阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:鉄道(関西地区事業者) > 南海電鉄

南海電鉄では、同社の運営する特急チケットレスサービスにおいて、7月中の特急「ラピート」の乗車でポイントがアップする「ポイントアップキャンペーン」を実施することを発表しました。

特急チケットレスサービス ポイントアップキャンペーン|南海電鉄

概要は以下の通りです。

●対象列車:
<平日のみ>
なんば発 6:00・6:30・7:00・7:30・8:00
関西空港発 6:52・7:29・7:58・8:35・9:03

●キャンペーン内容:
2020年7月1日〜7月31日乗車分の特急「ラピート」の乗車ポイントが、通常の3%から50%にアップ。
また、キャンペーン期間中の新規加入者には200ポイントプレゼント


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC_1501
▲関西空港駅に停車中の特急「ラピート」50000系
(「泉佐野市70周年×キン肉マン40周年友情タッグ」ラッピング編成。現在は運行終了。)

新型コロナウイルス感染症の影響による利用者の減少で、南海電鉄の特急「ラピート」は現在、平日昼間及び土休日の昼前以降の列車が運休となっています。

都道府県をまたいだ移動自粛の解除、また8月にも開始される見込みとなっている、国による旅行需要喚起の施策「Go To キャンペーン」を控え、徐々に国内の航空利用者も戻りつつありますが、関西空港の主な利用者であった国際線に関して言えば、国をまたいだ移動の制限もあり、すぐには利用者が戻るのは、難しい感じであることから、しばらくの間「ラピート」も一部運休が続くのかな、とも思ったりしています。

そんな中、特急「ラピート」対象に今回、チケットレスサービスのポイントアップキャンペーンが実施されることが発表されました。
上述のとおり、利用者が減少した「ラピート」の利用促進のキャンペーンと思いきや、対象列車は平日朝の列車のみ、となっているところをみると、むしろ朝ラッシュ時間帯における「社会的距離」(ソーシャルディスタンス)を確保する取り組みの一つとして、特急指定席料金の実質値下げ、と捉えるのが妥当といえるでしょう。

類似の取り組みは、既にJR西日本及び近鉄で実施されています。



気をつけたいのは、同じ南海本線であっても、今回の「ポイントアップキャンペーン」の対象は「ラピート」のみで、「サザン」は対象外となっていますので、泉佐野や岸和田のように、「ラピート」「サザン」両方が停車する駅の場合は、同じ時間帯でも選ぶ列車によっては、ポイント還元率が違ってくるので注意が必要といえます。

「ソーシャルディスタンス」を取るための有料着席サービスへの誘導については、関西圏ではJR西日本、近鉄そして南海と、一通り出そろったかんじであります。
今後、「新しい生活様式」が定着するにつれて、こういった有料着席サービスへの誘導施策がどのように変化していくのか、注目していきたいところであります。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

下記記事でご紹介したように、昨日(6月5日)、和歌山市駅前の複合施設「キーノ和歌山」が開業しました。





開業翌日であり、そして最初の週末ともなった本日(6月6日)、早速「キーノ和歌山」様子を見てみようと、歯医者の通院前の時間を利用して、訪問してみることにしました。


HORIZON_0001_BURST20200606142146550_COVER
▲キーノ和歌山とカンデオホテルズ南海和歌山

DSC_1760
▲キーノ和歌山全景

「キーノ和歌山」は、南海和歌山市駅の改札口を境に左右に分かれています。
メインとなるテナントは向かって左側に多い感じでしょうか。

外観上の特徴としては、各フロアから駅前を一覧できるオープンスポットが多い印象を受けました。
このように、和歌山市駅前を俯瞰した光景を眺めながら、のんびりと過ごすこともできます。
DSC_1767

DSC_1765
DSC_1768


1階の角の部分、和歌山市駅の改札口に近い場所には「マツモトキヨシ」があります。
DIAGONAL_0001_BURST20200606144519531_COVER

マツモトキヨシに関しては、和歌山県内初出店とのことなので、便利な場所にドラッグストアができて有り難い方も多いのではないのでしょうか。

DSC_1770

1階には、マツキヨに加え、「ロックスターファームズ」という名称で、野菜、精肉、鮮魚等の良質の素材を扱う販売者が軒を連ねた食料品店となっています。
一般的なスーパーマーケットとは一線を画す品ぞろえとなっているのが特徴といえるでしょう。

2階は飲食店街、3階はクリニック等のテナントが出展していますが、特徴的なのは3階の「快活CLUB」でしょうか。
DSC_1766
▲快活CLUBの入口は3階にあります。

快活CLUBは、24時間営業のインターネットカフェですが、このように駅ビルあることで、終電後に翌朝まで少し寝泊まりしたり、ちょっと時間が空いたときにくつろぎたい等、様々なニーズに対応できるのではないかと思われます。


この「キーノ和歌山」開業に併せて、和歌山市民図書館も移転開業しました。
移転に併せて、TSUTAYAや蔦屋書店を運営している「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」が指定管理者となり運営することとなりました。
以前の市民図書館とは全く違った雰囲気の館内は、図書館であることすら忘れそうなものでした。

TSUTAYAグループが運営する公立図書館については、これまでの図書館の常識を大胆に打ち破る陳列方法等に賛否があるとのことで、実際に入館して評価が分かれそうかな、という印象は持ちましたが、果たして市民にとってどのように評価されていくのか、見守っていきたいところであります。

この日は図書館も多くの来訪者があったので、じっくり本を見る余裕もなかったので、改めて訪問したいと思います。



以上、この6月5日(金)に開業した「キーノ和歌山」の様子をご紹介しました。
年々乗降客数が減少し、駅前の人通りも寂しくなる一方の和歌山市駅でありましたが、今回の「キーノ和歌山」の開業で、日常生活や飲食を中心とした店舗が揃うほか、駅から少し離れていた和歌山市民図書館が移転開業することとなり、長年続いていた衰退傾向に歯止めがかかればいいな、と思っています。

本日はオープン直後の週末ということもあり、最近の和歌山市駅では見たこともないくらいの多くの人が「キーノ和歌山」を訪れていました。
これほどの勢いがずっと続くとは思えませんが、日常の買い物・食事のスポットとして、末永く市民に愛用されるといいな、と思っています。

個人的には、ネット上でもよく話題に出てくる「快活CLUB」を使ってみたいな、とも思いますので、開業後、落ち着いてから実際に利用してみたいところであります。

南海電鉄では、開業を延期していた和歌山市駅前の複合施設「キーノ和歌山」を、明日6月5日(金)にオープンすることを既に発表しています。


この発表の際、併設されるホテル「カンデオホテルズ南海和歌山」については、オープン日は未定となっており、決定次第発表とされていました。

この度、この「カンデオホテルズ南海和歌山」の開業日が発表されました。

和歌⼭県初出店
「カンデオホテルズ南海和歌⼭」7 ⽉ 3 ⽇オープン決定 |南海電鉄


概要は以下の通りです。

●開業日:
2020年7月3日(金)

●宿泊予約:
公式ホームページで予約
【公式】カンデオホテルズ 南海和歌山 CANDEO HOTELS|ホテル・宿泊予約

●宿泊料金:
・クイーンルーム (50室):9,600 円〜
・コーナークイーンルーム(14 室):9,600 円〜
・ツインルーム(49 室):14,400 円〜
・コーナーツインルーム(7 室):14,840 円〜
(⼤⼈ 2 名様ご利⽤時、1 室あたり(税込)※朝⾷付きプラン)

●外観イメージ:
nankai_candeohotels
▲カンデオホテルズ南海和歌山・外観
(上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/200603.pdf)より引用)


その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



当初は今年4月に開業予定でありました、和歌山市駅前の複合施設「キーノ和歌山」ですが、新型コロナウイルス感染症の影響により、一ヶ月以上開業が延期となり、ようやく明日オープンとなりました。

しかし、同じキーノ和歌山内の「カンデオホテルズ南海和歌山」については、開業日は明記されておらず、どのタイミングで開業するのか気になっていたのですが、本日の発表によりますと、キーノ和歌山グランドオープンから一ヶ月後の7月3日(金)に開業することが発表されました。

新型コロナウイルス感染症の影響により宿泊需要も落ち込んでいる中、果たして開業できるのかが、個人的に非常に気になっていたわけですが、無事に開業との発表を受けて、一安心といったところです。

とはいえ、新型コロナウイルス感染症の影響により、主な利用者として想定されていた訪日外国人旅行者についてはしばらくは見込めそうにもないことから、相当厳しい環境からのスタートと言わざるを得ません。
ただ、国などでは経済対策としての宿泊助成も行われることから、こういった施策を利用して、より多くの方が、和歌山市内を一望できる露天風呂を有したピカピカのホテルに泊まってくれると有り難いことと思った次第であります。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

夜明けも随分早くなり、早朝の撮影がシーズンを迎えています。
最近習慣としているウォーキングがてら、南海本線の特急「サザン」を撮影してきました。

DSC01239-2_R
▲尾崎6:20着特急「サザン」。
朝の太陽を受けて走る姿を撮影できました。

DSC01277_R
▲尾崎6:50着特急「サザン」。
9000系「マイトレイン」編成と12000系「サザンプレミアム」による編成でした。
ただ残念ながら、太陽がうろこ雲に隠れて、「朝日を浴びて」という写真にはなりませんでした。

ところでこの「マイトレイン」編成ですが、昨年4月の運行開始時には、約一年間の期間限定でオレンジ色の装飾を施すことが発表されていました。


既に一年一ヶ月が過ぎましたが、はたしていつこの特別装飾が解除されるのでありましょうか。
そういう意味でも、朝の日差しは無かったものの、撮れるときに「サザン」運用を撮っておいてよかった、といえるではないのでしょうか。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

南海電鉄では、開業を延期していた和歌山市駅前の複合施設「キーノ和歌山」について、2020年6月5日(金)にオープンすることを発表しました。

【キーノ和歌山・商業ゾーン】2020年6月5日(金)、グランドオープンします|南海電鉄

ki-no_wakayama
▲キーノ和歌山の全景
(上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/200515.pdf)より引用)
また、同日に新和歌山市民図書館もオープンすることとしています。


なお、カンデオホテルズ南海和歌山については、オープン日は未定となっており、決定次第改めて発表するとのことです。

詳細は、上記発表資料をご覧ください。



下記記事でご紹介したように、当初の予定ではゴールデンウイーク前の4月24日にグランドオープンであった「キーノ和歌山」ですが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、開業日が延期となっていました。



新型コロナウイルスの緊急事態宣言が、和歌山県を含む39県で解除となり、休業要請も緩和されていく見通しも出てきたこともあり、この「キーノ和歌山」についても、ようやくオープンの目処が立ったことは、一安心といえるでしょうか。

オープンは6月5日ですので、その頃には通勤帰りにも「キーノ和歌山」の様子を見に行くことができるように、新型コロナウイルス感染症の沈静化を願いたいところであります。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出の自粛などが続いている中、関西空港アクセスを担うJR西日本の特急「はるか」と、南海電鉄の特急「ラピート」について、一部列車の運休が発表されました。

運転計画の変更について:JR西日本
●特急「はるか」の運休:
一日あたり60本運転していたところを、28本を運休。

●運休となる列車:
京都発時刻:
6:44、7:45(土休日7:49)(※米原始発)、8:48(※米原始発)、10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00、17:00、18:00、19:00、20:00

関西空港発時刻:
7:55(土休日8:08)、9:16、10:16、11:14、12:14、13:14、14:14、15:14、16:14、17:16(土休日17:14)、18:16、19:16(※米原行)、20:16(※米原行き)、21:25

(※)注釈のない列車は京都始発及び京都行き



特急「ラピート」、観光列車「天空」の運休について|南海電鉄
●特急「ラピート」の運休:
平日は上下各17本、土休日は上下各24本を運休。

●運休となる列車:
・平日:
難波発8:30〜16:30発、関西空港発9:33発〜17:35発

・土休日:
難波発10:30発〜22:00発(終列車)、関西空港発11:35発〜22:55発(終列車)



●運休期間:
「はるか」「ラピート」ともに2020年4月24日(金)から当面の間

詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC_1490
▲関西空港駅に停車中の271系「はるか」

DSC_1511
▲関西空港駅に停車中の特急「ラピート」
「泉佐野市70周年×キン肉マン40周年友情タッグ」ラッピング編成
(現在は運行を終了しています。)

このブログでもご紹介したように、この3月ダイヤ改正から、JR西日本の特急「はるか」では、従来6両編成だったものを9両編成に増結するため、新型車両271系が投入されました。

しかし、ダイヤ改正を前に新型コロナウイルス感染症の影響により「はるか」の利用者は激減し、運用開始後わずか半月で増結は中止されました。


そして本日、新型コロナウイルス感染症の影響の収束の目処が立たないなか、「はるか」の半数程度の列車について、運休が発表されました。
運休の概要は、現在は1時間に2本の運転であったものを、終日に渡り、おおよそ1時間に1本の運転とするものとなっています。
「はるか」については、かつて2011年3月のダイヤ改正で、当時利用者の少なかった昼間の「はるか」について、1時間あたり2本から1本へ半減させるダイヤ改正が実施されたことがありました。


しかし、今回は、朝から夜まで、終日に渡り減便が実施されるところに、今回の影響の大きさが分かるというものであります。


一方の特急「ラピート」も、これまで「ラピートα」(途中駅ノンストップ)から「ラピートβ」(全ての特急停車駅停車)への変更といったように、利用者の低迷に対しては停車駅増加による乗車チャンスの拡大といったことは行われてきたものの、列車の運休自体は行われず、1994年9月の運行開始以来、1時間あたり2本体制を維持してきました。
しかし今回、運行開始(即ち関空開港)以来維持してきたこの本数も、新型コロナウイルス感染症の影響により、遂に減便の憂き目にあうこととなりました。
特に土休日は、昼前以降の列車は全て運休となっているところが、状況の厳しさを現していると言わざるを得ません。


新型コロナウイルス感染症の影響により国際線の発着がほぼ皆無となった関西空港となったいま、「はるか」「ラピート」ともに、もはや全列車運休となっても不思議でもない状況となっています。
ただ、両列車とも、通勤時間帯の着席サービスの提供もある観点から、全面的な運休にはなりませんでしたが、通勤時間帯であってもテレワーク等により利用者が減少していることから、新型コロナウイルス感染症の状況によっては、全面的な運休というのもあり得なくはないのかも知れません。


ともあれ、もはや何度も繰り返し記していることですが、新型コロナウイルス感染症の影響が収束し、利用者が元通りに戻ってくる日をひたすら待つしかない状況であります。
関西空港への観光客を満載した「はるか」「ラピート」の姿を再びこの目で見られるように、今はひたすら我慢して感染拡大を防止すべく、外出の自粛等に進んで協力したいな、と感じたニュースでありました。



●関連ニュースサイト:
関空特急「ラピート」「はるか」大幅削減 4月24日から 新型コロナ影響 | 乗りものニュース



●関連ブログ:
【JR西日本】コロナウイルスにより関空特急「はるか」を更に大幅減便へ…半分の32本に | 鉄道プレス
【コロナのせいで】南海「ラピート」「天空」を運休へ | 鉄道プレス
Msykの業務(鉄道)日誌:はるか・ラピートが一部運休へ
「はるか」も「ラピート」も一部運休へ: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

南海電鉄では、今年4月下旬に和歌山市駅前の複合施設「キーノ和歌山」を開業する予定であることを発表していました。



当初予定では4月24日(金)のグランドオープンを予定していましたが、新型コロナウイルス感染症感染防止の緊急事態宣言が全都道府県に発出されたことを受けて、開業を当面の間延期することを発表しました。

キーノ和歌山 商業ゾーン全館:4月24日(金)グランドオープンを延期、カンデオホテルズ南海和歌山 :4月30日(木)からの営業開始を延期|南海電鉄


また、「キーノ和歌山」に併設して開業予定の「カンデオホテルズ和歌山」も、当初4月30日(木)の営業開始予定でしたが、こちらも当面の間延期することとしています。


これまでご紹介してきたように、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、緊急事態宣言が全都道府県に対象となったことから、もはや外出そのものも必要性を判断のうえ、必要に応じて自粛の措置を取る必要が出てきました。

今回の「キーノ和歌山」の開業も、これらの状況を踏まえての延期、ということで、致し方がないものといえるでしょう。


グランドオープンの日程は、状況をみながら判断し、改めて告知されることとしていますので、それが発表されれば、このブログでもご紹介し、実際に訪問できる日が訪れることを、今はただ待ちたいと思います。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

昨年12月より運行されている南海電鉄の「HYDEサザン」ですが、休みの合間を利用して、本日も撮影してきました。
撮影した場所は、箱作〜淡輪間です。

DSC00907-02_R
▲南海電鉄「HYDEサザン」(箱作〜淡輪間)
サザン31号(難波14:50発)に充当されていました。
側面の色がもう少し分かればよかったのですが…

15時半頃で、犬を散歩させている地元の方が多く、撮影の合間に話したりしました。
このように撮影していると、皆さん決まって「何か珍しい列車が来るのか?」と聞かれるのですが、そういう訳ではなく、日常の姿を記録している旨、お答えしました。

合間に、普通列車も撮影しました。
DSC00897_R
▲7100系の普通車
7100系の置き換えスケジュールは特に発表されていませんが、高野線の6000系の置き換えが終了すると、次に対象となるのはこちらになるかも知れません。
まったり撮影できるのも今のうちかも知れません。

DSC00892_R
▲9000系の普通車
9000系自体はまだまだ活躍すると思いますが、LED等の更新前の姿は、徐々に見納めになっていくかも知れません。
そういう意味でも、今のうちに記録しておくことに、越したことはないですよね。


今回撮影した場所は、下記の記事で撮影した場所と同じであります。


機会があれば、また別の場所でも「HYDEサザン」を撮影できればと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

南海電鉄では、加太さかな線(加太線・和歌山市〜加太)を盛り上げる春のキャンペーンとして、「めでたいバル2020」を開催するほか、「めでたいでんしゃ なな」(赤色)の運行開始1周年を記念したヘッドマーク掲出等のイベントを実施することを発表しました。


加太さかな線春のキャンペーン!「めでたいバル2020」を開催します|南海電鉄


概要は以下の通りです。

●加太さかな線「めでたいバル2020」:
・概要: 加太線の駅や飲食店などのスタンプ設置施設を巡り、専用のスタンプ台紙に合計6個のスタンプを集め、「めでたいポスト」に投函すると、抽選で賞品がプレゼントされるイベント。


・期間:
2020年3月15日(日)〜5月31日(日)

・対象:
期間中にに「加太観光きっぷ」「加太さかな線おさんぽきっぷ」「南海電鉄で行く加太方面への旅行商品(ぶらりたび 加太プラン)」のいずれかの購入者


●「めでたいでんしゃ なな」記念ヘッドマーク掲出:
・掲出期間:
2020年3月28日(土)〜6月30日(火)

・イメージ:
nankai_medetaidensha_nana_hm
▲「めでたいでんしゃ なな」と記念ヘッドマークイメージ
(上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/200305.pdf)より引用)

●「めでたいでんしゃ」の方向幕変更:
正面の方向幕を順次オリジナルデザインに変更
nankai_medetaidensha_sabo
▲方向幕変更イメージ
(上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/200305.pdf)より引用)

・変更日:
「めでたいでんしゃ さち」(ピンク色):2020年3月3日(火)
「めでたいでんしゃ かい」(水色):2020年3月4日(水)
「めでたいでんしゃ なな」(赤色):2020年3月中旬予定



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



新型コロナウイルス感染症拡大の懸念から、各種イベントが中止の動きが続いていますが、今回南海電鉄から発表のあった「加太さかな線『めでたいバル2020』」は、飲食店を巡ってスタンプを集め、特典をゲットするという企画ですので、「大勢の人々が閉鎖された空間に長時間集まる」という、新型コロナウイルス感染症が拡大するというケースではないこともあってか、予定通りの開催が現在のところ予定されているようです。

新型コロナウイルス感染症の影響で、特に飲食店等は売上の減少等の大きな影響を受けていますが、「めでたいバル2020」のような感染拡大の影響が低いと考えられるイベントについては、これまた参加者も感染症拡大防止の対策(こまめな手洗い、可能な限りのマスク着用等)に気をつけて、参加していただければと思います。


さて今回の発表で、「めでたいでんしゃ」自体の装飾等変更も発表があり、こちらの方がファンにとっては重要な情報だったかも知れません。

一つ目は、「めでたいでんしゃ なな」(赤色)1周年を記念したヘッドマーク掲出です。
赤色の「なな」は、昨年3月31日にデビューしましたが、運行開始日当日に早速乗車して、その様子を下記記事でご紹介しました。

(この頃には「なな」という名称は付けられておらず、単に「こども」と称されていました。)

それから1年となり、「めでたいでんしゃ」家族は、これまで以上に加太線のPRに大いに貢献しているところですが、今回1周年記念ヘッドマークが掲出されることから、これを目当てに訪問するファンもおられることでしょう。


そしてもう一つが、「方向幕の変更」。
これまで、「めでたいでんしゃ」の方向幕は、他の編成と同じく、黒地に白色という南海電鉄の標準のデザインでした。
これを、表記内容(「和歌山市〜加太」)はそのままに、デザインを加太の海をイメージした海の波で日本語・英語を区切り、また文字フォントもオリジナルのものに変更することとなりますが、これにより、「めでたいでんしゃ」の世界観がより引き立ってくるように感じました。


方向幕の変更は、既に「さち」「かい」の編成は実施済みとのことですので、機会があればその様子も見に行くことができればな、と思っています。

また、「なな」1周年記念ヘッドマークも、掲出は6月30日までと、比較的期間があるので、これまた時間をみつけて記録することができればな、と感じたニュースでありました。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

下記記事でご紹介したように、昨年12月から運行されている南海電鉄の「HYDEサザン」
【南海電鉄】「HYDEサザン」運行開始(2019.12.23〜)L'Arc-en-CielのHYDEさんデザインによるラッピングを実施 : 阪和線の沿線から

運行開始初日に早速乗車して以降、今年10月まで運行期間があることもあってか、その後撮影することがないままでしたが、本日(2月24日)、天気も良かったので、近隣の男里川橋梁(樽井〜尾崎間)で時間を見計らって、この「HYDEサザン」を撮影してみました。

DSC00851-02_R
▲南海電鉄「HYDEサザン」(樽井〜尾崎間)
サザン13号(難波10:15発)に充当されていました。


この橋梁では、上流の橋からサイドを記録できるようなので、そちらの記録もチャレンジしてみようかとも思います。
ひとまず記録と報告まで。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ