阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:鉄道(関西地区事業者) > 南海電鉄

南海電鉄では、南海本線の堺市内における連続立体交差事業の進捗に伴い、諏訪ノ森駅の西駅舎を閉鎖し、翌日の始発列車から仮駅舎に切り換えることを発表しました。

諏訪ノ森駅西駅舎を仮駅舎に切り替えます |南海電鉄

概要は以下の通りです。

●仮駅舎の供用開始日:
2019年5月25日(土)始発列車から
(※)前日(24日)の営業運転終了をもって現在の駅舎は閉鎖

●今後の計画:
新駅舎の近くで来場者の集い・憩いの場などとして保存活用される計画
参考:「南海本線(堺市)連続立体交差事業」について(堺市公式サイト)
http://www.city.sakai.lg.jp/shisei/toshi/rittaisuishin/honsen/index.html



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



南海本線・諏訪ノ森駅の西駅舎は、1919年(大正8年)に建設され、今年で丁度100年を迎える駅舎であります。

ホーム難波方に立てられている、こぢんまりした駅舎ではありますが、入口の上方には、海岸の様子が描かれたステンドグラスが5枚はめ込まれており、同駅舎建設当時の姿を今に残す貴重な駅舎であります。

その貴重さが故に、1998年(平成10年)には大手私鉄で初の国の登録有形文化財として登録されています。
連続立体交差事業に当たっては、本駅舎も役目を終えることとなりますが、築100年という歴史ある駅舎であることもあり、今後は保存活用される計画となっているのは、嬉しい限りであります。


この諏訪ノ森駅の駅舎ですが、訪問した記録を探したところ、丁度今から10年前の2009年3月に訪問して、特徴であるステンドグラス等を記録していましたので、当時の様子をご紹介したいと思います。
参考:南海本線 諏訪ノ森駅を訪問する : 阪和線の沿線から

P3192477
▲駅舎正面

P3192480
▲駅名標

P3192478
▲特徴であるステンドグラス

P3192479
コンコースの照明も、建設当時の姿を今にとどめる雰囲気のものとなっていました。


この訪問の後、諏訪ノ森駅を訪問したことがなく、現駅舎営業終了まで再訪の機会も残念ながらありませんが、それだけにこの時記録に残しておいてよかったな、とも思ったりしました。


この諏訪ノ森駅の駅舎が引退によりステンドグラスがはめ込まれた駅舎は見納め、と思いきや、同じ南海線の蛸地蔵(たこじぞう)にも同様に(こちらはステンドグラス3枚)の駅舎がありますので、未訪問の方がいらっしゃれば、この機会に両方の駅舎を訪問してみてはいかがでしょうか。
参考:「赤いラピート」の撮影記録(蛸地蔵駅・浜寺公園駅・春木駅) : 阪和線の沿線から




●関連ニュースサイト:
南海,5月25日から諏訪ノ森駅西駅舎を仮駅舎に変更|鉄道ニュース|2019年5月16日掲載|鉄道ファン・railf.jp
南海電鉄、南海本線の諏訪ノ森駅西駅舎を仮駅舎に切り替え | RailLab ニュース(レイルラボ)
南海 諏訪ノ森駅仮駅舎 供用(2019年5月25日〜) - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

近年、この時期の恒例ともいえる、南海電鉄の8300系新製車両の輸送。
車両メーカーを前日に発車し、未明から明け方にかけて和歌山市駅まで輸送されるこのルートも、近年の定番になっている感があります。

年に数回、和歌山市駅の構内にDD51型ディーゼル機関車が入線するという珍しい光景でもあることから個人的にも興味があり、新製車両の輸送がある度に出勤途中に和歌山市駅まで出向き、その記録をご紹介しています。


今年も、昨日(5月14日)に車両メーカーを出発し、本日早朝に和歌山市駅に到着しましたので、その様子をご紹介したいと思います。

DSC08000_R
DSC08006_R

▲DD51型ディーゼル機関車と8300系。
今回牽引してきたのは、DD51 1193号機でした。

DSC08004_R
▲DD51 1193号機の側面。
このように間近で見ることができるのも貴重な機会であります。


DSC08013-2_R
▲和歌山港線で運用されている「めでたいでんしゃ(こども)」の入線。

DSC08027_R

▲「めでたいでんしゃ(こども)」とDD51の並び。



続きを読む

今日(4月29日)は、平成最後の昭和の日でありますが、世間は10連休の3日目、あたりでしょうか。

曇天模様ではありますが、先日ご紹介した南海電鉄の「NANKAIマイトレイン」9000系が今日は走っている模様でしたので、早速男里川橋梁に撮影してきました。

DSC07366-2_R
▲南海9000系「NANKAIマイトレイン」
(樽井〜尾崎、2019.4.29)


曇り空とあって、私以外に撮影している人はいませんでした。
連休後半は天気が良くなる予報なので、そうなると多くの方で賑わうのかも知れませんね…

私も、機会があれば、ちまちま「NANKAIマイトレイン」の記録に勤しみたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

下記記事でもご紹介したように、この4月25日より、南海電鉄9000系をリニューアルした「NANKAIマイトレイン」の運行が開始されました。
参考:【南海電鉄】9000系リニューアル「NANKAIマイトレイン」4月25日(木)運行開始を発表。期間限定で外装がオレンジ基調に : 阪和線の沿線から

開始日当日は、普通列車の運用に入っていた模様ですが、丁度仕事終わりの夕方の時間帯に和歌山市駅を折り返す運用に入っていたため、丁度いい機会でしたので、早速乗車してみることにしました。

一旦みさき公園まで出向き、「NANKAIマイトレイン」充当の普通列車に乗車します。
該当列車は、みさき公園18:43発の普通車和歌山市行きでした。

DSC_1505



車内に入ると、これまでの9000系とは全く異なるデザインの車内となっていました。
DSC_1509

DSC_1507

ロングシートは黒・灰色で一人ずつ色分けされた落ち着いた配色、そして床面はリビングのフローリングを意識したデザインが施されていました。
まさに、自宅にいるかのようにくつろいだ空間であるように、感じることができました。

続きを読む

南海電鉄では、天皇陛下の御即位を記念して、近隣に神社を擁する6駅の入場券をセットにした「天皇陛下御即位記念入場券」を発売することを発表しました。


天皇陛下御即位記念入場券を発売します|南海電鉄


概要は以下の通りです。

●発売期間:
2019年5月1日(水・祝)〜6月30日(日)

●発売箇所:
・南海電鉄各駅(係員無配置駅等一部の駅を除く)
・インターネット

●発売額:
900円

●発売部数:
3,000部

●内容:
今宮戎駅、住吉大社駅、八幡前駅、百舌鳥八幡駅、萩原天神駅、学文路駅の6駅の入場券を華やかな背景と路線図をイメージした朱色の線をデザインした台紙にセット。

nankai_reiwa_ticket
▲入場券のデザイン

nankai_reiwa_ticket_mount
▲台紙デザイン

いずれも上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190422.pdf)より引用


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



このブログでも、改元に伴う様々な記念商品をご紹介してきました。
今回ようやく、我が地元の南海電鉄が発売する改元がらみの記念商品が発表されました。
「天皇陛下御即位」の記念入場券として、近隣に神社を擁し、また駅名がいずれも神社の名前に由来している駅をセレクトした入場券という、ちょっとしたこだわりが感じられる商品であります。

入場券の券面も、各々の神社にちなんだ、おめでたいモチーフがデザインされており、例えば今宮戎駅(今宮戎神社)はえべっさん、住吉大社駅(住吉大社)では住吉反橋(太鼓橋)といった風に、沿線地元民にとっては、その由来が分かる分、愛着が持てる入場券になるのではないかと思われます。


発売は令和元年の5月1日(水)からなので、できる限り早いうちに購入しておきたいな、と感じたニュースであります。




●関連ニュースサイト:
南海 天皇陛下御即位記念入場券 発売(2019年5月1日〜) - 鉄道コム



●関連ブログ:

南海、「天皇陛下御即位記念入場券」発売 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

南海電鉄では、同社の9000系車両のリニューアルに際し、「NANKAIマイトレイン」と称して、車両づくりを利用者と一緒に考えるプロジェクトを2017年より実施しており、2018年2月には、下記記事でご紹介したように、内装デザイン投票を実施しました。
参考:【南海電鉄】9000系リニューアルに際し、内装デザイン投票を実施(2018.2.1〜15) : 阪和線の沿線から

この度、これらを反映した9000系(4両1編成)のリニューアルが完了し、運行を開始することが発表されました。


4月25日(木)から「NANKAI マイトレイン」運行開始!|南海電鉄


概要は以下の通りです。

●運行開始日:
2019年4月25日(木)

●運行区間:
南海本線、空港線、和歌山港線

●リニューアル箇所:
車内の座席、つり革、カーテン、床面、壁面の色や材質などを変更。
2018年2月に実施したお客さまアンケートで、最も好評であったデザイン案に基づき、「わが家のリビングにいるような」をコンセプトに、毎日利用する通勤電車を少しでも居心地良く、快適に過ごしていただけるよう、リビングをイメージした、くつろげる空間を目指す。

nankai_mytrain_inside_20190418
▲「NANKAIマイトレイン」内装コンセプト
(上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190417.pdf)より引用)

●期間限定装飾:
・外装:
「NANKAIマイトレイン」プロジェクトのイメージカラーであるオレンジ色を基調としたカラーを用いるとともに、同プロジェクトのロゴをデザインしたヘッドマークを掲出。
期間は2019年4月25日(木)から約1年間
nankai_mytrain_outside_20190418
▲「NANKAIマイトレイン」期間限定外装
(上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190417.pdf)より引用)

・内装:
なんばEKIKANのインテリアショップ「CRASH GATE」とコラボレーションして、壁面をタペストリーやウッドパネルなどのインテリア雑貨で装飾。
期間は2019年4月25日(木)から約1ヶ月間


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。




冒頭で記した過去のエントリー記事で、南海9000系のリニューアルのいきさつについてご紹介しました。
近年では12000系と併結して特急「サザン」として南海線を疾走する姿も頻繁にみられますが、そのリニューアルがどのようになるのか、個人的に9000系がお気に入りの私にとっても、注目の内容でありました。

そんな中で発表された本日の「NANKAIマイトレイン」の内容。
内装はお客様アンケートの「C案」が採用され、リビングにいるような快適性を備えた空間に生まれ変わることとなりました。

それに対し、今回の発表で少なからず衝撃を受けたのは、期間限定の外装でありましょう。
従来の青色の帯に替わって、今回のプロジェクトのイメージカラーである「オレンジ」の帯が配されることとなり、元々あるイエローの帯と相まって、明るい雰囲気の外装に大きくイメージチェンジすることとなりました。

この9000系、登場当初は緑色の帯をまとっていましたが、1990年代初頭に現在の塗色に変更となりました。
それから長らくの間、大きな変化はこと外装になかったのですが、今回のリニューアルで、期間限定ではありますが3つ目のデザインが施されることとなりました。


まさか外装に手が加えられるとは思ってもみなかっただけに、早速このリニューアル9000系を記録したいところではあります。
折しも10連休に突入する直前の運行開始なだけに、連休は「NANKAIマイトレイン」をしっかり見ておきたいな、と感じたニュースでありました。



●関連ニュースサイト:
「NANKAIマイトレイン」25日運転開始 車内コンセプトは「わが家のリビング」 南海 | 乗りものニュース
南海 9000系リニューアル車両 運転(2019年4月25日〜) - 鉄道コム
南海電鉄、9000系「NANKAI マイトレイン」運行開始へ | 鉄道新聞
南海,4月25日から9000系リニューアル車両の営業運転を開始|鉄道ニュース|2019年4月18日掲載|鉄道ファン・railf.jp



●関連ブログ:
【南海】9000系リニューアル、なんと期間限定で「オレンジ色」へ | いまどきの鉄道サイトの作り方



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

下記の記事でご紹介したように、この3月31日から、加太線の観光列車「めでたいでんしゃ」に3本目となる新しい編成が運行開始しました。
参考:【南海電鉄】「めでたいでんしゃ」(こども)の運行開始お祝いセレモニー開催を発表(2019.3.31)当日は加太駅でめでたいでんしゃ「さち」「かい」がお出迎え(2019.3.21一部修正) : 阪和線の沿線から

本日、運行開始日の様子を早速見てこようと、他の用事も併せて出かけることとしました。
都合良く、和歌山市11:55発の加太行きに、この新しい「めでたいでんしゃ」が充当されていました。

DSC_1357
▲和歌山市11:55発加太行きの新しい「めでたいでんしゃ」。

JR紀勢線からの乗換時間は3分ほどでしたが、階段を使わず乗り換えが可能で、何とか撮影することができました。

車内に乗り込むと、早速発車です。
続きを読む

nankai_medetai3_20190329
▲「めでたいでんしゃ」(こども)外装イメージ
(下記Webサイト(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190328_2.pdf)より引用)

南海電鉄では、明日3月31日(日)より「めでたいでんしゃ」の「こども」を運行することとなっていますが、この度、その「子ども」の名称を募集しています。

「めでたいでんしゃ」(こども)のおなまえを募集します|南海電鉄

概要は以下の通りです。

●募集期間:
2019年3月30日(土)〜4月30日(火)

●応募方法:
南海電鉄Webサイト「NATTS NET」で受付
https://www.natts.net/

●選考方法:
「めでたいでんしゃ」おなまえ選考委員会において厳正に審査し、採用作品1点・優秀作品5点を決定。

●賞品:
採用作品賞・・・休暇村紀州加太・日帰りペア昼食プラン(1組)
優秀作品賞・・・ノベルティセット(5人)
※採用作品賞、優秀作品賞の受賞者には賞品とあわせて「加太マスター認定書」を贈呈。


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



本日試乗会が実施された「めでたいでんしゃ」(こども)ですが、明日よりいよいよ運行開始となります。
参考:【南海電鉄】「めでたいでんしゃ」(こども)の運行開始お祝いセレモニー開催を発表(2019.3.31)当日は加太駅でめでたいでんしゃ「さち」「かい」がお出迎え(2019.3.21一部修正) : 阪和線の沿線から

これまでの流れからして、この「こども」の名前も付けるのではないのかな、と思っていたら予想通り、「こども」の名称募集の発表がありました。

「さち」「かい」と来ましたが、このこどもの名称。例えば「たい」なんていう名前はあまりにも安直過ぎるのかな、という気もしないでもないですが、果たしてどのような名前になることでしょうか。
ネットで簡単に応募できるようですので、興味ある方は是非とも応募してみてはいかがでしょうか。



●関連ニュースサイト:
3月30日〜4月30日 南海『「めでたいでんしゃ」(こども)おなまえ募集』実施|鉄道イベント|2019年3月30日掲載|鉄道ファン・railf.jp



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

南海電鉄では、2020年3月31日をもって、「みさき公園」事業より撤退することを発表しました。


「みさき公園」事業からの撤退について|南海電鉄


概要は以下の通りです。

・みさき公園は1957年に開園し、以後62年間にわたり、動物園・イルカショーを核とした総合遊園地として運営、1987年には大型レジャープール「ぷ〜るらんどRiO」を開設。

・1989年度には年間来場者数は約72万人を記録したが、その後はレジャーの多様化により来場者数の減少が続き、2017年度はピーク時の半分の36万人までに減少。

・収支についても長期にわたり営業損益で赤字が続き、新イルカ館「シャイニースタジアム」、鉄道体験施設「わくわく電車らんど」を新設したが、来場者数の減少には歯止めがかからない状況。

・2017年度の決算において、約33億円の減損損失を計上し、その後もあらゆる再建策を検討してきたが、同社としては事業継続が困難であると判断し、2020年3月31日をもって「みさき公園」事業から撤退することを決定した次第。

・みさき公園の今後については、地元の地方公共団体である岬町とも十分協議していく。


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



私が在住している阪南市の隣町・岬町にある遊園地・みさき公園ですが、私が阪南市に移り住むよりもずっと前から、南海沿線の遊園地として、機会がある度に遊びに行きました。
海が見える遊園地で、尚且つお手軽なスケール、加えて動物園が共存した遊園地ということで、幼少の頃から大人になる現在に至るまで、心を和ます遊園地として何度も訪問した覚えがあります。

しかし、遊園地に共通の課題ではありますが、レジャーの多様化等による入場者数の減少という、構造的な問題をこのみさき公園も抱えており、2017年度には減損損失を計上した上に、近年では年間3億円程度の営業赤字が生じており、経営再建が課題となっていました。

その間も、上記発表資料にもあるように、「シャイニースタジアム」「わくわく電車らんど」といった新施設を開業し、集客に努めてきましたが、抜本的な入場者数の改善には至らず、今回、来年の3月31日をもってみさき公園の事業から撤退することが発表された次第であります。


今回の発表ですが、南海電鉄の「撤退」としてはいますが、「閉園」としていないところが注目でしょうか。
上記発表資料の最後にもあるように、みさき公園の今後について、地元の岬町と協議していくこととしています。
岬町との協議次第では、新たな運営主体により営業が継続される可能性もあるのですが、一方で、規模が小さい岬町で、今後「みさき公園」の運営に必要な資金を提供していけるのか、といった課題も考えられます。
一方、「みさき公園」自体、岬町にとっての観光資源でもあることから、これを生かすことで、新たな観光客誘致ツールとして再活用することも考えられることから、今後の「みさき公園」の動向は、ひとえに岬町の姿勢次第、といったところもあるのかな、という感じがしました。



上記で紹介した「わくわく電車らんど」ですが、私自身も下記のエントリーでご紹介したように、開設したてのころ、訪問したことがありました。
参考:みさき公園にオープンした鉄道体験施設「わくわく電車らんど」を訪問する : 阪和線の沿線から

この日は12月の平日、しかも雨天の日ということで、私以外の入場者がほぼいなかった日でしたが、それだけに存分に楽しんできました。

DSC04763_R
▲わくわく電車らんどに展示されている南海7000系

今後、南海電鉄がみさき公園の運営から撤退するとなれば、この「わくわく電車らんど」及びそこの展示されている7000系等の動向が気になるところです。
全車が廃車となった現在、カットモデルではありますが、保存されているのはこの2両と、貴重な保存資料であることから、南海電鉄撤退後も引き続き保存されることを願いたいのですが、果たしてどうなることか、今後の行く末を、地元民として注目していきたいと感じたニュースであります。



●関連ニュースサイト:
南海電鉄「みさき公園」事業から撤退へ 来場者ピークの半分 南海70周年事業で開園 | 乗りものニュース
南海,2020年3月31日をもって「みさき公園」事業からの撤退|鉄道ニュース|2019年3月26日掲載|鉄道ファン・railf.jp



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

このブログでも何度かご紹介してきたように、昨年9月の台風21号による火災で駅舎が全焼した南海線・尾崎駅ですが、本日3月23日より再建した駅舎での営業が再開となりました。

丁度休日出勤の必要があったので、定期券ルートから外れますが、尾崎駅から和歌山市内を目指すこととします。

南海ウイングバスで尾崎駅前に到着します。
駅舎への階段も使用が再開となりました。
DSC_1264
DSC_1265

昨日まで使用していた臨時の改札口は閉鎖あれていて、警備員が誘導にあたっていました。


DSC_1266
エスカレーターを上り、改札階に向かいます。

コンコースは、火災前の間取りで再建されており、難波方に店舗、和歌山市方に駅事務所等が配置されています。
続きを読む

↑このページのトップヘ