阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッター
アカウントをご利用下さい。

JR東海では、ハイブリッド方式による次期特急車両「HC85系」について、試験走行車を製作して約1年間にわたり試験走行を行ってきましたが、これまでの試験走行結果を踏まえ、この度特急「ひだ」「南紀」に使用している85系気動車の後継車として、このHC85系を投入することとし、量産車の新製を決定したことを発表しました。

ハイブリッド方式の次期特急車両「HC85系」量産車の新製について|JR東海

概要は以下の通りです。

●ハイブリッドシステムの特徴:
・安全性の向上(推進軸等の回転部品が不要)
・快適性の向上(車内・車外の静寂性、乗り心地の向上)
・環境負荷の低減(85系気動車比35%の燃費向上)

●車両性能の向上:
・安全性・安定性の向上(車両各機器の動作状況データのリアルタイム送信、ATS-PT等の2重系化等)
・乗客サービスの向上(静寂性・乗り心地の向上、利便性の向上)

●投入計画:
2022年度から2023年度にかけて64両を新製し、順次投入。
これに加え、試験走行車4両を量産車仕様に改造して営業運転に使用。

●工事費:
約310億円


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



JR東海のHC85系については、下記過去記事でご紹介したように、2019年12月から1年間を目途に試験運転を行い、その結果を踏まえて2022年度を目標に投入する予定が発表されていました。


試験走行開始から1年を経過しましたが、試験結果はどうやら良好だったようで、今回量産車の投入発表が行われたことは、嬉しくも感じた次第です。
これにより、「ひだ」「南紀」で使用されていた85系気動車は、HC85系に置き換えられることが正式に決定することとなりました。

思えば1989年に「ワイドビュー」という愛称で登場したこの85系気動車は、従前の80系気動車に比べて大幅なスピードアップと快適性の向上を実現しましたが、それからおよそ30年が経ち、遂に引退のカウントダウンが始まった、といえるでしょう。

DSC03158_R
▲85系「南紀」(紀伊勝浦駅)

DSC07372_R
▲85系気動車「ひだ」(岐阜駅)

これら、「ひだ」「南紀」での日常の光景であった85系気動車も、長くともあと3年程度で見納めとなることから、これから改めて乗車できる機会があればな、と思っています。
「ひだ」については、一昨年の5月に「ひだ25号」として、新大阪〜美濃太田という区間で乗車しましたが、高山本線を乗り通したり、また「南紀」についても長年乗車していないだけに、85系気動車置き換え前に、両列車を乗り通す機会に恵まれればいいな、と思っています。


ところで現在、85系気動車は合計80両程度が運用されているとのことですが、今回新造されるHC85系は、試験走行車の改造も含めて合計68両となります。
純粋に12両程度の減車が見込まれますが、下記のように「南紀」の編成短縮や、そもそも新型コロナウイルス感染症の影響で今後利用回復が見込まれないことも踏まえての両数減なのかな、と思った次第です。
(参考)


また、大阪発着の「ひだ」(25号・36号)や「南紀」の新宮〜紀伊勝浦間といった、JR西日本エリアへの直通運行が、HC85系投入後も続くのか否か、といったところも気になりますが、今後の投入状況も気にしつつ、続報があればご紹介していきたいな、と表います。



●関連ニュースサイト:
JR東海,HC85系量産車の新製を決定|鉄道ニュース|2021年1月20日掲載|鉄道ファン・railf.jp
JR東海「HC85系」量産車64両の新製を決定、試験走行車も改造し営業運転へ | 鉄道ニュース | 鉄道チャンネル



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DIAGONAL_0001_BURST20210120214318022_COVER


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5027  Wi-Fi○、更新-
和歌山(2104)-和泉鳥取 普通 モハ224-5113 Wi-Fi○、更新-


今日も割と遅くまでの勤務でしたが、帰りに本屋に寄るのを忘れてしまいました。
明日は必ず寄らないと…

JR西日本では、指定席特急料金定期券「マイシート」等の特別企画乗車券等の一部発売終了を発表しました。

特別企画乗車券等の一部発売終了:JR西日本

このうち、指定席特急料金定期券「マイシート」、グリーン特急料金定期券「グリーンマイシート」の発売終了については、以下の通りとなっています。

【発売を終了する商品】
・2月利用分で終了の商品名・対象列車:
「マイシート」「グリーンマイシート」・・・はるか9号・13号
「はるかマイシート/グリーンマイシート」・・・はるか6号
「くろしおグリーンマイシート」・・・くろしお6号

・3月利用分で終了の商品名・対象列車:
「マイシート」「グリーンマイシート」・・・びわこエクスプレス1号
「こうのとりマイシート」・・・こうのとり2号・4号
「はるかマイシート/グリーンマイシート」・・・はるか2号・4号
「くろしおマイシート」・・・くろしお2号・4号・6号
「らくラクはりまマイシート」・・・らくラクはりま号

【J-WESTチケットレスキャンペーン(仮称)】
J-WESTカード会員が、下記の各グループの対象列車・対象区間を月19回以上「J-WESTチケットレス」で利用した場合、19回目以降の利用分をICOCAポイントで還元。
(J-WESTネット会員は月21回以上)

●キャンペーンの対象列車・対象区間:
【グループ1】
対象列車:
びわこエクスプレス1号、はるか9号・11号
発駅:
米原〜京都間の停車駅
着駅:
京都・新大阪・大阪

【グループ2】
対象列車:こうのとり2号・4号
発駅:福知山〜宝塚間の停車駅
着駅:大阪・新大阪

【グループ3】
対象列車:はるか2号・4号・6号
発駅:日根野〜天王寺間の停車駅
着駅:天王寺・新大阪・京都

【グループ4】
対象列車:くろしお2号・4号・6号
発駅:海南〜和泉府中間の停車駅
着駅:天王寺・新大阪

【グループ5】
対象列車:らくラクはりま号
発駅:姫路〜三ノ宮間の停車駅
着駅:神戸・三ノ宮・大阪・新大阪

●和歌山→天王寺(くろしお2号・4号・6号)での還元例:
・J-WESTチケットレス:
650円
・月21回利用した場合:
13,650円
・J-WESTカード会員還元ポイント及び実質負担額:
1,950ポイント・実質負担額11,700円
・J-WESTネット会員還元ポイント及び実質負担額:
650ポイント・実質負担額13,000円
(参考)くろしおマイシート料金:
11,520円


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



JR西日本の近畿エリアの特急列車指定席の、同じ列車の同じ席を1ヶ月間利用することができる「マイシート」という指定席特急料金定期券ですが、ここ阪和線でも朝の上り「くろしお」「はるか」に設定があります。
特に「はるか」については、元々指定席が2両である上に、その指定席の多くがこの「マイシート」用に確保されていた模様で、チケットレスで利用しようとした場合、シートマップ上では殆どの席が埋まっているのにもかかわらず、当日実際に乗車すると、あまり混んでいない、ということもありました。

また、毎日同じ列車の同じ座席が利用できるのは、一見安心できるものの、その時々の都合によって、「マイシート」で確保している列車よりも、早めあるいは遅めの列車に乗車することもあり得るのでしょうが、その場合は、その他の「マイシート」対象列車の自由席を利用することになりますが、そもそも特急列車を利用しなかった場合であっても、「マイシート」の料金が払い戻されることはありませんでした。

一方で、ネット予約の普及も目を見張ることもあることから、今回これらの指定席特急料金定期券「マイシート」の発売を終了し、代替として「J-WESTチケットレスキャンペーン」と称して、実質の負担額を現在の「マイシート」の水準とするキャンペーンを実施することが併せて発表されています。

DSC01315_R
▲特急くろしお6号(紀伊〜山中渓)
「くろしおマイシート」「くろしおグリーンマイシート」対象列車でしたが、今年度をもって設定が終了となります。

このキャンペーンでは、「J-WESTカード会員」の場合、月18回以上利用したとしても、実質負担額は18回相当分とするもので、現在の「マイシート」とほぼ同じ水準の負担になるように設計されており、現在「マイシート」利用者を対象としたキャンペーンになります。

「J-WESTチケットレスキャンペーン」ですと、利用しなかった場合は、その分料金を払わなくて済むため、月によって利用頻度が変わる場合には、これまでよりもおトクに利用することも可能かと考えられます。
一方で、乗車する度に座席を指定する必要があるため、その操作にどこまで利用者が慣れるのか、という点が「マイシート」からの移行をスムーズに進めることができるか、におけるポイントとも考えられます。


ともあれ、「チケットレス」の波はこういったところにまで普及してきたことに驚いたニュースでありますが、人生で一度はこの「くろしお/はるかマイシート」を使って都心へ通勤したいと思っていましたが、そんな願望は結局叶わずじまいになってしまいそうだな、とも感じたニュースでありました。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DSC_0175

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5020  Wi-Fi○、更新-
和歌山(2104)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ225-5011 Wi-Fi○、更新-

今日も少し遅くまで仕事でした。
ブログにアップしたいニュースがいくつもあるのですが、忙しくて一気にご紹介するのは難しいかもですね…


和泉鳥取(0718)-和歌山 紀州路快速 モハ224-5138  Wi-Fi○、更新○
和歌山(2028)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5116 Wi-Fi○、更新-

茨城県の勝田〜阿字ヶ浦(あじがうら)を結ぶ第三セクター鉄道・ひたちなか海浜鉄道では、現在の阿字ヶ浦駅から先の沿線について、この度国土交通大臣より許可を受けたことを発表しました。

湊線延伸の事業許可取得について | ひたちなか海浜鉄道株式会社
報道発表資料:ひたちなか海浜鉄道(株)湊線の第一種鉄道事業許可について - 国土交通省

概要は以下の通りです。

●申請区間:
阿字ヶ浦〜新駅2(3.1km)

●駅数:
2駅

●事業費:
約78億円

●開業予定時期:
2024年度(令和6年度)

●路線図:
hitachinaka_extend_map
▲上記国土交通省発表資料(https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001382741.pdf)より引用


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



ひたちなか海浜鉄道は、かつての茨城交通湊線を引き継ぎ、2008年4月に運行を開始した第三セクター鉄道であります。
ひたちなか市内の、JR常磐線の乗換駅でもある主要ターミナルである勝田駅と、中心街の一つである那珂湊を結ぶ路線でもあることから、もとより利用者は決して少なくありませんでしたが、ひたちなか海浜鉄道移管後、公募社長等のアイデアによる沿線・沿線外含めた利用促進策により、近年は堅調に利用者を維持している路線でもあります。

その湊線の終点、阿字ヶ浦駅の少し先には、年間200万人が訪問する「国営ひたち海浜公園」があり、この湊線も海浜公園での大規模イベント等の際には阿字ヶ浦駅からのシャトルバス対応等で、そのアクセスの一端を担っていました。

湊線の延伸に関しては、遡ること2013年に、下記の記事で「路線延伸の可能性」について触れた記事を当ブログでご紹介しました。


この時は、新駅(後に「高田の鉄橋駅」に決定)の話題と合わせてご紹介し、新駅については実現の見込みがある一方、延伸については需要見込みを調査の上、慎重に判断していく姿勢を、当時の市長は示していました。

個人的には、利用促進に積極的で、かつ実績を残してきた湊線の延伸は楽しみである一方、多額の投資にもなることから、実現に向けて地域での合意が本当に得られるかどうか、気になるところでもありました。


そんな記事を記してから、およそ8年経ち、今回湊線の延伸の認可が得られたというのは、個人的にも感慨深いものであります。

この湊線には、今から10年前の2010年9月に訪問し、その際阿字ヶ浦駅まで乗り通しました。


CA3F0983_R
▲阿字ヶ浦駅で発車待ちをするキハ3710形

CA3F0981_R
▲同、ホーム終端部を望む写真。
ここから先、延伸することになるとは、訪問した当時は思いもしませんでした。


延伸開業はこれから約4年後の、2024年度(令和6年度)を予定しているとのことです。
延伸後は、ひたち海浜公園へのアクセスが、これまでの自家用車やバスだけでなく、湊線も利用可能になることから、より多くの訪問客を効率良く輸送できるほか、終端駅にには交通ターミナル機能を整備し、湊線とバス等との接続を図ることで、交流人口の増加や、湊線を含めた公共交通機関の利用促進が、更に繋がることが期待できます。


事業許可にともない、延伸予定時期など、具体的な姿が見えてきたこの延伸事業。
私自身は既に完乗している湊線の再訪が今から楽しみでもありますし、今後の事業進捗の状況も、折をみてご紹介できれば、と思ったニュースでありました。



●関連ニュースサイト:
ひたちなか海浜鉄道 阿字ヶ浦から2駅延伸へ 2024年春開業予定 | 乗りものニュース
ひたちなか海浜鉄道湊線、2024年春に延伸へ - 鉄道コム
国交省、ひたちなか海浜鉄道の延伸事業を許可 - 2024年春開業予定 | マイナビニュース



●関連ブログ:
【ひたちなか海浜鉄道】湊線延伸の事業許可取得 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

JR西日本では、山陽本線の姫路〜英賀保(あがほ)間に新駅を設置することを発表しました。

山陽本線 姫路・英賀保間新駅設置について:JR西日本

概要は以下の通りです。

●設置位置:
所在地:
兵庫県姫路市西延末

位置:
姫路〜(約1.8km)〜新駅〜(約2.8km)〜英賀保

●駅設備の概要:
橋上駅舎、相対式ホーム2面(12両対応)、エレベーター2基

●開業予定:
2026年春


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



今回新駅設置が発表された姫路・英賀保間の新駅ですが、同駅間は現在約4kmあることや、姫路市内の近隣部で市街地が広がる場所であることから、新駅開業により、多くの利用者が見込まれるエリアといえます。

加えて、この新駅が設置される「姫路市西延末」には、現在姫路市が再整備計画を進める「手柄山中央公園」があり、この公園へのアクセスとしても多くの利用が期待されることとなっています。
【参考】
山陽線の姫路−英賀保間、新駅設置は26年春 国交省に認可申請 JR西|総合|神戸新聞NEXT

そしてこの「手柄山中央公園」のエリアには、「手柄山交流ステーション」がありますが、ここには「姫路モノレール展示室」があり、かつて姫路市内を走っていた姫路モノレールの車両などが、一般公開されています。


CIMG0850 (1)_R
▲姫路モノレール展示室に展示されているモノレール車両。
その他駅名標、時刻表など、姫路モノレール営業時の貴重な資料を見ることができます。

私自身、2011年4月に開業した直後に訪問したのですが、廃止後長年手柄山の奥で眠っていた車両が、再び日の目をみることに感動すら覚えていたのですが、この施設も開設されて間もなく10年になりますが、根強い人気を集めている模様です。

今回の新駅開業により、この「姫路モノレール展示室」へのアクセスも改善されることになることから、より便利にこのモノレール展示室を見にいくことができるのではないかと思います。

新駅開業は今から5年後ですが、その後手柄山中央公園には新体育館や新市民プールがオープンする予定とのことですので、この手柄山中央公園のエリアは、より一層賑やかになりそうですが、それと同時に、この「姫路モノレール」に関心を持っていたただける人も増えるといいな、とも感じたニュースでありました。



●関連ニュースサイト:
山陽本線 姫路〜英賀保間に新駅設置へ 2026年春開業予定 JR西日本 | 乗りものニュース
JR西、山陽本線姫路〜英賀保間の新駅設置を発表 - 鉄道コム
山陽本線の姫路市内に新駅…姫路〜英賀保間の公園アクセス向上を図る 2026年春開業予定 | レスポンス(Response.jp)
山陽本線姫路〜英賀保間に新駅設置へ 2026年春開業予定 JR西日本 | 鉄道ニュース | 鉄道チャンネル



●関連ブログ:
【JR西日本】山陽本線姫路〜英賀保間新駅設置について公表 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

JR西日本では、新型コロナウイルス感染症による昨今の情勢を踏まえ、当面の利用者回復が見込めないことから、2月1日(月)以降の北陸新幹線・在来線特急の一部列車について、運転計画を見直すことを発表しました。

北陸新幹線・在来線特急 一部定期列車の運休(2021年2月1日〜):JR西日本

概要は以下の通りです。

【運休する定期列車(2月1日(月)から当面の間)】
(※)定期列車の一日あたり運休本数

●北陸新幹線「つるぎ」:
36本中7本運休

●在来線特急:
・サンダーバード(大阪〜金沢)
46本中22本運休

・ダイナスター(金沢〜福井)
6本中2本運休

・くろしお(京都・新大阪〜白浜・新宮)
36本中12本運休

・こうのとり(新大阪〜城崎温泉)
26本中10本運休

・きのさき・はしだて・まいづる(京都〜城崎温泉・天橋立、久美浜・東舞鶴)
30本中14本運休


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



新型コロナウイルス感染症の感染拡大や、政府の観光事業促進事業「Go To トラベル」の中止、それに伴う緊急事態宣言の発出に伴い、これまで徐々に持ち直してきた特急列車等の利用も、昨年12月頃より再び落ち込んできている模様です。

【参考】
年末年始期間のご利用状況について (2020年12月25日から2021年1月5日まで):JR西日本
収入概況(12月14日時点)について:JR西日本
直近の状況が分かる年末年始期間の状況では、前年同日比較で約30%となっており、Go To トラベルが実施されていた11月の実績(前年と同日比で50%〜70%)に比べても、大きな落ち込みとなっています。

緊急事態宣言が発出されたこともあり、今後しばらくは特急列車の利用者回復も見込めないことから、昨年5月以来の、北陸新幹線「つるぎ」及び在来線特急の一部列車運休を発表しました。
【参考:前回の運休発表記事】


上述のとおり、阪和線・きのくに線の特急「くろしお」についても、36本中12本が運休となりますが、前回同様、運休となる列車について、以下の通りまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。
(注)管理人による自作のため、実際に利用の際には、JR西日本のWebサイト等をご確認下さい。

【京都・新大阪⇒白浜・新宮方面】
kuroshio_20210201_down


【新宮・白浜⇒新大阪・京都方面】
kuroshio_20210201_up



ご覧になって分かるように、運休となる列車は、前回(2020年5月〜6月)に運休となった列車・区間と同一です。
そのため、特に和歌山県内の通勤時間帯に運行される「くろしお8号」(白浜6:40→紀伊田辺6:51→和歌山8:08)も運休になることから、通勤・通学に利用されている方にとっては影響も大きいと思われます。

DSC_0152
▲特急「くろしお34号」289系。
この列車も2月1日から当面の間運休となります。

本来ならば、利便性のよい時間帯である「くろしお8号」も運休するのは得策ではないのかも知れませんが、一方で車両運用の都合等を考えると、こういった措置もやむを得ないものと思われます。

願わくば、再び利用者が回復基調となる見込みが立ち、これらの運休措置が早々に終了することを願うしかありません。
そのためには、我々が日々の生活でマスクを付ける、手洗いやアルコール消毒の励行、会食の自粛等、できることを着実に行うほかないのかな、と改めて感じている次第です。



●関連ブログ:
在来線特急の運休拡大へ〜新型コロナ緊急事態宣言 : Msykの業務(鉄道)日誌




●関連ニュースサイト:
「サンダーバード」「くろしお」ほか関西北陸の特急2月から最大4割減 JR西日本 | 乗りものニュース



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

2021年1月7日及び13日に、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令(※)されたことを受け、各鉄道事業者では、きっぷの無手数料払いもどし等の措置を発表しています。
(※)新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言|内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室

このうち、JR西日本では、以下の内容が発表されています。

「緊急事態宣言」に伴うきっぷの無手数料払いもどしについて|JR西日本

概要は以下の通りです。

【きっぷの無手数料払いもどし】
●無手数料払いもどしの条件:
・緊急事態宣言に伴う移動自粛等を理由とする払いもどし
・緊急事態措置期間(2021年1月8日〜2月7日)を有効期間に含むきっぷ
(※) 本取扱いは、所持するきっぷの区間やお客様のご住所に制限はなし。

●対象となるきっぷの種類:
・普通乗車券、特急券、グリーン券、指定席券等(定期券、普通回数券は除く)
・トクトクきっぷ
フリーパスタイプのトクトクきっぷは使用開始前に限る
回数券タイプのトクトクきっぷは1月 13 日以前に購入されたものに限る
(一部例外あり)

●払いもどしの期間:
実際の払いもどし申出日に関わらず、有効期間内に申し出たものとして、2022年2月7日(緊急事態措置期間終了日の翌日から1年以内)まで払いもどしの取扱いを実施。


【定期券・回数券の取扱い】
●定期券の払い戻し申し出日の特例:
以下の全てに当てはまる場合、特例として対象地域の緊急事態宣言措置期間開始日の前日以降の最終使用日に払いもどしを申し出たものとして、旅客営業規則(運送約款)に定める払いもどし方法により取扱い。
・所持する定期券が、通勤・通学・新幹線定期券・特急用定期券・連絡定期券であること。
券面表示区間に緊急事態措置の対象都府県に所在する駅が含まれていること、又は通過すること
・該当する対象地域の緊急事態措置期間の全部又は一部期間を有効期間に含むこと

(注)
・この取扱いは、定期券利用取りやめの手続きを、後日に遡る特例であるため、利用をいったん中止した後、利用を再開した場合は、最後に利用した日を払いもどし日として取り扱うこととなる。
・この払いもどしは、新たな定期券の購入前または購入と同時に実施する必要がある。
(新たに継続購入した場合は、旧の情報が消去され、払いもどしは不可となるため)

●普通回数券の払いもどし申し出日の特例:
以下の全てに当てはまる場合、その普通回数券が有効期間を既に過ぎている場合であっても、特例として有効期間内に払いもどし申し出日があったものとして、旅客営業規則(運送約款)に定める払いもどし方法により取り扱う。
券面表示区間に緊急事態措置の対象都府県に所在する駅が含まれていること、又は通過すること
・該当する対象地域の緊急事態措置期間の全部又は一部期間を有効期間に含むこと


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



新型コロナウイルス感染症の感染者については、昨年11月頃から徐々に増加しはじめ、この年末年始で大きく増加したことから、昨年4月以来、二度目となるとなる「緊急事態宣言」が発出されました。

今回、首都圏一都三県に加え、京都府、大阪府、兵庫県を含む11都府県で発出されることとなり、それにともない、今回も払いもどしの特例が発表されました。

前回の緊急事態宣言では、対象地域が全国であったことから、定期券・回数券の取扱いについても、区間の定めはありませんでした。


しかし今回は、緊急事態宣言の発出都府県が限定されていることを踏まえ、定期券・回数券の払いもどし特例の対象となるのは、「券面表示区間に緊急事態措置の対象都府県に所在する駅が含まれていること、又は通過する」場合となりますので、この点注意が必要です。

一方、きっぷの無手数料払いもどしについては、きっぷの区間や利用者の住所に制限はなく、移動自粛を理由とする払いもどしであれば対象となっています。



今回の緊急事態宣言の発出では、学校休校の措置は取られていませんが、一方でテレワークの更なる推進も掲げられていることから、通勤定期券や回数券の払いもどしが必要となる方もおられるのではないかと思われます。
払いもどしの特例については、各事業者によって取扱いが異なる場合もありますので、予め各事業者のWebサイト等をご確認下さればと思います。

とはいえ私は、テレワーク推進どころか、ここ最近の乗車記録をご覧になって分かるとおり、むしろ忙しくなっているので、定期券の払いもどしどころではないので、この特例を利用する機会はなさそうですが、他のご覧になっている方々のお役に少しでも立てばと思ってご紹介したニュースでありました。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DSC_0168

DSC_0165

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-10  Wi-Fi○、更新○
和歌山(2345)-和泉鳥取 普通 クモハ223-2508 Wi-Fi○、更新×

今日は和歌山発阪和線上りの最終列車で帰宅です。
待ち時間があったので、3月の改正で最終列車が大幅に繰り上がる、きのくに線御坊方面の発車標も記録していました。
0時台の時刻がここに表示されるのも見納めかもですね。

↑このページのトップヘ