阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッター
アカウントをご利用下さい。

JR西日本では、新快速の一部列車に有料座席サービス「Aシート」を導入しています。
このAシートは、空席がある場合に車内で乗車整理券(500円)を購入して利用できる「定員制」となっており、事前の予約はできないこととなっています。

この度、この「Aシート」に、期間限定で指定席を導入することが発表されました。

有料座席サービス 新快速「Aシート」に期間限定で指定席を設置します:JR西日本

概要は以下の通りです。

●Aシート指定席を設置する期間:
2020年12月1日(火)〜2021年2月28日(日)

●指定席の座席数:
各列車の9号車1〜3番の、各A〜D席(全12席)

●指定席券の料金:
840円
ネット割引「e5489」限定で、600円で利用可能なチケットレス商品を発売

●指定席券の発売:
2020年12月1日(火)から12月19日(土)の列車については、2020年11月20日(金)の午前5時 30 分より発売開始。
2020年12月20日(日)以降の列車については、運転日 1 か月前の午前10時から発売します。

●購入方法:
ネット予約「e5489」又は駅の「みどりの券売機」等で事前に指定席券を購入

●その他:
引き続き定員制の座席も設置(定員制座席の定員は46名から34名に減少)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



2019年3月のダイヤ改正から、一日2往復ではありますが、新快速に導入された有料座席サービス「Aシート」。
【JR西日本】新快速に有料座席サービス「Aシート」導入を発表(2019年春) : 阪和線の沿線から

元より着席ニーズの高い新快速に設けられたサービスということもあってか、ごく限られた列車にしか設定されていないのにも関わらず、割と好調な利用状況が続いているようであります。
(参考)
ひょうご経済+|経済|新快速の有料座席Aシート 一部で事前予約可能に
上記神戸新聞の記事では、「コロナ前はラッシュ時で9割、昼間も約6割が埋まるほど高い人気を誇っていた」(上記記事より引用)とのことです。

ただ、この「Aシート」では、事前予約なしの定員制を導入していることもあり、実際に乗ってみるまで座れるかどうかが分からない、という点も改善点として指摘されているようであります。
勿論、そのことはJR西日本とて承知の上であったかと思いますが、今回期間限定で「指定席」が導入されることとなりました。

指定席は、現在の「Aシート」46席のうち、12席に設けられることとなっており、従来の定員制も存続されることとなっています。

料金は840円と、現在の乗車整理券に340円プラスとなり、若干の割高感はありそうで、この点についての意見も多く見られたように感じました。
ただ、e5489限定のチケットレス商品を利用すると、プラス100円の600円で利用可能となることから、e5489利用前提でみれば、そこまでの割高感はない料金設定なのかな、と感じました。


この「Aシート」ですが、昨年3月のサービス開始以降、一日2往復での運行が続いています。
15分ヘッドという本数の多さに加え、敦賀から播州赤穂までをカバーする運行区間の広さもあり、有料着席ニーズは高いと考えられる一方、持続的なサービス提供をどのようにすべきか、試行錯誤の日々が続いているように感じています。

今回の「指定席」導入も、そういった試行錯誤の一つとも感じられ、期間限定で指定席を導入し、そこで現れた課題点を踏まえて、本格的なサービス開始時の姿を検討していこう、と考えているのかな、とも感じました。


ともあれ、「新快速」に号数が振られた指定席券は、一度は手にしてみたいな、とも思っているのですが、折角指定券を購入するのであれば、実際に乗ってみたいとも思いますので、その際には当ブログでご紹介できればと思っています。




●関連ニュースサイト:
新快速の「Aシート」に指定席 12月から期間限定で設定 事前の座席確保可能に JR西日本 | 乗りものニュース
新快速の有料座席に指定席…『Aシート』の12席分、12月から期間限定 | レスポンス(Response.jp)
新快速「Aシート」に期間限定で指定席設置、「e5489」ならチケットレスでお安く | 鉄道ニュース | 鉄道チャンネル



●関連ブログ:
【JR西日本】有料座席サービス 新快速「Aシート」に期間限定で指定席を設置 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DSC_2509


出町柳(1638)-淀屋橋 特急 8552
淀屋橋-難波 大阪メトロ御堂筋線 31509
難波(1800)-りんくうタウン ラピートβ61号 50501
りんくうタウン(1838)-日根野 関空快速 クモハ224-5010
日根野(1845)-和泉砂川 快速 モハ225-5004
和泉砂川(1854)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ224-5022


叡電のアニメコラボ電車を記録してから、一路帰宅するわけですが、ラッシュ時間帯であることから、また鉄道事業者を応援する意味から、京阪電鉄「プレミアムカー」と南海電鉄「ラピート」と、いずれも有料着席サービスの追加料金を払って帰宅することとします。


ラピートは、夕方の帰宅時間帯なのと、スーパーシートはネット予約ではレギュラーシートと同料金であることから、6割くらいは乗っていたかと思います。
とはいえ、ほとんどの乗客は泉佐野までで降りてしまったわけですが…


お疲れ様でした。


DSC_2463

DSC_2486
HORIZON_0001_BURST20201029162317201_COVER


和泉鳥取(0700)-和歌山 普通 モハ224-5118 Wi-Fi○、更新-


和歌山市(1230)-天下茶屋 特急サザン 10108
天下茶屋(1328)-北浜 大阪メトロ堺筋線 7453(阪急)
北浜(1351)-出町柳 特急 8559
出町柳(1452)-二軒茶屋 711
二軒茶屋(1518)-修学院 711
修学院(1539)-二軒茶屋 721
二軒茶屋(1558)-出町柳 721




今日は午前中仕事のあと、午後から叡山電鉄まで向かい、「ご注文はうさぎですか」「ゆるゆり」「おちこぼれフルーツタルト」の各アニメコラボ電車に乗ってきました。


運良く3編成とも運用に入っていたので、効率よく記録することができました。


機会があれば、詳しくご紹介していければと思っています。

JR九州では、2022年秋頃開業予定の九州新幹線の武雄温泉〜長崎間(以下、「九州新幹線長崎ルート」)について、新幹線の列車名と導入車両を決定したことを発表しました。

九州新幹線(武雄温泉・長崎間)新幹線の名称と導入車両が決定!!|JR九州

概要は以下の通りです。

●列車名:
「かもめ」

●導入車両:
N700S 6両編成
(※)JR東海が営業投入しているN700S(16両編成)を6両編成に短編成化したもの

●内外装イメージ:
jrkyushu_kamome_exterior
▲エクステリアイメージ

jrkyushu_kamome_interior_1
▲インテリアイメージ(2+2列)

jrkyushu_kamome_interior_2
▲インテリアイメージ(2+3列)

(いずれも上記発表資料(https://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/news/newtopics/__icsFiles/afieldfile/2020/10/28/201028nagasaki_aishou.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



九州新幹線長崎ルートについては、下記のとおり2022年秋頃の開業見込みとなることが、既に発表されています。
九州新幹線(武雄温泉・長崎間)完成・開業時期の見通しについて|JR九州

開業まであと2年程度となったなか、本日その列車名と導入車両が発表されました。

列車名は「かもめ」。
現在、博多〜長崎間を中心に運行するJR九州の特急列車名が、そのまま新幹線に使用されることとなります。

「かもめ」の名称は、上記発表資料にもあるようん、1961年から約60年に渡り、長崎駅を目的地とする特急列車の名称として使用されてきましたが、今回遂に新幹線の列車名として使われることとなります。

一方「かもめ」という愛称に使われてきた車両に目をやると、「客車」(1937年〜1943年、1953年〜1961年)、「気動車」(1961年〜1975年)、「電車」(1976年〜現在)、とこれまで全ての動力方式の車両で使用されてきましたが、今回これに「新幹線」が加わることになります。

これら4種類全てで使用された列車名称という観点では、臨時列車を含める(「つばさ」)、あるいは漢字・ひらがな表記の両方を含む(「あおば」)事例は過去にはありましたが、「定期列車のみ」で「完全一致」のケースとなると、恐らく「かもめ」が初めてになるのではないかと思われます。
これも、「かもめ」という名称がいかに長く使われてきて、そして今後も使われ続けることの証なのかな、と思うと、嬉しく思った次第であります。



時折このブログでも触れていますが、私の両親が長崎県の島原半島出身ということもあり、博多〜諫早間でこの「かもめ」に幼少の頃から乗車する機会に恵まれていました。
そのせいもあり、この「かもめ」という名称には、他の列車名には無い、特別な親近感を抱き続けてきたわけですが、その名称が、遂に新幹線で見られる時代があと2年後にやってくることを思うと、感慨深いものを感じずにはいられません。


一方、新幹線「かもめ」で使用される車両に目をやると、JR東海で既に投入されているN700Sが導入されることとなります。
N700Sは、下記記事で過去にご紹介したように、床下機器の配置を最適化することで、16両編成の基本設計をそのまま用いて短編成化することが可能となっていますが、その設計思想が早速「かもめ」で活用されることとなります。

翻って、N700S「かもめ」のデザインをみると、足回りに赤色が施されているのが特徴的でありますし、その他ロゴ等の配置も、JR九州のこれまでの車両デザインを踏襲したものとなっており、「標準仕様」のN700Sでありますが、大きく印象が異なるものとなっており、実車の登場が楽しみであります。


九州新幹線長崎ルートは、武雄温泉以東、佐賀県内の整備方針が決まっておらず、仮に今後決定したとしても整備に相当の時間がかかることことから、少なくとも数十年スパンの期間で、武雄温泉〜長崎間を折り返す運行が続くものと思われます。
個人的には、新大阪駅で「かもめ|長崎」という行先表示をいつの日か見ることができれば、非常に嬉しいものがありますが、九州新幹線長崎ルートの佐賀県内の整備に関する議論を見ていると、私の生きている間に整備されるのも怪しいくらいに思えてくるところはあります。

とはいえ、新幹線として「かもめ」が走り出すのは間違いない訳ですし、それ自体嬉しいことでありますので、2年後の開業時には是非とも乗りにいけるよう、楽しみにしたいと感じたニュースでありました。




●関連ニュースサイト:
長崎行きの九州新幹線西九州ルート 列車名は「かもめ」に決定 車両はN700S | 乗りものニュース
JR九州、九州新幹線長崎ルートの列車名を「かもめ」に N700Sを導入 - TRAICY(トライシー)
長崎行き新幹線の名は『かもめ』…西九州ルートに N700S を投入 | レスポンス(Response.jp)
JR九州,九州新幹線(武雄温泉—長崎間)の列車名は“かもめ”に|鉄道ニュース|2020年10月28日掲載|鉄道ファン・railf.jp
九州新幹線 武雄温泉〜長崎の名前が「かもめ」に決定。N700Sを6両編成 - トラベル Watch
九州新幹線西九州ルートの列車名は「かもめ」、JR九州 - 鉄道コム



●関連ブログ:
【速報】長崎新幹線の愛称は「かもめ」に決定!N700S系6両編成を導入 | 鉄道プレス
【JR九州】九州新幹線(武雄温泉〜長崎間)新幹線の名称と導入車両が決定へ - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DIAGONAL_0002_BURST20201028082634169


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-2508 Wi-Fi○、更新×
和歌山(1840)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5009 Wi-Fi○、更新-


今朝和歌山駅に降り立つと、「紀の国わかやま総文2021」の横断幕が掲げられていました。


来年秋に開催予定とのことですが、多くの文化イベントが県内で開催されるのは嬉しい限りです。

JR北海道では、同社の日高線・鵡川〜様似間について、2017年2月18日に沿線自治体に対し復旧断念並びにバス等への転換に向けた協議開始を申し入れていました。
その後、沿線自治体と鉄道事業廃止に当たっての支援等について協議してきましたが、今年10月に協議がまとまり、鉄道事業廃止についての同意が得られたことから、本日、国土交通大臣宛てに鉄道事業廃止届出書を提出したことを発表しました。

日高線(鵡川・様似間)の鉄道事業廃止届の提出について|JR北海道

概要は以下の通りです。

●廃止路線:
日高線の一部、鵡川〜様似間(116.0km)

●廃止予定日:
2021年11月1日(月)

なお、届け出後、鉄道事業法第28条の2第2項の規定に基づき、北海道運輸局の主催で意見聴取が行われますが、JR北海道としては、この意見聴取の中で、廃止日の繰上を実施したい旨の陳述を行うこととしています。
これにより、繰上が認められれば、2021年4月1日(最終運行日:2021年3月31日(水))に廃止予定日を繰り上げることとしています。


その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



苫小牧から太平洋に沿って南下し、襟裳岬の少し手手前となる様似までの146.5kmを結ぶ日高本線(日高線)。
沿線は、太平洋を望みつつ走る一方、サラブレッドの生産牧場が点在している地域を走ることから、車窓からは多くの馬を眺めることができる、風光明媚な路線でありました。

一方、太平洋の沿岸ギリギリを走る区間もあることが災いし、2015年1月以降、高波や豪雨、台風といった自然災害により、線路の土砂流出が相次いで発生し、鵡川〜様似間については、長期間の運休・バス代行が実施されてきました。


一方、当該区間は、民営化当時に比べると、被災直前の平成26年度の輸送密度は約1/3(538人→186人)と、沿線人口や高校通学者の減少等により利用者が減少の一途をたどっていました。

また収支の状況で見ると、営業収入に対し経費が15倍近くを要し、年間11億円の赤字となっていましたが、これに土木構造物老朽対策の費用を加えて、持続的な運営に要する費用としては合計で年間約16.4億円が必要であるとされていました。

元より収支状況が非常に悪い状況である上に、人口減少や高規格道路整備といった利用者の将来的な減少が継続することが見込まれていましたが、それに加え、高波等の被災により100億円規模の復旧・海岸浸食対策費用が必要なことが加わり、これらの費用負担について、地元から合意が得られなかったことから、鉄道による復旧を断念し、バス等への転換の協議申し入れが行われた、というのが、今回の廃止に至るいきさつでありました。
【参考】
日高線(鵡川・様似間)の復旧断念、並びにバス等への転換に向けた沿線自治体との協議開始のお願いについて|JR北海道

今般、沿線自治体から廃止の同意が得られたことから、10月27日(火)に廃止の届出を行いましたが、既に協議が整っていることから、廃止日が繰り上がる公算は高いと思われます。


既に災害により、列車は走れない状況となっていることから、あくまで「手続上」の話ではありますが、日高線の大部分(約8割)が廃止になることが、これで正式に決まったこととなります。




この日高本線については、私自身は一度だけ乗車したことがありました。
当時は、キハ130系という、やや小ぶりの気動車が運用されていましたが、これに乗車して様似まで往復し、襟裳岬を観光してきました。
上記で記したように、どこまでも続く太平洋の眺めのみならず、時折みられた馬の放牧シーンなどが印象的で、確か私が乗車した時も、線路上に馬がいたので緊急停止した覚えがあります。


そんな特徴的な車窓も、復旧されることなく見納めになるのは、辛い気持ちがある一方、沿線人口が減少し、いくら公共交通機関といえども収支の面では持続可能な運営からほど遠い状況であることを考えると、もはや鉄道としての役割は終わらざるを得なかった、といえるかも知れません。


日高線に乗車したときの写真はありませんが、記念購入した入場券をご紹介しておきます。
img393-1
▲静内駅

img393-2
▲様似駅

静内駅は、列車が運休している現在でも引き続き「みどりの窓口」設置駅となっていますが、それも早ければ今年度限りで見納めとなりそうです。
このような入場券も、恐らく過去のものになりそうですが、一度だけでも乗車できて良かったと思いつつ、二度と乗車できないのは辛いのですが、上述の事情では仕方がない、とも感じた次第です。




●関連ニュースサイト:
日高本線「鵡川〜様似」2021年11月廃止へ 同年4月前倒しも視野 JR北海道 | 乗りものニュース
JR北海道、日高本線の不通区間を2021年に廃止 - 鉄道コム



●関連ブログ:
【JR北海道】日高本線(鵡川〜様似間)の鉄道事業廃止届を提出 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DSC_2429


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5009 Wi-Fi○、更新-
和歌山(2149)-和泉鳥取 普通 モハ224-5123 Wi-Fi○、更新-


今日の帰宅は、225系5100番台6連でした。

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5002 Wi-Fi○、更新-
和歌山(1958)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5023 Wi-Fi○、更新-

下記記事でご紹介したように、本日(10月24日)、アドベンチャーワールドへ行くがてら、日置川橋梁でも撮影してみることとしました。
きのくに線・日置川橋梁での撮影記録(2020.10.24・午前の部)223系・105系・287系 : 阪和線の沿線から

午前中は、特に一日1本しかない223系/225系の定期列車を撮影し、その後287系「くろしお」や、105系を撮影してみました。


アドベンチャーワールドで、パンダをはじめとした様々な動物を観察した後、日置川橋梁へ再び舞い戻ってきました。
日置川橋梁では、午後は右岸(紀伊日置側)からの撮影が順光となることから、午前中とは場所を変えての撮影となります。


まずやってきたのは、こちらの列車。
DSC03281-3_R
▲普通紀伊田辺行き2330M
ご覧のとおり、105系の500番台で、103系からの改造車両であることが分かる、面影が残る前面となっています。
通常は105系0番台(3扉車)が銃とされているこの線区で、500番台の代走が見られたのは、本当に偶然でありました。
天気のよい日に、このように貴重な代走のシーンを日置川橋梁で撮影できただけでも、十分満足でありました。

前面をアップしてみます。
DSC03281-4_R
103系からの改造の証である運転台が、よく分かります。

DSC03283-2_R
▲普通新宮行き2333M
105系0番台(3ドア)となっています。

DSC03297-2_R
▲特急「くろしお24号」283系
「オーシャンアロー」こと283系の6両編成ですが、グリーン車が新大阪方に連結されています。

283系には、グリーン車が新宮方面に連結されている6両編成が2本と、増結用としてグリーン車が新大阪方面に連結されている3両編成と、グリーン車の無い3両編成が各1本存在しています。

通常は、6両編成2本で運用し、利用者の多い時は増結用の編成を併結していますが、この6両編成が検査等で運用できない場合、増結用の3両編成を2本連結して、代わりに運用することとしています。
DSC03302-2_R
▲3両編成同士の連結面

そのため、通常は見られない「上り列車の先頭車両がグリーン車」の6両編成が見られるわけですが、283系の特徴でもあるイルカを模した先頭車両を、光線状態の良い、午後の日置川橋梁で撮影できたのは、これも併せて満足が得られる撮影記録でした。


「くろしお24号」283系が通過して、もはやこれだけでももう満足でありますが、時刻表上はしばらく列車はないはずなのに、間髪入れずにこんな列車がやってきました。
DSC03310-2_R
ディーゼル音をなびかせてやってきた、黄色の帯の入った2両編成の車両。
「キヤ141系」という試験車で、線路や架線の検測を行う車両です。
勿論、「キヤ141系」がこの日にここにやってくる情報は事前に知るわけもなく、当日ネット上の目撃情報で初めて知った次第です。

これまで「キヤ141系」とうい車両の存在は知ってはいましたが、実物が走っている姿を見るのは初めてでした。
しかも、それを晴天という好条件の日に撮影できたのは、本当に運が良かった、としか思えない結果でした。




本日の午前・午後で、「223系」だけでなく、「283系逆向きグリーン車」「105系500番台代走」「キヤ141系」といった、注目の車両や編成、運用も撮影できたというのは、運の良さが重なったとしか言いようがありません。

予めこういったネタ列車が来るとは思ってもおらず、アドベンチャーワールドのついでに撮影しただけなのに、これだけ注目のネタが揃うとは、もはや恐縮さえもする次第です。

今後も、機会があれば、きのくに線の他撮影地でも105系や283系も記録できればと思います。
流石にキヤ141系は、運良く遭遇できれば、といったところですが・・・




●関連ブログ:
今日の撮影(10月24日)キヤ141が"きのくに線"を南下 : くろしお99号のblog



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

本日(10月24日)、白浜町のアドベンチャーワールドに行くことになっていたのですが、その前後にきのくに線の列車を撮影してみよう、と思い、早朝から自宅を出発し、日置川橋梁(紀伊日置〜周参見)に向かいました。

下記記事でご紹介したように来年(2021年)春のダイヤ改正で、紀伊田辺〜新宮間に227系が導入されることが発表されています。
【JR西日本】きのくに線・紀伊田辺〜新宮間へ新型車両227系導入・ICOCAエリア拡大を発表(2021年春) : 阪和線の沿線から

これにより、この区間を走る105系・223系/225系が見納めになることが濃厚と考えられます。
特に223系/225系については、朝の1列車(周参見7:17発普通和歌山行き2322M)のみに充当されるという、レアな列車であるだけに、ダイヤ改正までに撮影しておきたいな、と密かに考えていました。

本日、朝5時過ぎに自宅を自家用車で出発し、日置川橋梁を渡る223系の姿を撮影することとします。
DSC02971-2_R
▲223系0番台・2500番台の普通和歌山行き2322M

考えてみれば、223系0番台・2500番台や225系が、定期列車で単線の橋梁を渡るのは、恐らくここだけではないかと思われます。
改正後は、そういった光景が見られなくなることから、早朝から出発した甲斐がありました。


アドベンチャーワールドの開園まで時間があるので、列車本数が少ない中で、可能な限り撮影してみます。

DSC02983-2_R
▲特急「くろしお12号」287系
日によっては「パンダくろしお」が充当される列車ですが、この日は通常の塗装でした。

ズームを引いて、日置川流域の様子も分かるように、俯瞰気味に撮影してみます。
DSC02985-2_R



続いてやってきたのは105系の普通列車。しかし、よく見ると、ドアの枚数が4枚です。
DSC03014-2_R
▲普通新宮行き(2329M)

4ドアの105系(500番台)は、投入当初より和歌山線や桜井線で運用されてきましたが、昨年3月のダイヤ改正で227系置き換えられました。
その後多くは廃車されたようですが、一部編成は残存しているようで、この写真のように、3ドアの105系(0番台)の代わりに運用されているようです。

105系500番台の運転台は、前後で形状が異なっており、新宮方はこのように105系0番台と同じ、改造時に取り付けられたタイプの運転台となっています。
一方、逆向き(紀伊田辺方)の運転台は、改造種車の103系の運転台に扉を付けた独特なスタイルでありますが、こちらの側を日置川橋梁で撮影できれば、これまた望外の喜びでありますが、そうそう上手いこといくのでありましょうか・・・


DSC03019-2_R
▲普通紀伊田辺行き(2324M)

こちらは、この線区に通常運用されている、3ドアの105系(0番台)ですが、この車両も来春で置き換えの予定です。

DSC03026-2_R
こちらも引き気味に、流域の様子がわかるように俯瞰ぽく撮影してみました。


以上で、日置川橋梁での撮影の午前の部は終了となり、アドベンチャーワールドへ向かいます。
アドベンチャーワールドの後、午後も日置川橋梁で撮影しようと企んでいますが、果たしてうまいこといきますでしょうか・・・




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ