阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:その他の話題 > 西国三十三ヵ所

今週末も西国三十三ヵ所を巡ってきました。
本日訪問したのは、大阪府藤井寺市にある葛井寺(ふじいでら)。

南大門から入ってみます。
DSC_1002

DSC_1003



DSC_1004

DSC_1009
本堂。

DSC_1006
▲この日は18日で、毎月実施されている開帳日であります。
この葛井寺の千手観音は、1,041本もの手が実際に作られたものとして有名であり、この日を狙って訪問する方も多いようです。
加えて本日は、今年初のご開帳ということで、境内も大変賑わっていました。

なお、肝心の千手観音は撮影禁止なので、ブログで掲載することはできません。
是非ご自分で見に行ってみてはいかがでしょうか。

同行者の御朱印も、待ち時間があったことから、境内をフラフラ見て回ります。
DSC_1011
▲弁天池

DSC_1012

DSC_1013
▲この葛井寺には、大きな藤の棚がいくつもあり、藤の花のシーズン(4月中旬〜下旬)には、綺麗な紫の花が咲き誇るとのことです。
また、藤の時期には「藤祭り」が開催されるとのことですので、そんな様子も見てみたいものであります。

DSC_1010
▲西門
南門から入って、西門から出るのが推奨ルートのようです。

DSC_1017
▲葛井寺は、近鉄南大阪線の藤井寺駅前から続く商店街の端にあります。
商店街には、このように「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産登録決定の垂れ幕が掲げられていました。
ここ藤井寺にも世界遺産に登録された古墳が存在していますので、古墳めぐりと併せて葛井寺を訪問してみるのもいいかも知れませんね。

●アクセス:


近鉄南大阪線藤井寺駅より徒歩5分〜10分程度です。
車は近隣にコインパーキングがありますので、そちらを利用するのがよいかと思います。
また、近辺は門前町から開けた地域なので、道幅も狭く一方通行も多いので、駅前のコインパーキングに停めて歩くことをおすすめします。

西国三十三ヵ所めぐりですが、本日は大阪府和泉市の「施福寺」へ行ってきました。

和泉山脈の槙尾山(まきおさん)の標高約500メートルに位置するこのお寺、ちょっとした山登りでありました。

DSC_0951
▲車などでアクセスできる終点、槙尾山観光センターから歩きます。


続きを読む

家族が西国三十三ヵ所めぐりを始めたので、私もついて行くことにしました。
その様子も、徐々にご紹介できればと思います。

本日訪問したのは第二番札所、和歌山県和歌山市の「紀三井寺」です。

DSC_0917

DSC_0919
「結縁坂」と呼ばれる231段の石段を登ります。

DSC_0920
渡り終わって振り向いたところです。

本堂に向かいます。
HORIZON_0001_BURST20200111091351574_COVER

HORIZON_0001_BURST20200111091405296_COVER


「極楽橋」と聞いて「高野山」を即座に連想する方の多くは、鉄道ファンではないのかな、とも思った「極楽橋」です。
DSC_0923


DSC_0935
仏殿本尊を見てみることにします。

DSC_0932

DSC_0934

総漆金箔張りの大千手十一面観世音菩薩像です。
高さは12mなんだそうです。

HORIZON_0001_BURST20200111092527162_COVER
紀三井寺といえば、毎年桜の開花宣言の基準ともなる和歌山気象台の標本木のある場所、としても有名です。
その「標本木」もきっちり見てきました。

DSC_0925
DSC_0926


紀三井寺からの和歌山市内の眺め
DSC_0931
DSC_0930


紀三井寺は、桜の名所としても有名です。
今度は桜が満開の時に来たいですね。

さて、次はどこの札所に、ついて行くのでありましょうか…

↑このページのトップヘ