阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

日大サッカー部員、京王線をキセル乗車

日大サッカー部員、集団で京王線を不正乗車(Sankei Web)

キセル乗車の内容というのは、都内の学部キャンパスから京王相模原線の若葉台駅にあるサッカー部練習場へ通うのに、本来は発行出来ない通学定期を、若葉台近くに住む他人の名義で発行して利用していたというもの。

通学定期は、通勤定期に比べて割引率が高いのですが、それだけに発行区間が限定されており、どの鉄道事業者でも、基本的には自宅〜学校間のみでの発行が可能で、それを越える区間については発行ができません。
ですので、塾や専門学校に通う場合だけでなく、クラブの練習等であっても、自宅〜学校の区間外であれば通学定期の発行は出来ません。普通乗車券や、回数が増えれば回数券や通勤定期を利用するしかありません。

現に私も高校時代、泉ヶ丘(自宅)〜堺東(高校)の通学定期を利用し、なんばの予備校へ通う際には回数券を購入して通っていました。
夏休み等、毎日通う場合は通勤定期を購入していましたので、通勤定期を購入したのは、私の場合、実は高校の時が始めてだったりします。

今回の大学生達は、こともあろうか練習場近くの他人名義を利用して通学定期を手に入れて利用していたというわけです。しかもサッカー部組織ぐるみでの犯罪(キセル乗車は犯罪です)に手を染めていたというので、京王もカンカンに怒っているようで、詳細な調査を大学側に要請しているとの事。
上記の新聞記事では京王に対して回答はまだ行っていないような内容ですが、私がNHKニュースで見たときは、一度回答したが、調査が不十分だと京王が突き返したような言い方をしていました。(ネット上のソースは探しきれませんでした・・・)

ところで、通学定期を発行できる教育機関というのは鉄道事業者が指定するような仕組みになっていたと思いますが、この指定というのは、キセルがあまりにも酷いので指定を取り消すことが出来るもんなんでしょうか?
日大の場合は学生数も多いと思うので、簡単にはできないとも考えられますが、高校レベルなら大いに考えられそうなケースの気もします・・・

ともかく、「キセル乗車は犯罪」です。正しく運賃を払って乗車している乗客が馬鹿を見る事がないような厳しい処分を、京王電鉄には期待したいと思います。

イオン、ダイエー支援

経営再建中のダイエーですが、ジャスコなどを運営するイオンを再建の提携先として筆頭株主の丸紅が選定しました。

株式会社ダイエーとイオン株式会社の資本・業務提携について(丸紅プレスリリース)

今回の提携の提案がうまい事すすみ、実際イオンが再建に乗り出すと、イオングループ(ジャスコ含む)が他の小売企業を支援するのは、ヤオハン・マイカルに続いて3件目となると思われます。すでにヤオハン・マイカルで実績のあるイオンならダイエーも再生出来るのでは?とも考えられたとも思われます。

実はイオングループは全般的に郊外の出店が多く、大阪・東京の都心部の店舗はさほど多くありません。逆にダイエーは、大規模な閉店リストラの結果、関西・関東・九州に店舗を集中させ、またそれらの店舗も特に都心部に多く存在しています。
都心回帰の流れや、今後郊外の大規模ショッピングセンターの開発が規制されていく事から、都心部での基盤が必要なイオンにとっては、現在ダイエーの有している店舗には魅力を感じるのかも知れません。

資本・業務提携の検討は来年3月を目処にしているとのことです。うまい事まとまれば、先にも書いたとおり、とんでもない企業集団の誕生、となってしまいますが、どうなりますことやら・・・

NHK時計を設置してみました

そういえば、NHKのテレビでこんな時計が映し出されているのを見た記憶があるのですが、これが何とブログパーツとして再現されたとのことです。

NHKオンライン ラボブログ ブログツール「NHK時計」

当ブログでも、ものの試しにこの時計を設置してみました。どこかで見た事のある、懐かしい気分になる方も多いのではないのでしょうか?

ブログパーツの取得は、上記のリンクからたどる事が出来ますので、興味のある方はお試し下さい。

ところで受信料ですが、勿論払っていますよ。当然です。法律で決まっていますからね。しかもクレジット払いです。
クレジット払いでちゃっかりマイル加算しておりますので、まだの方は早く手続きされた方が良いかと思います。

いよいよ東京モノレールで・・・

・・・快速が普通を追い抜くシーンが遠くないうちに実現する見込みのようです。

<羽田アクセス>鉄道2社の競争が過熱 貴重なドル箱路線で(Yahoo!ニュース)

記事の趣旨は、国際線の定期便が就航する事で増加する羽田空港への利用客を京急・東京モノレール双方が取り込もうとあれこれ整備をしている状況を紹介しているものです。

その中で、東京モノレールの施策として紹介されているのが、昭和島駅に待避線を設ける事で快速が普通を追い抜けるようにして、快速を増発するというものです。

2月に東京モノレールで羽田空港へ向かった際、たまたま快速に乗り合わせたのですが、途中の停車駅が、羽田空港までの間に天王洲アイルのみ、ということもさることながら、先行の普通につかえる等での減速などが特になくスムーズに走り続けたなあ、記憶があります。
一方、現在のダイヤで更に快速を増やすとなれば、どこかで普通を追い越す必要があるなあ、とも感じましたが、それが案外早い時期に実現するとは、全く予想外でした。

国内のモノレールで追い越しダイヤが組まれている路線は現在存在せず(快速系統が存在するのも東京モノレールのみでしょうか?)仮に実現すれば、国内初は勿論、海外で見てもあまり例のないダイヤになるのではないのでしょうか?

追い越し駅となる昭和島駅がどのような構造になるのか?も含めて、記事の中で触れられている来年春に、東京モノレールダイヤ改正がどのような形になるのか、楽しみにしたいと思います。

QUICPay初利用

昨日、おサイフケータイ(W32H)に登録してある電子決済のうち、今まで使ってなかったQUICPayを始めて利用してみました。
(場所は家電のコジマ)

店員さんに「QUICPayでお願いします」と伝えると、あれこれ端末を操作して、戸惑いながらも、ようやくQUICPay用のカードリーダが出てきました。
かなりのでかさにびっくりしましたが、携帯をかざして決済終了。
打ち出されたレシートを見ると、伝票番号が0011番となっていたので、今までに10名のお客さんがQUICPayで決済したもようです。

昨日はSuica、Edy、そしてこのQUICPayと、同じ携帯で3種類の電子決済を使いました。関西ではSuicaはあくまでもJR乗車用と割り切ると、Edyとあと、iDの電子決済端末をよく目にします。

auのおサイフケータイで、QUICPayが標準インストールになったようですが、まずは利用出来る店を増やさない事には、どうにもならないような気もします。

QUICPayのテレビCMは最近よく見かけるのですけどね・・・

今日の乗車記録

和泉鳥取(0932)〜日根野 普通 クハ103−137
日根野(0952)〜関西空港 関空快速
関西空港(1030)〜日根野 関空快速 クモハ223−5
日根野(1053)〜和泉鳥取 普通 モハ204−104

MNP前最後のTCA

9月末時点での携帯電話加入者数が発表となりました。

事業者別契約数(平成18年9月末現在)(TCAホームページ)
今回も、ドコモ・auの「二強」とボーダフォンの「一弱」という構図は変わっていませんでした。

ご存知の通り、10月24日よりMNP(携帯番号ポータビリティ)がスタートします。世間では「結局はあまり利用する人はいないだけでは?」という評判もありますが、キャリア各社が仮予約キャンペーンを行っていたり、販売店側でもMNP仮予約キャンペーン等で商品券をおまけしたり等をおこなっており、これらのキャンペーンを利用すれば、MNP利用にかかる手数料が実質ただになることになりますので、番号が変わるので携帯会社を変更するのを嫌がっていた人々が、一気に利用する可能性もなきにしもあらず、といったところでしょうか。

そうすると、10月以降の携帯電話加入者数の増減が一気に様変わりする可能性があるわけです。今回までの発表と、来月以降の発表を比べることで、MNPの影響も分かるというものです。果たしてどうなりますことやら・・・

ところで、現在MNPを盛んに宣伝しているのはau。auの仲間由紀恵のCMで、「そういやMNPってありますなあ」と気がついた人もいるのでは?と思うくらいの力にれようですが、それが加入者数に反映されるのか、そうでないのか?というのも気にしておきたいと思います。

わかやま電鉄貴志川線ダイヤ改正

今年の4月より、南海電鉄より引き継いで運行しているわかやま電鉄貴志川線が、10月21日にダイヤ改正を行うとのことです。

和歌山電鉄貴志川線10月21日ダイヤ改正実施(両備グループプレスリリース)

改正の主な内容は次の通り。
●平日の夕方時間帯、休日の朝及び夕方時間帯に増発を実施。
●最終列車の時刻繰り下げ、及び運転区間延長(伊太祁曽行きから貴志行きに変更)
●要望の多かったJR阪和線との接続改善。そのため、全列車にわたるダイヤの改正となる。

増発される列車は、本数の増減表から判断するに、和歌山〜伊太祁曽の区間列車であると推測されます。もともと朝夕ラッシュ時にも伊太祁曽止まりの列車は設定されていましたが、その時間帯を拡大しようとするものと思われます。
また、全列車のダイヤを改正し、JR阪和線との接続改善を図る、とあることから、現在のダイヤのパターンが大幅に変更になると思われます。

こうしてみると、今回の改正は、いわゆる「白紙改正」とでも表現してもよさそうな規模の改正になるかも知れません。詳細な時刻表が出てくるのを楽しみにしたいと思います。

開業から半年、いちご電車を走らせ始めたり、今回のダイヤ改正を発表したりと、厳しい経営環境の中、利用者を確保しようという姿勢を打ち出しているわかやま電鉄に対し、沿線住民はどのような態度を取っていくのか。
貴志川線が残ったからといって、沿線住民はそれで良しとせず、積極的に利用する事によって走らせ続けなければならないのではないでしょうか?まさに今、貴志川線存続を望んだ沿線地域住民の姿勢が試される時だと思います。

名古屋鉄道の特急政策見直しへ

少し前のプレスリリースですが、こちらです。

「特急政策の見直し」と「平成19年度の車両新造計画」について(名古屋鉄道プレスリリース)

主な内容は次の通り
●現在「一部特別車」と「全車特別車」が存在する特急を、空港特急「ミュースカイ」を除き全て「一部特別車」とする。
●そのために新しく一部特別車の特急車両を新造する
●「全車特別車」1000系パノラマスーパーは全編成廃車
●通勤車両も新型車両を導入し、7000系パノラマカー等を置き換える

ざっとこんなところでしょうか。

日頃は名鉄とは縁遠いところに住んでいるので、あまり馴染みがないとはいえ、7000系パノラマカーは近いうちに全廃されることは聞いていたので、そのうち乗りに行かなければと思っていたところに、今回の特急政策の変更。

この中で一番衝撃的なのは、全車特別車1000系パノラマスーパーの全車廃車でしょうか。
実は、名鉄特急で始めて乗車したのがこの1000系パノラマスーパー。河和〜新名古屋の区間で初乗車しました。
まさか終端駅の河和から、こんなデラックスな列車(13年ほど前の話で、当時高校生の私は、素直に感心した)に乗車できるとは思ってもみなかったので、衝撃的に感じた事を覚えています。
運行開始から20年ちょっとで廃車。少々勿体ない気もしますが、どうやら名鉄の中でも他に使い道がなさそうなので、廃車するしかないのでしょうか・・・
もしくは、20年ちょっとというさして古くない車齢からして、他の地方民鉄に売却される可能性もなきにしもあらずでしょうか?(「北アルプス」用8500系が会津鉄道に売却されたという前例もありますし・・・)

何度か名鉄を訪問しているのに、乗車したことのない7000系パノラマカーも含めて、ともかく、近いうちに名鉄を訪問しておきたいなあ、と思った今回の情報でした。

神岡鉄道、観光鉄道への道を探る?

神岡鉄道は、今年の7月に乗ってきました。廃止まで4ヶ月弱という事で、乗り納めの人が多かった記憶がありますが、ここにきてこんな動きがあるのだとか。

神岡鉄道を視察 飛騨市の対策特別委、存続探る

「どうして廃止決定前にこんな動きが出来なかったのか?」

私が突っ込みたいのはこの一点です。

急にこういう動きになったのは、実は神岡鉄道廃止後の施設撤去費用の負担があまりにも大きく、地元が方針を決めかねていたところに、三井鉱山の施設を含めた産業テーマパークの一環として、神岡鉄道を保存して残せないか、という事が上がってきたからだということのようです。

こういう検討は、廃止を決定する前からあれこれ考えるのが普通のようですが、どうも今の時期になってから急にそんな事を考えているという、市議会は目先の事しか考えていないことが何となく分かる事例でした。

施設の撤去の費用が必要なのも事前に分かっていた話。
三井鉱山の動きも何となく分かってはいると思われる。
ではこれらの状況を絡めて、保存鉄道として再出発しようと言う検討がなく、あくまでも廃止を前提にした議論しかされていなかったところ、浅はかのような気もします。

まあ、私にとっては、鉄道が何らかの形であっても残るのは嬉しい話なのですが、どうも今回の件はそれだけで喜んでいい話には思えない、割り切れない思いがあります。
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ