阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:鉄道全般の話題 > きっぷコレクション

毎週日曜日を基準に更新している「過去のきっぷから」。
今週は、こちらのカード類です。

img182_R
▲南海コンパスカード(日本エアシステム・MD-90)

南海電鉄のスルッとKANSAI対応カード「コンパスカード」で、サービス開始初期の1999年に発売されていたものです。
恐らく航空会社とタイアップした企画だったのではと推測されますが、その中で手元に残っているカードのなかの1枚です。

図柄は、日本エアシステムのMD-90。
もはや「日本エアシステム」という会社をご存じでないかたもいらっしゃるのでは、とも思われますが、昭和63年に当時の東亜国内航空(TDA)が、国際線定期便進出を機に社名変更したのがこの日本エアシステム(JAS)であります。

国内航空業界では、日本航空(JAL)、全日空(ANA)に続く路線網を有していたものの、その多くはローカル路線であったこともあり、苦しい経営が続いていましたが、その中で差別化を図るべく、機体のデザインや機内サービスなど、JAL・ANAとの違いを積極的に打ち出していたように記憶しています。

今回の図柄のMD-90もその一つで、機体のデザインは映画監督・黒澤明氏によるもので、JASの他機種のデザインにも採用されている「虹」をテーマに、7種類の塗装が施され、大いに注目を浴びました。

当時このMD-90も関西空港に飛来していたことから、このコンパスカードの図柄に採用されていたものだと思われます。

このカードの発行が1999年7月であったことから、今から20年近く前ということになりますが、日本エアシステムという会社も、日本国内のMD-90という機種も完全に過去のものになってしまいました。
(何でもWikipediaによれば、2017年現在MD-90を運行しているのは米国のデルタ航空のみだそうです。)


私自身、このJASのMD-90には幾度か搭乗したことがありまして、東京在住時、帰阪の際に羽田発関空行きの初便がJASの運行便(羽田6:30頃発)で、それに充当されていたのがこのMD-90だったので、搭乗する機会も割と多かったように記憶しています。


過去のきっぷの紹介でありながら、ほとんどがJASとMD-90の話で終わってしまいましたが、次回のエントリーも楽しみにお待ち頂ければと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎週日曜日を基準にお送りしている「過去のきっぷから」。
今週ご紹介するのは、こちらの列車のきっぷです。

img054_R


寝台急行「銀河」の急行券・B寝台券です。
かつて、東京〜大阪を結ぶ寝台急行「銀河」が運行されていました。
国鉄時代から運行されていた、全車寝台の急行列車ですが、2008年3月のダイヤ改正で廃止となり、早いもので10年となります。

廃止当時の記事はこちら(やはり「あかつき」は廃止・・・平成20年春ダイヤ改正発表 : 阪和線の沿線から)でご紹介しており、それから10年もブログが続いていることに、今更ながら驚く次第です。

この時は、大学の合宿で東北地方に向かうのに利用したのですが、その際同時に使用した「東北ワイド周遊券」もまた、下記のエントリーで過去のきっぷとしてご紹介しています。
参考:【過去のきっぷから】東北ワイド周遊券、九州ワイド周遊券 : 阪和線の沿線から

私が寝台急行「銀河」に乗車したのは、結局この1回だけでした。
東京〜大阪間は、様々な用事で移動していましたが、新幹線や航空機、そして夜行の場合でも「ムーンライトながら」や夜行高速バスを利用したりして、「銀河」を使おうというのは、ついぞ他にないまま廃止となってしまいました。

当時としては、急行券とB寝台券を加えて7千円強の追加料金を支払うことに抵抗があったことと思われますが、今から考えると、もう少し乗車しておいてもよかったな、と思う次第です。

そういえば、現在唯一の定期夜行列車である「サンライズ出雲・瀬戸」にまだ乗車したことがありません。
いくら唯一の定期寝台列車とはいえ、車両の寿命もあることから、未来永劫走り続けるわけではないので、未乗のまま廃止の時期を迎えることのないよう、早いうちに乗車しておきたいな、と今回のエントリーを執筆して改めて感じた次第であります。

次回もまた、懐かしいきっぷを中心にご紹介していきたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎週日曜日を中心にお送りしている「過去のきっぷから」。
今回のご紹介はこちらです。

img177_R

JR東日本・小海線の野辺山駅入場券です。

野辺山駅は、JRグループの駅及び普通鉄道の駅としては日本一高い地点にある駅で、その標高は1345.67mにもなりますが、それだけに観光がてら訪問する人も多く、そういった観光客向けに発売されていた入場券であります。
今からおよそ20年前、平成11年(1999年)の夏の終わりに購入した入場券ですが、この時は、確かドライブがてらに立ち寄り、野辺山駅の入場券を買って帰った記憶があります。
(小海線自体には、これより以前に乗り通したことがあります)


さてこの野辺山駅を殊更ご紹介したのには時期的な理由がありました。
というのも、来る10月31日(水)をもって、野辺山駅での記念入場券の発売が終了になるとの発表がJR東日本長野支社よりあったからであります。
「野辺山駅記念入場券」発売終了のお知らせ|JR東日本長野支社

観光列車「HIGH RAIL 1375」も走るくらいに、観光客も多く利用するこの路線と思われるのですが、近年の窓口縮小の波はこんな所にまで来ているのかな、とも感じたニュースではありますが、そのニュースの足しにでも、と思い今回はご紹介いたしました。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎週日曜日を中心にアップしている「過去のきっぷから」。
本日、10月14日は「鉄道の日」ということで、今回は鉄道の日にちなんだきっぷをご紹介したいと思います。

img175_R
▲鉄道の日記念・乗り放題3きっぷ

img176_R


「鉄道の日記念・乗り放題3きっぷ」という名称のきっぷです。
画像でご紹介した平成7年発売分では、以下のような内容でした。

●利用エリア等:
JR西日本・JR四国・JR九州の普通列車の普通車自由席及び連絡線の普通船室が利用可能

●有効期間:
平成7年10月7日〜10月22日間、1人で3回、または3人までのグループ(同一行程)で利用可能
●発売価格:
9,000円


言ってみれば、青春18きっぷの西日本以西版とも言うべききっぷといえるでしょうか。
この手のきっぷは、その後、JR西日本単体で1日乗り放題のきっぷに形を変えましたが、現在では設定はない模様です。
その代わり、JR各社がエリアとなるこの手のきっぷは、現在は「秋の乗り放題パス」という名称で今年度は発売されています。
参考:「秋の乗り放題パス」および「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」の発売:JR西日本

当時、秋にも青春18きっぷに似たようなきっぷが発売されるというのは個人的に衝撃で、大学の休みの時期を利用して九州まで向かった模様です。

またその時、乗車した列車の指定券がこちらです。
img056_R

快速「ムーンライト九州」の指定席券です。
秋の行楽シーズンの対応か、はたまたこの「乗り放題3きっぷ」の利用を想定してか、通常春・夏・冬の多客期のみに設定されていた「ムーンライト九州」が、この10月にも設定されていました。
10月7日・博多発ですが、3日前の10月4日でさえも余裕で購入できた(但し通路側のC席でした)という、ある意味のどかな時代だった、ともいえるでしょうか。

この時は、熊本から北上し、福岡県内の路線を乗りつぶした後、ムーンライト九州で帰阪という行程だったかと思います。
(3回目の姫路入鋏では、どのように利用したか記憶がありません。)
当時は大学生で、休みも融通が利いていた模様で、このように3日前に思い立って旅行する、というのも自由だった時代でした。
今ではそんなことも難しいですし、何より客車列車の臨時快速の指定券もすんなり手に入るところも、懐かしい時代だったなあ、と改めて感じた次第でした。


次週も、懐かしいきっぷをご紹介したいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎週日曜日の夜を中心にアップしている「過去のきっぷから」。
今週はこちらのプリペイドカードです。

img169_R

京阪電鉄が発売していたプリペイドカード「Kカード」。
「スルッとKANSAI Kカード」として自動改札機に直接投入できるようになる前の時代、券売機できっぷに引き換えるタイプのものです。

このKカードが発売されたのは1994年頃でしたが、当時はほとんど京阪沿線を利用する機会もなかったわけですが、大学の夏休みを利用して京阪線を乗りつぶす際に購入したものと思われます。

このカードの図柄は、「車両シリーズ」として1300型が描かれています。
現在では、多少の知識もついてきたこの京阪電鉄ですが、当時はあまり気にせず、単に昔の車両だな、という程度で財布にしまっていたものと思われます。

裏面には、Kカードの注意書きに加え、1300型の概要が記載されています。
img170_R


プリペイドカードの類いは、他にも割と多く収納されていましたが、車両が図柄となっているものは、そこまで多くなかった模様でした。
今から思い返せば、もう少し図柄にこだわって購入してもよかったのかな、とも感じています。


来週以降も、可能であれば過去のきっぷ類をご紹介していきたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎週日曜日を中心にお送りしている「過去のきっぷから」。
今回ご紹介するのはこちら。

img160_R

「厚狭駅記念乗車券」という名称で、厚狭から目出までの普通記念乗車券です。

このきっぷですが、厚狭駅から美祢線に乗り換える際に購入したものと記憶しています。
それにしても、一体何の「記念」なのか、券面には一切記されていないところが謎ではあります…


ちなみにこのきっぷでもう一つ注目したいのは、日付表示が西暦表示となっている点です。

来年5月の新元号への対応、また近年増加している訪日外国人旅行者への対応等の点から、これまでの和暦表示を西暦表示に置き換えていく動きが見えてきています。
それよりはるか28年も前に、既にこういったきっぷで西暦表示が行われていたことは、少し注目しておいても良い点かも知れませんね・・・

来週もまた、手元にある過去のきっぷをご紹介していきたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎週日曜日を中心にお送りしている「過去のきっぷから」。
先週はお休みしてしまいましたが、今週は連休中在宅していますので、その合間にアップしておきたいと思います。

今回ご紹介するきっぷ類はこちら。

img158_R


前回こちらのエントリーでご紹介した、阪急電鉄・能勢電鉄の共通カードシステム利用開始から約2年、両社に加えて大阪市交通局、北大阪急行、阪神電鉄の計5社局での京津カードシステム「スルッとKANSAI」の運用が開始となりました。

その運用開始1周年を記念したラガールカードがこちらとなります。;


その後、「スルッとKANSAI」は利用者局が増え、一時はJRを除く主要各社局及びバス事業者で利用ができるほどに拡大し、関西一円をシームレスに利用できるカードシステムとして、脚光を浴びました。

その後、ICカードシステムの導入に伴い、「スルッとKANSAI」導入各社局ではPiTaPaの導入を進めていきますが、後払い方式のための事前申込が必要であることもあってか、こと普及に関しては、2018年8月現在でJR西日本の「ICOCA」1,845万枚に対し「PiTaPa」は322万枚(2018年7月末現在)と、大きく差が着いた現状となっています。
出典:【2018年版】鉄道系ICカード発行枚数ランキング - 鉄道ファンのクレジットカードのりば|鉄道ファンのクレジットカードのりば


ともあれ、過去のきっぷを探していたら、このように過去に利用していた鉄道系のプリペイドカードも多く見つかったので、また機会を見つけて、ご紹介していきたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎週日曜日を中心にアップしている「過去のきっぷから」。
今週は、こちらのプリペイドカードです。

img159_R
▲阪急電鉄・能勢電鉄共通カードシステムスタート記念 ラガールカード(1994年)


2018年1月末をもって自動改札機等での使用が終了した「スルッとKANSAI」。
その「スルッとKANSAI」という共通カードシステムが導入されるよりも前、阪急電鉄では同社独自のカードシステム「ラガールカード」を発売していました。
1992年からは、券売機できっぷに引き換えることなく、自動改札機に直接投入して利用できるという、当時としては画期的なシステムをスタートさせました。
そしてその約2年後の1994年4月に、能勢電鉄でも、ラガールカードと同様に、同社の「パストラルカード」により自動改札機に直接投入して利用できるシステムを導入しましたが、それと同時に、阪急電鉄の「ラガールカード」との共通利用が開始され、このカードはその共通システム開始を記念して発売された図柄でした。


その後、阪急・能勢以外の事業者も含めた共通カードシステムとして「スルッとKANSAI」が導入され、関西地区の事業者に広まっていったのは、ご承知の方も多いかと思いますが、その事業者間での共通カードシステムのはしりとなった、阪急・能勢両社での共通カードシステムは、これもまた当時としては画期的なサービスだったといえるでしょう。


それから20年以上が経過し、今や関西地区のみならず違う地域のICカードでも当たり前に利用できるのが当然の時代になっていますが、ここに至るまでは、このような歴史の積み重ねがあったのだな、と改めて実感した次第でもあります。


次週もまた、少し懐かしいきっぷ類をご紹介していきたいと思います。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎週日曜日を基準にお送りしている「過去のきっぷから」ですが、今回は現在も入手可能なきっぷなので、「過去」ではなく、単に「きっぷコレクション」としてご紹介します。

今回ご紹介するきっぷは、ちょっと前にツイッターに流してみると、割と反応があったので、ブログでもご紹介してみようと思った次第です。

img172_R
▲会津鉄道・車内補充券(西若松→浅草)

今回取り上げたきっぷは、会津鉄道・野岩鉄道・東武鉄道の3社にまたがる連絡乗車券。
これを車内で購入したことから、端末発行による車内補充券が手に入った次第です。

このきっぷは、こちらのエントリーでご紹介した「AIZUマウントエクスプレス」の車内で、車掌から購入したものです。
勿論現金払いですが、車内精算で五千円札を使ったりするシーンも個人的にはあまり経験がなく、かなり高額な「紙切れ」を入手したこととなります。

さてこのきっぷですが、通算キロ数が100kmを超えているため、途中下車が可能となっています。
その証拠に、右下に「栃木」の下車印が押印されていることが確認できるかと思われます。
また、東武鉄道のWebサイトでも、3社連絡で100kmを超える場合は、途中下車が可能な旨、案内されています。
切符や回数券の途中下車はできますか?|東武鉄道

ただ、何故か北千住では、このきっぷでは途中下車は不可との案内を受けたので、無効印を押印して手元に残すこととしました。
今でも、なぜ北千住で途中下車不可だったのか、謎ではありますが…

会津鉄道でも、JR等と同じく、車掌が携帯する端末で発券するとは、これまた驚きでした。

今後も、過去のきっぷを中心に、今回のように現在も購入可能なきっぷも時折ご紹介していきたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎週日曜日を目安にご紹介している「過去のきっぷから」。
所用で広島に行ったりしたりした影響もあってか、二週間ほどお休みしてしまいましたが、今週からぼちぼち復活させたいと思います。

今回ご紹介するきっぷはこちら。

img154_R

大阪市交通局(現・Osaka Metro)地下鉄・ニュートラム回数券です。

現在、Osaka Metroの回数券は、3,000円で3,300円分(大人の場合)利用できる、金額式の回数カードになっており、利用区間に関わらず利用することができます。
参考:Osaka Metro|回数カード

1997年7月の料金改定時に、このような金券式の回数カードとなりましたが、それ以前はこの画像のように、料金区間(1区・2区)ごとに発売されていました。

使用履歴は、裏面に印字されることとなっていました。
img155_R
▲使用履歴が印字された裏面。

履歴の印字で注目したいのは、1桁あるいは2桁の数字(利用日が印字)で、自動改札機の新旧により字体が異なることに気が付くかと思われます。
恐らく、電卓のような数字(「7セグメントディスプレイ」とも言うそうです)で印字された改札機が(当時の)旧型、より実際の字体に近い表示となっているのが(当時の)新型の改札機であったであろうと推測されいます。

その他、手元に残っている回数券についても画像をアップします。
img156_R
▲同じく2区回数券
こちらは平成5年の発行で、2区運賃が200円の時代のものです。

img157_R
▲1区回数券
券面に「バスにも利用できます」とあるように、1区回数券は、バスと地下鉄・ニュートラムで共通に利用できました。
地下鉄・ニュートラムの1区運賃は、バスと同一であるため、このように共通利用が可能でしたが、回数カードとなってからは、金額式となったため、そもそも区別する必要がなくなり、現在に至っているといえるでしょう。


民営化により、運営主体は大阪市交通局からOsaka Metroに移行しましたが、割引の種類等、営業施策については、現在のところ、大阪市交通局時代のものが踏襲されています。
逆に大阪市交通局時代であっても、この回数券の変遷をみても分かるように、施策の変更が割とあったりしたことは、今更ながら新鮮にも感じた次第です。


次週も、できる限り失念しないように、「過去のきっぷから」のアップをしようと心がけたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ