阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

地方民鉄・公営・第三セクター事業者

【福井鉄道】越前武生駅の新駅名投票を実施。「福鉄たけふ」「武生新」など5つの候補から投票(2021.10.16〜11.30)

福井鉄道(福鉄)では、北陸新幹線「越前たけふ駅」の設置にともない、福武線の起点駅である「越前武生」駅の駅名を変更することとし、新しい駅名を決定する投票の実施を発表しました。

「越前武生駅」駅名変更について 〜新しい駅名を決める投票を実施します〜|お知らせ|福井鉄道株式会社|福井県の鉄道会社・福鉄(ふくてつ)のホームページ

概要は以下の通りです。

【駅名候補】
1:「福鉄たけふ」
2:「福鉄えちぜん」
3:「武生新」
4:「菊花たけふ」
5:「越前府中」


【投票方法】
越前武生駅窓口(営業時間・・・6:50〜19:20)で投票用紙を受取、候補の中から1つ選んで備え付けの投票箱に投票。
(※)投票は1名1回限り

【実施期間】
2021年10月16日(土)10時〜11月30日(火)17時

【決定時期】
選定会議を経て、2021年12月下旬に新しい駅名を発表予定。
駅名変更は、2023年春頃を予定。



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



CA3F0822_R
▲新幹線「越前たけふ」駅開業に伴い改称予定の福鉄「越前武生」駅。

CA3F0825_R
▲越前武生駅に停車中の800形

CA3F0824_R
▲同じく越前武生駅に停車中の200形


下記記事でもご紹介したように、北陸新幹線(金沢〜敦賀間)で唯一新設される越前市内の駅名は、「越前たけふ」駅となることが既に発表されています。


これに伴い、同じ読み方となる福井鉄道の「越前武生」駅の駅名変更について、福鉄では越前市の費用負担を条件に応じることが既に報じられており、その動向が注目されていました。

今回、福鉄からは5つの駅名候補から投票により新駅名を決定する、というものです。
候補となる駅名をみますと、「福鉄」を冠したもの(福鉄たけふ、福鉄えちぜん)、旧駅名(武生新)、全国的に有名な菊(※)にちなんだもの(菊花たけふ)、駅所在地の地名(越前府中)となっています。

(※)参考:
越前市(旧・武生市)では菊の栽培が盛んですが、その菊を使った人形展示イベント「たけふ菊人形」は、全国でも有数規模を誇る菊人形とのことです。
越前市のWebサイトによりますと、当時の市長が大阪府枚方市の菊人形祭りを武生市で行えないか、ということで1952年(昭和27年)始まったのが、「たけふ菊人形」の起源とのことです。
今年で70回目を迎える「たけふ菊人形まつり」、今回の駅名候補でノミネートされたことを機会に訪問するのもいいかもしれませんね。
たけふ菊人形 - 越前市
2021 たけふ菊人形


これら5つの候補から、1つを選んで投票するわけですが、投票用紙は越前武生駅で配布するとのことで、現地に赴かないと投票できないので、是非とも投票したい方は注意が必要です。


先のブログ記事では、「『福鉄武生駅』あたりが無難なところかも知れませんが」とか、適当なことを述べていたのですが、漢字とひらがなの違いはあれど、候補の一つに「福鉄たけふ」が入っているのは、自分の予想が当たったような感じもして、若干嬉しくも感じたりしました。


とはいえ、これら5つの駅名から、投票で新しい駅名が選ばれるわけで、鉄道ファン的にはかつての駅名「武生新」が人気だったりするようですが、地元の方々が主に使うこの駅名、一体どの駅名が選ばれるのか、かつて訪問したこともあるだけに、今年12月下旬の駅名発表を楽しみにしたいと思います。




【関連ブログ】
【福鉄】越前武生駅の駅名変更投票を実施…「武生新」が戻ってくるかも | 鉄道プレス
福井鉄道の駅名変更案、5案から投票: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



【関連ニュースサイト】
福井鉄道、越前武生駅の駅名変更に向け投票を実施 - 鉄道コム
福鉄「越前武生」駅が新駅名を投票へ。「武生新」に戻るかも? | タビリス
福井鉄道、2023年春に「越前武生駅」駅名変更へ。北陸新幹線「越前たけふ駅」開業に伴い 利用者対象に新駅名のアンケート実施 - トラベル Watch
北陸新幹線の新駅名と同じ「越前たけふ」 新しい駅名は5案から投票、福井鉄道福武線 | 社会 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【伊豆急行】「リゾート21」使用の夜行団体臨時列車を運行(2021.11.6〜7)日本旅行のツアーとして実施

伊豆急行では、同社の「リゾート21」車両を使用した夜行列車を、日本旅行のツアーとして実施することを発表しました。

[11/6発]伊豆急リゾート21が夜行運行、星空観賞のエキスパート星のソムリエR同行 伊豆急夜行スターナイト・エクスプレス21で行く夜の伊豆半島と伊東温泉の旅

概要は以下の通りです。

【催行日】
2021年11月6日(土)〜7日(日)

【行程】
伊東22:30発〜伊豆高原(ホーム上撮影タイム)〜片瀬白田(星空観察)〜(車中泊)〜稲梓〜伊豆急下田(過去使用ヘッドマーク展示・折り返し)〜伊豆高原(折り返し)〜伊豆急下田(折り返し)〜片瀬白田(日の出鑑賞)〜南伊豆7:50着

南伊豆下車後「伊東温泉ホテルラヴィエ川良」で朝食と入浴後、解散

【旅行代金】
展望席プラン:23,500円
海向席プラン:21,800円
海側ボックス席プラン:19,800円

【最少催行人員】
80名


詳細は、上記Webサイト等をご覧下さい。



現在、国内の定期夜行列車は、東京〜出雲市・高松間の「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」のみとなっています。
一方、定期の夜行列車がほぼ絶滅寸前のなか、逆にツアータイプの夜行列車は近年増えてきています。
その中には、通常の運転では夜行列車が成り立たない区間であっても、幾度も折り返ししたり、途中駅での停車時間を長くすることで、「夜行列車」として成立させるツアーも多くあります。

勿論、その停車時間の間に、撮影会や物販等のイベントを加えることで、参加者がより楽しめるよう、また事業者もより多くの収益を得られる、いわゆる「Win-Win」な企画も盛り込まれているのも、周知のところだと思います。


そういった「夜行列車ツアー」ですが、今回は伊豆急行線で「リゾート21」を使用したツアーが実施されることが発表されました。
DSC09322_R
▲伊豆急リゾート21「Izukyu KINME Train」
キンメダイをモチーフにした、地域プロモーション電車として運行されています。

確かに伊豆急の「リゾート21」は、首都圏への乗り入れ実績はあるので、例えば東京〜伊豆急下田の夜行列車としても成り立つ余地はありそうですが、今回のツアーは、伊豆急行線(伊東以南)を行ったり来たりするツアーとして催行されます。

勿論、ただ乗り通すだけでなく、伊豆高原駅では撮影会、片瀬白田駅では星空観察、伊豆急下田駅では過去使用のヘッドマーク展示、翌朝の片瀬白田駅では日の出鑑賞といった、海沿いを走る伊豆急ならではの企画も盛り込まれた、面白いツアーとなっています。

何より、「リゾート21」を使用した夜行列車、というのが初めてでありますので、興味ある方は是非とも参加してみてはいかがでしょうか。



ところでこの伊豆急行ですが、過去には本当に「夜行列車」を運行していたことがあったそうです。
ただ、夜行列車というよりも、「半夜行」、即ち終点の伊豆急下田駅に深夜に到着し、翌朝まで車中泊することができる、というものでした。

下記記事でご紹介した「鉄道ピクトリアル」2021年5月号「【特集】私鉄の夜行列車」では、当時運行されていた伊豆急行の仮泊列車「なんず号」について触れられています。


本書によれば、伊豆急行の仮泊列車は、1965年(昭和40年)冬に礒釣り客を対象に運行開始したそうで、その後ハイキング客、そして1967年(昭和42年)からは海水浴客向けに運行されるようになったとのことです。
ダイヤ的には伊豆急下田にに深夜0時半頃に到着し、その後5時頃まで車内で宿泊することができるものとなっていたようです。

この仮泊列車は、その後1980年(昭和55年)まで運行されたとのことで、意外と長期間に渡り運行されていたようです。
それから41年後、まさか団体臨時列車として一夜限りではありますが運行されるとは、この鉄道ピクトリアルの特集を購入する時には思いもしませんでした。

そんな不思議な縁もあり今回ご紹介した伊豆急行の夜行列車。
多くのファンの方々に乗車してもらえるといいな、と感じたニュースでありました。



(追伸)
本日でブログ開設17周年を迎えることができました。
これだけ長きに渡り執筆を続けてこれたのも、ひとえに毎日ご訪問いただいている皆様のおかげであります。
今後もマイペースで記事を書いていきたいと思いますので、引き続きご愛顧・ご訪問いただければ幸いに存じます。




【関連ニュースサイト】
伊豆急行「リゾート21 キンメ電車」の夜行列車を運行へ - 日本旅行 | マイナビニュース
伊豆急行のキンメ電車 星空鑑賞付き「スターナイトエクスプレス21」で運行 | RailLab ニュース(レイルラボ)
伊豆急に夜行列車登場 「リゾート21」で夜通し10時間 今井浜海岸付近では観光停車も | 乗りものニュース
11月6日出発 日本旅行「伊豆急夜行スターナイト・エクスプレス21で行く夜の伊豆半島と伊東温泉の旅」参加者募集|鉄道イベント|2021年10月16日掲載|鉄道ファン・railf.jp



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【広島高速交通】マンガ「モブ子の恋」とのコラボ企画を実施。スタンプラリーやアクリルスタンドキーホルダー発売等の企画を実施中

広島高速交通(アストラムライン)では、同社路線が作中のモデルとなっているマンガ「モブ子の恋」とのコラボ企画を先月より実施しています。

アストラムラインからのお知らせ |モブ子の恋スタンプラリー
アストラムラインからのお知らせ 2021.7.27|『アストラムライン×モブ子の恋 モデルの地めぐり』開催を記念してオリジナルデザインのアクリルスタンドキーホルダーを販売します!

概要は以下の通りです。

【スタンプラリー】
・開催期間:
2021年7月30日(金)〜11月30日(火)

・参加方法:
スタンプ台設置場所に配架されている台紙を入手し、必須箇所のスタンプを集めることで、オリジナルデザインクリアがいるをプレゼント。
期間中発行のアストラムライン一日乗車券を提示して、乗車記念カード付きオリジナルデザイン乗車券台紙をプレゼント。


【フォトスポット】
・上安バスターミナル内に窓ラッピングを実施
・等身大イラストパネルを上安バスターミナル、大町駅改札内、フタバ図書GIGA上安店に設置

【コラボグッズ発売】
・価格:
全5種類、1個700円

・発売箇所:
アストラムライン駅設置の玩具自販機(本通駅改札外、県庁前駅改札外、安東駅改札内)
フタバ図書GIGA上安店
鉄道甲子園オンラインショップ
(鉄道甲子園オンラインショップでは、全5種類セット(3,500円)のみ発売)



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



今回、唐突にご紹介したマンガ「モブ子の恋」という作品ですが、題名から分かるように、恋愛系のマンガであります。
「モブ」というのは、「モブキャラ」とも言われているように、脇役的で、これまで積極的な行動が苦手な主人公が、勇気を振り絞って少しずつ自分の思いを伝えて、そして相手と近づいていく、そんなお話であります。

世間一般によくあるような、劇的な展開が続く恋愛ストーリーとはある意味真逆の、どうしてそこまで臆病なのか、とも思える言動から、少しずつその思いを広げてい、そんな徐々にでありますが話が進んでいくストーリーは、劇的なストーリー展開がなくとも、きっと多くの方が共感できる恋愛ストーリーではないか、と思っています。


じつは私自身、ふとしたきっかけからこの「モブ子の恋」というマンガを知ることになり、試しに読んでみたところ、これは面白くて共感できる、と感じて、一気に既刊本を購入し、現在でも新刊発売される度に購入しております。
DSC_0151
▲「モブ子の恋」単行本。
現在第10巻まで発売されています。


最新話を含む直近3話及び第1話〜第3話は公式Webサイトで公開されていますので、是非とも読んでみてはいかがでしょうか。
モブ子の恋 - 田村茜 / 第1話 | ゼノン編集部



さて、そんな「モブ子の恋」のモデルとして、広島市内を中心とした広島県内の場所が忠実に再現されているのも、このマンガの一つの魅力となっています。
その中でも特に頻繁に登場するアストラムラインの沿線で、コラボ企画が実施されることとなりました。
駅舎や車両、街並みといった細かなところが作中でも忠実に再現されていることから、いつかアストラムラインとのコラボが行われれば面白いな、と思っていたら、期待通りの展開となりましたので、作品を応援している読者の一人として、今回のコラボ企画をご紹介させていただいた次第です。


また、アストラムラインの他にも、JR西日本227系・115系や、広島電鉄1900形等も登場していますので、そういった描画を探すのも、この作品の楽しみ方、といったところでしょうか。
DSC01444_R
▲JR西日本227系「Red Wing」。
第4巻で広島から尾道に向かう場面で、車内の様子が描かれています。
なお、外からの風景には、115系が描かれています。

DSC04784-3_R
▲広島電鉄1900形。
元京都市電の車両で、いまなお15両(※)が健在です。
第7巻で広電乗車時のシーンの一コマで、外装が描かれています。
なお、主人公達が乗車しているのは、3800形等の連接車と思われます。
(※)私鉄車両編成表2021(交通新聞社)による。


その他、広島港宇品旅客ターミナルや松山観光港といった、広島・松山間のフェリー・高速船もこの作品に登場していますが、フェリーと高速船との速度差を利用した展開といった、地域の事情に通じていなければ描けないストーリーも、この作品の魅力でしょうか。


今回は、アストラムラインのコラボ企画ということでご紹介しましたが、これをきっかけに「モブ子の恋」の作品にも興味を持ってもられたら、嬉しい限りです。




【関連ニュースサイト】
広島高速交通 モブ子の恋アクリルスタンドキーホルダー 販売(2021年7月30日〜) - 鉄道コム




【明日(8月10日)の鉄道イベント情報】(鉄道コムより)
東武 SL大樹 4周年記念乗車券 発売(2021年8月10日〜) - 鉄道コム
ラ・マル・ド・ボァ 赤穂線・伯備線乗車ツアー(2021年8月10日) - 鉄道コム
上田電鉄 電車の点検体験と乗務員室乗車体験プラン 開催(2021年8月10日) - 鉄道コム
函館市 子ども向け貸切電車・駒場車庫見学イベント(2021年8月10日) - 鉄道コム
東武 浅草駅開業90周年モバイルスタンプラリー(2021年8月10日〜) - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【伊豆急行】JR東日本209系車両を導入(2022年春運行開始予定)

静岡県の伊豆半島東岸を南北に走る伊豆急行。

車窓から見える海岸の風景は勿論のこと、「サフィール踊り子」E261系や「踊り子」E257系といったJR東日本からの乗り入れ車両に加え、同社保有車両でも前面展望が楽しめる「リゾート21」など、走りゆく車両のバラエティも楽しめる路線でもあります。


その伊豆急行では、この度JR東日本から209系車両を導入し、来春にも運行開始することを発表しました。

209系車両を導入します!|伊豆急行

導入される209系は、房総エリアで活躍していた車両で、既に伊豆高原駅に到着して、今後検査や改造などの準備を進めていくこととしています。

詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC06425-3_R
▲JR東日本209系電車
(内房線富浦駅)

JR東日本の209系は、主に京浜東北線に投入され、大量の103系を一気に置き換えました。
「重量半分・価格半分、寿命半分」というコンセプトが、一種の揶揄的な表現として使われることも多いこの209系ですが、民営化直後の厳しい経営状況のなか、大量の国鉄型電車を置き換える車両としては、十分に役目を果たしたのではないかと思います。

「寿命半分」というコンセプトが故に、京浜東北線に後継のE233系が投入されるとそのまま廃車、と思いきや、一部は房総エリアに改造投入され、第二の活躍の場が与えられることとなりました。

その房総エリアでも、E131系の投入で廃車、と思いきや今回、更にその一部が伊豆急行で第三の活躍の場を得ることとなりました。

まさか209系が投入後、他社に譲渡される日が来るとは、同系式の投入当初は誰が想像したか、といったところでしょうか。


209系投入に伴い置き換えられる伊豆急の車両は、現在のところ特に発表されていません。
現在、伊豆急には冒頭に記した「リゾート21」と、東急から譲り受けた8000系の2形式が運用されています。
このうち209系により置き換えられるのはどの編成になるのか。

今後の詳細は、後日発表があるとのことですので、引き続き注目しておきたいニュースであります。




【関連ニュースサイト】
JR東日本の209系電車 「桃太郎」のけん引で蘇我駅に現る 機関車を交換して伊豆急行へ | 乗りものニュース
伊豆急行、JR東日本209系導入 - 来春の運行開始めざし検査・改造へ | マイナビニュース
伊豆急行、房総エリアで活躍した209系を新たに導入 - 鉄道コム
JR東日本の房総用209系が伊豆急行で第2の人生…6両編成1本を搬入 2022年春から運用へ | レスポンス(Response.jp)



【関連ブログ】
千葉の209系が伊豆急に: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【筑豊電気鉄道】阪堺電車カラーの3000形を運行(2021.7.8〜約3年間)

福岡県の筑豊電気鉄道(筑鉄電車)では、大阪府の阪堺電気軌道(阪堺電車)と共同でPR企画を実施しています。
第1弾として、筑鉄電車カラーの阪堺電車モ161形(モ162号)が運行されていますが、この度第2弾として、筑鉄電車3000形に阪堺電車モ161形のカラーを塗装することが発表されました。

筑鉄電車×阪堺電車 共同PR第2弾!! 合言葉は「好きっちゃ筑鉄」「好きやねん阪堺」 筑鉄電車で阪堺カラーの電車が走ります!|筑鉄電車
『筑鉄電車』×『阪堺電車』共同PR企画第2弾!!筑鉄電車で阪堺電車カラーの電車が走ります|阪堺電車

概要は以下の通りです。

【内容】
筑鉄電車3000形(3002号車)に阪堺電車のモ161形カラーリング(旧南海色エローライン、通称ビークルスター)を塗装

【実施期間】
2021年7月8日(木)〜約3年間を予定

【その他】
・新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、セレモニーイベントは実施せず。
・2021年7月8日(木)〜8月31日(火)は、固定ダイヤで運行。
(7/12、7/20、7/28、8/5、8/13、8/23、8/31は検査のため運行せず)

【塗装工事の様子】
chikutetsu_3000_hankai_color
(上記発表資料(http://www.chikutetsu.co.jp/data/topics/292_210702%20hankai_korabo.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



下記記事でご紹介したように、阪堺電車と筑鉄電車では、新型コロナウイルス感染症の終息後、相互の集客を図るべく、共同PR企画を実施し、昨年9月にはその第1弾として、筑鉄カラーの阪堺モ161形が運行を開始しています。(定期運行は11月から)


DSC02814-2_R
▲筑鉄カラーの阪堺モ161形。

今回はその逆、即ち「阪堺電車」カラーの「筑鉄電車」がお目見えするということで、北九州・筑豊地区を走る阪堺電車が実現するわけですから、こちらのコラボも見にいくことができればいいのですが、こちらは福岡県ということもあるので、現地に寄るような機会があれば、見にいければいいな、と思っています。

阪堺・筑鉄ともに新型コロナウイルス感染症の影響で厳しい経営状況ではありますが、今回のコラボ企画で実現した相互の塗装をまとった車両で、少しでもファンの集客を図ることができればいいな、と思った次第であります。




【関連ニュースサイト】
筑豊電気鉄道 阪堺モ161形カラー 運転(2021年7月7日〜) - 鉄道コム
筑豊電鉄,3000形1編成を阪堺線「ビークルスター」カラーに変更|鉄道ニュース|2021年7月3日掲載|鉄道ファン・railf.jp
筑豊電気鉄道3000形(3002号車)に阪堺電車カラー - 共同PR企画第2弾 | マイナビニュース



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【富士急行】「THE IDOLM@STER in 富士急ハイランド」コラボ企画を実施。記念入場券販売やコラボ電車運行(2021.4.29〜6.20)

来年4月に分社化され鉄道事業が「富士山麓電気鉄道」となる富士急行の話題をもう一つ。

富士急行グループの運営する遊園地「富士急ハイランド」では、2021年5月1日(土)より「アイドルマスター」シリーズとコラボしたイベントを実施しています。

「THE IDOLM@STER」×富士急ハイランド コラボイベント5/1 (土)より開催決定|富士急行

このコラボ企画に合わせて、富士急行線でもコラボ企画の実施を発表していますので、ご紹介したいと思います。

【お知らせ】「THE IDOLM@STER in 富士急ハイランド」コラボ企画の実施について『4/29コラボ電車運行開始!!』 | 富士山に一番近い鉄道 富士急行線

概要は以下の通りです。

【コラボ電車運行】
車体ラッピングと車内をポスタージャックして、オリジナルヘッドマークを取り付けたコラボ電車を運行。
fujikyu_imas_ec6000_1
▲コラボ電車外観
(上記発表資料(http://www.fujikyu-railway.jp/news/info.php?no=524)より引用、以下同様)

fujikyu_imas_ec6000_2
▲車内ポスタージャックの様子

【コラボ入場券セット発売】
・発売期間:2021年5月1日(土)〜6月20日(日)(なくなり次第終了)
・発売箇所:富士急ハイランド駅窓口、富士急ハイランドショップFUJIYAMA
・価格:1,000円
fujikyu_imas_platformticket
▲コラボ入場券画像

【特別記念乗車証(硬券)配布】
・配布期間:
2021年5月1日(土)〜5月23日(日)・・・制服チーム
2021年5月24日(月)〜6月20日(日)・・・私服チーム
・配布時間:
9:30〜17:40(駅係員に申告が必要)
fujikyu_imas_jyoushashou
▲記念乗車証


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



「アイドルマスター」とは、2005年にアーケード版ゲームとして誕生した、アイドル育成シュミュレーションゲームであります。
プレイヤーは、アイドルのプロデューサーとして、担当アイドルを育成してプロデュースしていき、多くのファンを集めていくことを競うことが基本となるゲームであります。

ゲーム内に登場する楽曲やキャラクターの豊富さもあり、家庭用ゲーム機、携帯用ゲーム機での続編のみならず、アニメ作品や劇場版作品、声優さん達によるライブと、幅広いエンターテイメントコンテンツとして君臨しています。

また、「アイドルマスター」を冠するブランドについても、最初に登場した「アイドルマスター」だけでなく、「シンデレラガールズ」「ミリオンライブ」「Side M」「シャイニーカラーズ」と、多彩な広がりを見せており、それぞれで多くのプロデューサー(ファンの総称)を獲得している、幅広い支持を集めているコンテンツであります。


2005年に初代の「アイドルマスター」が登場して、昨年で15周年を迎えたことから、この「アイドルマスター」では15周年記念を迎えることから、上述の各ブランドの枠を越えた記念企画が実施されています。


今回の富士急ハイランドとのコラボ企画もその一つでありますが、これはこの5月に実施されるライブ(THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 7thLIVE Q@MP FLYER!!! Reburn)が富士急ハイランドで実施されることに併せて実施されるものとなっています。

このライブは、元々昨年実施予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響から中止になりましたが、その代替として今年実施されるものとなります。

これに併せての富士急行でのコラボ企画は、ラッピング・広告ジャックの列車運行や記念入場券発売といったものとなっていますが、特に広告ジャックについては、車内の広告枠が全て「アイドルマスター」関連のポスターで占められており、プロデューサーにとっては、乗車するだけで至福の空間であるといえるのではないのでしょうか。


かくいう私も、この「アイドルマスター」シリーズは微力ながら応援させていただいており、今回の富士急行とのコラボ企画は是非とも実際に見てみたい気持ちはありますが、何せ山梨県まで向かう必要があることから、ちょっと難しいかも知れないな、と感じているところです。

昨年は新型コロナウイルス感染症の影響でライブが中止となり、富士急行で企画していたコラボ企画は中止となっていました。
今年も、新型コロナウイルスの感染は終息する状況は見えませんが、緊急事態宣言が山梨県には出ていないこともあり、コラボ企画は予定通り実施されています。

ようやく日の目を見たこの企画が、ライブを含めて予定通り実施されるように願いつつ、このコロナ禍の中、他事業者同様に乗客減で経営に苦しんでいる富士急行を、プロデューサーの方々の力で少しでも応援していただければ、同僚の一人として嬉しく感じる次第であります。




【関連ニュースサイト】
富士急行 アイマスラッピング電車 運転(2021年5月1日〜) - 鉄道コム
富士急行 アイマスコラボ入場券セット 発売(2021年5月1日〜) - 鉄道コム



【関連ブログ】
【富士急行】「「THE IDOLM@STER in 富士急ハイランド」コラボ記念入場券セット」発売 #アイマス - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【富士急行】鉄道事業分社化により「富士山麓電気鉄道」を設立(2022年4月分割)

山梨県の大月から河口湖を結ぶ富士急行では、鉄道事業のほか、富士五湖を発着する高速バスや一般路線バスの事業、そして「富士急ハイランド」に代表されるレジャー・サービス事業等を運営しています。

このうち、鉄道事業について、2021年5月に子会社を設立し、今後所管官公庁の許認可が得られることを条件に、分社化を実施することを発表しました。

会社分割による鉄道事業の分社化に関するお知らせ |富士急行

概要は以下の通りです。

【子会社の概要】
●社名:
富士山麓電気鉄道株式会社

●設立年月:
2021年5月

【分社化の方法】
富士急行株式会社を分割会社とする会社分割により、鉄道事業を富士山麓電気鉄道株式会社に継承。

【分割効力発生日】
2022年4月1日予定



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC02761_R
▲富士急行「富士山ビュー特急」(河口湖駅)
本鉄道の会社名は、来年4月からは「富士山麓電気鉄道」となる予定です。


「富士急」の略称で親しまれている富士急行ですが、その歴史をたどると、1926年の会社設立に遡るわけですが、その創業時の会社名が、今回子会社名となる「富士山麓電気鉄道」でありました。
(参考)
沿革 -創業期-|企業情報|富士急行株式会社

その後、1960年に現在の社名である「富士急行」に変更となり、今に至るわけですが、今回の分社化では、その会社創業時の名称を、鉄道事業子会社の名称として採用することになり、言わば「先祖返り」といったところでしょうか。


鉄道事業の継承は来年4月を予定しているとのことですが、そうすると来年4月以降、日頃何気なく「富士急行線」「富士急線」と称していた路線名をどのように称することになるのか、気になるところです。

「富士山麓電鉄線」「富士山麓線」とでも称するのが本命なのかな、とも思ったりしますが、来年4月以降の案内表示などに注目していきたいと思ったニュースであります。



【関連ニュースサイト】
富士急、鉄道事業を分社化へ。子会社「富士山麓電気鉄道」設立 - トラベル Watch



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【天竜浜名湖鉄道】テレビアニメ「ゆるキャン△」とのコラボ企画実施。ラッピング列車、フリーきっぷ、記念入場券セット発売(2021.2.12〜)

静岡県の第三セクター鉄道、天竜浜名湖鉄道では、テレビアニメ「ゆるキャン△」とコラボした各種企画を実施することを発表しました。

『ゆるキャン△』×天浜線 ラッピング列車走行決定! – 天浜線(天竜浜名湖鉄道株式会社) – 日本の原風景に出逢う旅。
『ゆるキャン△』×天浜線 1日フリーきっぷ発売決定! – 天浜線(天竜浜名湖鉄道株式会社) – 日本の原風景に出逢う旅。
『ゆるキャン△』×天浜線 記念入場券セット発売決定! – 天浜線(天竜浜名湖鉄道株式会社) – 日本の原風景に出逢う旅。

概要は以下の通りです。

【ラッピング列車】
・運行開始:
2021年2月12日(金) 天竜二俣13:50発新所原行き

・デザイン:
tenhama_yurucamp_wrappingtrain
▲上記発表資料(https://www.tenhama.co.jp/events/15797/)より引用)


【1日フリーきっぷ】
・発売開始:
2021年2月12日(金)

・デザイン及び限定枚数:
Aタイプ(1,000枚)、Bタイプ(1,000枚)

・発売価格:
大人1,750円、小人880円

・有効期間:
発行日より3ヶ月間のうち1日限り有効

・発売箇所:
各有人駅(掛川、遠州森、天竜二俣、西鹿島、金指、三ヶ日、新所原)の窓口

・デザイン:
tenhama_yurucamp_freeticket
(上記発表資料(https://www.tenhama.co.jp/events/15799/)より引用)


【記念入場券セット】
・発売開始:
2021年2月12日(金)

・セット内容:
気賀駅入場券1枚、浜名湖佐久米駅入場券1枚、特別記念台紙

・限定セット数:
3,000セット

・発売価格:
880円

・発売箇所:
各有人駅(掛川、遠州森、天竜二俣、西鹿島、金指、三ヶ日、新所原)窓口
奥浜名湖観光協会(気賀駅)
かとれあ(浜名湖佐久米駅)
天浜線公式オンラインショップ「てんはまや」(https://shop.tenhama.co.jp

・デザイン:
tenhama_yurucamp_platformticket
(上記発表資料(https://www.tenhama.co.jp/events/15803/)より引用)




詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



今回ご紹介した「ゆるキャン△」は、山梨県を舞台にした、女子高生がキャンプをしたりするなどの様子をゆるやかに描いた漫画を原作としたアニメとなっています。

2018年に第1期が放送され、その世界観からか大人気となり、「ソロキャンプ」「ビーノ」等が突如人気を集めたとか、そんな社会現象さえも巻き起こしたアニメとなりました。

第1期放送後の2020年2月には、アニメの舞台である身延線を運行するJR東海とのコラボイベントが実施され、急行「ゆるキャン△梨っ子号」の運行等が行われたのは、まだ記憶に新しいところです。
【参考】



その「ゆるキャン△」の第2期が今年1月から放送開始されており、今回も多くのアニメファンの注目を集める作品となっていますが、今回の第2期では、前作同様JR身延線の情景がでてくる他、静岡県の天竜浜名湖鉄道も舞台として登場しています。

具体的には、作中の登場人物の一人、「各務原なでしこ」の祖母宅が天竜浜名湖鉄道沿線にあり、冬休みに各務原なでしこと志摩リン、そしてなでしこの友人である土岐綾乃の三人で宿泊するというストーリーの中で、登場することとなっています。


今回、アニメ「ゆるキャン△」で登場したことを機に、天竜浜名湖鉄道では様々なコラボ企画を、一斉に開始することとしました。

ラッピング列車には、「ゆるキャン△」で登場する各キャラクターやアニメ中の光景がふんだんに描かれており、一目で「ゆるキャン△」コラボ列車と分かるデザインであることから、ファンのみならず、沿線住民からも注目を集めることでありましょう。

また、「記念入場券セット」は、天竜浜名湖鉄道沿線は勿論、同社のネットショップでも発売されることから、遠方で買いに行く機会に恵まれない方にも、購入のチャンスがあるのは有り難いことです。


天竜浜名湖鉄道といえば、私自身、2年前の5月に天竜二俣駅の転車台と鉄道歴史館の見学ツアーを見学し、その様子を下記記事でご紹介しました。


ゴールデンウィーク中ということもあり、沢山の見学客だったので、ゆっくり見学できなかったのが唯一悔やまれた、そんな面白いツアーであり、保存展示でありました。

その天竜浜名湖鉄道で、今度は人気のTVアニメコラボ企画が実施されるということですので、遠出も難しい時期ではありますが、何とかチャンスを見つけて再訪したいな、と思ったニュースでありました。




●関連ニュースサイト:
天竜浜名湖鉄道 ゆるキャンラッピング列車 運転(2021年2月12日〜) - 鉄道コム
天竜浜名湖鉄道 ゆるキャンコラボ1日フリーきっぷ 発売(2021年2月12日〜) - 鉄道コム
天竜浜名湖鉄道 ゆるキャンコラボ記念入場券セット 発売(2021年2月12日〜) - 鉄道コム
天竜浜名湖鉄道、ゆるキャン△コラボの一日乗車券と記念入場券セット。2月12日発売 - トラベル Watch
『ゆるキャン△』×天浜線「記念入場券セット」「1日フリーきっぷ(2種類)」発売 〜ラッピング列車も運転〜|鉄道ニュース|2021年2月13日掲載|鉄道ファン・railf.jp



●関連ブログ:
【天竜浜名湖鉄道】「『ゆるキャン△』×天浜線」ラッピング列車運行 #ゆるキャン - kqtrain.net(京浜急行)
【天竜浜名湖鉄道】「『ゆるキャン△』×天浜線1日フリーきっぷ」発売 #ゆるキャン - kqtrain.net(京浜急行)
【天竜浜名湖鉄道】「『ゆるキャン△』×天浜線記念入場券セット」発売 #ゆるキャン - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【阿武隈急行】2021年3月13日(土)ダイヤ改正を実施。槻木発最終列車は1時間34分繰り下げ

福島県及び宮城県の第三セクター鉄道、阿武隈急行では、来る3月13日(土)にダイヤ改正を実施することを発表しました。

2021年3月13日ダイヤ改正について | 阿武隈急行株式会社

概要は以下の通りです。

●ダイヤ改正日:
2021年3月13日(土)

●改正内容:
・路線を3つのエリア(福島〜梁川、梁川〜丸森、丸森〜槻木)に分割して車両を運用。
・福島〜梁川間の運転間隔均等化(約40分間隔)
・槻木駅における東北本線下り始発・上り最終列車に接続と、これに伴い東北新幹線への接続も改善
(丸森発槻木行き始発列車は22分繰り上げ、槻木発丸森行き最終列車は1時間34分繰り下げ)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



CIMG3511_R
▲阿武隈急行8100系。
1988年の全線電化開業時より運用されている車両ですが、今後新型車両のAB900系への置換えが予定されています。


阿武隈急行では、2019年10月に発生した台風19号による豪雨で、富野〜丸森間が1年あまり不通となり、その後も同区間で大幅に本数を減らした臨時ダイヤによる運転が実施されていました。
今回のダイヤ改正では、この臨時ダイヤを終了するとともに、大幅な変更を行うこととなっています。

まず、これまで全線通しが主体(災害前ダイヤ)であったものが、梁川・丸森で折り返し運転を行い、災害や輸送障害の際にも遅延や運休が拡大しないような車両運用を行うこととしています。

加えて特徴的なこととしては、丸森〜槻木間において、丸森発槻木行きの始発列車の繰り上げ、槻木発丸森行きの最終列車の繰り下げが実施される点でしょうか。


この3月のダイヤ改正では、JR西日本、JR東日本だけでなく、首都圏各社においても最終列車の繰り上げが実施されることとなっています。
新型コロナウイルス感染症による特に深夜帯の利用者の減少もありますが、それ以前からも、保線作業における夜間作業日の削減の点から、最終列車の繰り上げが検討されてきました。

そして、今年3月のダイヤ改正では、多くの鉄道事業者においてこの「最終列車繰り上げ」が実施されることとなりますが、今回ご紹介した阿武隈急行では、この逆、即ち「最終列車繰り下げ」が実施されることとなります。

しかもその繰り下げ時間の幅は1時間34分(94分)と、これまた大きなものとなっています。
最終列車の終点である丸森到着時刻は1時前となりますが、この3月改正以降、首都圏・関西圏でもこれほど遅い時刻の列車はどれほど走っているのか、という時間帯に、ここ阿武隈急行では逆に新設されるということになりました。


阿武隈急行でも当然、新型コロナウイルス感染症の影響により利用者が減少しているものと思われます。
それが故に、深夜帯の本数を削減することが当然の流れともいえるなか、逆に深夜帯・早朝時間帯の充実を図るという点に、意欲的な改正内容であると感じましたので、厳しい経営環境ではありますが、利用者が定着すればいいな、と思ったニュースでありました。




●関連ニュースサイト:
阿武隈急行 ダイヤ改正(2021年3月13日〜) - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【ひたちなか海浜鉄道】湊線延伸の事業認可取得(2024年度開業予定)

茨城県の勝田〜阿字ヶ浦(あじがうら)を結ぶ第三セクター鉄道・ひたちなか海浜鉄道では、現在の阿字ヶ浦駅から先の沿線について、この度国土交通大臣より許可を受けたことを発表しました。

湊線延伸の事業許可取得について | ひたちなか海浜鉄道株式会社
報道発表資料:ひたちなか海浜鉄道(株)湊線の第一種鉄道事業許可について - 国土交通省

概要は以下の通りです。

●申請区間:
阿字ヶ浦〜新駅2(3.1km)

●駅数:
2駅

●事業費:
約78億円

●開業予定時期:
2024年度(令和6年度)

●路線図:
hitachinaka_extend_map
▲上記国土交通省発表資料(https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001382741.pdf)より引用


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



ひたちなか海浜鉄道は、かつての茨城交通湊線を引き継ぎ、2008年4月に運行を開始した第三セクター鉄道であります。
ひたちなか市内の、JR常磐線の乗換駅でもある主要ターミナルである勝田駅と、中心街の一つである那珂湊を結ぶ路線でもあることから、もとより利用者は決して少なくありませんでしたが、ひたちなか海浜鉄道移管後、公募社長等のアイデアによる沿線・沿線外含めた利用促進策により、近年は堅調に利用者を維持している路線でもあります。

その湊線の終点、阿字ヶ浦駅の少し先には、年間200万人が訪問する「国営ひたち海浜公園」があり、この湊線も海浜公園での大規模イベント等の際には阿字ヶ浦駅からのシャトルバス対応等で、そのアクセスの一端を担っていました。

湊線の延伸に関しては、遡ること2013年に、下記の記事で「路線延伸の可能性」について触れた記事を当ブログでご紹介しました。


この時は、新駅(後に「高田の鉄橋駅」に決定)の話題と合わせてご紹介し、新駅については実現の見込みがある一方、延伸については需要見込みを調査の上、慎重に判断していく姿勢を、当時の市長は示していました。

個人的には、利用促進に積極的で、かつ実績を残してきた湊線の延伸は楽しみである一方、多額の投資にもなることから、実現に向けて地域での合意が本当に得られるかどうか、気になるところでもありました。


そんな記事を記してから、およそ8年経ち、今回湊線の延伸の認可が得られたというのは、個人的にも感慨深いものであります。

この湊線には、今から10年前の2010年9月に訪問し、その際阿字ヶ浦駅まで乗り通しました。


CA3F0983_R
▲阿字ヶ浦駅で発車待ちをするキハ3710形

CA3F0981_R
▲同、ホーム終端部を望む写真。
ここから先、延伸することになるとは、訪問した当時は思いもしませんでした。


延伸開業はこれから約4年後の、2024年度(令和6年度)を予定しているとのことです。
延伸後は、ひたち海浜公園へのアクセスが、これまでの自家用車やバスだけでなく、湊線も利用可能になることから、より多くの訪問客を効率良く輸送できるほか、終端駅にには交通ターミナル機能を整備し、湊線とバス等との接続を図ることで、交流人口の増加や、湊線を含めた公共交通機関の利用促進が、更に繋がることが期待できます。


事業許可にともない、延伸予定時期など、具体的な姿が見えてきたこの延伸事業。
私自身は既に完乗している湊線の再訪が今から楽しみでもありますし、今後の事業進捗の状況も、折をみてご紹介できれば、と思ったニュースでありました。



●関連ニュースサイト:
ひたちなか海浜鉄道 阿字ヶ浦から2駅延伸へ 2024年春開業予定 | 乗りものニュース
ひたちなか海浜鉄道湊線、2024年春に延伸へ - 鉄道コム
国交省、ひたちなか海浜鉄道の延伸事業を許可 - 2024年春開業予定 | マイナビニュース



●関連ブログ:
【ひたちなか海浜鉄道】湊線延伸の事業許可取得 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ