阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:鉄道(関西地区事業者) > その他関西地区事業者

叡山電鉄では、下記記事でご紹介したように、漫画「ゆるゆり」とのコラボ企画の実施を発表しており、既にラッピング車両の運行等を開始しています。


その叡山電鉄では、7月8日(水)の大雨により、貴船口駅付近で発生した土砂災害により、鞍馬線市原駅〜鞍馬駅間で運休しており、また、新型コロナウイルス感染症に関する京都府の独自基準では7月14日(火)に「警戒基準」に達したことから、7月24日(金・祝)に予定していた「コラボフェスタ」を中止するとともに、コラボ企画の変更を発表しました。

「えいでん×ゆるゆりコラボフェスタ」の中止および「ゆるゆりコラボきっぷ」発売時間、その他企画内容の変更について|叡山電鉄

概要は以下の通りです。

【中止する企画】
「えいでん×ゆるゆりコラボフェスタ」(7月24日(金・祝)開催予定)

【企画内容の変更】
●「ゆるゆりコラボきっぷ」発売時間:
2020年7月24日(金・祝) 6:00からの発売に変更(変更前は8:30発売開始)

●「ゆるゆりコラボきっぷ」通信販売実施:
京阪カードの通販サイト「e-kenetマーケット」での通信販売を実施。
詳細は、後日発表予定

●「コラボポスター」掲出駅変更:
2020年7月15日(水)より掲出駅を変更
・貴船口駅⇒元田中駅
・鞍馬駅⇒岩倉駅
他の駅のコラボポスターは引き続き掲出

●「キャラクタースタンディPOP」設置駅変更:
2020年7月25日(土)より掲出駅を変更
・鞍馬駅⇒修学院駅
出町柳駅のキャラクタースタンディPOPは、予定通り設置


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



冒頭の記事でご紹介したように、漫画「ゆるゆり」とのコラボ企画が今月から始まっており、熱心なゆるゆらー(「ゆるゆり」ファンの通称)の方々が早速訪問された様子もネット上にもアップされています。

そんな中、これからコラボイベントの開催やコラボきっぷの発売と、イベントを楽しみにしていたところに、豪雨による運休や、新型コロナウイルス感染症の再びの拡大により、コラボイベントの変更、そして実施内容の変更が発表されることとなりました。

コラボイベントでは、ラッピング車両の撮影は勿論、コラボ仕様の方向幕や駅名標が掲出される予定となっていて、発表資料からも叡山電鉄の力の入れようを感じていただけに、中止は至極残念でありますが、上述の状況を鑑みると、本当に断腸の思いであったかと思われます。

但し、「コラボきっぷ」については、密集・密接を避ける観点からでしょうか、ネット通販も実施される予定となっていますので、遠方等で叡電を訪問することが難しいゆるゆらーの皆様も、是非購入していただければと思います。


新型コロナウイルス感染症の換算状況は、ここにきて予断を許さない様子となっていますが、一方で鉄道事業者をはじめとし、様々な業界が経済的に瀕死の状況に陥っているのもこれまた事実でありましょう。
できることとすれば、もう繰り返し書いていますが、感染拡大の観点から、マスク着用、手洗い励行、会話は最小限、ソーシャルディスタンスの確保、といった、日頃の生活における感染予防に留意した上で、コラボ企画を見に行くことで、豪雨とコロナのダブルパンチを受けた叡山電鉄を、少しでも支援することなのかな、とも感じた次第であります。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今年3月から近鉄の名阪特急で運行を開始した「ひのとり」。
下記記事で、運行開始後、早速大和八木駅で撮影しましたが、乗車する機会にはなかなか恵まれませんでした。


しかし、下記記事でご紹介したように、先月13日より「ひのとり」編成が増備され、乗車チャンスも拡大したことから、そろそろ乗車しておきたいな、と思っていたところ、本日偶然にも大和八木から鶴橋の間でありますが、「ひのとり」に初めて乗車することができました。



HORIZON_0001_BURST20200704183051643_COVER
▲乗車したのは、大和八木18時38分発の大阪難波行きです。
わずか30分ほどの乗車でありますので、今回はレギュラーシートに乗車してみます。

DSC_1876
▲大和八木駅に到着した「ひのとり」80000系。
私以外にもカメラを向ける人が何人もおり、相変わらず注目を集める車両であります。

DSC_1878
▲「ひのとり」エンブレム。
6号車に貼り付けられていました。

車内に入ります。私が乗車するのは5号車です。
続きを読む

和歌山電鐵貴志川線では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、4月29日(水・祝)より最終列車の繰り下げを実施し、また5月9日(土)改正後のダイヤでも減便を継続しています。


この度、県境をまたぐ移動が全国で解禁される見通しとなるとともに、貴志川線の利用実態を踏まえ、6月22日(月)から一部ダイヤを変更した上で、特別ダイヤでの運行とすることを発表しました。

【重要】新型コロナウイルスの影響に伴う減便について(6/17更新)|和歌山電鐵

概要は以下の通りです。

●6月22日(月)以降も運転取りやめとなる列車:
・夜間(平日・土休日とも)
和歌山23:36発→貴志0:06着
伊太祈曽23:09発→貴志23:26着
貴志23:41発→伊太祈曽23:53着


・早朝(土休日のみ)
伊太祈曽5:45発→貴志5:57着
和歌山6:55発→伊太祈曽7:13着
貴志5:28発→伊太祈曽5:39着
伊太祈曽6:30発→伊太祈曽6:49着

●6月22日(月)〜の最終列車:
[下り]
和歌山発 貴志行き 23:00発
[上り]
貴志発 和歌山行き 22:14発
貴志発 伊太祈曽行き 22:55発


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除され、徐々に日常の生活を取り戻しつつありますが、その動きは鉄道やバスのダイヤでも如実に現れています。

今回取り上げた和歌山電鐵貴志川線でも、緊急事態宣言時には、最終列車の繰り上げを実施し、和歌山発貴志方面行きの最終列車が22:30発となり、本来のダイヤよりも約1時間繰り上げのダイヤで運行していました。
しかし、前述のとおり、緊急事態宣言の解除や、都道府県をまたぐ移動自粛の全面解除を受け、減便の縮小を発表しました。

縮小される減便は夜間の時間帯で、最終列車が区間によっては30分程度遅くなることとなりますので、これまで最終列車の繰り上げを気にしながら仕事等をしていた方にとっては、ようやくの朗報といえるのではないのでしょうか。

とはいえ、貴志川線に関しては、最終列車も含めてまだ運休列車が残っていますので、利用者が少しでも早く回復し、本来のダイヤに戻る日が早く来ることを願いたいところですね。




●関連ブログ:
wap ONLINE:わかやま電鉄、6月22日から減便を縮小【追記あり・和バス特別ダイヤは今週末も続行】



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

叡山電鉄では、漫画雑誌「まんがタイムきらら」とのコラボ企画「きらら×きららプロジェクト」の一環として、出町柳駅に漫画「NEW GAME!」のキャラクター「涼風青葉」のステンディパネルを設置していますが、このパネルについて、2020年6月27日(土)より、リニューアルすることを発表しました。

6月27日(土)、「NEW GAME!」涼風青葉スタンディパネルを叡山電車新制服Ver.にリニューアルします|叡山電鉄

概要は以下の通りです。

●新スタンディパネルデザイン:
eiden_newgame_standy
▲新スタンディパネル
(上記発表資料(https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2020/06/news_2020.06.18.pdf)より引用 【(C)得能正太郎/芳文社】)

●設置開始日:
2020年6月27日(土)〜

●コラボヘッドマーク掲出車両運行:
・運行期間:
2020年6月27日(土)〜8月31日(月)予定

・車両番号:
724号車

・ヘッドマークデザイン
eiden_newgame_headmark
▲ヘッドマークデザイン(2種類)
(上記発表資料(https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2020/06/news_2020.06.18.pdf)より引用 【(C)得能正太郎/芳文社】)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



先日、「ゆるゆり」とのコラボ企画が発表となったところの叡山電鉄で、間を置かず新たな漫画・アニメコラボ企画の発表がありました。

今回は、「きらら×きららプロジェクト」の一環で、2015年3月から出町柳駅に設置している漫画「NEW GAME!」のスタンディパネルが、リニューアルされることとなりました。
DSC07396_R
▲現在掲出中の「NEW GAME!」涼風青葉スタンディ。
6月27日(土)より新制服バージョンにリニューアルされます。

新しいパネルでは、引き続き「NEW GAME!」のキャラクター「涼風青葉」が、今度は叡電の新しい制服をまとって登場することとなります。

加えて、「涼風青葉」新旧制服バージョンのヘッドマークも掲出されるとのことですので、こちらもファンにとっては是非とも記録しておきたいものといえます。

折しも、7月からは前述のとおり「ゆるゆり」とのコラボ企画が始まります。


「ゆるゆり」に加えて「NEW GAME!」と、連日の発表でありますが、今夏の叡電では、本当に見るべきものが沢山ありますので、是非とも訪問できればと思ったニュースでありました。



●関連ニュースサイト:
叡山電鉄 NEW GAMEヘッドマーク 掲出(2020年6月27日〜) - 鉄道コム
NEW GAME!:叡山電鉄・出町柳駅の涼風青葉パネルがリニューアル 新制服バージョンに - MANTANWEB(まんたんウェブ)



●関連ブログ:
叡山電鉄、「NEW GAME!」涼風青葉スタンディパネルを叡山電車新制服Ver.にリニューアル - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

叡山電鉄では、一迅社発行の月刊コミック誌「コミック百合姫」で連載されている「ゆるゆり」とのコラボ企画を実施することを発表しました。

漫画 「ゆるゆり」とのコラボレーション企画を実施します|叡山電鉄

概要は以下の通りです。

●ラッピング車両運行:
運行期間:2020年7月4日(土)〜2020年11月30日(月)(予定)
車両番号:721号車

なもり氏の描き下ろしイラストを車内及び車体側面に装飾したラッピング車両を運行。


●コラボポスター掲出:
「ゆるゆり×えいでん」コラボポスターを下記の10駅に掲出。
掲出駅:
出町柳駅、一乗寺駅、修学院駅、宝ケ池駅、八瀬比叡山口駅、八幡前駅、二 軒茶屋駅、市原駅、貴船口駅、鞍馬駅
掲出期間:
2020年7月4日(土)〜2020年11月30日(月)(予定)

●コラボきっぷ発売:
なもり氏描き下ろしの1日乗車券と硬券タイプの特別入場券、特典台紙のセットを発売。

発売金額:
2,040円
発売数:
1,000セット
発売方法:
[発売会]
2020年7月24日(金・祝)の8:30〜10:30に、出町柳駅コンコース特設会場で発売
[通常販売]
2020年7月24日(金・祝)〜12月31日(木)、出町柳駅インフォメーションで発売

eiden_yuruyuri_ticket
▲コラボきっぷ特典台紙
(上記発表資料(https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2020/06/news_2020.06.16.pdf)より引用 【(C)なもり/一迅社】)

●コラボイベント:
開催日時:
2020年7月24日(金・祝) 11:00〜16:00

開催場所:
八瀬比叡山口駅

内容:
「ゆるゆり」コラボラッピング車両の721号を2番線に留置し、ラッピング車両の撮影
コラボ方向幕、コラボ駅名標掲出
キャラクタースタンディPOP展示
イラストポスター展示
 等

●オリジナルコラボロゴ
eiden_yuriyuri_logo
▲オリジナルコラボロゴ
(上記発表資料(https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2020/06/news_2020.06.16.pdf)より引用 【(C)なもり/一迅社】)



その他詳細は、上記発表資料をご覧ください。




先に、下記の記事で、新型コロナウイルスの影響により中止・延期となっていた、叡電でのまんが・アニメコラボ企画の再開についてご紹介しました。


その際、「新たなコラボ企画の発表」が予定されている旨も記載されており、果たしてどのような企画なのか、楽しみにしていたところ、まさかの「ゆるゆり」とのコラボ企画との発表に、驚かれた方も多かったのではないかと思われます。

「ゆるゆり」とは、主人公「赤座あかり」他の女子中学生が所属する「ごらく部」などの日常を描いたマンガ・アニメ作品で、原作者の「なもり」さんが富山県出身ということもあり、アニメの随所に富山県内の実在の場所が出てくることでも有名であります。

その「ゆるゆり」に登場した場所を実際に訪問して、まとめた同人誌というのも頒布されており、これまでにもこのブログで、他の鉄道系同人誌とともにご紹介してきた次第です。
【参考】





その「ゆるゆり」が、これまで「まんがタイムきらら」とのコラボを数多く手がけてきた叡山電鉄とコラボするとは、本当に寝耳に水ですし、「ゆるゆらー」とも称される「ゆるゆり」のファンにとっては、嬉しいことこの上ないニュースであったかと思われます。

コラボ企画の内容は、「ラッピング車両」「コラボきっぷ」「コラボイベント」と、これまでの「きららプロジェクト」でも実施されてきた内容であるものの、これまでの「きらら」とは異なる作品のコラボであることから、新たな集客につながることには相違ないかと思われます。


私自身も、上記ブログ記事のように、「ゆるゆり」の同人誌をご紹介してきたことの縁もあり、今回の叡電の「ゆるゆり」コラボ企画も、是非とも訪問したいと思っています。
ただ、コラボイベント実施日となる7月24日は、あいにく既に別の予定が入っていることから、その他の日を狙って訪問し、ラッピング車両の撮影やコラボきっぷの入手等ができればいいな、と思っています。

ともあれ、発表直後は叡電のホームページが混雑したりしたほどの注目を集めた、今回の「ゆるゆり」とのコラボ。
新型コロナウイルスの影響で観光利用が落ち込んでいる中、今回のコラボ企画で多くの方々に叡電を訪問していただくことで、利用者や収入の増加につながればいいな、と思ったニュースでありました。



●関連ニュースサイト:
叡山電鉄 ゆるゆり ラッピング車両 運転|鉄道コム
叡山電鉄 ゆるゆり コラボきっぷ 発売|鉄道コム
叡山電鉄、『ゆるゆり』とコラボ!7/4よりラッピング車両の運行などを実施 |マイナビニュース
叡山電鉄,漫画「ゆるゆり」コラボ企画として「コラボきっぷ」を発売|鉄道ニュース|2020年6月17日掲載|鉄道ファン・railf.jp



●関連ブログ:
叡山電鉄、漫画 「ゆるゆり」とのコラボレーション企画を実施 #叡電 #叡山電車 #ゆるゆり #yuruyuri - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

近畿日本鉄道(近鉄)では、特急列車のチケットレス特急券購入によりポイントが付与される「近鉄特急netポイント」について、期間限定で最大50%(通常の5倍)のポントを付与する「近鉄特急netポイントUPキャンペーン」を実施することを発表しました。

最大50%の「近鉄特急 net ポイント」を付与!「近鉄特急 net ポイント UP キャンペーン」|近畿日本鉄道

概要は以下の通りです。

●対象期間:
2020年6月13日(土)〜7月12日(日)乗車分

●適用条件:
対象期間中に、「近鉄電車インターネット予約・発売サービス」会員が、チケットレス特急券で乗車した場合に適用。

●ポイント付与率:
・付与率50%(通常の5倍):
520円区間・920円区間

・付与率20%(通常の2倍):
1,340円区間・1,640円区間・1,930円区間


DSC01048-2_R
▲近鉄特急12200系ほか(大和八木駅)

新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が解除となり、中・長距離移動は少しずつではありますが、回復の兆しを見せており、一方で、通勤・通学に関しては、いわゆる「社会的距離」を取るなどの「新しい生活様式」を踏まえた対応が求められています。

今回発表された近鉄特急のポイント付与率アップのキャンペーンでは、新型コロナウイルス感染症の影響により利用が落ち込んだ、特急列車の利用促進という観点からのキャンペーンと考えられますが、特徴的なのは、そのポイントアップの内容といえるでしょう。

上記の発表内容をみると分かるように、「1340円区間」以上の長距離では20%のポイント付与率に対し、比較的短距離の「520円区間」「920円区間」ではポイント付与率50%と、短距離利用に手厚いキャンペーンとなっています。

これは即ち、通勤・通学における分散乗車の取り組みの一つとして、座席指定制の特急列車をより利用しやすくすることで、多くの利用者が「社会的距離」を取れるようにする取り組み、と理解できるのではないかと思われます。
類似の取り組みは、下記記事でご紹介したように、既にJR西日本でも実施されています。
(参考)


JR西日本のキャンペーンでは、「平日限定」「定期券と併用」「対象列車限定」という制限がありますが、近鉄のキャンペーンでは曜日・対象乗車券類・対象列車等に特に制限がありませんので、近鉄線沿線の方々は、この機会に通勤・通学で近鉄特急を利用してみてはいかがでしょうか。



●関連ニュースサイト:
6月13日〜7月12日 「近鉄特急netポイントUPキャンペーン」実施|鉄道イベント|2020年6月4日掲載|鉄道ファン・railf.jp
近鉄特急、特急券ネット予約で期間限定最大50%還元 難波〜奈良駅間が実質260円など - TRAICY(トライシー)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

近畿日本鉄道(近鉄)では、3月14日(土)から運行している大阪難波〜近鉄名古屋間の新型名阪特急「ひのとり」について、現在の6両3編成に加え、更に6両4編成を増備し、6月13日(土)より増発することを発表しました。

新型名阪特急「ひのとり」の増発について|近畿日本鉄道

概要は以下の通りです。

●6月13日(土)以降「ひのとり」で運行する列車:
【平日】
大阪難波発:
7:00、8:00、10:00、12:00、13:00、14:00、16:00、17:0019:00、20:00
近鉄名古屋発:
7:00、9:0010:00、11:00、13:00、15:00、17:00、18:00、19:00、20:00

【土休日】
大阪難波発:
8:00、9:00、10:00、11:00、14:00、15:00、16:00、16:20、19:00、20:00、21:00
近鉄名古屋発
7:00、8:20、11:00、12:00、14:00、16:25、17:0017:25、18:00、18:25、19:00

(※)下線の列車を今回「ひのとり」に置き換え。


●運休中の特急列車の運転再開:
現在運休中の以下の特急列車(土休日)について、6月13日(土)より運転再開
大阪難波発近鉄名古屋行き:
16:20、17:20、18:20
近鉄名古屋発大阪難波行き:
16:25、17:25、18:25


●大阪難波〜近鉄奈良間の「ひのとり」増発:
現在1往復を「ひのとり」で運転している大阪難波〜近鉄奈良間の特急について、6月15日(月)以降の平日ダイヤにおいて、以下の列車を「ひのとり」での運転に置き換え。
大阪難波発:20:45
近鉄奈良発:21:30
(土休日はこれまで同様1日1往復)



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC01101-02_R
▲新型名阪特急「ひのとり」
(2020.3.15、大和八木駅)

この3月ダイヤ改正で華々しく登場した新型名阪特急「ひのとり」ですが、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、おいそれと乗車できない時期が続きましたが、一方で、予定通り車両の増備は進んでいるようであり、この度6両7編成まで揃うこととなりました。

これに併せて、「ひのとり」充当列車を増発することとなり、平日は15往復中10往復、土休日は19往復中11往復が「ひのとり」となり、乗車チャンスが大幅に増えることとなります。

折しも、「緊急事態宣言」が解除され、府県間の移動の自粛要請が解除になったことから、登場直後は乗車できなかった「ひのとり」に乗ってみるのには、そろそろ良いタイミングなのではないか、と思います。

かくいう私も、「ひのとり」の写真は運行開始日翌日に早速撮影したものの、肝心の乗車がまだですので、本数が増えて、運転席直後の席が取りやすくなるタイミングを見計らって、乗車してみたいな、と思った次第であります。




●関連ニュースサイト:
近鉄「ひのとり」6/13から増発、名阪間は平日10往復・土休日11往復 | マイナビニュース
「ひのとり」一挙増発 近鉄の新型名阪特急 新型コロナによる減便も解消 | 乗りものニュース
近鉄,6月13日から80000系「ひのとり」による特急を増発|鉄道ニュース|2020年6月3日掲載|鉄道ファン・railf.jp



●関連ブログ:
【近鉄】新型名阪特急ひのとり増発!! - Railway Enjoy Net 鉄道トピックス
6月13日から「ひのとり」増発: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

神戸市内の新神戸〜谷上(たにがみ)間を運行する北神急行電鉄では、6月1日(月)に北神線にかかる資産を神戸市交通局に譲渡し、同日より「北神急行電鉄北神線」として運行されることとなります。

神戸市:北神急行線の市営化について

これに伴い、料金(運賃)は、谷上〜三宮間が現行の550円から、およそ半額となる280円となるほか、新神戸を介した既存の神戸市営地下鉄各線への料金(運賃)も大幅に引き下がることとなります。

なお、北神急行線の市営地下鉄化にともなう、ダイヤの変更はありませんが、全車両にヘッドマークを付けて運行されることが、神戸市交通局から発表されています。

神戸市:北神急行線の市営化が6月1日より始まります

詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



今回神戸市営地下鉄へ資産等が譲渡されることとなった「北神急行電鉄」は、1988年(昭和63年)に開業しました。

北神線開業までは、神戸電鉄有馬線沿線から神戸市内の中心地、三宮へ出向くは、鈴蘭台、新開地を経由する遠回りのルートしかなかったこともあり、六甲山を南北に突っ切る鉄道路線は六甲山北麓の住民にとっては長年の願いだったかと推察されます。

しかし、開業後は、谷上〜新神戸間が400円強という運賃に加え、新神戸から先は別途神戸市営地下鉄の運賃が加算されることから、運賃の高さを嫌ってか、想定通りに利用者が定着しないままでありました。
そのため、高額な建設費を償還することが困難な状況となったことから、2002年には北神急行の資産を神戸高速鉄道へ譲渡し、北神急行は運行等を担う「第二種鉄道事業者」、神戸高速が資産を保有する「第三種鉄道事業者」となる運行形態の変更が行われましたが、それでもなお、大幅な利用者の増加には繋がらなかった模様でありました。

そんな中、2019年には、神戸市北区の地域振興等を目的として、北神急行電鉄を市営化し、神戸市営地下鉄と一体的な運行を実施することが決定されました。
その後、譲渡に関する手続き等が進められ、この6月1日(月)に、晴れて「神戸市営地下鉄北神線」として、新たなスタートを切ることとなりました。

私は神戸市内の大学に通っていたこともあって、この北神急行の感想を少なくない方々から聞きましたが、皆さん口を揃えて「速いけど高い」と評されていました。
確かにその通りで、運賃が高くなることを嫌って、時間がかかるのを承知で鈴蘭台・新開地を経由して通学されていた方も、結構多かったように記憶しています。

それほどまでに「高い」運賃が、北神線の利用のみならず、神戸市北区の六甲山北麓地域の活性化を阻害していたのは、想像に難くなく、人口減少が今後進むなか、神戸市としても北区の活性化もあり、今回の北神線市営化を進めたといえるでしょう。


利用者サイドにとっては、北神線が「速くて安い」ルートに生まれ変わるわけで、喜ばしいことである一方、「ようやく今頃に」という感想もあるかと思います。
とはいえ、鉄道というインフラの譲渡には、これだけの時間がかかることは、その性格上仕方がないのかも知れませんね。



この北神急行電鉄ですが、私が直近に乗車したのは、2016年4月のことでありました。
この時は、下記記事でご紹介した「関西鉄道むすめ&萌えキャラスタンプラリー」のイベントに参加すべく、谷上駅を訪問したのでありました。


その際にたまたま乗車したのが、北神急行の所有する7000系でありました。
DSC04851_R
▲北神急行電鉄7000系(谷上駅)

DSC04857_R
▲北神急行のPRキャラクター「北神 弓子」のヘッドマーク

DSC04859_R
DSC04858_R
▲この時は、上記スタンプラリー開催のヘッドマークも掲出されていました。

北神急行電鉄のPRキャラクターであった「北神弓子」でしたが、6月1日以降は市営地下鉄北神線のPRキャラクターとして引き続きその任務を果たすことが、神戸市より併せて発表されています。
また同時に、北神弓子を含めた神戸市交通局の「マスコットキャラクターの使用ガイドライン」も定められています。
神戸市:マスコットキャラクターの使用ガイドライン



以上、明日でその名称が地図上から消える「北神急行電鉄」について記してみました。
実際、市営地下鉄北神線となると、運賃も大幅に下がることから、これによる北神線の利用者増、そして北区エリアの住民減少を食い止める効果を生み出すことができればいいなと思います。

あと、気になるのは北神急行電鉄所有の7000系であります。
置き換えの発表が特になされていないので、しばらくは現在の姿で走り続けるものと思われます。
一方で、神戸市営地下鉄では新型車両6000型の投入が進んでおいることから、北神急行7000系もいずれ置き換えの時がやってくるのでしょうから、北神急行の歴史を残す最後の証、としてその動向に引き続き注目していきたいと思います。

【参考文献】
Railway Graphic Namba N0.7「特集 山陽電気鉄道・神戸高速鉄道」あすやろう製本





●関連ニュースサイト:
神戸市、北神急行線を6月1日から市営地下鉄 北神線として運行開始。谷上〜三宮の運賃はおよそ半額に - トラベル Watch
神戸市 西神山手線・北神急行線 一体運行(2020年6月1日〜) - 鉄道コム



●関連ブログ:
【北神急行】北神弓子さん、神戸市交通局でも続投へ | 鉄道プレス
北神弓子も神戸市営地下鉄に: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

近畿日本鉄道(近鉄)では、2020年3月6日(金)に主要駅で予定していた新型名阪特急「ひのとり」運行開始記念乗車券等の発売開始を、当面の間延期していましたが、この度通信販売によるグッズ発売を開始することを発表しました。

発売を延期していた「ひのとり」運行開始記念グッズ等の通信販売の開始について|近畿日本鉄道

概要は以下の通りです。

●発売商品:
・記念乗車券(大阪難波→近鉄名古屋):2,410円
・記念乗車券(近鉄名古屋→大阪難波):2,410円
・記念入場券セット 950円
・メタルキーホルダー 800円
・ハンドタオル 400円
・2色ボールペン&シャープペン 1,000円
・ピンバッジセット 1,800円
・パスケース 1,100円
・ネックストラップ 1,100円
・フェイスタオル 1,000円
・キラキラクリアファイル(赤)400円
・キラキラクリアファイル(黒)400円
・定規 de パズル 500円
(価格は税込)

●購入方法:
・申込み方法:
メールにてのみ受付。
メールの記載内容は上記発表資料を参照。

・受付日:
2020年6月1日(月)10時からメール受付開始

・注意事項、他:
一度の申込みで注文できるのは、1商品につき4個(4セット)まで。
商品代金の他、送料一律600円(税込)が必要。
申し込みメール到着順に対応するため、商品が完売となった場合には購入できない旨注意。
「記念乗車券」「記念入場券セット」の発売は、この通信販売のみ。

以上、上記発表資料(https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/tuusinhanbai.pdf)より引用)


詳細は、上記Webサイトをご覧下さい。



近鉄の新型名阪特急「ひのとり」のグッズは、当初3月7日(土)・8日(日)に先行販売、その後3月14日(土)に発売される予定でありました。


しかし、新型コロナウイルス感染症の影響から、先行販売会は中止、また販売開始日が繰り上がることが計画されましたが、この発売自体も延期となっていました。
参考:



久々の新型名阪特急である「ひのとり」の人気は高く、グッズの発売も多くのファンが集まることは容易に推測されるため、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点からの発売延期は仕方がありませんでした。
一方で、運行開始記念グッズの発売については、やはり多くの要望があったようで、今回近鉄では、「メール先着順」によるグッズ発売を実施することとしました。

「メール先着順」というのは、一見古典的な方法のように思えますが、通信販売サイト経由で発売すると、アクセスが殺到してサイトにたどり着くことができなかった、ということを避けることができる点では、悪くない方法だな、と感心した次第です。

メールによる確認の後、入金を確認してグッズの発送、という流れのため、時間がかかってしまうのは仕方がないのですが、上述の理由のとおり、時間通りにメールを送れば購入ができる、という点では公平なやり方なのかな、と感じた次第です。

DSC01070-02_R
▲近鉄新型名阪特急「ひのとり」
(2020.3.15、大和八木駅にて撮影)

先の記事でもご紹介したように、個人的には「記念入場券セット」と「ネックストラップ」に興味があるので、ちょっとこの通信販売にチャレンジしてみようかな、と思った次第であります。
無事購入できれば、当ブログでご紹介したいと思います。



●関連ニュースサイト:
近鉄 ひのとり 運転記念グッズ 販売受付(2020年6月1日〜) - 鉄道コム
近鉄 ひのとり 運転記念入場券セット 発売受付(2020年6月1日〜) - 鉄道コム
近鉄 ひのとり 運転記念乗車券 発売受付(2020年6月1日〜) - 鉄道コム
近鉄,新形名阪特急「ひのとり」運行開始記念グッズ・乗車券・入場券セットを発売|鉄道ニュース|2020年5月26日掲載|鉄道ファン・railf.jp
近鉄「ひのとり」、運行開始記念グッズを通信販売 | RailLab ニュース(レイルラボ)
近鉄、特急「ひのとり」記念グッズを通信販売 6月1日から - TRAICY(トライシー)



●関連ブログ:
近鉄、発売を延期していた「ひのとり」運行開始記念グッズ等の通信販売の開始について公表 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

水間鉄道では、新型コロナウイルス終息を祈念して、「新型コロナウイルス終息祈念きっぷ」を発売することを発表しました。

新型コロナウイルス終息祈念きっぷ「1日フリー祈念乗車券」を発売いたします|水間鉄道

概要は以下の通りです。

●発売開始日:
2020年5月21日(木)〜

●利用期間:
発売日〜2020年9月30日(水)まで

●発売方法:
・水間鉄道貝塚駅及び水間観音駅(営業時間内にて発売)
・インターネット販売
新型コロナウイルス終息祈念1日フリー祈念乗車券 申込フォーム

●販売価格:
300円

●発売枚数:
数量限定2,000枚(予定)

●利用区間:
水間鉄道(電車)全線

●きっぷイメージ:
suitetsu_ticket
(上記発表資料(http://www.suitetsu.com/event/20200521_2.pdf?fbclid=IwAR1dkwlVDbmsi5Us0jMG71SXZ58WBu4tj92PWnGFQP98T_Xud5wTXDCEqLE)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



本日(5月21日)をもって、新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言対象地域から大阪府が除外されました。
令和2年5月21日 緊急事態宣言の一部解除等についての会見 | 令和2年 | 総理の一日 | ニュース | 首相官邸ホームページ
関西の大阪府、京都府、そして兵庫県について、緊急事態宣言を解除することといたしました。
(上記Webサイトより引用)

これにともない、今後休業要請の大幅な解除等が実施され、経済活動が徐々に戻ってくるものと思われます。
しかし、この新型コロナウイルス感染症が完全に終息したわけではなく、むしろこれから我々が生活の中でウイルス感染を拡大しないように気をつけないと、再び感染の波がやってくる可能性もあります。

そんな中、一日でも早くこの新型コロナウイルス感染症が終息するよう、水間鉄道から祈念の1日乗車券が発売されることとなりました。

水間鉄道では、この新型コロナウイルス終息を願って、終点「水間観音駅」が最寄りとなる「水間寺」で、厄除の祈祷を受けていて、この御利益が多くの人々に届くよう、お守りとしての効果も期待しての発売とのことです。

発売方法は、貝塚駅、水間観音駅での窓口販売に加え、インターネット販売も実施しているとのことですので、新型コロナウイルス感染症の一日でも早い終息を願って、この機会に購入してみてはいかがでしょうか。

上述のとおり、大阪府の緊急事態宣言が解除されたことから、少しずつ外出自粛を解除されていくことと思われますので、その折りに、水間観音駅とかでこのきっぷを購入できればいいな、と思ったニュースでありました。



●関連ブログ:
水間鉄道、新型コロナウイルス終息祈念きっぷ「1日フリー祈念祈念乗車券」発売 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ