阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:鉄道(関西地区事業者) > 泉北高速鉄道

泉北高速鉄道では、泉北ニュータウン方面から大阪市内に、「泉北ライナー」を利用してゆったり快適に利用できる「泉北ライナー らく2(らくらく)チケット」の発売を発表しました。

本チケットは、昨年3月・8月・11月と発売されましたが、2019年では初、通算4回目の発売となります。

「泉北ライナー らく2チケット」を発売します。|お知らせ|泉北高速鉄道

概要は以下の通りです。

●内容:
・泉北高速鉄道線内の「泉北ライナー」各停車駅から南海難波駅までの往復割引乗車券(計2枚)
・「泉北ライナー」特急券引換券(1枚)

●発売期間:
2019年3月9日(土)〜3月30日(土)

●有効期間:
2019年3月9日(土)〜3月31日(日)の間の連続した2日間
※購入時に、希望の使用開始日を指定し、当該利用開始日から2日間有効。

●発売場所:
泉北高速鉄道 泉ケ丘、栂・美木多、光明池、和泉中央の各駅特急券発売窓口
※南海電鉄では発売せず。

●特急券引換場所:
下記のの各駅特急券発売窓口で、特急券引換券1枚につき、乗車券の有効期間内に乗車可能な「泉北ライナー」特急券1枚と引換え。(引換え時に、乗車列車を指定。)
・泉北高速鉄道・・・泉ケ丘、栂・美木多、光明池、和泉中央
・南海電鉄・・・難波、新今宮、天下茶屋
※上記以外の各駅窓口、特急券自動券売機および特急チケットレスサービスでは引換不可。

●利用対象外列車:
下記の各列車は引換え対象外。
平日の「泉北ライナー」62号(和泉中央06:37発)、64号(和泉中央07:31発)、66号(和泉中央08:10発)

●発売額:
・泉ヶ丘発・・・1,000円 (通常1,430円)
・栂・美木多発・・・1,100円(通常1,490円)
・光明池発・・・1,100円(通常1,530円)
・和泉中央発・・・1,200円(通常1,610円)
※大人用のみ発売。



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



このブログでも発売発表毎にご紹介している「泉北ライナー らく2チケット」ですが、今年も3月の期間限定で発売されました。
なお、過去の発売分はこちらのエントリーをご参考下さい。

参考:
【泉北高速鉄道】「泉北ライナー らくらくチケット」発売。往復乗車券+片道特急引換券がセットでお得な企画きっぷ(発売期間:2018.3.10〜3.30) : 阪和線の沿線から
【泉北高速鉄道】「泉北ライナー らく2チケット」発売(2018.8.10〜30) : 阪和線の沿線から
【泉北高速鉄道】「泉北ライナー らく2チケット」発売を発表(2018.11.2〜25)今年3度目の発売 : 阪和線の沿線から

今回の発売分も、過去のものと同様の商品内容で、和泉中央・泉ヶ丘間の各駅〜南海難波駅までの往復乗車券と「泉北ライナー」特急券引換券がセットになったものとなっています。
また、「連続二日間有効」「平日朝の難波行きは対象外」というのも、これまでの発売内容と一緒です。

ここのところ少し忙しかったこともあって、最近の泉北ライナーの利用状況をつぶさにウォッチはできていないのですが、平日朝は好調な一方、その他の時間帯で利用促進の余地が大きい状況は、まだ変化していないのかな、とも思われます。

平日朝の利用が好調であることから、一定の認知度が高まってきてはいるものの、比較的空いている時間帯にどのように利用して貰うのかに対して、まだ試行錯誤しているのかな、とも感じたりします。

とはいえ、こういった形で、引き続き「泉北ライナー」新規利用者の開拓を続けるのは、決して悪い話ではないのですが、今後は例えばこの「らく2チケット」の逆方向(難波方面発・泉北方面への往復利用)の設定があったりすると、例えば「光明池免許試験場」へのアクセスがてら利用する、という使い方も可能でしょうから、今後の商品展開に注目したいな、と思ったニュースでした。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

泉北高速鉄道では、先日発売した各種グッズの一部を、同社駅構内のコンビニ「アンスリー」でも発売しています。

グッズ販売についてのお知らせ|お知らせ|泉北高速鉄道

販売の概要は以下の通りです。

●販売場所:
コンビニエンスストア「アンスリー」光明池店・和泉中央店

●販売商品:
・泉北ライナー運転開始3周年記念硬券セット(1,000円)
srw_sembokuliner_3rdaniv_ticket
▲「泉北ライナー運転開始3周年記念硬券セット」
(上記Webサイト(http://www.semboku.jp/cat_news/7752/)より引用)

・泉北ライナー運転開始3周年記念マグネットクリップ(600円)

・鉄道むすめ「和泉こうみ」&「金沢あるみ」コラボクリアファイル(300円)
srw_tetsumusu_file
▲鉄道むすめ「和泉こうみ」&「金沢あるみ」コラボクリアファイル
(上記Webサイト(http://www.semboku.jp/cat_news/7752/)より引用)

・泉北高速鉄道車両イラストクリアファイル(300円)

・ミニミニ方向幕 泉北3000系(1,200円)



その他詳細は、上記Webサイトをご覧下さい。


泉北高速鉄道の駅構内にあるコンビニ「アンスリー」では、以前から鉄道グッズが販売されているようで、私も「泉北ライナー」のキラキラクリアファイルを購入したことがあります。

今回発表されたグッズは、下記エントリーにてご紹介した、昨年12月に開催された水間鉄道フェスタ「笑電祭」で発売されたものも含まれています。
参考:【泉北高速鉄道】泉北ライナー運転開始3周年を記念してヘッドマーク掲出・記念グッズの発売を発表 : 阪和線の沿線から

この際に残部が発生したのか、それとも人気が高かったので追加発注されたのかは知る由もありませんが、当日イベントに行けなかったファンでもこのように購入できる機会が設けられることは、有り難いことだと思います。


個人的には、上記の画像を引用した、「記念硬券セット」「鉄道むすめコラボクリアファイル」の2点が気になっていて、機会があれば出向いて購入したいくらいの気持ちです。
購入できれば、このブログでもご紹介したいと思います。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

こちらの記事でご紹介した、泉北高速鉄道5000系の桃山学院大学・桃山学院教育大学・プール学院短期大学の合同ラッピング編成。
【泉北高速鉄道】桃山学院大学・桃山学院教育大学・プール学院短期大学の合同ラッピング電車を運行(2018.2.13〜)5000系の帯が各大学のカラーに変更 : 阪和線の沿線から

既に走り始めて相当経っていますが、本日初めて、間近で記録することができましたので、その様子をご紹介したいと思います。

DSC05245_R
▲先頭車は桃山学院大学のカラー。準急・和泉中央行きとして運用されていました。

DSC05243_R
▲中間車の桃山学院大学のラッピング。

DSC05241_R
▲同・桃山学院教育大学。

DSC05244_R
▲同・プール学院短期大学。


おまけ。
丁度、南海12000系充当の特急「泉北ライナー」と並びました。
DSC05240_R


今回は、停車中の編成をアップして撮影してみましたが、機会があれば、走行中の編成写真を撮影して、三種類のラッピングが揃った様子を記録できればと思います。

ところで、この記事を作成するのにWeb検索していたら、このラッピング3校のうちの一校、プール学院短期大学ですが、2020年度からの学生募集の停止を発表していました。
参考:2020年度 学生募集 停止のお知らせ|プール学院短期大学

ということは、このラッピングの記録自体が、プール学院短期大学が存在していた記録としても、貴重なものになりそうな気もしますね…



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

泉北高速鉄道の特急「泉北ライナー」。
2015年12月の運転開始から早3年となりますが、これを記念して、3周年記念マークの掲出及びグッズの発売が、泉北高速鉄道から発表されました。
概要は以下の通りです。

【3周年記念マーク掲出】
特急「泉北ライナー」運転開始3周年記念マークを掲出して運行します|お知らせ|泉北高速鉄道

●掲出期間:
平成30年12月1日(土)〜平成31年1月11日(金)
※掲出終了日は、変更する場合あり

●掲出車両:
「泉北ライナー」に使用する泉北12000系、南海11000系(各1編成)

●デザイン:
2編成で異なるデザインのステッカーを、車両正面に掲出。
sembokuliner_3rd_anniversary_headmark
▲ヘッドマークデザイン
左:泉北12000系用、右:南海11000系用
(上記Webサイト(http://www.semboku.jp/cat_news/7559/)より引用)


【3周年記念グッズ】
特急「泉北ライナー」運転開始3周年記念グッズを発売します|お知らせ|泉北高速鉄道

●特急「泉北ライナー」運転開始3周年記念硬券セット:
内容:
「泉北ライナー」に使用される車両3形式を掲載した硬券3枚を、台紙にセット。
台紙には「泉北ライナー」のあゆみや、貴重なシーンの写真を掲載。

sembokuliner_3rd_anniversary_platformticket
▲特急「泉北ライナー」運転開始3周年記念硬券セット
(上記Webサイト(http://www.semboku.jp/cat_news/7584/)より引用)

価格:
1セット:1,000円(税込))300セット限定
注意:
硬券は記念品であり、本券でホームや列車内への立ち入りは不可。


●キーホルダー:
内容:
記念マーク2種類に12000系のLED行先表示をデザイン。
価格:
2種類:各1個500円(税込)各50個限定

●トートバッグ:

内容:
「泉北ライナー」に掲出する記念マークのうち、12000系用のマークをデザイン。
価格:
1枚:1,200円(税込)100枚限定

●マグネットクリップ:
内容:
南海11000系用の記念マークをデザイン。
価格:
1個:600円(税込)100個限定

●グッズ販売について:
各グッズは、12月2日(日)開催の「第1回 水間鉄道フェスティバル『笑電祭』」での泉北高速鉄道ブースにおいて発売。
参考:
水間鉄道フェスタ「笑電祭」に出店します|お知らせ|泉北高速鉄道

その後の発売予定について、残部がある場合に限り、追って泉北高速鉄道Webサイトにで告知。



その他詳細は、上記リンク先をご覧ください。


特急「泉北ライナー」については、このブログでも運行決定から運行開始初日、そして専用車両の泉北12000系運行開始と、その節目節目のタイミングで、実際に乗車する等のご紹介してきました。
【参考】
【南海電鉄】【泉北高速鉄道】高野線・泉北高速線のダイヤ改正を実施。特急「泉北ライナー」運行、泉北区間急行の終日増便を実施(H27.12.5) : 阪和線の沿線から
泉北高速鉄道の特急「泉北ライナー」初日に乗車する(2015.12.5) : 阪和線の沿線から
泉北高速鉄道12000系「泉北ライナー」初列車に乗車する(2017.1.27) : 阪和線の沿線から


今回、3周年ということで、記念マークの掲出や、記念グッズの発売が行われることとなりました。

まずヘッドマークは、泉北12000系・南海11000系ともに種類の違うものが掲出されるとのことで、また、掲出期間もおよそ1ヶ月ということで、機会があれば記録に取れればいいなと思っています。

またグッズですが、ひとまず12月2日に水間鉄道で開催されるイベントでの発売となっています。
特に記念硬券は、実際に利用できるものではないとはいえ、硬券の券面に泉北ライナーが印刷されているという、ファンにとってはそのギャップも一つの楽しみともいえる代物といえるのではないか、とも思います。

今回はグッズの数量があまり多くなく、また、水間鉄道フェスティバル「笑電祭」での発売に、少々戸惑いを覚えるかたもいらっしゃるかもしれませんが、この「笑電祭」が第1回目であることもあり、より注目を集めるための泉北高速鉄道からの仕掛け、そして次の節目である5周年の記念グッズ展開に向けての足がかり、とも考えると、数量限定であえて発売の機会を他社のイベントに絞る理由も、何となく分かるのかな、といったところでしょうか。

個人的には、あいにく仕事が猛烈に忙しいことから、おいそれと買いに行けることもままならないとは思いますが、是非とも多くの数が売れることで、次の節目と考えられる5周年にはより大々的なイベント・グッズ展開を楽しみにしたい、という期待も込めてご紹介したいと思います。


●関連ニュースサイト:
泉北高速 泉北ライナー記念トートバッグなど 販売(2018年12月2日) - 鉄道コム

●関連ブログ:
泉北高速鉄道、「特急「泉北ライナー」運転開始3周年記念硬券セット」数量限定発売 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

泉北高速鉄道では、泉北ニュータウンから大阪市内へのお出かけに便利な「泉北ライナー らく2(らkらく)チケット」の発売を発表しました。

「泉北ライナー らく2チケット」の発売は、今年3月、8月に続き三度目となります。
参考:
【泉北高速鉄道】「泉北ライナー らくらくチケット」発売。往復乗車券+片道特急引換券がセットでお得な企画きっぷ(発売期間:2018.3.10〜3.30) : 阪和線の沿線から
【泉北高速鉄道】「泉北ライナー らく2チケット」発売(2018.8.10〜30) : 阪和線の沿線から

「泉北ライナー らく2チケット」を発売します。|お知らせ|泉北高速鉄道

概要は以下の通りです。
(上記発表資料より引用)

●内容:
・泉北高速鉄道線内の「泉北ライナー」各停車駅から南海難波駅までの往復割引乗車券(計2枚)
・「泉北ライナー」特急券引換券(1枚)

●発売期間:
平成30年11月2日(金)〜25日(日)

●有効期間:
平成30年11月2日(金)〜26日(月)の間の連続した2日間
※購入時に、希望する使用開始日を指定(指定した使用開始日から2日間有効)

●発売箇所:
泉北高速鉄道 泉ケ丘、栂・美木多、光明池、和泉中央の各駅特急券発売窓口
(南海電鉄での発売はなし)

●特急券引換場所:
下記の各駅特急券発売窓口で、特急券引換券1枚につき、乗車券の有効期間内に乗車可能な「泉北ライナー」特急券1枚と引換え。引換え時に、乗車列車を指定。
・泉北高速鉄道 泉ケ丘、栂・美木多、光明池、和泉中央
・南海電鉄 難波、新今宮、天下茶屋
(上記以外の各駅窓口、特急券自動券売機および特急チケットレスサービスでの引換は不可)

●引換対象外列車:
平日の「泉北ライナー」62号(和泉中央06:37発)、64号(和泉中央07:31発)、66号(和泉中央08:10発)の各列車は引換対象外

●発売額:
泉ヶ丘発・・・1,000円
栂・美木多、光明池発・・・1,100円
和泉中央発・・・1,200円



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。





今回が通算3回目となる【泉北ライナー らく2チケット」
使用開始日より二日間有効、泉北線内「泉北ライナー」停車駅のみで発売、そして平日朝の上り(62号・64号・66号)が利用不可であること、等、利用条件は、前回発売時と同様となっています。


今回の発売は11月ということですが、12月の忘年会シーズンを前に「泉北ライナー」の快適さを多くの方に実感してもらい、12月のシーズン帰宅時には、トイレ付き・着席確保の「泉北ライナー」で気持ちよく忘年会帰りに利用してもらう、といった事前のPRの意図もあったりするのかな、とも想像してみました。


ともあれ、平日朝の好調さに対して、平日夕方・土休日の利用促進が引き続き課題の「泉北ライナー」。
こういった企画商品が繰り返し設定されるのも、なかなか思ったように利用率が上がらない証左ともいえなくもないですが、潜在需要は決して少なくないだけに、気長に根強く利用促進を図っていくよりほかないのかな、とも思いつつ、このようにブログでご紹介することで、より多くの方が「泉北ライナー」を利用するようになればいいな、とも感じたニュースでした。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

泉北高速鉄道では、来る10月6日(土)に鉄道の日記念イベントとして「せんぼくトレインフェスタ2018」を開催することを発表しました。

「鉄道の日」記念イベントとして「せんぼくトレインフェスタ2018」を開催します|お知らせ|泉北高速鉄道

上記発表資料によると、概要は以下の通りです。

●日時:
2018年10月16日(火) 10:00〜15:00(入場は14:30まで)

●場所:
泉北高速鉄道 光明池車庫
(泉北高速鉄道光明池駅下車徒歩約10分)

●主な内容:
(1)見学・体験コーナー
・泉北12000系 車内見学(10:30頃〜14:30限定)
・車両自動洗浄体験乗車
・車両撮影会
・キャラクターとの記念撮影
・電車と綱引き
・鉄道模型展示・走行コーナー

(2)こどもミニ電車乗車コーナー
(3)鉄道グッズ販売・鉄道中古品オークション(入札)
※中古品は入札方式で 入札締切は12:00
(4)ステージコーナー(斉藤雪乃さんトークショー、入札結果発表、他)
(5)地元野菜直販コーナー
(6)授産施設商品販売コーナー

●PR車両の運行:
「せんぼくトレインフェスタ2018」の開催をPRするため、9月中旬から5000系車両2本にヘッドマーク、乗降口ステッカーを掲出

srw_trainfes2018_hm
▲「せんぼくトレインフェスタ2018」ヘッドマーク
(上記発表資料(http://www.semboku.jp/wp-content/uploads/2018/09/trainfes2018.pdf)より引用)


その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


こちらも毎年恒例となっている「せんぼくトレインフェスタ」
近年は南海電鉄の「サザンプレミアム」や「ラピート」が展示されたりと、南海電鉄グループ化を象徴するイベント内容が続きましたが、今年は、昨年と同様に泉北12000系の展示等、昨年とほぼ同様のイベント内容となっている模様です。

昨年は、「フロンティア号」「ハッピーベアル」の展示といった目玉もありましたが、今年は今のところそこまでの発表はない模様で、逆に言えば落ち着いて泉北高速の車両を眺めることができるイベントとなるのかな、とも思われます。

南海電車まつり2018のエントリーでも触れましたが、今年は個人的に忙しく、イベントに行けそうにもないので、参加された皆さんの報告を楽しみにしておきたいな、と思っています。

泉北高速 トレインフェスタ2018(2018年10月6日) - 鉄道コム
【泉北】泉北高速 トレインフェスタ2018を開催 | いまどきの鉄道サイトの作り方



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

泉北高速鉄道と南海電鉄では、特急「泉北ライナー」で運用している泉北12000系と、特急「サザン」で運用している南海12000系を交換して運用することを発表しました。

泉北・南海双方の12000系を交換して運用します。|お知らせ|泉北高速鉄道

泉北12000系を特急「サザン」として運用し、「泉北12000系 南海線特急サザン運行記念キャンペーン」を開催します|南海電鉄



上記発表資料によれば、運用交換の概要は以下の通りとなっています。

・期間:
2018年8月20日(月)〜9月22日(土)

・運用:
泉北12000系:南海線を運行する特急「サザン」の座席指定車両
南海12000系:高野線・泉北線を運行する特急「泉北ライナー」


また、泉北12000系が特急「サザン」として運行されることを記念して、下記の通り運行記念キャンペーンを実施することも、併せて発表されています。

・概要:
運行期間中、対象列車指定席利用者に「泉北12000系 南海線特急『サザン』運行記念乗車証」を配付。記念乗車証を対象施設で提示すると、各種特典を受けることが可能。

・期間:
記念乗車証配付日・・・2018年8月25日(土)〜9月22日(土)の土休日
特典期間・・・2018年8月25日(土)〜9月30日(日)

・配付日及び対象列車:
運行期間中の土休日に始発駅を10時〜16時までに発車し、泉北12000系で運用されている特急「サザン」座席指定車両
(上記発表資料内PDFファイル参照)

・特典内容:
みさき公園、マクドナルド南海なんば店他で各種特典を利用可能
(詳細は、発表資料内PDFファイル参照)

semboku12000_southern_front
semboku12000_southern_back
▲泉北12000系南海線特急サザン運行記念乗車証
(上:表面、下:裏面)
(上記発表資料(http://www.semboku.jp/cat_news/7181/)より引用)


その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


これまで「泉北ライナー」として運用されている泉北12000系ですが、基本的な仕様は南海12000系(サザンプレミアム)と同一となっています。
そのため、既に車内の座席テーブルの行先にも、通常使用される「和泉中央」の他、「和歌山市」の文字が書かれていたりしており、そのうち「サザン」に入ることがあり得るのかな、とも思ってはいましたが、意外に早く、その機会が訪れることとなりそうです。

また今回の運用開始を記念して、記念乗車証を配付するとのことですが、これまた土休日に泉北12000系で運用される「サザン」指定席に乗車しないと手に入れることができないものだけに、ファン的にも心くすぐられるものになるのではないのでしょうか。

添付資料のPDFファイルには、土休日に限り、泉北12000系で運用される「サザン」の時刻が掲載されているので、これも参考にし、通常では見られない泉北12000系による特急「サザン」を記録してみたいと思っています。
泉北12000系による特急「サザン」については、下記南海電鉄Webサイトより公開されていますので、これをもとに撮影してみて、その様子を当ブログでご紹介できればいいな、と思っています。
参考:泉北12000系 南海線特急サザン運行記念キャンペーン|南海電鉄


金色「泉北ライナー」が「サザン」に! 南海・泉北が12000系電車を交換 | 乗りものニュース
『泉北12000系 南海線特急「サザン」運行記念キャンペーン』実施|鉄道イベント|2018年08月18日掲載|鉄道ファン・railf.jp
南海・泉北高速 12000系運用交換(2018年8月20日〜) - 鉄道コム
南海電鉄と泉北高速鉄道、互いの12000系を交換し特急列車で運用へ | レイルラボ(RailLab)
南海・泉北高速鉄道、泉北12000系と南海12000系を交換して運用 - kqtrain.net(京浜急行)
金色の「泉北ライナー」用車両が「サザン」に: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

泉北高速鉄道では、泉北ニュータウンから大阪市内へのお出かけに便利な「泉北ライナー らく2(らくらく)チケット」の発売を発表しました。
「泉北ライナー らく2チケット」の発売は、今年3月に続き二度目となります。
参考:【泉北高速鉄道】「泉北ライナー らくらくチケット」発売。往復乗車券+片道特急引換券がセットでお得な企画きっぷ(発売期間:2018.3.10〜3.30) : 阪和線の沿線から

「泉北ライナー らく2チケット」を発売します。|お知らせ|泉北高速鉄道
「泉北ライナー らく2チケット」を発売します|南海電鉄


上記発表資料によると、概要は以下の通りです。

●発売期間:
2018年8月10日(金)〜30日(木)

●有効期間:
2018年8月10日(金)〜31日(金)までの連続した2日間
(購入時に、希望の使用日を指定)

●内容:
ア:泉北高速鉄道発駅から難波駅までの往復割引乗車券(計2枚)
イ:特急「泉北ライナー」特急券引換券(1枚)
※特急券引換券は、特急券引換場所で引換券1枚につき、乗車券の有効期間に乗車可能な特急券1
枚と引換え
※平日の「泉北ライナー」62・64・66号は引換え対象外

●発売場所:
泉北高速鉄道 泉ケ丘、栂・美木多、光明池、和泉中央の各駅特急券発売窓口

●特急券引換場所:
下記の各駅特急券発売窓口
・泉北高速鉄道・・・泉ケ丘、栂・美木多、光明池、和泉中央
・南海電鉄・・・難波、新今宮、天下茶屋

●発売額:
泉ヶ丘発・・・1,000円
栂・美木多、光明池発・・・1,100円
和泉中央発・・・1,200円

senbokuliner_raku2_2018summer
▲「泉北ライナー らく2チケット」ポスター
(上記発表資料http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/180725_1.pdfより引用)



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


今年の3月に発売された「泉北ライナー らく2チケット」ですが、この8月にも発売されることとなりました。
きっぷの概要は前回発売時と同様で、泉北ライナー停車駅各駅から難波までの往復乗車券に「泉北ライナー」特急引換券1枚が付き、往復運賃(乗継割引適用後)プラス100円程度で「泉北ライナー」が利用可能になるというものです。

また、利用対象外の列車として、平日朝の上りの62号・64号・66号が指定されている点も、前回発売時と同様です。


「泉北ライナー」については、通勤時間帯に運行される62号(和泉中央6:37発)・64号(和泉中央7:31発)の人気が高く、64号に関しては難波8時頃着という時間帯の良さも奏功し、毎日満席状態が続いているとの情報もあります。

一方で、平日夕方や土休日に関しては、利用促進がまだまだ必要といったところで、今回改めて「泉北ライナー らく2チケット」を発売することになったものと考えられます。

平日夕方・土休日は、区間急行・準急行も混雑していないことから、「泉北ライナー」に乗らずとも何とか座れることもあるのが、これらの時間帯で利用率が高まらない理由とも言えますが、とはいえ、空いていたとしても、座席を悠々と使い、例えば多くの買い物や荷物を持っていても、一般の列車に比べると他の客をあまり気にせず利用できる点や、リクライニングシートでゆったりした空間を得られるというメリットを、100円程度で享受できるのであれば、ちょっと使ってみようか、という層を取り込めるものと思われます。

そういう意味では、今後も定期的にこういったきっぷを設定して、根気強く利用者を開拓していく必要はあるのかな、とも思います。

前述のとおり、平日の62号・64号の好調ぶりからみると、着席サービスのニーズは少なからず存在し、また平日朝に関しては利用も定着しつつあるのですが、それを他の時間帯にも広げていくことができるのか。
今回の「泉北ライナー らく2チケット」を始めとした、利用促進策に今後も注目していきたいと感じたニュースでした。

「泉北ライナー らく2チケット」発売|鉄道ニュース|2018年07月26日掲載|鉄道ファン・railf.jp



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

こちらの乗車記録で触れたように、昨日は運転免許証の更新のため、光明池の運転免許試験場へ行ってきました。

その最寄り駅、光明池駅の一つ手前の栂・美木多駅で、少しばかり撮影してみました。

撮影場所は、和泉中央方のホーム端。
栂・美木多駅に向かって勾配を上ってくる姿を撮影することができます。

光線の時間で言えば、午前中が最適でしょうか。


以下、約30分ほどの間に撮影した車両をご紹介したいと思います。

DSC04411-2_R
▲泉北高速鉄道5000系
こちらの編成はパチンコグループの全面広告が施されています。

DSC04370-2_R

DSC04389-2_R
▲(2枚とも)泉北高速鉄道5000系
桃山学院大学等の3大学合同ラッピング編成。
通常青色の帯の5000系ですが、このラッピング編成では、先頭車はえんじ色(桃山学院大学のスクールカラー)となっています。
今回は下り列車で光明池行きだったので、この後車庫に入庫となっていたので、この後撮影できるチャンスが無さそうだったので、逆向きではありましたが、何とか記録がてら撮影することができました。

今度は側面のラッピングも含めて、全体を撮影出来る機会があればな、と思います。


続きを読む

南海電鉄と泉北高速鉄道では、泉北高速鉄道12000系「泉北ライナー」車両を使用した「『泉北ライナー』で行く!鉄道夏祭りin和歌山市駅車庫」を開催することを発表しました。


夏の思い出を作ろう!「『泉北ライナー』で行く! 鉄道夏祭り in 和歌山市駅車庫」を開催|南海電鉄


上記発表資料によれば、ツアーの概要は以下の通りです。

・日時:
2018年8月19日(日)
集合・難波駅9時40分
解散・難波駅16時30分頃(和歌山市駅、貝塚駅、泉大津駅での解散が可能)

・主な内容:
(1)臨時「泉北ライナー」に乗車、車内でクイズ大会実施
(2)「泉北ライナー」&「めでたいでんしゃ さち」撮影会・お絵かき大会
(3)ミニ縁日
(4)鉄道部品オークション大会

・料金:
大人2,800円・小児1,400円
(難波〜和歌山市間の往路分の運賃・料金を含む)
復路は、解散場所が異なるため料金に含まれず別途必要

・募集人員:
先着200名(最少催行人員100名)

・申し込み:
ぶらりたびホームページ(http://www.nankai.co.jp/odekake/burari.html)で受付
2018年7月13日10時〜8月10日17時まで

その他詳細は、上記発表資料をご覧ください。


夏休みの親子向け企画として発表されたのは、泉北高速鉄道の特急車両「泉北ライナー」を使用した団体臨時列車でした。

発表資料にも記載があるように、営業運転としては今回初の和歌山市駅入線が注目となりますが、それに加えて撮影会では「めでたいでんしゃ さち」(ピンク色)との撮影会も行われるとのことで、ファンにとっては注目の企画と言えるでしょうか。
DSC07601_R
▲泉北高速鉄道12000系「泉北ライナー」(和歌山市駅、2017.10.31撮影)
車両メーカーより搬入直後の写真ですが、今回の団体臨時列車では、この時以来の和歌山市駅入線となります。

泉北12000系が南海線を走行するのは、営業運転開始前の車両メーカーから搬入後の自力回送以来となることから、これまた沿線は多くのファンが集まるのではないかと思われます。


私も機会があればどこかで撮影したいな、と思うのですが、夏休み中の日曜日ともなれば、かなり混雑するのかな、とも思ったりします。
ツアーの参加も選択肢に含めて、どうしようかじっくり考えたいな、と思ったニュースでした。

8月19日出発 南海・泉北高速『「泉北ライナー」で行く!鉄道夏祭り in 和歌山市駅車庫』参加者募集|鉄道イベント|2018年07月13日掲載|鉄道ファン・railf.jp
南海 泉北ライナー 和歌山市駅入線・鉄道夏祭り(ツアー)(2018年8月19日) - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ