阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:鉄道(関西地区事業者) > 南海電鉄

本日(2019年7月7日)、下記過去記事のとおり、南海電鉄尾崎駅周辺で、「尾崎駅元気出そうフェス」が開催され、これに併せて特急「ラピート」50000系が尾崎駅まで入線しました。
【大阪府阪南市】尾崎駅元気出そうフェス開催(2019.7.7)当日は尾崎駅にラピート運行も? : 阪和線の沿線から
【南海電鉄】「尾崎駅元気だそうフェス」開催を発表(2019.7.7)当日は特急ラピートが尾崎駅まで臨時運転 : 阪和線の沿線から

泉佐野より南の南海本線を50000系「ラピート」が走行するのは珍しいこともあるので、これは貴重な記録、ということで撮影してみることにしました。

まず、泉佐野〜尾崎間の撮影地で、比較的撮影しやすい「男里(おのさと)川橋梁」。

DSC08799-3_R
▲南海電鉄50000系(樽井〜尾崎、男里川橋梁)



この男里川橋梁ですが、2年前の10月の台風による豪雨の影響で線路故障が発生し、およそ2週間ほど運休となり、その後約1ヶ月ほど単線運転による暫定的な復旧が行われました。
上下線とも運転再開となったのは、台風被害後のおよそ1ヶ月後となりましたが、その復旧過程についても、当ブログでご紹介してきたところです。

続きを読む

そう遠くないうちに、新型車両への置き換えが発表されている、南海6000系。
総勢72両がこれまで一両たりとも廃車されることなく、当初投入された高野線で運用され続けてきたことは、驚くべきことではありますが、いよいよその光景も見納めが近づいてきました。

沿線エリアに住んでいながら、引退が近くなってから慌てて撮影するのは愚の骨頂とも思えるので、全車健在である今のうちに可能な限り撮影しておきたいところと考えています。

本日はあいにくの曇天でしたが、家族がみんな留守だったので、南海高野線の我孫子前〜浅香山間の、大和川橋梁を渡る南海6000系の姿を記録してきました。

撮影地は、こちらの過去記事をご参考下さい。
参考:【撮影地記録】南海高野線・我孫子前〜浅香山間(大阪府堺市堺区) : 阪和線の沿線から

DSC08656-2_R
▲急行橋本行き。
6013号車が先頭です。


DSC08685-2_R
▲区間急行和泉中央行き。
先頭は6034号車


DSC08694-2_R
▲急行橋本行き。
6004号車が先頭です。

DSC08717-2_R
区間急行林間田園都市行き。
6028号車が先頭です。


本日は、いずれも急行・区間急行と、優等種別に投入されていました。
このように、高野線の主力形式の一つとして、頻繁に見られるのもあとわずか、といえるでしょうから、天気云々はさておき、可能な限り記録しておきたいところですね。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

南海電鉄が経営する遊園地「みさき公園」では、今年の夏、プールの営業を行わない一方で、入場料を一律100円とする等の「夏の『水入らず』キャンペーン」を実施することを発表しました。


【みさき公園】2019年夏季営業期間中(6/28〜9/1)‘園料金を一律100円に変更します!営業時間を変更します!|南海電鉄


概要は以下の通りです。

●夏季営業期間:
6月28日(金)〜9月1日(日)
(7月3日(水)〜5日(金)、10日(水)〜12日(金)は休園日)

●割引後入園料:
100円(大人・こども一律)
通常は大人1,350円、こども700円
夏季営業期間後、休園日を挟んで営業再開となる9月7日(土)以降は通常料金での営業

●開園時間(夏季営業期間中):
・平日:
9:30〜18:00(例年は17:00まで)
イルカショー公演時間は11:30、13:30、16:00

・土日祝日及び8月13日(火)〜16日(金):
9:30〜18:40(例年17:00まで)
イルカショー公演時間は11:30、15:00、18:00

nankai_misakikoen_2019summer
▲みさき公園「夏の『水いらず』キャンペーン」ポスタービジュアル
(上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190624_2.pdf)より引用)



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



南海電鉄沿線の遊園地として長年親しまれてきた「みさき公園」ですが、今年3月下旬には、下記エントリーでご紹介したように、来年3月末をもって「みさき公園」事業から撤退することが既に発表されています。
参考:【南海電鉄】みさき公園事業からの撤退を発表(2020.3.31)今後は岬町と協議へ : 阪和線の沿線から

来年度以降の同園の存廃については、その方向性も今のところ発表されていないわけでありますが、そんな中、今年の夏の営業期間中、入場料金が一律100円となる特別キャンペーンが実施されることとなりました。

冒頭にも記したように、例年夏にオープンする「ぷ〜るらんどRiO」の営業が、今年は実施されず、その代わり、入園料を割安にした上で、開園時間も例年よりも1時間以上延長することで、プール以外の動物園やイルカショー等を楽しんでもらおう、というものです。

そもそも、今シーズンにプールの営業が出来ない理由として、昨年9月の台風21号による被害で、プール施設の修理に多額の投資が必要である一方、上述の通り事業継続が困難であるために撤退の方針としたため、修理に経費をかけることができないということから、今回の入場料100円キャンペーンとなった模様です。


プールの営業がなく、日によっては暑い中園内をあるくことにはなりそうですが、元来みさき公園には多くの動物が飼育されていることから、100円で動物園を楽しむことができる、と考えるとこれまた今夏限定のお得な体験、といえるでしょうか。

またイルカショーについても、開催時間が変更となっており、土休日等は18時に開催となっているため、少し涼しいなか、イルカが元気に飛び交うショーを見るのもおつなものではないのでしょうか。


来春の南海電鉄による運営終了以降、存廃の方向性が未だ明らかになっていないみさき公園。
最悪な場合、来年3月での閉園もあり得る状況ですが、この夏に入場料が値下げとなるタイミングで訪問するのも、決して悪いことでもなく、仮に入場者が大幅に増えれば、南海電鉄撤退後の存続にもプラスに働くかも知れません。

私も上述のとおり、動物園としても楽しめる「みさき公園」の姿を、もう一度見てみるために、期間中、機会があれば訪問してみたいな、と感じたニュースでありました。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

下記エントリーでご紹介したように、7月7日(日)に南海本線・尾崎駅周辺で「尾崎駅元気出そうフェス」が開催されることをご紹介しました。
参考:【大阪府阪南市】尾崎駅元気出そうフェス開催(2019.7.7)当日は尾崎駅にラピート運行も? : 阪和線の沿線から

当日は、特急ラピートが尾崎駅まで入線するかも、という予告が掲載されていましたが、本日南海電鉄より、この「尾崎駅元気出そうフェス」の概要が発表されました。

7/7(日)開催「尾崎駅元気出そうフェス!!」たむらけんじ氏一日駅長&ラピート臨時運転|南海電鉄

概要は以下の通りです。

●実施日時:
2019年7月7日(日)
(雨天決行、荒天中止)

●実施内容:
・阪南市役所周辺イベント:
10時〜15時、阪南市役所(大阪府阪南市尾崎町35番地の1)メイン会場
大物産展&はんなんうまいもん市、大抽選会、ビンゴゲームを開催。

・たむらけんじ氏 一日駅長任命式:
10時40分から、阪南市役所 メイン会場で、たむらけんじ氏が南海電鉄から一日駅長を任命。

・特急ラピートの臨時運転ツアー「たむけんとラピートに乗って尾崎駅へ行こう!」:
時間:
難波駅8時集合、尾崎駅10時30分頃解散

料金:
無料

募集人数:
180人(要事前申込、抽選方式)

内容:
特急ラピートを本ツアー貸切で臨時運転し、初めて尾崎駅で停車。
車内では、たむらけんじ氏のアナウンスや、同氏との写真撮影を実施。

申込方法:
南海電鉄ホームページ「Natts Net」(https://www.natts.net/)のみで受付

応募期間:
2019年6月17日(月)0時〜26日(水)24時



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


先に阪南市広報誌「広報はんなん」の掲載内容をご紹介しましたが、本日南海電鉄より、正式に特急ラピートの尾崎駅入線について発表がありました。
上記発表内容から推測すると、尾崎駅到着は少なくとも10時30分よりも前ということは分かります。
一方、難波駅の集合時間は8時となっていることから、どれくらいの時間に尾崎駅に到着するのか、少し幅をみた予想をしておくのが良いのかな、とも思われます。

かつて、尾崎駅を通過する「ラピート」は、幾度か団体臨時列車として運行されたことがあります。
手元の記録を探してみると、2015年8月に運行された「Peach×ラピート」の団体臨時列車の画像がありましたので、ご紹介しておきます。

DSC01155-2_R
▲尾崎駅通過時の「ラピート」。
1000系の普通列車とのすれ違いです。

DSC01174-2_R
▲尾崎〜樽井間のカーブを通過する「ラピート」。
後追いの撮影です。


今回は、尾崎駅で初めての客扱いをすることになりますが、焦点はその後、どのように回送されていくのかでありましょう。
尾崎駅の難波方にある渡り線を使って折り返していくのか、それとも、そのまま和歌山市方に回送されるのか。

日頃は泉佐野以南に姿を見せない「ラピート」だけに、どこで撮影すると貴重な記録となるのか、しっかり吟味して撮影したいと思いますので、その様子は当ブログでご紹介できればと思います。
勿論撮影の後は、フェス会場で地元・阪南市の名産品を味わっていただければ、地元の人間としても嬉しい限りであります。




●関連ニュースサイト:
南海 ラピート 難波〜尾崎間(ツアー)(2019年7月7日) - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

下記の記事でもご紹介したようにこの4月25日から運行を開始した南海9000系「マイトレイン」。
参考:「NANKAIマイトレイン」9000系に乗車する(2019.4.25) : 阪和線の沿線から


ところで9000系といえば、「サザン・プレミアム」こと12000系と併結可能であることから、「マイトレイン」による特急「サザン」の運行を楽しみにしていましたが、今月から早速12000系と併結した運用が開始されたことが、雑誌「鉄道ファン」に掲載されていました。
参考:南海9000系「NANKAIマイトレイン」が“サザン”に|鉄道ニュース|2019年6月5日掲載|鉄道ファン・railf.jp


その様子を早速記録せねばと、週末の午前中の暇な時間を使って、地元近辺で「マイトレイン」サザンを撮影してきました。

DSC08280-3_R
▲南海9000系「マイトレイン」+12000系による特急「サザン」
(尾崎〜鳥取ノ荘、2019.6.8)

定番の撮影地ですが、曇天のため日差しを気にせずに記録することができました。
私の他にももう一名、「マイトレイン」による「サザン」を記録されていました。


DSC08316-2_R
▲南海9000系「マイトレイン」+12000系特急「サザン」
(樽井〜尾崎)
こちらは個人的にお気に入りの場所で、正面から撮影できる場所であります。


リニューアルした9000系の大きな変更点であるLEDによる前照灯と行先表示器は勿論、、本編成限定のオレンジ色の帯、そしてその車両が「特急サザン」のLEDを掲げて南海線を疾走する姿を、しっかり記録できたのでは、と思います。


ついでなので、そのLED部分を拡大表示。
DSC08316-3_R

種別の「サザン」は、「Ltd.Exp SOUTHERN」と英語表記が併記されています。
「サザン」の日本語は12000系と同じく、斜体のフォントが再現されていますが、流石に南十字星をイメージした星はドットの関係もあり、表記できないのは仕方ないですね。


これからも引き続き、特急「サザン」として運用している「マイトレイン」の様子を記録していきたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

このブログでも恒例となりつつある、南海電鉄8300系の車両メーカーからの新車の輸送、いわゆる「甲種車両輸送」の様子のご紹介。
今回も、前日に車両メーカーから発車した車両輸送列車が、大阪環状線・大和路線・和歌山線・紀勢本線を経由して和歌山市駅まで搬入されてきました。

DSC08224_R
▲和歌山市駅まで牽引してきたディーゼル機関車「DD51」と、8300系の4両+2両編成。

例の如く、牽引してきたDD51形ディーゼル機関車を記録します。
DSC08221_R

DSC08219_R
▲南海カラーの車両と一緒に記録できるのも、この機会限りであります。

この甲種輸送では、7番線に到着する和歌山港線の列車との並びも見どころの一つです。
本日は「めでたいでんしゃ さち」(ピンク色)との並びとなりました。
DSC08243_R
▲「めでたいでんしゃ さち」と並ぶDD51。

続きを読む

今週自宅のポストに投函された地元・大阪府阪南市の広報誌「広報はんなん」に、このような記事なる記事が掲載されていました。

DSC_1931
▲阪南市広報誌「広報はんなん」令和元年6月号 P6より引用


尾崎駅と阪南市役所周辺で「尾崎駅元気出そうフェス」が開催されるとのことです。

開催日時は、7月7日(日) 10時〜15時であります。

主催は阪南市商工会ということで、商工会のWebサイトにも掲載がありました。
「尾崎駅ゲンキ出そうフェス」出店者募集のお知らせ:阪南市商工会ホームページ

昨年の台風21号被害を受けた尾崎駅の復興と賑わいの創出を目的のこのイベントとのことです。
尾崎駅の駅舎は、下記のエントリーでご紹介したように、台風被害の半年後の今年3月に供用再開となりましたが、まさかこの復興を目的としたイベントが実施されるとは思いもしませんでした。
本日より供用再開した南海線・尾崎駅の駅舎をみてみる(2019.3.23) : 阪和線の沿線から


それ以上に注目したのは、こちらの記載。
「当日はラピートが尾崎駅に来るかも?!」

空港特急「ラピート」は、通常では難波〜泉佐野〜関西空港間で運行されており、尾崎駅を含む泉佐野以南に入線するのは稀なことであります。
しかも今回、「尾崎駅に入線」とあることから、尾崎駅に停車ものと思われます。

一方、土休日ダイヤでは、昼前からの時間帯において、尾崎駅で特急「サザン」と普通車の接続が行われているため、どのような時間帯で「ラピート」がやってくるのか、気になるところではあります。

加えて、尾崎駅まで下ってきた後の「ラピート」、このまま尾崎駅から折り返すのか、それとも和歌山市方面まで更に下るのか、といった回送ルートもどうなるのかもファンとしては要チェックでしょうか。


当日は阪南市ふるさと大使である「たむらけんじ」さんも来られるとのことですが、それより何より、日頃は定期運行のない泉佐野以南のラピート入線が大いに注目点のこのイベント。
続報は上記商工会のWebサイトにも掲載されると思われますので、逐次チェックしていきたいと思います。




●関連ブログ:
広報はんなん、今月号とっても読みやすく、興味深い内容盛りだくさんです。 | 人こそ街なり  阪南市議会議員 上甲 誠




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

南海電鉄では、南海本線の堺市内における連続立体交差事業の進捗に伴い、諏訪ノ森駅の西駅舎を閉鎖し、翌日の始発列車から仮駅舎に切り換えることを発表しました。

諏訪ノ森駅西駅舎を仮駅舎に切り替えます |南海電鉄

概要は以下の通りです。

●仮駅舎の供用開始日:
2019年5月25日(土)始発列車から
(※)前日(24日)の営業運転終了をもって現在の駅舎は閉鎖

●今後の計画:
新駅舎の近くで来場者の集い・憩いの場などとして保存活用される計画
参考:「南海本線(堺市)連続立体交差事業」について(堺市公式サイト)
http://www.city.sakai.lg.jp/shisei/toshi/rittaisuishin/honsen/index.html



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



南海本線・諏訪ノ森駅の西駅舎は、1919年(大正8年)に建設され、今年で丁度100年を迎える駅舎であります。

ホーム難波方に立てられている、こぢんまりした駅舎ではありますが、入口の上方には、海岸の様子が描かれたステンドグラスが5枚はめ込まれており、同駅舎建設当時の姿を今に残す貴重な駅舎であります。

その貴重さが故に、1998年(平成10年)には大手私鉄で初の国の登録有形文化財として登録されています。
連続立体交差事業に当たっては、本駅舎も役目を終えることとなりますが、築100年という歴史ある駅舎であることもあり、今後は保存活用される計画となっているのは、嬉しい限りであります。


この諏訪ノ森駅の駅舎ですが、訪問した記録を探したところ、丁度今から10年前の2009年3月に訪問して、特徴であるステンドグラス等を記録していましたので、当時の様子をご紹介したいと思います。
参考:南海本線 諏訪ノ森駅を訪問する : 阪和線の沿線から

P3192477
▲駅舎正面

P3192480
▲駅名標

P3192478
▲特徴であるステンドグラス

P3192479
コンコースの照明も、建設当時の姿を今にとどめる雰囲気のものとなっていました。


この訪問の後、諏訪ノ森駅を訪問したことがなく、現駅舎営業終了まで再訪の機会も残念ながらありませんが、それだけにこの時記録に残しておいてよかったな、とも思ったりしました。


この諏訪ノ森駅の駅舎が引退によりステンドグラスがはめ込まれた駅舎は見納め、と思いきや、同じ南海線の蛸地蔵(たこじぞう)にも同様に(こちらはステンドグラス3枚)の駅舎がありますので、未訪問の方がいらっしゃれば、この機会に両方の駅舎を訪問してみてはいかがでしょうか。
参考:「赤いラピート」の撮影記録(蛸地蔵駅・浜寺公園駅・春木駅) : 阪和線の沿線から




●関連ニュースサイト:
南海,5月25日から諏訪ノ森駅西駅舎を仮駅舎に変更|鉄道ニュース|2019年5月16日掲載|鉄道ファン・railf.jp
南海電鉄、南海本線の諏訪ノ森駅西駅舎を仮駅舎に切り替え | RailLab ニュース(レイルラボ)
南海 諏訪ノ森駅仮駅舎 供用(2019年5月25日〜) - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

近年、この時期の恒例ともいえる、南海電鉄の8300系新製車両の輸送。
車両メーカーを前日に発車し、未明から明け方にかけて和歌山市駅まで輸送されるこのルートも、近年の定番になっている感があります。

年に数回、和歌山市駅の構内にDD51型ディーゼル機関車が入線するという珍しい光景でもあることから個人的にも興味があり、新製車両の輸送がある度に出勤途中に和歌山市駅まで出向き、その記録をご紹介しています。


今年も、昨日(5月14日)に車両メーカーを出発し、本日早朝に和歌山市駅に到着しましたので、その様子をご紹介したいと思います。

DSC08000_R
DSC08006_R

▲DD51型ディーゼル機関車と8300系。
今回牽引してきたのは、DD51 1193号機でした。

DSC08004_R
▲DD51 1193号機の側面。
このように間近で見ることができるのも貴重な機会であります。


DSC08013-2_R
▲和歌山港線で運用されている「めでたいでんしゃ(こども)」の入線。

DSC08027_R

▲「めでたいでんしゃ(こども)」とDD51の並び。



続きを読む

今日(4月29日)は、平成最後の昭和の日でありますが、世間は10連休の3日目、あたりでしょうか。

曇天模様ではありますが、先日ご紹介した南海電鉄の「NANKAIマイトレイン」9000系が今日は走っている模様でしたので、早速男里川橋梁に撮影してきました。

DSC07366-2_R
▲南海9000系「NANKAIマイトレイン」
(樽井〜尾崎、2019.4.29)


曇り空とあって、私以外に撮影している人はいませんでした。
連休後半は天気が良くなる予報なので、そうなると多くの方で賑わうのかも知れませんね…

私も、機会があれば、ちまちま「NANKAIマイトレイン」の記録に勤しみたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ