阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:鉄道(関西地区事業者) > 泉北高速鉄道

先週土曜日に、南海高野線の大和川橋梁(我孫子前〜浅香山)へ撮影にいってきました。
参考:南海6000系の撮影記録(我孫子前〜浅香山、2019.7.6) : 阪和線の沿線から

その際、泉北高速鉄道の5000系・桃山学院大学のラッピング編成がやってきましたので、その撮影記録をご紹介します。

DSC08776-2_R
▲泉北高速鉄道5000系・桃山学院大学ラッピング編成

このラッピング編成ですが、泉北高速鉄道の沿線にある桃山学院大学・桃山学院教育大学・プール学院短期大学の3大学のスクールカラーに合わせたラッピングとなっています。
参考:泉北高速鉄道5000系・桃山学院大学ラッピング編成を記録する(2018.11.17) : 阪和線の沿線から

既に走り始めて1年半ほど経過していますが、ようやく三種類の側面を一望できる、この撮影地で記録することができて満足でありました。


ちなみにこの桃山学院大学ラッピングですが、この場所で1時間ほど撮影して、やって来ないなあ、と諦めて浅香山駅の方へ歩いていたら、突然現れて難波方面へ上っていったので、慌てて撮影地に戻った次第でありました。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

泉北高速鉄道では、和泉中央駅の改札口移転(参考:和泉中央駅 改札口移転のお知らせ|お知らせ|泉北高速鉄道)にあわせて、トミーテックが展開する「鉄道むすめ」のミューラル(壁画)を設置することを発表しました。

「『鉄道むすめ』ミューラル」を設置します|お知らせ|泉北高速鉄道

概要は以下の通りです。

●掲出開始日:
2019年7月21日(日)朝から

●設置場所:
泉北高速鉄道 和泉中央駅 改札口前 大型窓ガラス面
(※)駅建物の外側(バス停側)から見えるように掲出
(※)掲出面に特殊加工を行っているため、天候や光線の具合により見えにくくなる場合あり。
朝から昼過ぎの間はよく見えるが、夕方以降は極めて見えにくくなるとのこと。

●掲出イメージ:
semboku_tetsumusu_mural

(上記発表資料(http://www.semboku.jp/cat_news/8319/)より引用)

●参加「鉄道むすめ」:(順不同)
・三岐鉄道北勢線「楚原れんげ」
・近江鉄道「豊郷あかね」「日野せりか」
・京阪電気鉄道大津線「石山ともか」
・嵯峨野観光鉄道「嵯峨ほづき」
・大阪モノレール(大阪高速鉄道)「豊川まどか」
・水間鉄道「水間みつま」
・和歌山電鐵「神前みーこ」
・JR西日本和歌山支社(白浜駅)「黒潮しらら」
・JR西日本福知山支社(城崎温泉駅)「城崎このり」
・総合車両製作所「金沢あるみ」
・トミーテック「立石あやめ」
・泉北高速鉄道「和泉こうみ」

●注意:
「鉄道むすめミューラル」前には植栽があるため、この中への立ち入りは厳禁
泉北高速鉄道以外の「鉄道むすめミューラル」参加各社への問い合わせは厳禁


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


トミーテックが展開する鉄道制服コレクション「鉄道むすめ」については、当ブログでも様々な企画をご紹介してきましたが、その中でも、大阪府南部・和歌山県の鉄道むすめについては、地元エリアということもあり、特にプッシュしているところです。

今回、その大阪府南部で「鉄道むすめ」のキャラクターを設定している泉北高速鉄道で、同社の鉄道むすめ「和泉こうみ」のみならず、総計13キャラクターの壁画が設置されるという、ファンにとって見逃すことのできない企画の実施であります。

しかも「和泉こうみ」に加えて個人的に推している「水間みつま」(水間鉄道)、「神前みーこ」(和歌山電鐵)、「黒潮しらら」(JR西日本)といった大阪南部・和歌山の鉄道むすめがもれなくラインナップされているのは、個人的にも嬉しい限りであります。

更に言えば、上記掲出イメージからも分かるように、「水間みつま」は現行制服へリニューアルした新デザイン、「黒潮しらら」は先日発表のあった赤アロハシャツに衣替えしたデザイン、「神前みーこ」「和泉こうみ」は夏服・冬服の両バージョンのデザインと、最近発表されたデザインを全て網羅したラインナップとなっており、これまた見る価値のある展示となっています。

壁画の公開は7月21日からでありますので、公開後、早速見に行きたいと思ったニュースでありました。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

泉北高速鉄道では、2019年6月22日(土)に近江鉄道で開催される「ガチャコンまつり2019」で、鉄道むすめ「和泉こうみ」の新グッズを発売することを発表しました。

近江鉄道「ガチャコンまつり」で「鉄道むすめ『和泉こうみ』」グッズを発売します。|お知らせ|泉北高速鉄道

概要は以下の通りです。

●新グッズについて:
・「鉄道むすめ『和泉こうみ』アクリルミラーキーホルダー」:
1個600円(税込)
srw_koumi_keyholder
▲「和泉こうみ」キーホルダー
(上記発表資料(http://www.semboku.jp/cat_news/8228/)より引用)


・「鉄道むすめ『和泉こうみ』揺れるアクリルフィギュア」:
1個1,200円(税込)
srw_koumi_figure
▲「和泉こうみ」揺れるアクリルフィギュア
(上記発表資料(http://www.semboku.jp/cat_news/8228/)より引用)

●発売場所:
近江鉄道「ガチャコンまつり2019 in東近江市」会場内グッズ販売コーナー
(八日市駅〜本町商店街(滋賀県東近江市八日市本町)、近江鉄道 八日市駅から徒歩約3分)

●開催日時:
2019年6月22日(土) 10:00〜15:00

●その他:
・「ガチャコンまつり2019」以降の販売予定については、今後発表予定。
(発売スケジュールに関する問いあわせには、現時点では回答不可。)
・「ガチャコンまつり」会場では、他の泉北高速鉄道グッズの発売は無し。
・本件の問い合わせは、近江鉄道へは行わないように。

●(参考)「近江鉄道 ガチャコンまつり2019」Webサイト:
ガチャコンまつり2019 in東近江市 開催! |近江鉄道



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


下記でご紹介したように、先日発表のあった鉄道むすめ「和泉こうみ」の新ポーズ。
参考:【泉北高速鉄道】鉄道むすめ「和泉こうみ」に新ポーズ登場。夏服とSDバージョンが追加 : 阪和線の沿線から
グッズ展開については今後発表されるとのことでしたが、2ポーズのうち、SD(スーパーデフォルメ)バージョンについて、早速発表がありました。

発売されるのは、次の土曜日に開催される近江鉄道の「ガチャコンまつり2019」となっており、上記Webサイトで確認できるように、泉北高速鉄道以外にも伊豆箱根鉄道・弘南鉄道・西武鉄道・和歌山電鐵といった各事業者のグッズが販売されることとなっています。
勿論、当の近江鉄道にも「豊郷あかね」「日野せりか」という鉄道むすめが設定されていますので、これら鉄道むすめ関連グッズを買い行くだけでも、十分楽しめそうなお祭りであります。
個人的には、スケジュールに先約があり、買いに行くことが出来ないのが惜しいところです。


話を「和泉こうみ」に戻しますと、今回発売されるSDバージョンキーホルダー及びフィギュアについて、今後の発売は追って発表されることとなっています。
毎年秋に開催される「せんぼくトレインフェスタ」での発売も濃厚だと思われますので、楽しみに待ちたいと思います。



●関連ニュースサイト:
泉北高速 和泉こうみアクリルキーホルダー 販売(2019年6月22日〜) - 鉄道コム
泉北高速鉄道,近江鉄道「ガチャコンまつり」で鉄道むすめ「和泉こうみ」新グッズ発売|鉄道ニュース|2019年6月16日掲載|鉄道ファン・railf.jp



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

先日、泉北高速鉄道の泉ケ丘(いずみがおか)駅に向かい、栂・美木多(とが・みきた)駅までの駅間でちょっと撮影してみました。

・泉ケ丘〜栂・美木多間(歩行者専用陸橋)
DSC08331-2_R
▲泉北高速鉄道5000系

場所は、城山大橋と若竹大橋の間の、歩行者専用陸橋です。



DSC08337-2_R
▲泉北高速鉄道12000系。
特急「泉北ライナー」の回送として光明池方面へ下っていきました。

続きを読む

トミーテックが展開する、実在の鉄道制服をテーマにしたキャラクターシリーズ「鉄道むすめ」。
全国各地の鉄道事業者等の制服によるキャラクターが設定されており、大阪府南部・和歌山エリアの鉄道事業者でも設定されていて、ことある毎にご紹介しています。
参考:「あつめて!全国"鉄道むすめ"巡り」で貴志川線伊太祈曽駅・神前駅を訪問する(2019.3.31) : 阪和線の沿線から
【水間鉄道】鉄道むすめ「水間みつま」一日フリー乗車券を発売(2019.5.1〜)現行の制服にリニューアルした新たなデザインで発売 : 阪和線の沿線から
鉄道むすめ「黒潮しらら」グッズを白浜駅で購入する(2018.9.17) : 阪和線の沿線から
【泉北高速鉄道】「和泉こうみ」 #鉄道むすめトーナメント 準優勝記念ポスターを見にいく : 阪和線の沿線から

そのうちの一つ、泉北高速鉄道の鉄道むすめ「和泉こうみ」について、新ポーズが追加された旨、同社より発表がありました。

「鉄道むすめ『和泉こうみ』」新ポーズ登場!|お知らせ|泉北高速鉄道
「鉄道むすめPickUpWEB」から「和泉こうみ(夏服)」を追加しました。|鉄道むすめ〜鉄道制服コレクション〜

概要は以下の通りです。

●「和泉こうみ」夏服バージョン
srw_izumi_koumi_summerstyle_20190606


●「和泉こうみ」SDバージョン
srw_izumi_koumi_superdeformation_20190606


いずれも上記泉北高速鉄道発表資料(http://www.semboku.jp/cat_news/8189/)より引用。



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


鉄道むすめの中で、特に大阪府南部・和歌山県に拠点を置くキャラクターについては、管理人自身の地元エリアであることから、特に力を入れて毎回ご紹介しています。
今回はその中の一人、和泉こうみに新ポーズが登場したということで、これまた嬉しい話題であります。

新デザインは、これからの季節にぴったりの「夏服バージョン」と、少し愉快な様子のちびキャラ、「SD(※)バージョン」という、二種類であります。
(※)「スーパーデフォルメ」の略で、比較的等身の低い(頭でっかちな)ちびキャラのこと。


泉北高速鉄道の発表によれば、これら新ポーズによるグッズ展開も予定しているとのことですので、和泉こうみ推しの一人としては、楽しみで楽しみで仕方ありません。

また、今回は単に「新ポーズ登場」だけの内容で、特に物販のニュースがあるわけではないのですが、それだけで新着ニュースとしてアップするところに、同社の心意気を感じたりした次第です。

グッズ展開については続報待ちでありますので、発表され次第、当ブログでもしっかりご紹介したいと思います。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

泉北高速鉄道では、特急「泉北ライナー」を利用したお得なチケット、「泉北ライナー らく2チケット」(らくらくチケット)を、2019年のゴールデンウィーク期間を中心に発売することを発表しました。

「泉北ライナー らく2チケット」を発売します。|お知らせ|泉北高速鉄道

概要は以下の通りです。

●発売期間:
2019年4月26日(金)〜5月12日(日)

●有効期間:
2019年4月26日(金)〜5月13日(月)までの連続した2日間
(購入時に、希望使用日を指定)

●内容:
・泉北高速鉄道発駅から難波駅までの往復割引乗車券(計2枚)
・特急「泉北ライナー」特急券引換券(1枚)
※特急券引換券は、特急券引換場所で引換券1枚につき、乗車券の有効期間に乗車可能な特急券1枚と引換え。
※平日ダイヤ運転時の「泉北ライナー」62・64・66号は引換え対象外。

●発売場所:
泉北高速鉄道 泉ケ丘、栂・美木多、光明池、和泉中央の各駅特急券発売窓口
※南海電鉄では発売せず。

●特急券引換場所:
下記の各駅特急券発売窓口
・泉北高速鉄道 泉ケ丘、栂・美木多、光明池、和泉中央
・南海電鉄 難波、新今宮、天下茶屋
※特急券自動券売機、特急チケットレスサービスでは引換え不可。

●各駅からの発売額:
泉ケ丘・・・1,000円(通常価格1,430円)
栂・美木多・・・1,100円(通常価格1,490円)
光明池・・・1,100円(通常価格1,530円)
和泉中央・・・1,200円(通常価格1,610円)

srw_sembokuraku2_2019GW
▲泉北ライナーらく2チケット ポスター
(上記発表資料ないPDFファイル(http://www.semboku.jp/wp-content/uploads/2019/04/ba7d605f346e2895b561312485d760ff.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


「泉北ライナー らく2チケット」は下記エントリーでもご紹介したとおり、これまで4回発売されており、最近では今年3月に発売されたばかりでした。
参考:【泉北高速鉄道】「泉北ライナー らく2(らくらく)チケット」発売を発表。昨年同様今年も3月に発売 : 阪和線の沿線から

これまでの発売パターンから推測すると、今年の8月に再度発売されると思いきや、4月下旬から5月中旬にかけての、2019年のゴールデンウィークに発売されることが発表されました。

発売条件はこれまでの「泉北ライナー らく2チケット」と同様であることを考えると、この10連休で平日が全くなく、「泉北ライナー」通勤利用がなくなることから、土休日の利用促進、という意味で設定されたと考えるのが妥当でしょう。

この「泉北ライナー らく2チケット」が、これで通算5回設定されるということは、それなりの利用はあるのかな、とも思うのですが、この長期連休という機会でもありますので、逆方向の、大阪市内発の往復利用(ビッグバン・ハーベストの丘利用者向け)の同様な割引きっぷが設定されてもいいのかな、という気もしました。


折角の10連休ですので、日頃は利用する機会のない方も、この「泉北ライナー らく2チケット」を利用しておでかけするのもいいかも知れませんね。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

泉北高速鉄道では、泉北ニュータウン方面から大阪市内に、「泉北ライナー」を利用してゆったり快適に利用できる「泉北ライナー らく2(らくらく)チケット」の発売を発表しました。

本チケットは、昨年3月・8月・11月と発売されましたが、2019年では初、通算4回目の発売となります。

「泉北ライナー らく2チケット」を発売します。|お知らせ|泉北高速鉄道

概要は以下の通りです。

●内容:
・泉北高速鉄道線内の「泉北ライナー」各停車駅から南海難波駅までの往復割引乗車券(計2枚)
・「泉北ライナー」特急券引換券(1枚)

●発売期間:
2019年3月9日(土)〜3月30日(土)

●有効期間:
2019年3月9日(土)〜3月31日(日)の間の連続した2日間
※購入時に、希望の使用開始日を指定し、当該利用開始日から2日間有効。

●発売場所:
泉北高速鉄道 泉ケ丘、栂・美木多、光明池、和泉中央の各駅特急券発売窓口
※南海電鉄では発売せず。

●特急券引換場所:
下記のの各駅特急券発売窓口で、特急券引換券1枚につき、乗車券の有効期間内に乗車可能な「泉北ライナー」特急券1枚と引換え。(引換え時に、乗車列車を指定。)
・泉北高速鉄道・・・泉ケ丘、栂・美木多、光明池、和泉中央
・南海電鉄・・・難波、新今宮、天下茶屋
※上記以外の各駅窓口、特急券自動券売機および特急チケットレスサービスでは引換不可。

●利用対象外列車:
下記の各列車は引換え対象外。
平日の「泉北ライナー」62号(和泉中央06:37発)、64号(和泉中央07:31発)、66号(和泉中央08:10発)

●発売額:
・泉ヶ丘発・・・1,000円 (通常1,430円)
・栂・美木多発・・・1,100円(通常1,490円)
・光明池発・・・1,100円(通常1,530円)
・和泉中央発・・・1,200円(通常1,610円)
※大人用のみ発売。



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



このブログでも発売発表毎にご紹介している「泉北ライナー らく2チケット」ですが、今年も3月の期間限定で発売されました。
なお、過去の発売分はこちらのエントリーをご参考下さい。

参考:
【泉北高速鉄道】「泉北ライナー らくらくチケット」発売。往復乗車券+片道特急引換券がセットでお得な企画きっぷ(発売期間:2018.3.10〜3.30) : 阪和線の沿線から
【泉北高速鉄道】「泉北ライナー らく2チケット」発売(2018.8.10〜30) : 阪和線の沿線から
【泉北高速鉄道】「泉北ライナー らく2チケット」発売を発表(2018.11.2〜25)今年3度目の発売 : 阪和線の沿線から

今回の発売分も、過去のものと同様の商品内容で、和泉中央・泉ヶ丘間の各駅〜南海難波駅までの往復乗車券と「泉北ライナー」特急券引換券がセットになったものとなっています。
また、「連続二日間有効」「平日朝の難波行きは対象外」というのも、これまでの発売内容と一緒です。

ここのところ少し忙しかったこともあって、最近の泉北ライナーの利用状況をつぶさにウォッチはできていないのですが、平日朝は好調な一方、その他の時間帯で利用促進の余地が大きい状況は、まだ変化していないのかな、とも思われます。

平日朝の利用が好調であることから、一定の認知度が高まってきてはいるものの、比較的空いている時間帯にどのように利用して貰うのかに対して、まだ試行錯誤しているのかな、とも感じたりします。

とはいえ、こういった形で、引き続き「泉北ライナー」新規利用者の開拓を続けるのは、決して悪い話ではないのですが、今後は例えばこの「らく2チケット」の逆方向(難波方面発・泉北方面への往復利用)の設定があったりすると、例えば「光明池免許試験場」へのアクセスがてら利用する、という使い方も可能でしょうから、今後の商品展開に注目したいな、と思ったニュースでした。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

泉北高速鉄道では、先日発売した各種グッズの一部を、同社駅構内のコンビニ「アンスリー」でも発売しています。

グッズ販売についてのお知らせ|お知らせ|泉北高速鉄道

販売の概要は以下の通りです。

●販売場所:
コンビニエンスストア「アンスリー」光明池店・和泉中央店

●販売商品:
・泉北ライナー運転開始3周年記念硬券セット(1,000円)
srw_sembokuliner_3rdaniv_ticket
▲「泉北ライナー運転開始3周年記念硬券セット」
(上記Webサイト(http://www.semboku.jp/cat_news/7752/)より引用)

・泉北ライナー運転開始3周年記念マグネットクリップ(600円)

・鉄道むすめ「和泉こうみ」&「金沢あるみ」コラボクリアファイル(300円)
srw_tetsumusu_file
▲鉄道むすめ「和泉こうみ」&「金沢あるみ」コラボクリアファイル
(上記Webサイト(http://www.semboku.jp/cat_news/7752/)より引用)

・泉北高速鉄道車両イラストクリアファイル(300円)

・ミニミニ方向幕 泉北3000系(1,200円)



その他詳細は、上記Webサイトをご覧下さい。


泉北高速鉄道の駅構内にあるコンビニ「アンスリー」では、以前から鉄道グッズが販売されているようで、私も「泉北ライナー」のキラキラクリアファイルを購入したことがあります。

今回発表されたグッズは、下記エントリーにてご紹介した、昨年12月に開催された水間鉄道フェスタ「笑電祭」で発売されたものも含まれています。
参考:【泉北高速鉄道】泉北ライナー運転開始3周年を記念してヘッドマーク掲出・記念グッズの発売を発表 : 阪和線の沿線から

この際に残部が発生したのか、それとも人気が高かったので追加発注されたのかは知る由もありませんが、当日イベントに行けなかったファンでもこのように購入できる機会が設けられることは、有り難いことだと思います。


個人的には、上記の画像を引用した、「記念硬券セット」「鉄道むすめコラボクリアファイル」の2点が気になっていて、機会があれば出向いて購入したいくらいの気持ちです。
購入できれば、このブログでもご紹介したいと思います。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

こちらの記事でご紹介した、泉北高速鉄道5000系の桃山学院大学・桃山学院教育大学・プール学院短期大学の合同ラッピング編成。
【泉北高速鉄道】桃山学院大学・桃山学院教育大学・プール学院短期大学の合同ラッピング電車を運行(2018.2.13〜)5000系の帯が各大学のカラーに変更 : 阪和線の沿線から

既に走り始めて相当経っていますが、本日初めて、間近で記録することができましたので、その様子をご紹介したいと思います。

DSC05245_R
▲先頭車は桃山学院大学のカラー。準急・和泉中央行きとして運用されていました。

DSC05243_R
▲中間車の桃山学院大学のラッピング。

DSC05241_R
▲同・桃山学院教育大学。

DSC05244_R
▲同・プール学院短期大学。


おまけ。
丁度、南海12000系充当の特急「泉北ライナー」と並びました。
DSC05240_R


今回は、停車中の編成をアップして撮影してみましたが、機会があれば、走行中の編成写真を撮影して、三種類のラッピングが揃った様子を記録できればと思います。

ところで、この記事を作成するのにWeb検索していたら、このラッピング3校のうちの一校、プール学院短期大学ですが、2020年度からの学生募集の停止を発表していました。
参考:2020年度 学生募集 停止のお知らせ|プール学院短期大学

ということは、このラッピングの記録自体が、プール学院短期大学が存在していた記録としても、貴重なものになりそうな気もしますね…



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

泉北高速鉄道の特急「泉北ライナー」。
2015年12月の運転開始から早3年となりますが、これを記念して、3周年記念マークの掲出及びグッズの発売が、泉北高速鉄道から発表されました。
概要は以下の通りです。

【3周年記念マーク掲出】
特急「泉北ライナー」運転開始3周年記念マークを掲出して運行します|お知らせ|泉北高速鉄道

●掲出期間:
平成30年12月1日(土)〜平成31年1月11日(金)
※掲出終了日は、変更する場合あり

●掲出車両:
「泉北ライナー」に使用する泉北12000系、南海11000系(各1編成)

●デザイン:
2編成で異なるデザインのステッカーを、車両正面に掲出。
sembokuliner_3rd_anniversary_headmark
▲ヘッドマークデザイン
左:泉北12000系用、右:南海11000系用
(上記Webサイト(http://www.semboku.jp/cat_news/7559/)より引用)


【3周年記念グッズ】
特急「泉北ライナー」運転開始3周年記念グッズを発売します|お知らせ|泉北高速鉄道

●特急「泉北ライナー」運転開始3周年記念硬券セット:
内容:
「泉北ライナー」に使用される車両3形式を掲載した硬券3枚を、台紙にセット。
台紙には「泉北ライナー」のあゆみや、貴重なシーンの写真を掲載。

sembokuliner_3rd_anniversary_platformticket
▲特急「泉北ライナー」運転開始3周年記念硬券セット
(上記Webサイト(http://www.semboku.jp/cat_news/7584/)より引用)

価格:
1セット:1,000円(税込))300セット限定
注意:
硬券は記念品であり、本券でホームや列車内への立ち入りは不可。


●キーホルダー:
内容:
記念マーク2種類に12000系のLED行先表示をデザイン。
価格:
2種類:各1個500円(税込)各50個限定

●トートバッグ:

内容:
「泉北ライナー」に掲出する記念マークのうち、12000系用のマークをデザイン。
価格:
1枚:1,200円(税込)100枚限定

●マグネットクリップ:
内容:
南海11000系用の記念マークをデザイン。
価格:
1個:600円(税込)100個限定

●グッズ販売について:
各グッズは、12月2日(日)開催の「第1回 水間鉄道フェスティバル『笑電祭』」での泉北高速鉄道ブースにおいて発売。
参考:
水間鉄道フェスタ「笑電祭」に出店します|お知らせ|泉北高速鉄道

その後の発売予定について、残部がある場合に限り、追って泉北高速鉄道Webサイトにで告知。



その他詳細は、上記リンク先をご覧ください。


特急「泉北ライナー」については、このブログでも運行決定から運行開始初日、そして専用車両の泉北12000系運行開始と、その節目節目のタイミングで、実際に乗車する等のご紹介してきました。
【参考】
【南海電鉄】【泉北高速鉄道】高野線・泉北高速線のダイヤ改正を実施。特急「泉北ライナー」運行、泉北区間急行の終日増便を実施(H27.12.5) : 阪和線の沿線から
泉北高速鉄道の特急「泉北ライナー」初日に乗車する(2015.12.5) : 阪和線の沿線から
泉北高速鉄道12000系「泉北ライナー」初列車に乗車する(2017.1.27) : 阪和線の沿線から


今回、3周年ということで、記念マークの掲出や、記念グッズの発売が行われることとなりました。

まずヘッドマークは、泉北12000系・南海11000系ともに種類の違うものが掲出されるとのことで、また、掲出期間もおよそ1ヶ月ということで、機会があれば記録に取れればいいなと思っています。

またグッズですが、ひとまず12月2日に水間鉄道で開催されるイベントでの発売となっています。
特に記念硬券は、実際に利用できるものではないとはいえ、硬券の券面に泉北ライナーが印刷されているという、ファンにとってはそのギャップも一つの楽しみともいえる代物といえるのではないか、とも思います。

今回はグッズの数量があまり多くなく、また、水間鉄道フェスティバル「笑電祭」での発売に、少々戸惑いを覚えるかたもいらっしゃるかもしれませんが、この「笑電祭」が第1回目であることもあり、より注目を集めるための泉北高速鉄道からの仕掛け、そして次の節目である5周年の記念グッズ展開に向けての足がかり、とも考えると、数量限定であえて発売の機会を他社のイベントに絞る理由も、何となく分かるのかな、といったところでしょうか。

個人的には、あいにく仕事が猛烈に忙しいことから、おいそれと買いに行けることもままならないとは思いますが、是非とも多くの数が売れることで、次の節目と考えられる5周年にはより大々的なイベント・グッズ展開を楽しみにしたい、という期待も込めてご紹介したいと思います。


●関連ニュースサイト:
泉北高速 泉北ライナー記念トートバッグなど 販売(2018年12月2日) - 鉄道コム

●関連ブログ:
泉北高速鉄道、「特急「泉北ライナー」運転開始3周年記念硬券セット」数量限定発売 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ