阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

鉄道ピクトリアル2024年7月号「【特集】新快速」を読む

鉄道ジャーナル2024年7月号に関して、ちょっとエネルギーを使って書いてしまったこともあり、こちらの雑誌をご紹介するのがすっかり遅くなってしまいましたが、ご紹介しないわけにもいきません。

先月発売された鉄道雑誌のご紹介で、最後となるのは「鉄道ピクトリアル」。
特集は「新快速」でした。

20240615_214929




京阪神は言うに及ばず、姫路・網干といった兵庫県播磨地域や、滋賀県、そして福井県の敦賀にまでの広汎なエリアで走る「新快速」。

今でこそ京阪神は元より、播磨・近江地区にとっても無くてはならない列車種別であり、特に滋賀県内の琵琶湖線のここ数十年の発展は、「新快速」によってもたらされてきた、と言っても決して過言ではないでしょう。

今号では、その「新快速」について、国鉄時代を中心とした歴史を岩成正和氏が、国鉄時代・JR時代を通じた運転の変遷を寺本光照氏が、また国鉄末期からJR初期にかけて「新快速」に投入された、117系の車両解説を平石大貴氏が執筆した、まさに「新快速」の歴史と車両の詰まった一冊といえます。

特に、岩成正和氏の記事では、JR化後の躍進の影に隠れてあまり見向きがされていないよいうに感じる国鉄時代、そして「新快速」の運行開始までの設備の増強や、当時としては画期的な「ブルーライナー」153系・165系の投入、そして117系投入までといった歴史を丹念に記している点では、一読の価値があるものと感じました。
「どうしようもなかったあの頃、気の遠くなるような労使交渉と東京本社とのお役所交渉を黙々とやっていた誰かがいたはずだ。」(本誌P27)等、今の「新快速」の隆盛の礎を築いた名も無き国鉄社員の方々への敬意が感じられる、とても感銘を受けた記事でした。


折しも、大阪〜神戸間の鉄道開業150年ということから、この「新快速」の特集が組まれたのかも知れませんが、今や貴重な113系横須賀色の「新快速」、そして153系・165系「ブルーライナー」による「新快速」といった、貴重な写真も見ものといえる一冊と感じました。


発売から時間が経ってのご紹介となり恐縮ですが、興味あるかたは是非、入手してみてはいかがでしょうか。


【京阪】2200系デビュー60周年を記念してデビュー当初の塗装に復元(2024.7.27〜)

京阪電鉄では、同社の2200系がデビュー60周年を迎えるにあたり、デビュー当時の塗装に復元するなどの記念企画を実施することを発表しました。

2200系デビュー60周年記念企画を実施します 〜1988(昭和63)年当時の車体外観に復元〜|京阪電鉄

概要は以下のとおりです。

【リバイバル塗装編成】
2216--2262編成

【リバイバル内容】
緑の濃淡によるデビュー当時の塗装にするなど、1988年(昭和63年)当時の車体外観に復元

【リバイバル塗装営業運転開始日】
2024年7月28(日)〜

【ミステリーツアー】
・開催日:
2024年7月27日(土)

・定員:
50名(先着順)

・参加費:
1名につき22,000円

・申込方法・期間:
e-kenetマーケットより、2024年6月18日(火)12:30〜事前申し込み
https://www.e-kenetmarket.net/products/detail.php?product_id=30015

・その他:
ヘッドマーク等の持ち込みは不可

【ヘッドマーク掲出】
・2200系全4編成に60周年記念ヘッドマークを掲出

・期間:
2024年7月27日(土)〜8月31日(土)

・デザイン:
2024061516-51-052
(上記発表資料(https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/240613_keihan-railway.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



座席昇降機能を備え、ラッシュ時輸送に活躍した5000系とともに、高度経済成長期の京阪電鉄を支えた車両の一つである2200系。
同社発表資料によると、最盛期は100両が在籍し、急行用車両として活躍してきましたが、後継の13000系の導入が進んできたこともあり、現在は4編成を残すのみとなりました。

1964年(昭和39年)にデビューしたこの2200系が誕生60周年を記念して、今回記念企画が実施されますが、ファン的に注目なのは、やはりリバイバル塗装の復元でありましょうか。

現在の京阪電鉄の塗装に変更されるまで、長らく標準であった濃淡の緑2色によるカラーは、今でも京阪電鉄ファンからは根強い支持を集めていますが、今回60周年を記念してこのかつての塗装が復元されるということで、喜んでいるファンも多いのではないのでしょうか。

発表資料によりますと、「1988年当時の車体外観に復元」とありますので、塗装以外にも手が加えられるところがあるのか、注目であります。


そしてこの2200系リバイバル塗装編成ですが、お披露目は同編成を使用したミステリーツアーとなります。
参加費22,000円は、勿論「2200系」をもじったものでありましょう。
若干お値段が張るかも知れませんが、どこに連れて行かれるか楽しみなミステリーツアーで、かつ、ミニ撮影会つき、ということですから、人気を集めるかも知れませんね。


リバイバル塗装編成の営業運転は、上記ミステリーツアー翌日の7月28日(日)からだそうなので、機械があれば、是非この復元された姿をみてみたいな、と思います。

P8073077_R
▲京阪電鉄2200系旧塗装(2009年撮影)
つい15年ほど前までは、当たり前のように走っていた旧塗装の2200系。
その後の塗装変更や車両増備により、すっかり思い出となりつつある光景でしたが、今回同系式の60周年を記念して復元されることとなりました。


【JR西日本】すさみ町ふるさと納税返礼品として「周参見駅1日駅長体験」を出品。寄付金額は50万円。

JR西日本と和歌山県すさみ町では、すさみ町のふるさと納税返礼品として、1泊2日の「周参見駅1日駅長体験」を出品したことを発表しました。

JR西日本グループがすさみ町ふるさと納税返礼品 リアルで!レアな!!「周参見駅1日駅長体験」を出品します! :JR西日本

概要は以下のとおりです。

【返礼品概要】
・出発日:
2024年9月28日(土)、2024年12月7日(土)、2025年2月1日(土)の計3回
・体験日時:
各出発日翌日の9時〜16時
・体験場所:
すさみ町内の駅(周参見、見老津、江住)及びすさみ町内を走行する列車内
・定員:
各日1名限定(16歳以上)
・寄付金額:500,000円

【おすすめポイント】
自動起床装置で起床
・リアルな駅長の制服・制帽・名札を着用し、点呼や地元への就任挨拶を体験
・レアな列車の出発合図や車内放送を体験
・リアルな駅長や駅員と一緒に町内の駅を巡回
・歴代の周参見駅1日駅長一覧表に氏名掲出
・記念品(1日駅長認定証・卓上氏名プレート)プレゼント

【寄付方法】
下記「楽天ふるさと納税」サイトで受け付け
【楽天市場】【ふるさと納税】すさみ町周参見駅1日駅長体験ツアー:和歌山県すさみ町


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



今や全国各地の地方自治体が有力な資金調達手段として活用している「ふるさと納税」。
このブログでも、鉄道関係のふるさと納税返礼品についてご紹介したことがありますが、今回の返礼品は「駅長体験」であります。

場所は、和歌山県のすさみ町。
すさみ町内には3つの駅(周参見、見老津、江住)がありますが、これらの駅の駅長として、各駅を巡回するとともに、町内を走行する列車で車内放送を行うこと体験ができます。

「体験」はこれだけでなく、本物の社員と同様、「自動起床装置」での起床や点呼など、まさに「鉄道員」そのものを体験できる仕掛けが盛り沢山となっています。

寄付金額は50万円ということで、ふるさと納税関係のWebサイトで調べたところ、概ね2,000万円程度の給与所得がないと寄付額全額(自己負担となる2,000円を除く)が控除されないことから、ハードルはかなり高めですが、十分な所得がある方は、是非こういった返礼品を利用して、簡単にはできない駅長体験を楽しんでみてはいかがでしょうか。

mirodu_R
▲すさみ町の1日駅長体験で巡回することが予定されている見老津(みろづ)駅。
海に近い駅として抜群のロケーションを楽しむことができる駅でもあります。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【南海】「はじまりのめでたいでんしゃ」2000系の内外装デザイン発表。名称は7月13日の運行開始日に発表

南海電鉄では、加太線の観光列車「めでたいでんしゃ」に、5編成目となる「はじまりのめでたいでんしゃ」を、来る7月13日(土)に導入することを発表しています。
(参考)


この度、この「はじまりのめでたいでんしゃ」の内外装デザインの詳細等が発表されました。

〜めでたいでんしゃ5編成目〜“はじまりの「めでたいでんしゃ」”の全貌を発表! | 南海電鉄

概要は以下のとおりです。

【デザイン概要】
・外装:
加太の鯛を想起させる、うろこ柄を配した車体デザイン
・内装:
和歌山市駅寄りの車両・・・和歌山県内で発見された新種「ワカヤマソウリュウ」などが描かれた「太古の記憶」
加太駅寄りの車両・・・加太の未来への想いを形にした「未来への想いとSDGs」

【デザインイメージ】
2024061421-51-101
(上記発表資料(https://www.nankai.co.jp/lib/company/news/pdf/240613_1.pdf)より引用)

【運行開始日時】
2024年7月13日(土) 和歌山市発9:55

【運行区間】
和歌山市〜加太間(※和歌山港線を運行する場合あり)

【名称】
7月13日(土)開催の運行開始セレモニーで発表


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



既に上記のブログ過去記事でご紹介したように、5本目となる「めでたいでんしゃ」は、これまでの7100系から、2000系が充当されることとなり、これだけでもファンの注目を集めています。

今回、その続報として車内外のデザインが発表されました。
今回の注目は内装で、和歌山市側は「太古の記憶」、そして加太側は「未来への想いとSDGs」と、互いに正反対のテーマとなっているのが面白くも感じたりしました。

そして、気になる名称については、7月13日(土)の運行開始セレモニーで発表されるとのことです。
この「運行開始セレモニー」についても、下記のとおり発表されています。
“はじまりの「めでたいでんしゃ」” 試乗会&運行開始セレモニーを開催! ― 出発式では新・めでたいでんしゃのお名前発表 ― | 南海電鉄

「はじまりのめでたいでんしゃ」一番列車は、9:55発の加太行きですが、その前の出発式で名称が発表されるとのことです。
どんな名前になるのか楽しみですし、地元にほど近い列車の運行開始ですので、運行開始当日に早速見にいくことができればいいな、と思っていますので、可能であれば当日のレポートをこのブログでご紹介できればと思っています。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)

和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5140
和歌山(2043)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5126

【JR東海・JR西日本】「ドクターイエロー」引退を発表。今後は営業列車による検測に代替へ

JR東海とJR西日本では、新幹線の電気設備及び軌道設備の定期的な検測について、「ドクターイエロー」と称される「新幹線電気軌道総合試験車」を使用して実施してきましたが、同車両の老朽化により、下記のスケジュールにより検測走行を終了し、引退することが発表されました。

ドクターイエロー(T4編成)の引退について|JR東海
山陽新幹線における今後の設備検測について 〜2027年以降を目途にドクターイエローによる検測を終了します〜 :JR西日本

概要は以下のとおりです。

【JR東海保有車両(T4編成)】
・検測走行終了時期:
2025年1月
・引退イベント・企画商品(予定)
車両基地での撮影会、体験乗車イベント、車体掃除イベント、記念グッズ発売

【JR西日本保有車両(T5編成)】
・検測走行終了時期:
2027年以降

【今後の検査方法】
2027年からN700Sに導入される営業車検測機能により代替予定


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



東海道・山陽新幹線では、開業当初より運行の安全を担う電気・軌道の検測について、専用の車両が使用されてきました。
このうち、営業用車両を基本とし、車内に計測機器を搭載し、外装は他の新幹線と異なる黄色に青帯の検測車両は、「ドクターイエロー」と称され、鉄道ファンだけでなく、一般にも広く知れ渡る車両となっています。

検測車両であるが故に、ダイヤは勿論非公開となっていますが、10日に一度の頻度で検測を行っていることから、新幹線を利用する際に駅で見かけた方も少なからずおられるかも知れません。

この「ドクターイエロー」、現在は700系をベースとした「923形」が2編成在籍していますが、運用開始から既に20年程度が経過し、老朽化が進んでいることから、今回引退が発表されました。

2001年に導入されたJR東海保有のT4編成が一足先に来年1月に引退し、その後2007年移以降にJR西日本保有のT5編成(2005年導入)が引退し、「ドクターイエロー」が東海道・山陽新幹線から姿を消すこととなります。


「ドクターイエロー」引退後の検測は、営業用車両に導入される検測機能を用いることで、引き続き安全な運行を担保する検査は行われますが、ともあれ人気の高い「ドクターイエロー」の引退は、多くの人々に衝撃を与えたビッグニュースだったかと思います。



かくいう私も、これまで二度、この「ドクターイエロー」を見たことがありました。
以下、その際の画像をご紹介します。

DSC02612-2_R

DSC02615-3_R
2020年9月に京都鉄道博物館の屋上から撮影した「ドクターイエロー」。
(参考)



CIMG7244_R
CIMG7245_R
▲新大阪駅で遭遇した「ドクターイエロー」(2015年9月)

いずれの写真も、狙って撮影したわけではなく、偶然撮影できたものでしたが、今となっては貴重な記録であります。
今回引退が発表されたからと言って、ネット上の検索を駆使して「ドクターイエロー」のダイヤを追いかけて撮影するようなことはしませんが、残り少ない「ドクターイエロー」の運行期間の間、再び偶然遭遇できれば、しっかり記録しておきたいな、と思います。



【関連ブログ】
Msykの業務(鉄道)日誌:ドクターイエローは引退へ



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)

20240613_201207

和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5106 約3分遅れ
和歌山(2016)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5002

今日も帰りに、和歌山バスの新型車両を見かけました。
大型バスで定員も多く、多くの乗客を快適に運ぶ車両です。
和歌山市内でも、まだ見かけるとラッキーな感じですが、これからも増えるといいですね。

【大井川鐵道】新社長に鳥塚亮氏(えちごトキめき鉄道社長)内定の報道

静岡県を走る大井川鐵道が、次期社長として現在えちごトキめき鉄道(新潟県)の社長を務める鳥塚亮氏を内定したことが、本日各メディアで報じられました。

大井川鉄道、鳥塚亮氏が社長に 現えちごトキめき鉄道社長 - 日本経済新聞
【発表】大井川鉄道の新社長に鳥塚亮氏…いすみ鉄道などローカル鉄道の改革を手掛ける実績。|日テレNEWS NNN
【発表】大井川鉄道の新社長に鳥塚亮氏…いすみ鉄道などローカル鉄道の改革を手掛ける実績。(Daiichi-TV(静岡第一テレビ)) - Yahoo!ニュース

鳥塚氏は航空会社などの勤務を経て、2009年に千葉県の「いすみ鉄道」が公募した社長に就任し、キハ52形などの気動車を譲受し、なつかしい鉄道風景を再現するなどして、鉄道ファンは勿論、それ以外の観光客の誘致を実現させるなどの実績を残しました。

2019年には新潟県の「えちごトキめき鉄道」の社長に就任し、JR西日本から譲受した413系・455系を懐かしい国鉄急行色に塗り替えた「観光急行」として走らせ、こちらもまたファンの人気を集めています。


その鳥塚氏が、3社目の鉄道会社の社長として就任するのが、大井川鐵道となります。
この大井川鐵道は、かつてからSL運転で有名で、近年では「きかんしゃトーマス」とのコラボ列車を毎年走らせており、家族連れを中心に人気を集めています。

一方で、2022年9月に発生した台風15号による被害で、現在でも大井川本線の川根温泉笹間渡〜金屋間が運休となっており、再開の見込みが立っていません。

私も昨年9月にこの大井川鐵道を訪問し、特に運休が続く大井川本線の様子は下記ブログ記事でもご紹介したところです。
(参考)


大井川本線・井川線いずれも沿線人口が希薄で、観光利用が主体となる大井川鐵道ですが、更に主力の大井川本線では半分ちかくの区間が災害による運休が続き、その復旧工事についても、その見通しが立っていない状況となっています。
(参考)


鉄道としての復旧を行うためには、沿線自治体等から費用面の支援が欠かせないわけですが、沿線住民の利用者は僅少。その一方で大井川鐵道が走ることによる観光客による経済効果は大きいものがあるだけに、復旧のための財政支援の方向性を得るのにも容易ではないことが考えられます。

そんな中で、これまで地方鉄道の活性化を手がけてきた鳥塚氏が社長に就任することで、全線復旧の道筋が見えてくるのか、あるいはまた別の方向性となるのか。
これまで色々なアイデアを実現させて注目されてきた人だけに、過去の2社とは比べものにならない苦境に立たされている大井川鐵道で、どのような方策を打ち出してくるのか、注目したいと思います。

DSC00739
▲大井川鐵道・大井川本線金谷駅に停車中の21000系ズームカー。
同社には、南海、近鉄、十和田観光鉄道(元・東急)から譲受した車両が現役で運行されており、こういった古い車両を活かした企画も考えられそうです。

DSC00669_R
▲井川駅に停車中の井川線の列車。
千頭から先を走る井川線は、大井川の上流に向けて、急峻な地形を急カーブや勾配でクリアしていく、まさに秘境といえる路線であります。
これまで鳥塚氏が就任した両社にはなかった秘境を走る路線なだけに、こういった沿線の資産をどう活かしていくのか、というのも注目でありましょう。

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5135
和歌山(1913)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ225-5023

今日の乗車記録(通勤)


20240611_202329



和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5111
和歌山(2029)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5010

今年です和歌山駅が開業して100周年とのことです。
みどりの窓口にも、このようなスタンド?が飾られていました。
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ