阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:航空 > Peach Aviation(APJ,MM)

関西空港等を拠点とするLCCのPeach Aviation(Peach)では、この度関西〜釧路便を就航することを発表しました。

釧路—大阪 (関西 )線を開設〜「ひがし北海道 」をアジアの新たな観光ブランドに〜|Peach Aviation

上記発表資料等によれば、今回開設となる関西〜釧路線の概要は以下の通りとなっています。
・就航日:2018年8月1日(水)
・運行スケジュール・・・1日1往復
 MM125便:大阪(関西)9:50発〜釧路11:50着
 MM126便:釧路12:30発〜大阪(関西)15:00着
・運賃:5,290円〜31,590円(シンプルピーチ/片道)
・発売日:2018年1月下旬予定

その他詳細は、上記発表資料をご覧ください。


Peachの道東方面への就航については、こちらのエントリーでも検討している報道記事をご紹介しました。
この時は根室中標津空港への就航が検討されているとのことでしたが、ふたを開けてみると、釧路空港への就航となりました。

確かに根室中標津の場合は、就航地としてのインパクトは強いとは思いますが、年間を通じた集客面では釧路の方が分があることも考えられるので、そういった面も考慮の上での決定、といえるでしょうか。

運航ダイヤは1日1往復で、関空午前発、釧路午後発と、関西在住者にとっては観光に使いやすいダイヤといえるでしょう。

また、鉄道趣味的にも、このダイヤで釧路空港に到着後、釧路から根室方面の根室本線(花咲線)の列車に乗り継ぐこともでき、当日の夕方には本土最東端の納沙布岬までたどり着く、という行程も可能となっています。
モデルコースを作ってみると、こんな感じでしょうか。

関西空港9:50発〜(MM125便)〜釧路空港11:50着/12:10発(※2)〜(釧路空港連絡バス)〜釧路駅12:55着/13:25発〜(JR根室本線・5631D)〜根室駅15:59着/16:10発〜納沙布岬16:54着

(※1)Peach関西〜釧路便以外のダイヤは執筆時現在のものです。そのため実際の就航日にはこのモデルコースをたどることができない可能性があります。
(※2)釧路空港連絡バスは、MM125便の到着20分後に出発と仮定しています。


DSC06415_R
釧路駅から根室駅までは、根室本線(花咲線)のキハ54形に揺られて、最果てへの旅を満喫することができます。
写真は茶内駅で停車中の根室本線・普通列車5631D(2016.7.1)

DSC06444_R
根室駅に到着します。ここからバスに乗り換えて更に東に向かうことも可能です。

DSC06458_R
そしてやってきた納沙布岬。
Peach大阪(関西)〜釧路便の就航で、関空を朝に出れば、夕方に到着することが可能となります。


このように、道東方面の旅行の幅を大きく広げることのできる今回のPeach関西〜釧路便。
願わくば、Peach利用者に対して販売している「Peachひがし北海道フリーパス」を釧路駅での購入も可能となればいいなと思います。
参考:Peach ひがし北海道フリーパス|JRで行く ひがし北海道 TOP|GOTTON JR北海道
こちらはJR北海道の販売となることとなり、Peach側の一存で決まるわけではないのは承知の上ですが、そういった連携施策も期待したいな、と思った就航のニュースでした。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

関西空港等を拠点とするLCCのPeach Aviation(Peach)では、2018年3月1日(木)から関西〜新潟線を運行開始することを発表しました。

新潟—大阪 (関西 )線を開設〜Peach で新潟と関西がもっと近 くなる!〜|Peach Aviation

上記発表資料によれば、関西〜新潟線は1日1往復で、2018年3月1日(木)から就航することとしています。
運行スケジュールは以下の通りです。

MM143便 大阪(関西)12:00発〜新潟13:05着
MM144便 新潟13:35発〜大阪(関西)15:10着


運賃は、4,190円〜23,090円(シンプルピーチ/片道)となっています。

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい


現在、大阪〜新潟間の航空路線としては、伊丹〜新潟間でJAL、ANA、IBEXエアラインズの各社で計10往復運行しています(IBEXは全便ANAとのコードシェア便)
これに加えて、関西空港からPeachが就航することになり、これまでコードシェア含めて伊丹発着で大手二社の運航であった地方路線にPeachが参入するという構図となります。

この構図ですが、関西〜仙台線の就航時にもみたような構図でして、その後Peachの関西〜仙台便は1日3往復の底堅い利用で定着して今に至っていますが、今回の関西〜新潟便が今後どのように成長していくかが気になるところです。

関西地区からみれば、仙台ほどの需要は無いにしても、それでも既存ダイヤで1日10往復の運航があることから、ある程度の利用喚起は可能かなと思っています。
ただ、関西の人にしてみると、新潟というのはあまり馴染みがないところに感じている人も多いように見受けられるだけに、今回のPeach就航で、関西の人にとって新潟県が身近な場所に感じられ、実際に訪問する方が増えればいいな、とも思っています。

新潟県といえば、意外に南北に広い上に、佐渡島もあることから、まだまだ関西の人が気づいていない魅力も多いかと思いますので、そういった魅力もこの路線就航を機会に感じられることができればいいな、とも感じたニュースでした。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

関西空港を拠点とするLCCのPeach Aviation(Peach)。
こちらのエントリーでご紹介したように、新千歳空港の拠点化を発表していますが、これと関連がありそうなニュースですが、Peachでは、関空と道東方面を結ぶ路線の就航を検討していることが報道されました。
(※)当記事執筆現在、Peach Aviationからは公式の発表はありません。

ピーチが道東に新規路線就航を検討|HBC NEWS
ピーチ、道東就航を検討 関空線 釧路など3空港候補 | どうしんウェブ/電子版(経済)

上記報道記事を総合すると、関空と釧路・女満別・中標津の3空港を結ぶ路線を中心に調整中とのことで、その中で関空〜中標津を中心に、釧路・女満別にも曜日別に運航することで、年間を通じて乗客を確保する案が検討されているとのことです。
また、上記HBCの報道によると、18日にも新千歳と道外を結ぶ路線の新規就航について発表する予定としています。


既に新千歳空港の拠点化を発表しているPeachですが、それに加えて関空から道東方面への就航検討というのが今回のニュースなのですが、実は先の新千歳拠点化の発表内でも「道外他空港から本州への空港」への路線展開が予定されていたので、今回の報道内容は、それが具現化しつつあるもの、と捉えていいのかな、と思います。

個人的に気になったのは、やはり中標津空港への就航でしょうか。
釧路・女満別の各空港へは、現在は伊丹空港から季節運行便として運航されていますが、中標津空港へは関西地区からの運航はこれまで無かったものと思われます。
関西地区在住者にとって「中標津」という無縁に近いくらいの場所に、いきなりPeachの直行便が就航するとなれば、それだけでも相当のインパクトがある、と言っても過言ではないのかなと思います。

加えて、中標津空港の位置としては、根室方面はもとより、知床方面へのアクセス拠点としても好立地な場所といえるだけに、仮にPeachの関空〜中標津便が就航すれば、関西の人にとってある意味「秘境」ともいえる道東の更に奥地へのアクセス路線としてPRしていくことができれば、潜在的な成長が実現できる路線のひとつなのかな、とも感じました。

更に言えば、既に関空発着のPeachのネットワークを活用することで、九州・沖縄や韓国・台湾方面から知床・根室方面へのアクセスにも利用できる路線となることから、こういった点でも注目したいな、と感じています。

個人的な観点からでも、関西空港から中標津まで行けるとなると、こちらのエントリーでご紹介した納沙布岬や根室本線(花咲線)に、便利におトクにアクセスすることができるだけに、これは実際の就航を期待したいですし、就航が実現すれば、搭乗してみたいな、とも感じているところで、今後の発表等にも引き続き注目したいニュースでした。

Peach、関空から道東方面に新路線?: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム

関西空港を拠点とするLCC(格安航空会社)のPeach Aviation(Peach)。


「空飛ぶ電車」というキャッチフレーズのもと、低価格の航空輸送サービスを提供することで、国内線LCCを定着させた同社もこの3月1日に就航5周年を迎え、更なる飛躍が期待されているところですが、そんな中、Peachの株主であるANAホールディングス(ANA HD)、産業革新機構(INCJ)、ファーイースタンアビエーションホールディングス(FE)の3社は、Peachの株主の資本変更を変更することに同意したことを発表しました。

Peach Aviation 株式の資本構成の変更に関するお知らせ|ANA ホールディングス株式会社・ファーストイースタンアビエーションホールディングス・株式会社産業革新機構

上記発表によれば、現状の資本構成は、ANA HD38.7%、FE33.3%、INCJ28.0%であるものが、変更後はANA HD67.0%、FE17.9%、INCJ15.1%とするものです。
これに伴い、ANA HDは両社より304億円で株式を取得し、PeachはANA HDの連結子会社となります。

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


冒頭にも記したように、この3月1日で就航5周年を迎えるPeach。
当初、日本国内にLCCというスタイルが果たして定着するのか、懸念の声がなかったわけではないのですが、この5年間の動きを見ても、ジェットスター・ジャパン、バニラエア、春秋航空日本といったようにLCC事業者も増加してきたことからみると、LCCというスタイルは、日本でも一定程度定着してきたのかな、といえるでしょう。

一方、LCCが国内で本格的に就航して5年を迎え、国内のみならず海外のLCC事業者との競争も激しくなってきている状況からみると、Peachに関しては、更なる成長を実現するための新たなステージに入ってきたのかな、という印象も同時に受けました。

そんなところに、今回の資本構成変更、ANAHDによる連結子会社化は、その新たなステージに対応するためのものといえるでしょう。

まず今回筆頭株主となるANA HD側から見れば、成長著しいPeachの成長収益を連結決算で取り込むことで、自社グループの収益性を向上させることができるでしょう。
一方のPeach側にしてみると、ANAグループが有するスケールメリットを、特に燃油や機材の調達において活かすことで、低コストによる運航を実現し、競合LCC他社に対して優位に立てるメリットはあるといえるでしょう。

一方で、今回のPeachのANA HD子会社化により、既にANAHD子会社となっているバニラエアとの棲み分け、あるいは、これまでANA HDとはある程度距離を置いていたがために独自性を発揮できたPeachの独自色が薄れてくるのではないか、といった懸念を唱える声もありそうです。

そのあたりについては、ANA HDは、Peach・バニラエアの両社を競争させることで切磋琢磨することで、ともに収益を上げ、その果実をHDに取り込みたいという考えを示していますし、Peachの独自色についても、それが同社の成長を支えてきたことから、逆にANA HDとしても見習いたいところは見習っていこう、という感じのことを示しています。

ということで、当面はこれまでのPeachの企業カラーで、路線やサービスの展開が今後も続いていくものと見て良さそうですが、将来的には、現在バニラエアで提供されているANAマイレージクラブの特典航空券(参考:バニラエア特典航空券│マイルを使う│ANAマイレージクラブ)が、Peachでも提供されるようになったり、関空発着のANA便のPeachへの置き換え、なんてこともあり得ない話ではないでしょうから、そういった目に見える点が今後どのように現れてくるのか、関空を最寄りとするユーザーとしても気になるところなので、今後の動きを逐次ご紹介していきたいと思います。

ANA「ピーチ子会社化」で何が変わるのか。コードシェアは実施せず、バニラとの合併は「今後考えていく」 - 旅行総合研究所タビリス



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム

関西空港などを拠点とするLCC(格安航空会社)のPeach Aviationでは、既に拠点化あるいは拠点化を予定している関西・那覇・仙台の各空港に加え、新千歳空港を4ヵ所目の拠点空港とすることを発表しました。

新千歳空港に拠点開設、道内他空港への路線も展開
〜北海道の大地から桃色のネットワークを拡大!!〜(Peach Aviation|プレスリリース)


上記発表によれば、2018年度中に新千歳空港を4ヵ所目の拠点空港とすることとし、新千歳空港に夜間駐機し、同空港を起点とした国内線、国際線の複数路線の運航を新たに行うことに加え、新千歳空港からの道内他空港への路線や、道内他空港から本州への空港などへの路線も展開する予定としています。

その他詳細は、上記プレスリリースをご覧ください。

関西空港を拠点として運航を開始したPeachですが、規模の拡大とともに拠点空港を増やしてきて、今回の新千歳空港で4つ目の拠点が開設されることとなります。

今回の新千歳空港拠点化により、上記でも触れたように、新千歳発着の国内線、国際線に加えて新千歳空港から道内他空港への路線、また道内他空港から本州方面への空港への路線が拡充されることが予定されています。

個人的に注目したのは「新千歳〜道内路線」と「道内空港〜本州路線」でしょうか。
想定される路線としては、道内路線では「新千歳〜函館」「新千歳〜釧路」「新千歳〜女満別」、道外路線では「関西〜函館」「成田〜釧路」「成田〜女満別」といった感じでしょうか。
新千歳空港の拠点化を考えると、新千歳からの道内路線が設定できない旭川や帯広に就航する可能性は低い、と思ったりしましたが、果たしてどんな路線が開設されるのか、今から楽しみ、といえるでしょう。

Peachの道内路線が開設されるとなれば、現在のJR北海道「スーパー北斗」「スーパーおおぞら」等の鉄道、ANAや北海道エアシステムの既存航空路線に加わることになるため、利用者の選択肢が広がる一方で、各交通機関の間での競争環境が更に厳しくなることも考えられます。

最も大きく影響を受けそうなのが既存航空路線なのでしょうが、価格次第ではJR北海道の特急列車も大きく影響を受けることも考えられますが、厳しい経営環境のJR北海道がどのような手立てで利用者確保の施策を講じてくるのか、といったところも注目しておきたいところでしょうか。

一方で、Peachの道内路線就航によって、北海道内の周遊旅行をお得かつ効率的に楽しめるとなると、更なる道内旅行者の増加も見込めることから、そういった相乗効果でJR北海道の路線も観光客が増えればいいな、思いますし、そのための企画商品や施策の提案も楽しみ、といえるでしょう。

ともあれ、これで国内4ヵ所に拠点を持ち、関西地区のみならず北海道・東北・沖縄といった地域を代表するLCCとして更なる飛躍が期待されるPeach Aviationの動きを、これからも逐次ご紹介したいと思います。

Peach、新千歳も拠点に: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム

関西空港を拠点とするLCC(格安航空会社)のPeach Aviaton(Peach)では、この度関空・羽田〜上海線を開設することを発表しました。
本邦LCC初、ついに上海へ!関西、羽田−上海線を開設 〜Peachが日本とアジアを近くする!〜(pdfPDF)

上記プレスリリースによれば、関空〜上海線は11月1日(火)、羽田〜上海線は11月2日(水)就航となっています。
運行スケジュールは以下の通りです。
●関西〜上海
MM079便 大阪(関西)22:25発〜上海(浦東)0:20(翌日)着(火・木・金・土・日運航)
MM080便 上海(浦東)6:05発〜大阪(関西)9:15着(月・水・金・土・日運航)

●羽田〜上海
MM1079便 東京(羽田)2:10発〜上海(浦東)5:00着(月・水・金・土・日運航)
MM1078便 上海(浦東)1:25発〜東京(羽田)4:55着(月・水・金・土・日運航)

運賃は、大阪(関西)〜上海(浦東)線は6,280 円〜33,580 円、東京(羽田)〜上海(浦東)線は6,980 円〜36,780 円(いずれもハッピーピーチ/片道)となっています。

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


関西空港を拠点に国内外に路線を拡張してきたPeachですが、この度念願の中国本土への路線が開設されることとなりました。
これまで中国本土へは、中国系のLCCが関西空港などに就航していましたが、日系のLCCとしては初めての就航なだけに、高い注目を集めるものといえるでしょう。
また、当のPeach自身も、日本と中国・上海を結ぶ路線は会社設立当初の悲願であっただけに、今回の路線開設に対する意気込みもひとしお、といったところでしょうか。

運航ダイヤを見てみると、関西・羽田発着ともに夜間から午前にかけての運航時刻となっており、夜間の余剰機材を活用したダイヤとなっているところが、LCCとして抜け目のない設定に感じたりしました。
これはまた、到着後の現地で時間を有効に活用できることから、お得に旅行したい利用層にとっても嬉しいダイヤ設定ともいえるでしょうか。

LCCの機内設備を勘案すると、4時間程度の飛行時間が限界といえるだけに、上海線でも相当長い路線となっていますが、今後は上海を皮切りに中国国内にも路線を増やしていくのか、はたまた他の東南アジアへも路線を延ばしていくのか、更なる展開を期待したいなとも感じたニュースでした。



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム

こちらのエントリーでご紹介したように、泉佐野市へのふるさと納税でピーチポイントを謝礼として受け取ることができることをご紹介しましたが、この度、ピーチポイントが謝礼品となるふるさと納税の自治体が拡大することが発表されました。

ふるさと納税で就航地域の自治体と連携します!〜空から日本を元気に!就航地域の活性化に取り組みます〜|Peach Aviation|プレスリリース

今回追加される自治体は、長崎県東彼杵町・宮崎県小林市・鹿児島県南さつま市・沖縄県糸満市の各市町で、長崎県東彼杵町については5月29日より開始、宮崎県小林市と沖縄県糸満市は8月頃、鹿児島県南さつま市では9月頃を予定しているとのことです。
参考までに、対象となる自治体のWebサイトを掲載しておきます。
東彼杵町-ふるさと東彼杵応援寄附のご案内
ふるさと納税(寄附金) - 小林市ポータルサイト
ふるさと納税 ::: 鹿児島県南さつま市
「糸満市ふるさと応援寄付金(ふるさと納税)」について | 糸満市

また、Peach Aviation自体もふるさと納税のWebサイトを開設していますので、こちらからも確認可能となっています。
ふるさと納税でもらう | Peach Aviation

その他詳細は、上記プレスリリースをご覧下さい。


ふるさと納税については、こちらのエントリーでご紹介したように、今年4月より「控除枠の拡大」「条件によりワンストップサービス可能で確定申告不要」といった改正が行われ、これまでよりも更に利用しやすくなりました。

今回の発表により、泉佐野市以外でもふるさと納税によるピーチポイント獲得ができることから、これらのピーチと連携する組む自治体を応援するという意味で、あちこちの自治体のふるさと納税を利用してみるのもいいのかも知れません。

なお、ふるさと納税からピーチポイントの付与には時間がかかることと、発行後の有効期間が180日となっていますので、利用の際には日程に余裕を持って申し込み、受け取ったピーチポイントは計画的に利用されることをお勧めしたいと思います。

↓その他の鉄道関係ニュースはこちらからもどうぞ
鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道 ブログランキングへ

格安航空券(LCC)のPeachでは、航空券を購入する際、基本的に同社のサイトを使用して購入することとなります。
インターネットを通じて利用者自らが予約の手続きをすることにより、LCCの武器である低価格が実現しているのは確かなのですが、やはりある程度の手数料がかかったとしても旅行代理店を通じて購入したいと考える人もそれなりにいると思われます。
当初のLCCではそういった利用者層は対象外としていた節はあったようですが、より一層の販売チャンネルの確保が利用率の向上につながることから、低コストで旅行代理店での販売ができる方法があれば、利用者にとってもLCCにとってもいいことなのではないかと思います。

この度Peachでは、旅行代理店向けLCC専用航空券オンライン予約システム「INFINI LCC Search」から同社の航空券が購入可能となったことを発表しました。
Peachの航空券が全国の旅行代理店で購入可能に〜航空券予約システム「INFINI LCC Search」からの販売を開始〜 |Peach Aviation|プレスリリース
INFINI LCC SearchからPeach航空券販売開始|株式会社インフィニトラベルインフォメーションはGDS/CRS国内シェア1位のリーディングカンパニー

今回購入可能となるシステムでは、現在世界29ヶ国43社のLCCの予約・決済が可能となっていますが、これにPeachが加わることにより、同システムが設置されている全国の旅行代理店で広く一般の利用者がPeachの航空券を購入することができるというものです。

このシステムを導入している旅行代理店がどれだけあるのかは分からないのですが、てっきりネット予約がメインと思っていたLCCですが、こういうシステムがあるというのは初耳でした。
私自身がPeachをはじめとしたLCCを利用する場合は、まず旅行代理店を利用することはないとは思いますが、仮に相談を受けた際には、こういう購入方法があることもアドバイスできればいいな、と思ったりしたニュースでした。

↓その他の鉄道関係ニュースはこちらからもどうぞ
鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道 ブログランキングへ

関西空港を拠点に各地へ就航しているLCCのPeach。
最近は成田ベースの路線も充実させていますが、関西空港を発着する国内線の新規路線は、しばらくなかったように思えます。
そんな中、久々に関西空港発着の国内線の新路線が開設されることとなりました。

大阪(関西)−宮崎線を開設〜 九州路線の拡大で、空の旅の選択肢がさらに豊富に〜 (Peach Aviation|プレスリリース)

今回開設されるのは、関西〜宮崎線です。
運航開始日は2015年8月28日、運行本数は1日1往復(関西18:25発・宮崎20:00発)となっています。
運賃は4,590円〜20,990円(ハッピーピーチ)となっています。

その他詳細は、上記プレスリリースをご覧下さい。

既にPeachでは、関西空港から九州方面へは福岡・鹿児島・長崎の各空港に就航していますが、今回の宮崎便の就航により、九州方面へは4空港へ就航することとなります。
加えてジェットスタージャパンが関西空港から福岡・大分・熊本の各空港に就航していることから、関西空港から九州方面へは北九州と佐賀を除いてLCC各社で結ばれることとなりました。


関西空港開港当時は、ANAとJALの両社で関西空港からこれら各空港への路線が設定されていましたが、利用率の低迷もあり程なく廃止され、その後長らく関西空港から九州方面へは福岡空港のみ、という時代が続きました。

その当時から考えると、開港当時の賑わいが20年を経て再び戻ってきたのかな、という感じを抱きました。
勿論、開港当時はフルサービスキャリアだったのに対し、現在はLCCという点では大きな違いがあるのですが、逆に言うとLCCだからこそ気楽に九州各地へ行けるようになったのは間違いなく進化といえるのかな、とも感じたりしました。

関西〜九州方面の路線の拡大は、ひとまずこれで一段落といったところでしょうが、今後九州以外の各地への就航も引き続き期待していきたいですし、そのニュースも逐次ご紹介していくことができればいいな、と思います。

↓その他の鉄道関係ニュースはこちらからもどうぞ
鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道 ブログランキングへ

関西空港を拠点とするピーチ・アビエーション(Peach)では、時折キャンペーン運賃が発売されています。
このキャンペーン運賃を利用して、これまで長崎や鹿児島へ日帰り旅行へ行ったりしましたが、特に人気の路線では、発売直後に売り切れることも多い模様です。
そこで頻繁にこのセール運賃を利用する利用者向けに、Peachでは「Peach EXPRESS」という制度を開始することを発表しました。

新サービス「Peach EXPRESS」会員募集開始!〜セール運賃が通常より1日早く購入できる〜 (ピーチ・アビエーション|プレスリリース)
Peach EXPRESS | Peach Aviation

Peach EXPRESSの制度は、年会費5,000円(消費税込み5,400円)で会員となると、セール運賃が一般販売より一日早く告知があり、また一般販売より一日早く購入ができるというものです。
今回は初回ということで先着5,000名のみ募集で、募集期間は2014年11月25日の10時〜12月15日の12時までとなっています。
なお、今回は初回特典として、Peach EXPRESSを利用しなかった場合は5000円分のピーチポイントが返還されることとなっているとともに、今回申し込み分では12月中旬以降のセールで利用できることとなっています。

その他詳細は上記プレスリリースをご覧下さい。


今回の制度ですが、セール運賃の優先購入会員というこれまた新しい制度なのですが、ターゲットとしては、頻繁に人気路線や週末等の人気の日程を利用するユーザーとなってくるのかなと思います。
これらのユーザーだと、年会費5400円を払った上でもキャンペーン運賃を早めに確保できるというメリットがあるのかな、とも思うのですが、逆に私のようにピンポイントでキャンペーン運賃で確保できそうな曜日・路線で乗ってみよう、というユーザーにとってはあまり関係のない制度なのかな、と思ってみました。
今回の制度により、一般販売がどの程度取りにくくなるのかは正直予想はつかないだけに、会員になるほどの価値が有るのかどうかは、まさに個々人の利用形態次第となってくるのかな、と思ったニュースでした。


↓その他の鉄道関係ニュースはこちらからもどうぞ
鉄道コム

↓その他の鉄道ブログはこちらからもどうぞ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ