阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

富山ライトレール

富山ライトレールの工事認可がおりました。これで工事を開始され、平成18年4月には開業予定のようです。

国交省:富山港線の路面電車化、工事施工を認可

富山ライトレールのホームページ

富山ライトレールとは、現在のJR富山港線を路面電車に切り替えるもので、富山駅の近くは併用軌道に切り替えます。今回の工事の主なところはこれです。ライトレールになる事で運転本数も増え、将来は既存の路面電車とも接続することも検討されているようです。
新規に路面電車が増えるのは、ここ最近ではなかったことです。既存の鉄道を路面電車に切り替える類を見ないケースで、開業時には国内のみならず海外でも大きな話題になることでしょう。

富山県には、富山(富山地鉄)と高岡(万葉線)と既に二つ路面電車があります。やはり市民への浸透や理解もあるようで、万葉線は、一時的廃止も検討されていましたが、住民の声で第三セクターが設立され存続されました。富山ライトレールも、そうした流れの中で、真に住民の為の鉄道として機能してもらいたいものです。

そういえば、堺市内でも路面電車を導入しようと検討されているようです。これもうまいこと実現できればよいのですが…

最近忙しいので携帯からの投稿が続き、記事へのリンクやトラックバックが停滞気味です。ごめんなさい。

あびる優の万引きに思う

あびる優が万引きして店を一軒潰したのを暴露したことが、大きな話題になっています。

カミングダウト関連記事

何でも有名人の秘密を暴露する「カミングダウト」とかいう日テレの番組で、このあびる優というホリプロのタレントが万引きを暴露してしまったもので、生放送ならともかく収録番組にもかかわらずそのまま放送してしまい、案の定日テレには苦情殺到とのこと。

問題点は
1:万引きという深刻な社会問題を軽く扱いすぎた日テレ及び番組制作会社の姿勢。
2:制作番組のチェックが全くなされていない日テレの体制。
3:あびる優が公式に謝罪等何のコメントしない姿勢(開き直り?)
4:あびる優が未成年という理由で本人がやったと公に発表しないホリプロの万引きに対する姿勢と、それに対し何の追求もしない他のマスコミ各社。

1、2については、これまでのテレビ番組関連不祥事での反省が全くもってなされていません。あきれてコメントする気も失せてしまいました。
3、4ですが、「未成年」という理由であびる優の名前が隠され続けるのは、一見もっともな理由のように思えます。でも、つい最近、北海道日本ハムのダルビッシュ投手がパチンコ店で喫煙したのを認めたように、ほんまに悪いと思うのなら、本人が自分の言葉で説明するべきことだと思います。
ダルビッシュ関連記事
また、何故か他のテレビ各社がこれ以上の追求を行わない点も、結局は業界の馴れ合いなんでしょうか。

やはり、こんな腐った業界には、ホリエモンを追い出すことしか思いつかばないんでしょうなあ。

ちゅうわけで、頑張ってホリエモン!

今日の乗車記録

今日は久しぶりに、行きも帰りも南海の運行便に乗車しました。車両は同じでも、運転手は朝と夜とでは違います。

今日の乗車記録:
砂川駅前(0748)〜岩出駅前 樽井岩出線 2名(南海169)
岩出駅前(2020)〜砂川駅前 樽井岩出線 1名(南海169)

一年振りの再会

会議で、串本にいる同期と一年振りに再会しました。元気にやっているようで一安心。台風の時はやはり凄いんだそうです。あそこは。

今日の乗車記録:
砂川駅前(0748)〜岩出駅前 樽井岩出線 1名(南海169)
岩出駅前(1925)〜砂川駅前 樽井岩出線 2名(那賀82)


やはり出ましたか大阪市交通局民営化論

ここずっと、大阪市役所の厚遇問題やらカラ残業問題やら特別手当やらで毎日のように毎日新聞の紙面がにぎやかですが、こうなってくると、そのうち「大阪市交通局を民営化せんかい」とかいう記事が出てこないかなあ・・・と思っていたら、やっぱり出てきましたわ。

2月20日毎日新聞朝刊(大阪版)の2ページに「西論風発」という論説委員が執筆しているコラムがあります。ここにその「大阪市交通局民営化論」が出てきました。

掲載記事はこちら。

「大阪市政改革 地下鉄を民営化せよ」という題で、要旨は、地下鉄・バスを民営化して経営の透明化・効率化を進めろという、毎日のこれまでの報道姿勢なら書きそうな内容でした。

もっと大きなスペースを割けば、具体的な検証とかもできたのでしょうが、今回は大まかな話のみで終わっていたのは仕方がないにしても、民営化はどうなんだろう・・・まず引き受ける会社があるか?

地下鉄:建設費の償却はどのようにお考えか?民営化しても償却費を背負わすのなら、経営を圧迫しますが、その辺はどのようにお考えで・・・
バス:赤字路線であってもお年寄りが敬老パスで乗車する等、直接現金収入に結びつかない路線が多々あります。民営化すればお年寄りからもお金を巻き上げるのでしょうか・・・

もっとも、民営であれ交通局であれ、効率的で透明な経営が必要なのは言うまでもありません。ただ、公営だから非効率と決めつけ、即民営化というのは跳躍しすぎの気がします。いや、この論説委員は跳躍をアピールしたくこんなこと書いたのかな?

市バスなんかほとんど乗車する機会がない新聞社のお偉いさんには多分分からないと思いますが、大阪市交通局はバス・地下鉄の乗り継ぎ制度においては、他の都市交通を凌駕する内容となっています。
例えば地下鉄からバスに乗り換えるとバスの料金が半額。さらにそのバスから別のバスに追加料金なしで乗り継ぐことが可能です(90分以内に降車の場合)
これを応用すれば、難波・梅田間を200円で往復可能です。
これだけ太っ腹なシステムを運営できるのも、民営でなく交通局だからだと思っています。現に利用者もこれで恩恵うけているわけですから・・・

参考ページ

そうか、ヨーロッパの街ではよくあるように、輸送サービスは民間が行うが、料金を安めに設定、差額の損失分は行政が補填という考えもありますね。それなら民間参入もあるでしょう。
ただ、現在の日本では、民間参入=利益追求=不採算切り捨てというものが典型的で、そこには公共サービスの維持という発想がないのもまた事実ですから・・・

JR西日本ニュース3題

更新時期が11月のため、未だに切り替えができないまま購読している毎日新聞ですが、少し前の紙面にJR西日本関連の記事がいくつか掲載されていたので、ご紹介します。

JR越美北線:福井豪雨で鉄橋流出 早期全線復旧で合意−−県とJR西日本 /福井

越美北線は、とりあえず災害を機に廃止という事はなさそうですね。問題は復旧後にどれだけ利用されるかになりますね。決して人口が少ない地域ではないので、ある程度の通勤客を集める事は不可能ではないけど、今のダイヤでは通勤で使えというのが無茶ですから。いっそのことえちぜん鉄道に運営してもらうとか?
もしかしたら、そこまで見越して復旧させるのは、かなり窺った見方?


JR西日本:「紫煙が好きな人もいる」 正論?暴論?垣内社長、全面禁煙に消極的

私はたばこを吸わないので、運悪く喫煙車に当たったときは不運だ・・・とあきらめています。ただ、垣内社長の言い分も分からないでもないですなあ。確かに喫煙者はたばこが吸えない環境に閉じこめられると非喫煙者の想像を超えるぐらい我慢ができないんだとか。
私は、「客室禁煙」「喫煙スペース設置」で簡単に済む問題だと思っているのですが・・・
ところで、たばこを吸う人は、喫煙者のあの何ともいえない臭いは別に何とも思わないのかな?


九州新幹線への乗り入れに慎重−−垣内社長

おいおい、山陽新幹線と九州新幹線は直通運転するはずではないのかい?そんなこと言ってたら、飛行機からお客さん奪えませんよ。しっかりして下さいよ社長!
別の記事では西日本と九州とが直通運転のためのワーキンググループをつくる話が載っていたので、九州新幹線が全通すれば、新大阪から鹿児島中央まで直通の列車が走るものとは思っているのですが・・・どうも不安だ。

今まで飛行機が中心だった、例えば大阪〜熊本・鹿児島間で一気に逆転できると思うのですが・・・

321系

JR西日本が、新しい通勤電車として321系の投入を発表しました。

JR西日本社長会見

写真はこちら。

…阪和線のおんぼろ103系は、結局取り替えられないわけですか。しょぼーん。

実際には東海道・山陽線の内側線のスピードアップに邪魔な201系を追い出すための投入のようですね。
ところで、その追い出された201系が産経の記事によれば何と大阪環状線へ来るとか?ほんまかいな?

産経新聞の記事

環状線にはクハ103−1という車両が走っているのを15年ほど前に見ましたが、現在もまだ走っているんかな?
環状線も阪和線も大和路線もまとめて321系で置き換えてしまえばいいんでないか、というのは素人考えなんかな?

今日の乗車記録:
和泉鳥取(0741)〜和歌山 普通
和歌山(0819)〜岩出 普通
県庁前〜JR和歌山駅 和歌山バス 25系統
和歌山(1643)〜和泉鳥取 普通

セントレア開港を見て、関空・伊丹を考える

今日から中部国際空港(セントレア)の営業がスタートしました。これまで小牧を発着していた便のほとんど(国際線・国内線とも)が中部国際空港発着となりました。

ニュースを調べた限りですが、中部国際空港の感想といえばさしずめ「関空の失敗した点を参考にしてコケないようにした空港」とでも言えるでしょうか。先に関空という例があるわけですから(しかも失敗した点は豊富にある!)それを参考にしないことはないでしょう。

大きな点では、国内線をほとんど全て移管したこと(発着便数の確保・乗り継ぎ利便性のアピール)やコスト削減(着陸料を抑える)、アミューズメント施設(空港訪問客の増加による収入増)等ではないのでしょうか。

こんな風に分析してみると、ほんまに非の打ち所のない空港ですな…
振り返って関空を考えてみると、何でこんな弱点をつぶして開港できなかったのか、地元民として非常に悔やまれます。

国内線・国際線の乗り継ぎにしても、伊丹空港を廃止して関空に一本化しておけば、日本のゲートウェイ空港として機能していたのではないかと思います。

そもそも関空建設の理由は、伊丹の騒音問題に対処するため、どこかに新しく空港を作らなければならなかったからではないのでしょうか。それで、騒音問題が起きない泉州沖に場所が決まった。(大反対にあって却下となった神戸沖に何で空港ができるねん?についても書きたいが、ここでは省略)
それがいざ空港建設が始まると、地元は手のひらを返すように伊丹廃止反対を唱え、結局存続。その結果どうなったかというと、「都市近郊にあるため騒音問題のために多額の税金が今なお投じられているが、それに対する受益者負担のないので」利便性の高い伊丹空港に国内線が移行し、「騒音問題を根本的に解決するため海を埋め立てたため多額の建設費もかかり都心から遠くなって利便性が伊丹より悪くなった」関空の国内線はもぬけの殻となってしまいました。こんなん、「作ったもん負け」というのではないかい?

伊丹近辺の住民は、騒音対策のための税金による補助や対策が減らされても、やはり伊丹空港が残ってほしいのかな?「空港も残せ、騒音対策もしろ」では、いいとこどりにしか思えません。せっかく騒音回避のために別の空港があるのに。それに、あの騒音公害の行政訴訟(大阪空港訴訟)は一体何だったんですか?あんなん起こしていながら、どうして「やっぱり空港は残ってほしい」といえるのか?そこらへんの神経がどうも理解できない。

…あかん、セントレアとは全く関係なくなってしまった。ヒートアップしすぎやわ。反省。
ともかく、テレビで見る限りですがあれこれ考えて作られている空港ですね。機会があれば覗いてみたいですな。
ついでに名鉄空港特急「ミュースカイ」にも乗ってみたいもんですな。
中部国際空港から名古屋は勿論だが、岐阜や犬山・豊橋まで直通できる名鉄は正直すごい。

今日の乗車記録:
砂川駅前(0748)〜岩出駅前 樽井岩出線 2名(南海169)
岩出駅前(1925)〜砂川駅前 樽井岩出線 1名(那賀82)

三国ヶ丘でないのか・・・

aiko新曲「三国駅」発売で駅を占拠

三国駅と言えば、阪急宝塚線の駅で、十三の次の駅です。
現在では普通の高架の駅ですが、高架切り替え前は急なカーブが存在し、急行でも徐行してこのカーブを通過していました。
高校の吹奏楽の先輩が大阪音大に進学され、学生演奏会の時によく利用しました。
このカーブは宝塚線でも相当ネックだったようで、高架切り替え時にかなり大胆な切り替え方をしたもんだなあと感心しました。
阪急宝塚線の高架工事といえば、他には豊中周辺もがんがん工事して、現在はもう高架に切り替わっていますね。

aikoとは全く関係ない鉄道ネタでした・・・

今日の乗車記録

砂川駅前(0748)〜岩出駅前 樽井岩出線 1名(南海169)
岩出駅前(1925)〜砂川駅前 樽井岩出線 1名(那賀82)


青春18きっぷ

JR西日本のホームページを見ていたら、春の青春18きっぷ発売についてのプレスリリースが出ていました。

JR西日本プレスリリース

今回の発売から、JRホテルグループの割引等が適用できるとのこと。

貧乏学生対象から、時間にゆとりのある中高年にターゲットを変化させた結果でしょうか・・・
若者御用達だった夜行快速も数が減り、夜行で連泊する強行軍ができた昔を懐かしく思えました。
つい数年前までは、大阪から札幌まで18きっぷのみで行く事ができたんですが・・・

今日の乗車記録:
砂川駅前(0748)〜岩出駅前 樽井岩出線 1名(南海169)
岩出駅前(1925)〜砂川駅前 樽井岩出線 1名(那賀82)


当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ