のエドモンソン式乗車券でした。
「これなら自動券売機でも買えたんちゃうのかいな?」と思って、試しに窓口隣にあった自動券売機で連絡乗車券を購入してみようと思うと、難波駅からだと新今宮・三国ヶ丘接続のJR線しか購入できないようになっていました。

DSC_0224
▲南海難波駅の自動券売機で、「連絡きっぷ」のメニューを開いた際の画面。
ご覧のように、新今宮・三国ヶ丘接続のJR線のみが口座設定されており、貝塚接続の水間鉄道線への連絡乗車券は口座がありません。


そして水間観音駅に到着して、券売機を見てみると、以下のようなお知らせが掲出されていました。
DSC_0231

「南海電車との連絡乗車券は発売していません」との掲示がありました。
つまり、南海電鉄と水間鉄道の連絡乗車券は、南海側のみの設定で、水間鉄道側からの発売はない、ということになります。
恐らくかつては水間鉄道側からの発売もあったのでしょうが、交通系ICカードの普及により、連絡乗車券そのものの需要が減少したのでありましょうか。

ちなみにこのような食券型の券売機から出てきたきっぷはこんな感じであります。
CENTER_0001_BURST20190913152013072_COVER
ご覧のように、無地白色の乗車券であります。
口の悪い人ならば、「もはや食券みたいな乗車券」とでも言われそうな感じですが、元々水間鉄道では貝塚・水間観音駅を除き全て無人駅であること、そして交通系ICカードが中小民鉄の中では割と早い時期から整備されていたこともあってか、乗車券については必要最小限の設備で済ませている印象ではありました。


ともあれ、冒頭でご紹介した南海→水間鉄道の連絡乗車券も、昨今の交通系ICカードの普及による需要減もあり、いつまで設定があるのかは不透明な状況であるといえるでしょう。
これとて、「買える時に買っておく」ことが大事なのかな、とも感じた1枚のきっぷでありました。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

南海電鉄では、2014年11月から、加太線沿線の活性化を目的とした「加太さかな線プロジェクト」を実施しており、その目玉として、7100系を改造した「めでたいでんしゃ」を運行しています。

2016年のピンク色「さち」から始まり、2017年には水色の「かい」、そして今年3月には赤色の「なな」が登場し、親子そろって3編成が現在、加太線を中心に活躍しています。

このうち、「さち」「かい」の両編成が併結された「新婚旅行」が今年1月に運行されました。
参考:南海電鉄「めでたいでんしゃ『さち』『かい』」両編成を初めて連結した臨時列車を撮影する(2019.1.26) : 阪和線の沿線から

この度南海電鉄から、めでたいでんしゃ3編成を併結した6両編成で、和歌山市から難波駅まで特別運行するツアー「めでたいでんしゃの家族旅行」が開催される旨、発表がありました。


めでたいでんしゃ一家が初めての家族旅行に出発!家族旅行に同行いただく特別ツアーを実施します|南海電鉄


概要は以下の通りです。

●開催日:
2019年9月23日(月)

●行程:
・和歌山市10:49発(6番線)→難波12:18着(7番線)
・難波駅7番線で、12:20〜12:55の間で、車内見学会を実施(ツアー参加者以外も見学可能)
・回送列車は難波13:01発

(注)ツアーの募集は終了しています。


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


ご紹介するタイミングが遅くなり、ツアー申込が既に締め切られてしまったので、今のタイミングでは、運行予定時刻を中心に、沿線での撮影を行う観点でのご紹介となってしまいました。
ダイヤ的には,先の「新婚旅行」よりも若干遅めのダイヤとなっていることに注意が必要でしょうか。
参考:【南海電鉄】めでたいでんしゃ「さち」と「かい」が新婚旅行へ。両編成を連結して初の運行(2019.1.26) : 阪和線の沿線から
DSC05759-3_R
▲「めでたいでんしゃ」かい・さち両編成の「新婚旅行」の回送列車
(樽井〜尾崎、2019.1.26)


今回は6両編成となり、ピンク・水色・赤と3色が揃った編成となっていますので、これらのカラーが十分分かるような場所での撮影ができればいいな、と思っているので、都合のいい場所をリサーチしておこうかなと思います。


それにしても、「なな」編成が登場した際の記事では、、これら3編成が併結される「家族旅行」も実現するのを期待したい旨、当時の記事で記していました。
参考:【南海電鉄】新しい「めでたいでんしゃ」が登場。「さち」と「かい」の「こども」が誕生(2019.3.31〜) : 阪和線の沿線から
ファンにとっては、ピンク色の「さち」、水色の「かい」、そして今回登場する赤色の3編成を併結した「家族旅行」という展開を期待したいところでありましょうか。

「家族旅行」という名前で実現するのは、先に「新婚旅行」とあったこともあり、予想の範疇でありましたが、意外と早い実現だったな、と感じました。


秋晴れのもと、家族揃って大都会・難波に繰り出す「めでたいでんしゃ」家族ご一行の姿を、是非とも記録することができればな、と思ったニュースでありました。




●関連ニュースサイト:
南海 めでたいでんしゃ6両 和歌山市〜難波間(ツアー)(2019年9月23日) - 鉄道コム
9月23日 南海,特別ツアー「『めでたいでんしゃの家族旅行!』みんなで一緒に難波へ行こう!」開催|鉄道イベント|2019年9月6日掲載|鉄道ファン・railf.jp



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今年、南海電鉄の空港線及び特急「ラピート」運行開始から25周年を迎えます。
それを記念して記念イベントが実施されることを、下記の記事でご紹介しました。
参考:【南海電鉄】空港線開業25周年記念イベント「ありがとう!!25th anniv.」実施を発表。記念ロゴの掲出やスタンプラリー他のイベントを実施 : 阪和線の沿線から

昨日(9月13日)、南海難波駅に立ち寄った際、この記念ロゴを掲出した「ラピート」の記録を撮ることができましたので、ご紹介します。

DSC_0216
▲難波駅に停車中の「ラピート」50000系。

続きを読む

今日は一日休みを使って、南海高野線の狭山駅に行ってきました。
11時台に設定のある回送列車のダイヤの存在をふとした契機で知ることとなったため、今日は何か走ってくるのかな、と思ってあまり期待せずに行ってみました。

すると、本日やってきたのは、50000系「ラピート」でありました。
DSC09402_R
▲50000系「ラピート」(2019.9.13、狭山駅)
ご覧の通り、「万博誘致ラッピング」編成です。
当初の予定では万博誘致決定後の昨年11月までの運行予定でしたが、まだ運行が続いていた模様です。

日頃は見られない、高野線の車両との同一路線上下線でのすれ違いシーンも撮影できました。
DSC09405-2_R
▲50000系「ラピート」と6200系区間急行とのすれ違い。

この組み合わせ自体は、難波〜岸里玉出の間でもあり得ますが、複線区間での並びは、なかなかレアなものといえます。


空振りも十分覚悟の上でしたので、「ラピート」が撮影できただけでも、今日は十分満足でありました。


それに加えて、この50000系が来るまでに、立て続けに6000系がやってきて、こちらも効率よく記録が取れました。

DSC09375-2_R
▲区間急行 林間田園都市行き

DSC09382-2_R
▲急行 橋本行き

DSC09389-2_R
▲各停 三日市町行き

このように、日中ダイヤで狭山駅で見られる、快速急行を除く全ての種別において、6000系充当列車を記録することができました。
この記録はひとえに、「6000系が今なお主力で運用されている」ことの証であります。

先日も、車両メーカーから8300系の新車が輸送されてきましたが、これから入る編成は、どうやら高野線に充当される編成でもある模様です。
すなわち、6000系がこのように活躍するシーンを、しかもお気軽に撮影できるのもまさに今のうちであります。

この狭山駅は、比較的撮影しやすい場所ではありますが、ここも6000系引退直前には多くのファンが集中しそうでしょうから、そんなことになる前に、早め早めの行動を取りたいものですね。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ