阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

6月19日復旧に向けて・・・

しばらくこのブロクでふれていなかったJR宝塚線の事故続報ですが、6月19日の復旧に向けて、JR西日本が新しいダイヤを国土交通省に提出しました。

新ダイヤを国に提出=速度下げ、来春再検証−遺族感情を考慮・JR西

当分の間、尼崎〜宝塚間の最高速度は時速120キロから時速95キロに落とすとの事です。これだけでも結構時間増になると思います。

気になるのは、来年春に利用者の声を勘案して引き上げも視野に入れた再検討も行うとの事。

問題は、今後利用者がどのような声をJR西日本に対しあげていくのかという事です。
利用者が速度引き上げを求めているのか、それとも遅くてもいいから引き上げないでほしいというのか。
遺族・被害者・激突マンションの住民としては運転再開は仕方がないにしても、復旧後の速度引き上げはなんたる事か、と思うのでしょうが、だからといって、その他大勢の利用者の声を無視していいとは限らない。
実際、三田や篠山から大阪方面に通勤している人にとっては、1分でも速く到着してほしいのが切実な本音ではないかと思います。

ここで利用者がどのような判断を下すのか。来年春まで注意して見ていきたいと思います。

また、マスコミがどのように利用者に対する意識付けを行っていくのか、注意してみたいと思います。
来年春に速度引き上げをJRが決めたからと言って、「JR西日本は事故を忘れたのか?」と単純に叩いていい問題ではない。
それは利用者の声をふまえたJRの決定なんですから、本当に叩くべきはそういう要望をしている利用者自体になるわけです。

かくいう私も、事故で運休の多い阪和線沿線住民なわけなんで、注意して見ていきたいと思います。
個人的には、関空・紀州路快速の分割併合をやめるだけでもかなりダイヤが楽になると思うのですが。

今日の乗車記録

今日の乗車記録:
砂川駅前(0748)〜岩出駅前 南海ウイングバス南部 3名
岩出駅前(1835)〜砂川駅前 和歌山バス那賀 4名

人身事故?

今朝和泉砂川の駅前でバスを待っていたら、いつも何本か通るはずの電車が、一本も来ませんでした。
人身事故か何かだったんでしょうか?

そういえば、帰りの紀伊から和泉砂川までの普通列車が遅れていたのも、朝の影響を引きずっていたんだろうか?

今日の乗車記録:
砂川駅前(0748)〜岩出駅前 南海ウイングバス南部 3名
紀伊(2152)〜和泉砂川 普通

今日の乗車記録

今日の乗車記録:
砂川駅前(0748)〜岩出駅前 南海ウイングバス南部 1名
和泉鳥取(1852)〜和泉砂川 普通
和泉砂川〜日根野 快速
日根野(1906)〜りんくうタウン 関空快速
りんくうタウン(2157)〜日根野 関空快速
日根野(2211)〜和泉鳥取 普通


au携帯電話2000万契約に

<携帯電話「au」>契約数が2000万件を突破し第2位

先月末時点で1996万契約だったので、2000万契約突破も時間の問題と思っていました。
思えば一時期契約数が減少(IDO・セルラーの時代)したり、au移行当初はボーダフォンに契約数で抜かれたりと、なかなか多難な道のりをたどって達成した2000万契約ではないのでしょうか。

今後もナンバーポータビリティーや新規事業者の参入等、厳しい環境が続きますが、今のようなユーザー本位の姿勢で乗り切ってほしいもんだと願っています。

今日の乗車記録

今日の乗車記録:
和泉鳥取駅西(0839)〜阪南市役所前 阪南市コミュニティーバス
尾崎(0923)〜和歌山市 急行
和歌山市駅(0950)〜県庁前 和歌山バス11系統
県庁前〜和歌山駅 和歌山バス30系統
和歌山(1628)〜和泉鳥取 普通

今日の乗車記録

今日の乗車記録:
砂川駅前(0748)〜岩出駅前 南海ウイングバス南部 1名
岩出駅前(1800)〜砂川駅前 南海ウイングバス南部 6名


今日の乗車記録

今日は和歌山へ出張で、帰りは阪和線。103系の快速で帰宅します。ラッシュ時にしかお目にかかれない貴重な存在です。

今日の乗車記録:
砂川駅前(0748)〜岩出駅前 南海ウイングバス南部 1名
和歌山(1923)〜和泉砂川 快速

今日の乗車記録

今日の乗車記録:
砂川駅前(0748)〜岩出駅前 南海ウイングバス南部 1名
岩出駅前(2020)〜砂川駅前 南海ウイングバス南部 3名


初代EZweb廃止へ

EZwebA/B/スタンダード/プレミアムコースのサービス終了について

当時IDO・セルラーの携帯電話で初めてメール・インターネットが使用できるようになったのが、このEZwebA/B等でした。

ところがこのメール機能が大変貧弱で、携帯本体に保存ができない、メールの通知ができない(Cメールに転送する事で一応可能だったが)、同じメールを再度読むと再度パケット料がかかるという何とも間抜けな仕組みであったため、当時のIDO・セルラーからどんどん利用者がドコモやJ-PHONE(当時)に逃げていってしまいました。

当時私もこれらのサービスを利用していましたが、なんでこんなものでサービスインできたのか、今から考えても不思議でした。

その後、携帯本体にメールを保存できるようになったEZweb@Mailや、その機能拡張版のEZwebmultiを経て、現在の定額制、EZWINと進化してきたのも、この失敗があったからこそとも言えるでしょう。

ちょっと感慨深いニュースなので日記に記してみました。
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ