阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ: 乗車記録

DSC_1264

DSC_1279

和泉鳥取(0801)-尾崎駅前 南海ウイングバス南部
尾崎(0823)-和歌山市 特急サザン 12101

和歌山(1859)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ223-2525

既に先のエントリーでご紹介したように、本日、南海線・尾崎駅の駅舎が供用再開となりました。

この様子を見に行くため、バスで尾崎駅まで回ってきました。

尾崎駅からは、特急サザンの指定席を利用して、ブログ記事を一気に仕上げました。

綺麗に再建された尾崎駅なので、機会があれば一度ごらんになっていただければと感じました。

DSC_1260

DSC_1261

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-101
和歌山(1828)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ223-104

今朝の出勤時の列車は、昨日和歌山駅でも見かけた223系0番台のリニューアル車でした。

従来は幕が入っていた種別表示にそのままフルカラーLEDを埋め込んだため、225系とは多少感じがことなりますが、この姿も徐々に見慣れたものとなってきたのかな、という感じです。

さて、今日は早めに帰宅して、ブログ記事執筆に勤しみたいですね。


DSC_1233

DSC_1240

DSC_1251

DSC_1254

DSC_1212


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5009

南海和歌山市駅(1835)-粉河駅前 和歌山バス那賀211系統
粉河(2006)-和歌山 普通 クモハ227-1010→クモハ226-1007

和歌山(2104)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ223-101

今日は、仕事を早めに切り上げて、この土曜日から運行を開始した和歌山線の227系1000番台に乗りに行くことにしました。

運用を見てみると、粉河20時6分発の列車が都合が良さそうですが、さらに都合のいいことに、南海和歌山市駅から粉河駅前まで、この月末をもって廃止となる和歌山バス那賀の211系統(那賀営業所前行き)が丁度いい時間にありましたので、こちらのお別れ乗車も併せて果たすこととします。


粉河駅からお目当ての227系1000番台に乗車しますが、これまでの105系・117系とは全く違う乗り心地に驚くほかありませんでした。

227系1000番台、そして和歌山バス那賀211系統の様子は、改めてのエントリーでご紹介したいと思います。

DSC_1162
DSC_1169
DSC_1174
DSC_1189


新今宮(0925)-橋本 急行 2191
橋本(1020)-極楽橋 天空 2208
極楽橋(1124)-高野山 N11

高野山(1311)-極楽橋 N11
極楽橋(1321)-金剛 特急こうや 30001
金剛(1430)-三国ヶ丘 各停 6205
三国ヶ丘(1506)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ225-5006

新今宮から今度は一転、南海高野線で橋本へ向かいます。

以前当ブログでご紹介した「新型ケーブルカー巻き上げ機見学ツアー」に参加するために、おおさか東線の開業日乗車と合わせてたが為に、このようなルートとなりました。


橋本駅ホーム上で受付を行い、「天空」に乗車、新型ケーブルカーに乗車して高野山まで上ります。

今朝ほど降った雪で、思いがけず銀世界を味わうことができたわけですが、その後の巻き上げ機見学も、迫力のあるものとなりました。

ツアーの詳細は、改めてのエントリーでご紹介したいと思います。


ツアー終了後、特急「こうや」に乗車し、高野線から阪和線を乗り継いでの帰宅となりました。


新線開業と新型ケーブルカーの見学という、二つの目的があったことから、バタバタした行程となりましたが、有意義な一日となりました。

DSC_1129

DSC_1133

DSC_1127

和泉鳥取(0640)-日根野 普通 モハ225-5027
日根野(0659)-新大阪 くろしお6号 クロハ288-2012
★新大阪(0758)-南吹田 普通 クハ200-67
★南吹田(0817)-城北公園通 普通 クハ201-121
★城北公園通(0838)-久宝寺 普通 モハ201-172
久宝寺(0906)-新今宮 大和路快速 クモハ221-28

今日は、本日開業したJRおおさか東線の新大阪〜放出間に早速乗りに行くことにしました。

新大阪駅でくろしおを降りると、その隣のホームからおおさか東線に乗り換えとなっていて、新鮮に感じました。

新規開業区間を南吹田、城北公園通と下車して、列車や駅の様子を撮影して、久宝寺から新今宮に戻ります。

おおさか東線新規開業区間の乗車レポートは、改めてのエントリーでご紹介したいと思います。

DSC_1109

DSC_1110

DSC_1111


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-15
和歌山(1913)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ225-5019

今週末の土曜日にはJRグループのダイヤ改正が実施されます。
明日は仕事が休みの予定なので、改正前に和歌山駅に来るのは本日が最後になる予定です。

長らく駅ビル入口に貼られていた227系登場の広告も、もしかしたら見納めになるかも知れないと感じ、記録として撮影しておきました。

ダイヤ改正広告といえば、おおさか東線の全線開業広告が見られるのも、今のうちだけに、こちらも記録に撮っておきました。

今回の改正では117系の列車が227系に置き換えられるようですが、和歌山駅に105系が出入りする姿もまもなく見納めになるかも知れませんね…

DSC_1108

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5138
和歌山(1728)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ225-5024

今日は昼過ぎに地震があった影響か、特急「くろしお」が大幅に遅れていました。

DSC_1100

DSC_1097

DSC_1105

東京(1900)-新大阪 のぞみ253号 784-1007
新大阪(2146)-和泉砂川 くろしお33号 クハ283-502
和泉砂川(2242)-和泉鳥取 普通 モハ224-5108

東京での用事を済ませ、ここからは普通のルートで帰宅します。
東京駅の乗り換え改札に掲出されている発車案内標はリニューアルされていました。

本日の帰宅は「のぞみ」普通席ですが、これは奥多摩から乗車券を通しで購入しているからであります。

のぞみ253号から乗り換えたのは和歌山行きのくろしお。
283系もそう遠くない将来置き換えの話もあり得るので、乗れるときに乗っておきたいですね…

和泉砂川で向かい側ホームの列車に乗り換えという快適な乗り継ぎで帰宅となりました。

お疲れさまでした。

↑このページのトップヘ