阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。 鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。

「走ルンです」、取り替えです

「コスト半分・寿命半分」とか言われていた209系電車が導入された時から、こういう日はいずれ遠くないうちにやってくるのは分かってはいましたが、実際やってくると少々複雑な気持ちがしてくるわけでして・・・

京浜東北線・根岸線に新型電車を導入
−E233系直流電車−(JR東日本プレスリリース)


JR東日本、870億円投じ新型車両830両を導入へ(Yahoo!ニュース)

209系の後継として導入されるのは、中央線に導入が決まっているE233系。主要スペックは中央線のそれと同じような感じだと思われます。

思えば209系が登場したとき、これまでの鉄道車両の概念を大きく打ち破るコンセプトに対して賛否両論がありました。
例えば30年以上と考えられていた車両の寿命を10年程度とすることや、徹底したコスト低減やメンテナンスの簡素化。この車両が登場したのは確か平成4年頃で、バブル経済が崩壊して不況が始まったことも相まって、強烈な印象を覚えています。

それから約15年後、この209系の思想を引き継いだ車両がJR東日本の主力となっているだけでなく、関東地区のJR以外の民鉄も同じような思想の車両を登場させているところ、209系の影響の大きさを感じる事ができます。

JR東日本の新車導入のパターンとして、一つの線区の車両を短期間で集中的に取り替えることがありますので、記録等取られる方は早めの方がよいでしょう。

かく言う私も、まだもうちょっと走ると思って油断していたので、記録していないや・・・

今日の乗車記録

今日は、特に何の目的もなく、ただコミュニティーバスに乗車してくるりと回ってきました。
下出と黒田の停留所の間は直線距離で200m程。それを約30分ほどかけて廻ってきたのであります。

最近出来たドラッグイレブンで、クレジットカードを利用出来るようになっていたので、早速使用。野菜ジュース2本400円ほどをクレジット決済しました・・・

下出(1532)〜黒田 阪南市コミュニティーバス

今日の乗車記録

尾崎(1501)〜みさき公園 普通
みさき公園(1535)〜多奈川 普通
多奈川(1550)〜みさき公園 普通
みさき公園(1558)〜尾崎 普通

ファミマに続いてローソンの電子決済情報

昨日のエントリーでファミマのEdy導入をお知らせしたところに、今度はローソンが各種電子決済システムに対応したマルチ端末を全店舗に来春を目処に導入するとの発表がありました。

マルチ端末を全店舗に設置(株式会社ローソンプレスリリース)

ローソンは共通決済端末導入 電子マネー選ばず(Yahoo!ニュース)

来年3月までにiD・Edy・Suicaの三種類の電子決済に対応する上、将来的にはクイックペイ(JCB)スマートプラス(UFJニコス)にも対応出来るように協議を進めているとの事。

ANAマイレージのからみで電子決済を利用するようになりましたが、泣き所は使える店が少ないほか、折角使える店であっても決済方式の違いで利用できないところ。今回のローソンでのマルチ端末の導入で、そういう悩みが少しは解消する事になりそうです。

なっていったって、自宅の最寄りコンビニはローソンですので、これは期待大といったところ。

ここまで書いて気になったのですが、ローソン全店Suica対応となると、例えば関西圏のようなSuicaでなくICOCAしか購入出来ない(鉄道利用はSuica・ICOCAどちらも可)地域の場合であってもSuicaのみになってしまうのでしょうか?
過去ダイエーグループであった事もあり、関西地区ではローソンの勢力が強いので、ICOCA対応が出来なければ、同じJRグループのICカード乗車券で使えるものもあれば使えないものも出てきて、混乱が起きないとも限らない。
簡単に済まない問題かも知れませんが、うまい事解決出来ればよいのですが・・・

Edy、ファミリーマート全店で来春導入

「福岡五輪」が立候補に落選して地方都市での五輪がかなわなかった、というニュースもあったのですが、今日はこちらのニュースです。

電子マネーのEdyが、コンビニエンスストアの「ファミリーマート」全店で来春より利用が出来るようになるとの発表がありました。

ファミリーマート全店で電子マネー“Edy”を導入(株式会社ファミリーマート プレスリリース)

現在沖縄・宮崎・鹿児島3県のファミマでは既にEdyが利用出来ますが、来春を目処に全国のファミリーマートで利用出来るようになるというものです。

Edyを利用する事により、ANAマイレージクラブのマイルがたまる事から、私もなるべくEdyが利用出来る店を選んでいるわけですが、コンビニに関して言えば、阪南市周辺ではサークルK・サンクス・ポプラ(泉佐野市にあります)で利用出来るので、ない事はないと言った程度でしょうが、和歌山県にはいるとサークルKが数えるほどしかないので、他のチェーンでの利用拡大が望まれていたところでした。

あとは、Edy電子マネーのクレジットチャージについて、ポイント対象外とならないで欲しいところですが、これはどうなりますことやら・・・

au新機種12種類発表

携帯電話のauが、今年の秋・冬モデルとして、新機種を何と12機種も発表しました。

au携帯電話の新ラインナップ12機種の発売について(KDDIプレスリリース)

12機種・・・ここで紹介するのも断念してしまうくらいの新機種ラッシュですが、これは勿論、10月からの番号ポータビリティーを見据えてのタイミングでの大量発表ではないかと思います。

同時に、何気に新しいサービスがいくつか発表されていたりしていますが、今の段階で全体像を把握はちょっと気力がないので、プレスリリースを読んでいただきたいと思います。

今回の目玉はやはりau初のシャープ製端末、といきたいところですが、東芝の端末でテレビ電話が出来るようになっていたりと、何かチェックしないといけないところはいろいろありそう・・・

私の機種予定の変更が繰り上がりそうな魅力ある端末は・・・見つかっていませんが、おサイフケータイを使用している都合上、日立・カシオ・ソニーエリクソンのいずれかになるとは思います。

プレミアムシート、追加増席検討中

Yahoo!のニュースを見ていたら、こんな記事に出くわしました。

格安ツアーにはサービスで対抗 JRバス関東、巻き返し策を連発(Yahoo!ニュース)

JRバス関東の高速バスの、いわゆる「ツアーバス」対抗策が紹介されています。
主な施策としては
●予約した後の運賃の支払いを車内で行う事をできるようにする。
●コンビニ支払いを可能にする。
(西日本JRバスの路線では可能な路線もあったような気がしますが)
●プレミアムシートの導入
が挙げられていました。

最後のプレミアムシートですが、当初の予想が5割程度の利用率に対し、現在の予約率は8割ほどとの事。8割となると、週末はほぼ満席状態だと判断できます。
最後に書かれていましたが、2階席も全てプレミアムシートにすることを検討しているとか・・・

私自身は乗った事がないのですが、見聞きする範囲では、プレミアムシートの9910円は、装備等の価値で判断すると、お得な料金だと思います。他社には真似出来ない「ゆったり移動したい利用者層」をがっちり獲得出来た結果ではないのでしょうか。

現在1階席のみのプレミアムシートが2階席も全て設定されるとなると、予約も取りやすくなると思いますが、そうなると、ますます寝台急行「銀河」の存在価値が問われてくるのではないのでしょうか・・・

え、「乗れるうちに乗っておけ。特にロネは」って?その通りですねまったく・・・

PiTaPa10月のエリア拡大情報

PiTaPaの利用可能エリアが10月1日に拡大するというお知らせが出ていました。

10月1日よりPiTaPaでご利用いただける電車・バスが拡大します!!(PiTaPaプレスリリース)

今回導入されるのは、神戸市交通局(地下鉄)・北神急行・大阪空港交通(空港リムジンバス)・岡山電気軌道(電車・バス)・両備バス・下津井電鉄(バス)の各社で、バスについては営業所・路線毎に順次拡大していくとのことです。

今回拡大分は、初の関西圏以外のPiTaPa利用可能エリアの誕生(岡電・両備バス・下津井電鉄)もさることながら、「空港リムジンバスの初PiTaPa」とプレスリリースにあることから、これまで磁気カードでは利用出来なかった大阪空港交通の川西線以外の路線でも、PiTaPaは使えるようになるのでしょうか?
今後の詳細情報をチェックしていきたいと思います。

今日の乗車記録

初めてICカードを使って南海に乗車しました。
復路の吉見ノ里駅で残額が足りなかったので、精算をしようとしたら精算機が無かったため、窓口で残額を精算しようと思ったら、窓口ではチャージのみしか出来ないとの事。
仕方がないので、1000円のチャージをして改札を出ましたが、精算機のある駅では不足額の精算が出来るのに、何だか釈然としませんでした・・・

吉見ノ里(1437)〜樽井 区間急行
樽井(1531)〜吉見ノ里 区間急行

新快速、敦賀へ延長

北陸線・湖西線の直流電化区間が現在の長浜・永原以南であったのが、敦賀までに延長されることとなり、併せて新快速を敦賀まで延長するダイヤ改正が発表されました。

北陸線・湖西線直流化開業に伴うダイヤ改正(JR西日本プレスリリース)
北陸線・湖西線直流化開業に伴うダイヤ改正(京阪神エリア)(JR西日本プレスリリース)
北陸線・湖西線直流化開業に伴うダイヤ改正(北陸エリア)(JR西日本プレスリリース)

ダイヤ改正の概略というと、現在近江今津・長浜行きの新快速をそれぞれ敦賀・近江塩津まで延長するというのが目玉で、他にも朝の敦賀発の速達パターンの新快速が設定されたりと、湖北・敦賀地区での利用が便利になりそうな改正です。

同時に、交直デッドセクションの関係上、国鉄型車両が多くを占めていたものが、新型車両(521系・125系・223系)を増備することで、敦賀以南の車両が全て新型車に置き換わることになりました。
特に521系は、出るとは思えなかった交直両用の新型車両となりました。

これ以上の詳細情報は、上記の各リンク先をみていただくとして、久しぶりに希望のある増量ダイヤ改正という印象を持ちました。
近年、ダイヤ改正といえば、もっぱら減量(廃止・減便等)のダイヤ改正が主になりつつありましたが、そういう中で、久々に景気のいい話。
改正後のダイヤで乗車して、便利になったことを実感してみたいなあとも思いました。
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ