阪和線の沿線から

阪和線沿線に住まう管理人による、鉄道やバスなどのブログ。

近鉄・奈良交通他PiTaPa導入へ

今年春には近鉄でもPiTaPaを利用出来る予定になっていましたが、それ以降の発表がなかなか無かったので、忘れそうになっていたところ、本日発表がありました。

PiTaPa交通ご利用エリアを4月1日に拡大します!(スルッとKANSAIプレスリリース)
平成19年4月1日から、近鉄主要路線でIC カードの利用が可能になります(近畿日本鉄道プレスリリース)
PiTaPa(スルッとKANSAI IC決済サービス)の利用開始について 〜平成19年4月1日(日)より〜(奈良交通プレスリリース)

まず特筆すべき点は、近鉄の導入エリアの広さとPiTaPa決済運賃割引でしょうか。

まず近鉄の導入エリアは、近鉄線のうち、伊賀線・養老線・内部線・八王子線・鋼索線を除く全線で利用可能となっています。(ただし志摩線については特急停車駅と中之郷駅のみで対応)
上記プレスリリース内の利用可能路線図をみれば分かるとおり、東は名古屋、南は鳥羽から京都・吉野・奈良・大阪に至る広範囲で利用出来るようになっています。
大阪線・名古屋線等の本線系統だけでなく、湯の山線・鈴鹿線、はたまた奈良県内で磁気カード系が利用出来なかった田原本線でも利用出来るようになっているのには、ただ感動の一言です。

すなわち、JRグループよりも先に名阪間のICカード利用が可能になったわけです。
勿論、PiTaPa利用可能ということは即ちICOCAでも利用可能(運賃割引は適用されませんが)というわけです。

もう一つの注目点は、PiTaPa決済での運賃割引の内容です。

恒常的に実施する運賃割引は、利用額割引(利用額に応じて割引額が生じる)のパターンですが、期間限定(平成19年4月中)ではありますが、近鉄難波〜鶴橋・名古屋〜伊勢市以南のICカード利用可能駅間をPiTaPaで利用すると、普通運賃が何と50%割引、という何とも太っ腹な割引です。

ここのところ伊勢志摩の観光輸送に再び力を入れ始めた近鉄にとっては、この機会にPiTaPaで伊勢志摩に来てもらった上で、近鉄でもPiTaPaが使える事を利用者に体感してもらうための目的を持った割引施策でしょうが、ゴールデンウィークにも重なる事から、連休の予定に近鉄で伊勢志摩へいかれる際には是非検討してみてはいかがでしょうか。

まあ何というか、これまでのPiTaPa導入の社局にはないくらいの、お腹いっぱいの内容ですが、それに加えて、奈良県内の近鉄沿線を中心に路線網を張り巡らせている奈良交通とグループ会社のエヌシーバスでも4月1日からPiTaPaが使えるようになります。

奈良交通で特筆すべき点は、すでに奈良交通独自のICカード「CI-CA」(シーカ)が全路線で利用出来ることにより、今回のPiTaPaもこれに則り全路線(関空発着リムジンや夜行バス等一部は除く)で利用できること。

「全路線」というわけですから、大台ヶ原や、十津川へ向かう路線や、はたまた大和八木発十津川経由新宮行き特急バス(全所要時間が6時間程度かかると思います)でも普通に利用が出来るようになると言うわけです。

PiTaPa・ICOCAの使えるエリアがとてつもなく拡大した事に「呆然」と「感動」という感想を感じてしまった、今回のプレス発表でした。

ドラマ「華麗なる一族」に出てきた新幹線0系

TBS系列のドラマ「華麗なる一族」が人気だそうです。
私はもともとドラマは見ない人なんですが、山崎豊子原作の著書を読んだ関係上、とりあえずビデオにとって流しでみてみました。
さて、21日放送分の第2話で、キムタク演ずる万俵鉄平が新幹線で帰神するシーンがありましたが、この車内のシーンで使用されている座席が、何と新幹線開業時の転換クロスシート使用でした。どんなシートかというのはWikipediaの当該事項をご覧下さい。

新幹線0系電車(Wikipedia)

ドラマの時代設定が昭和40年代ということで、時代設定に違わず車内の設備も再現した、ということですが、果たして転換クロスシートの0系車両は現存しているのかな?とおもって、最後のクレジットをみていると、
「撮影協力 ・・・・ 交通科学博物館 JR西日本ロケーションサービス ・・・・」
という文字を発見しました。

そう、この撮影は、交通科学博物館(大阪市港区、JR環状線弁天町駅下車)に保存展示されている新幹線0系の初期型車両を使用して撮影されているわけです。
(JR西日本ロケーションサービスが入っているのは、交通科学博物館の所有がJR西日本である関係だと思われます)

現在の車両ではリクライニングが当然の座席なわけですが、敢えて交通科学博物館まで出向いて昭和40年代の展示車両を使用して撮影したあたりに、このドラマの本気度を垣間見ることが出来ました。

ちなみに、万俵鉄平は阪神特殊鋼の専務なのに、何で一等車でなく二等車での出張なん?という突っ込みはなしということで。
(実際展示車両には一等車もあるみたいなので、撮影できないことはないのでしょうけど・・・)

このような、ドラマであっても時代や状況を忠実に再現した車両等を使用して撮影した作品はきっと良い出来だ、と単純に判断するのは私が鉄道ファンであるが故でしょうか・・・

イオンSuicaカード誕生

とある雑誌のクレジットカード特集を読む機会がありました。Suicaと提携しているクレジットカードが結構多い事に驚かされましたが、そんな提携クレジットカードがまた一つ増える事になりました。

「イオンSuicaカード」の募集・発行を開始(JR東日本プレスリリース)

ほんでもって、関東地区のイオングループの店舗でSuicaが利用出来るようになるとのことです。

イオンの店舗で「Suica」とケータイクレジット「iD」の取り扱いを開始(JR東日本プレスリリース)

ここで導入されるのは、複数の電子決済に対応するカードリーダーということで、これまで複数の企画が乱立している電子決済も、こういう端末が増えて利用できる場所が増えればいいなと思います。

Suicaの他業種との連携は、鉄道系電子決済の中では突出していますが、他の陣営も地域性も生かしつつ、利用出来る店舗を増やしていって欲しいと思います。
PiTaPa陣営は、実は地味に店舗が増えては来ているようですが、利用頻度の面ではまだまだですし、ICOCAに至ってはまだJR駅ナカにとどまっている状態ですので、本業の鉄道事業の収益に寄与することもありますので、こちらの展開も頑張って欲しいなと思います。

阿蘇のSL、肥薩線で復活へ

台車のゆがみや車両の老朽化により一昨年の8月で運行を休止した「SLあそBOY」ですが、何と肥薩線で復活する事が発表されました。

SLの復活について(JR九州プレスリリース)

上記プレスリリースによると、台車の新製・ボイラーの修復をした上で、平成21年夏の運行再開を目指すというもの。
また、運行路線は熊本〜人吉の鹿児島・肥薩線を予定しているというもの。
以前「あそBOY」が走っていた豊肥本線には、既に観光列車「あそ1962」が走っている事から、現在熊本地区で観光列車が走っておらず、SLの運行実績もある肥薩線が候補に挙がったものと思われます。

このSLが運行開始することでこの記事の内容も併せて、熊本〜(SL列車)〜人吉〜(いさぶろう・しんぺい)〜吉松〜(はやとの風)〜鹿児島中央〜(観光特急)〜指宿という何ともすばらしい鉄道観光ルートが完成することになりそうです。

九州新幹線全面開業により、関西・中国地方からの観光客の入れ込みが増えると思われますが、このようにJR九州の観光列車が充実する事で、この地域の観光地としての魅力が大いに増すのは良い事だと思います。

SLの復活には、まだまだ困難がつきまとうと思いますが、JR九州の皆様には頑張って欲しいと思います。

今日の乗車記録その2

続いて、近鉄けいはんな線に乗車します。
少しはメリハリのあるルート、ということで、高の原駅から奈良交通バスに乗車しました。
高の原駅からのバス系統を全く理解していないため、すぐ来た学研奈良登美ヶ丘経由のバスに乗車しますが、案外時間がかかり、学研奈良登美ヶ丘駅に着いたときはかなり日が暮れていました。

とはいえけいはんな線はほとんどがトンネルのため、さして悔しい気持ちはなく、あっけなく生駒まで乗車してけいはんな線全線完乗。
引き続き第三軌条でありながら、結構なスピードで飛ばす、けいはんな線で大阪市内に向かい、本日の乗りつぶしの整理を終わります。

これで近畿二府四県で未乗なのは、大阪モノレール彩都線(全線)・京都市営地下鉄東西線(醍醐〜六地蔵)・近鉄吉野線(吉野口〜吉野)を残すのみとなりました。
このうち、大阪モノレールと京都市営地下鉄は、延伸の予定があるので、延伸区間もまとめて乗りつぶすこととし、残る近鉄吉野線も、早いうちに行ければいいなと考えています。

出町柳(1617)〜丹波橋 特急 8752
丹波橋(1640)〜高の原 急行 5604
高の原〜学研奈良登美ヶ丘 奈良交通
学研奈良登美ヶ丘(1741)〜森之宮 7503
森之宮〜天王寺 クハ200-64
天王寺(1852)〜熊取 快速 モハ223-5
熊取(1931)〜和泉鳥取 普通 クハ103-220

今日の乗車記録その1

071418b4.jpgふと思い立って、京阪神で未乗の路線乗りつぶしを整理しようと思い、昼から出かけます。

整理するのは、叡山電鉄叡山本線の一部・近鉄けいはんな線の2路線です。

まずは叡山電鉄に乗車するために出町柳まで移動。京阪特急のダブルデッカー車に乗車。いつの間にか特急が樟葉にも止まるようになっていました。かなり停車駅増えているけど、2扉で捌けるのかが不安に思わざるを得ない点です。

出町柳から叡山電鉄に乗りますが、丁度鞍馬行きに「きらら」がきたので、分岐駅の宝ヶ池までこれに乗車。

叡山電鉄はワンマン運転で、スルッとKANSAIのカードはバスと同じように運賃箱のカードリーダーに通します。宝ヶ池で乗り換えての時に一回運賃は引かれますが、八瀬比叡山口で下車の際に通しても、運賃は通しで計算してくれていました。

和泉鳥取(1318)〜和泉砂川 普通 クハ204-1002
和泉砂川(1327)〜天王寺 快速 クハ221-12
天王寺(1410)〜京橋 普通 サハ103-485
京橋(1436)〜出町柳 特急 3805
出町柳(1530)〜宝ヶ池 901
宝ヶ池(1546)〜八瀬比叡山口 731
八瀬比叡山口(1558)〜出町柳 731

指宿枕崎線に特急?

鹿児島の地方新聞である南日本新聞の社説に、こんな記事が載っていました。

[指宿観光特急] 新幹線利用客を上手に受け入れたい(南日本新聞Webページ)

九州新幹線全面開業時までに指宿枕崎線に特急を走らせるという構想については、JR九州側からのプレスリリースは特に出されていないのですが、JR九州の社長が表明している事が記事にも書いている事から、検討している事はある程度の信憑性はあるのではないかという前提で考えてみます。

平成16年の九州新幹線部分開業時より、鹿児島中央〜指宿・山川間で指定席を連結した特別快速「なのはなDX」が運行されています。
観光客向けに指定席を設置しており、車両的には沿線住民の利用とは棲み分け出来ているとはいえ、列車によっては停車駅も多い事から、観光目的での利用のニーズに必ずしもマッチしているかというと、そうでもないようで、今回の特急構想もそういうところの満足度を高めようという考えだと思われます。

非電化路線である事から、現在走っている「はやとの風」のような観光色豊かな車両が走り出せばいいな、なんて勝手に想像しています。
勝手な想像、といえば、指宿から先、本土最南端の西大山を経由して枕崎まで向かう列車が繁忙期だけでも設定されれば、さらに魅力が増すとも考えられます。

何にしても、九州新幹線全面開業までの楽しみがまた一つ増えたという事で、期待して待っていたいと思います。

東京メトロ、「13号線」は「副都心線」に

東京メトロ13号線の路線名称が『副都心線』に決定!!(東京メトロプレスリリース)

来年6月の完成のあかつきには山手線・埼京線のバイパス線として機能する東京メトロ13号線ですが、「副都心線」という名称に正式決定しました。
5年ほど前まで東京に住んでいたときも既に工事は始まっていたと記憶していますが、もうじきに開業すると思うと、時間の流れが早い事を感じずにはいられません。

開業後は東武東上線・西武有楽町線と直通乗り入れするだけでなく、平成24年度には東急東横線とも乗り入れをするとの事で、地図でみると逆くの字型の運転系統が誕生することになりそうです。

大阪市営地下鉄は、ほとんど直通乗り入れを行っていない関係上、運転系統はきわめてシンプルですが、東京の地下鉄(東京メトロ・都営地下鉄)は直通乗り入れを行っている路線も多く、しかも地下鉄区間の両方で行っていたりして、日頃大阪市営地下鉄のシンプルな路線図を見慣れている私にとってはかなりややこしく感じるのは事実です。

とはいえ、「ややこしい」だけでは解決出来ないくらいに東京の鉄道の混雑は酷いと考える事もできますね・・・

LRT模擬試験in京都

以前このブログでも紹介させて頂きましたが、昨日京都市内でLRTの交通社会実験が実施されました。

京都で路面電車導入へ実験、“市電”役すいすい(読売新聞Webページ)
LRT交通社会実験のお知らせ(京都市役所Webページ)

実施された様子等は新聞記事にも記載されていますが、4車線の道路のうち2車線から一般車両を閉め出し、そこにLRT代わりのバスを走らせてみるというもの。
一時的な実験という事もあり、道路は結構渋滞していたようです。

京都市のスタンスとしては、こういう実験を進めつつ、LRT導入を検討していこうという考え方だと思います。

上記新聞記事には渋滞が酷くなるといった根強い反対論もあります。LRT導入のためには、自動車からLRTへの移行がどれくらい進めることが出来るのかといった京都市の青写真も必要でしょう。
また、車よりも交通弱者が利用するLRTを優先させるためには、車が多少の不便を被るのは仕方がないといった割り切りをコンセンサスとして市民から得られることができるのか?といったように、今後の京都市と市民の議論をみていきたいと思います。

ボーイング737−800

今日何気なくラジオを聞いていたら、関空でJALの最新ジェット機、ボーイング737−800型機が飛行訓練をしているようなニュースを流していました。
訓練後、就航開始となるようですが、関空からの就航都市はホーチミンやら大連やら国際線がメインのようになっていました。

気になったので、どんな737なのか、JALのホームページの737−800型機の箇所をみて確認してみました。

大きな特徴としては、主翼の端に、垂直方向に付いてある小さな翼(ウイングレット)が結構大きく、多分屋根よりも高いウイングレットではないかと思います。

航続距離からみて、近距離の国際線も十分カバー出来るようですが、それにしても、737型が国際線に就航するとは、国内近距離路線用という昔のイメージのままで考えていると追いつけないくらい、航空業界は変貌しているねんなあと感じたニュースでした。

ちなみに737−800について記述のあるニュースはこちら。
JAL 国際線再編 年70億円増益 国内線にファーストクラス(Yahoo!ニュース)
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ