阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

JR西日本では、木次線を中心に運転しているトロッコ列車「奥出雲おろち号」の今後の運転計画を発表しました。

トロッコ列車「奥出雲おろち号」の今後の運行計画について:JR西日本

概要は以下の通りです。

【2022年度の運行計画】
4月から土日祝を中心に運転を計画
2021年度と同程度の日数(約130日)での運行を計画しているが、今後の社会情勢や車両の状況等により計画変更の場合あり。

【2023年度の運行計画】
4月から土日祝を中心に運転を計画
トロッコ列車に使用している現行車両は製造から約50年が経過し老朽化が進んでいるため、奥出雲おろち号は2023年度を最後に運行を終了

jrwest_orochi
▲奥出雲おろち号
(上記発表資料(https://www.westjr.co.jp/press/article/items/210603_02_orochi.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧ください。



「奥出雲おろち号」は、1998年度から運行を開始した、木次線のトロッコ列車であります。

山陰本線の宍道(しんじ)駅と芸備線の備後落合を結ぶ木次線は、かつては急行「ちどり」が昼夜行含めて運行されるなど、陽陰連絡路線の一端を担っていましたが、高速道路の整備等によりその役割を終えた今は、地域輸送に加えて、観光輸送にその役割を果たしている路線となっています。

特に、出雲坂根駅のスイッチバックと、そこから眺めることのできる風景は、この路線の売りともいえる場所で、ここをトロッコ列車でじっくり楽しむことができる列車が、今回ご紹介した「奥出雲おろち号」であります。


1998年4月の運行開始以降、四半世紀に渡って運転されてきたわけですが、今回2023年度に運行を終了する理由は、「車両の老朽化」と明言されています。


「奥出雲おろち号」に使用されている車両は12系客車ですが、製造後既に50年が経過しており、老朽化が進んでいることが、今回の運行終了の理由となっています。

そういえば、下記記事でご紹介したように、「SL北びわこ号」も12系客車の老朽化が運行終了の理由として挙げられていますが、もはや製造後半世紀を経過した12系客車については、取り替え部品の枯渇等、メンテナンス自体がままならない状況ではないか、とも思われます。



また、新型コロナウイルスとその後に予想される社会環境の変化により、新たな車両を用立てる余力がJR西日本にもはや無いことが、今回の運行終了でも感じられるところです。


一方で、「奥出雲おろち号」は、当時の横田町(現・奥出雲町)からの運行要請を受けて検討が開始された経緯もあり、「奥出雲おろち号」に続く新たな観光列車の運行を期待できそうです。
しかし、これとて沿線市町や島根県が車両導入費用をも含めて、どのような支援を行うのか、にもよってくるのかな、とも思われます。


ともあれ、今年度を含めてあと3シーズンの運転を残すことが確定した「奥出雲おろち号」。
12系客車で、出雲坂根駅のスイッチバックを行き来することができるのは、貴重な体験でありますから、可能であれば乗車が叶えばいいな、とも感じたニュースでありました。




【関連ニュースサイト】
JR西、同社唯一のトロッコ列車「奥出雲おろち号」の運転を終了へ - 鉄道コム
トロッコ列車「奥出雲おろち号」2023年度で運行終了 残る運転計画も発表 | 乗りものニュース
JR西日本「奥出雲おろち号」2023年度で運行終了、現行車両が老朽化 | マイナビニュース
JR西日本,観光列車「あめつち」・“奥出雲おろち号”の運転計画を発表 〜“奥出雲おろち号”は2023年度で運転終了へ〜|鉄道ニュース|2021年6月5日掲載|鉄道ファン・railf.jp



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0660

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-104 Wi-Fi○、更新○
和歌山(2251)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ225-5121 Wi-Fi○、更新-

今日の帰宅も、また紀州路快速大阪行きでした。
今日は225系5100番台でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0653

DSC_0655

DSC_0657

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5110 Wi-Fi○、更新-
和歌山(2251)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ223-2522 Wi-Fi○、更新×

今日もまた、紀州路快速大阪行きでの帰宅です。
すっかり見慣れた感も出てきた「大阪」単独表示ですが、今日は223系2500番台未更新編成で見ることができました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0645

DSC_0647

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-2505 Wi-Fi○、更新×
和歌山(2251)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ223-103 Wi-Fi○、更新×

今日の紀州路快速大阪行きは、ようやく待望の223系0番台未更新編成でした。

これで223系・225系全ての「紀州路快速大阪行き」の記録が撮れましたので、まとめてご紹介できればと思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0635

DSC_0638

和泉鳥取(0719)-和歌山 紀州路快速 モハ224-5006 Wi-Fi○、更新-
和歌山(2251)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5022 Wi-Fi○、更新-

今日もまた、紀州路快速大阪行きで帰宅ですが、充当系式は昨日と同様、225系5000番台でした。

明日は何が来るでしょうか…
(残業前提でありますが…)
このエントリーをはてなブックマークに追加

HORIZON_0002_BURST20210531224931088

HORIZON_0002_BURST20210531224812343

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5008 Wi-Fi○、更新-
和歌山(2251)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ224-5027 Wi-Fi○、更新-

今日もまた、紀州路快速大阪行きでの帰宅です。
225系5000番台が充当されていましたが、すっかり「大阪」表示も見慣れてきた感じでしょうか。

明日こそは223系0番台未更新編成に遭遇できるといいですね…
このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋鉄道(名鉄)では、河和線(太田川〜成岩間)が開業して90周年を迎えたことを記念して、6月26日(土)に特別企画を実施することを発表しました。

河和線開業90周年を記念して、特別組成運行など特別企画を実施します - 名鉄のオススメ | 名古屋鉄道

概要は以下の通りです。

【特別組成運行(2000系+9500系)の実施】
・運行日:
2021年6月26日(土)

・運行区間:
名鉄名古屋〜河和(2往復)

・ダイヤ:
(河和行き)
名鉄名古屋10:41発→河和11:27着
名鉄名古屋13:41発→河和14:27着

(名鉄名古屋行き)
河和11:57発→名鉄名古屋12:44着
河和14:57発→名鉄名古屋15:44着


【河和線開業90周年 特別編成運行記念セット発売】
・発売期間:
2021年6月26日(土)〜2021年12月31日(金)(7月26日(月)は除く)

・発売金額及び内容:
1セット2,000円
2000系車両と9500系車両の連結をイメージした河和駅および名鉄名古屋駅の記念入場券(おとな) 各1枚
2000系+9500系 河和線開業90周年特別編成運行記念 ミニチュア系統板

・発売箇所:
6月26日(土)〜7月25日(日) 河和駅出札窓口(6月26日は特設発売所でも発売)
7月27日(火)〜12月31日(金) 名鉄名古屋駅サービスセンター


【イラスト系統板掲出】
・掲出日及び掲出列車:
2021年6月26日(土)対象列車のみ

・デザイン:
meitetsu_kowaline_90th_specialformation

(上記発表資料(https://www.meitetsu.co.jp/recommend/catalog/1263417_5053.html?_ga=2.45981991.288215284.1622376041-885576783.1614953389)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



名鉄河和線は、常滑線の太田川から知多半島を南下し、知多半島東岸の河和(美浜町)に至る路線で、「パノラマスーパー」等の特急車両も乗り入れる路線となっています。

今回、河和線開業90周年の企画として発表されたのが、「特別組成運行」というものです。

「組成」というのは、鉄道での用法としては、列車を運転するための編成を組み合わせておくもの、といった意味とでもいいましょうか。
一般的にはあまり使用しない「組成」ではありますが、鉄道趣味的には割と使用される単語であるといえましょう。

今回の企画として特別に組成される編成としては、2000系「ミュースカイ」と9500系との併結であります。

2000系「ミュースカイ」は、言わずと知れた中部国際空港アクセス特急列車でありますが、一方の9500系は、名鉄最新の通勤タイプの車両であります。

通常、河和線には2000系「ミュースカイ」が入線することはありませんが、今回は特別企画として河和駅まで河和線を走るということですから、これだけでも十分珍しく、かつ面白い企画であります。


それに加え、今回は2000系と9500系の併結が実現するというのが、更なるポイントであります。

通常、2000系「ミュースカイ」は営業運転で他の系列と連結することはありませんが、機能的には連結可能なようでして、今回、最新鋭の通勤車両9500系との併結、そして営業運転が実現することとなりました。


今回の特別編成運行では、上述のとおり記念入場券・ミニチュア系統板セットや、当日対象列車の「イラスト系統板」が掲出されたりと、非常に楽しい企画であるといえましょう。


もっとも今回、2000系「ミュースカイ」が特別編成として運行されるのも、新型コロナウイルス感染症の影響により「ミュースカイ」の多くのが運休していることも関係があるといえるでしょう。
ミュースカイの一部運休について - お知らせ | 名古屋鉄道
現在、「ミュースカイ」については、土休日は概ね11時〜19時前半の列車が全て運休となっており、非常に厳しい状況となっています。

そのような状況で、コロナ禍で本来の活躍ができない「ミュースカイ」を少しでも活用しようという今回の企画、少しでも多くの方に乗車してもらえるといいな、と感じたニュースでありました。




【関連ニュースサイト】
特急ミュースカイと通勤形9500系が連結! 8両で名鉄河和線を走行 開業90周年記念で | 乗りものニュース
名鉄 2000系+9500系 河和線 運転(2021年6月26日) - 鉄道コム
名鉄 河和線90周年特別編成運行記念セット 発売(2021年6月26日〜) - 鉄道コム
名鉄、2000系「ミュースカイ」と9500系を併結運行 河和線90周年企画 - TRAICY(トライシー)
6月26日 名鉄,河和線開業90周年を記念した特別列車の運転などを実施|鉄道イベント|2021年5月28日掲載|鉄道ファン・railf.jp



【関連ブログ】
【名鉄】河和線ミュースカイ爆誕!(しかも9500系と連結)…90周年記念イベントで | 鉄道プレス
名鉄、6月26日に「ミュースカイ」用2000系と9500系の併結で河和線へ: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
このエントリーをはてなブックマークに追加

南海電鉄高野線の起点駅である「汐見橋」駅。
現在は30分に1本、2両編成の列車が発着する支線区となっていますが、かつては高野線の起点駅としてのターミナルとして位置づけられていました。

その証左として、汐見橋駅駅舎内には長年、沿線の名所等を記した観光案内図が改札上に掲出されていました。
しかし、その観光案内図は2016年に撤去されてしまいまhした。

その汐見橋駅に、かつて掲出されていた案内図を現代風にアレンジした「新観光案内図」が掲出されることが、南海電鉄より発表されました。

歴史ある汐見橋の観光案内図を再現!〜2021年5月28日、新観光案内図をお披露目〜|南海電鉄

概要は以下の通りです。

【設置日時】
2021年5月28日(金) 11時〜(設置済)

【設置場所】
高野線汐見橋駅 改札機上部壁面

【デザイン】
nankai_shiomibashi_sightseeing_map_new
(上記発表資料(https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/210526_01.pdf)より引用)

【詳細】
nankai_shiomibashi_sightseeing_map_details
(上記発表資料(https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/210526_01.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



南海電鉄高野線の汐見橋駅は、冒頭に記したように、現在は高野線という名称ではあるものの、ここを発着する列車は岸里玉出までの折り返し運転のみの列車となっています。

私自身は、直近では2017年9月にこの駅を訪問していますが、先に記した旧観光地図は、既に撤去されたあとでした。
DSC_8023_R
▲汐見橋駅 駅舎

DSC_8020_R
▲駅名標

DSC_8019_R
▲汐見橋駅に停車中の2200系

DSC_8021_R
▲駅舎内
改札上部壁面(この画像ではクリーム色に塗られた箇所)に観光案内図が掲出されていました。


その撤去された観光案内図が、何と現代風にアレンジされて再び掲出されることになるということで、これまた驚いたニュースであります。

上記発表資料で示された「詳細」によりますと、地図のタッチは旧地図をモチーフにしながらも、現在の南海沿線を記したもので、特に旧地図以降、なんばや関西空港といった、大きく変わった、あるいは新しくできたエリアのほか、かつてからの観光地(加太・高野山)であっても、現在の南海電鉄の取り組み(めでたいでんしゃ、天空等)も記されていたりと、是非とも見てみたい地図であります。


この地図は、昨日5月28日(金)にお披露目となりましたが、現地に赴きこの地図を記録してきたブログ記事も早速アップされていますので、ご紹介したいと思います。
【南海】汐見橋駅に復活した観光案内図を見てきました | 鉄道プレス


阪和線沿線ですが、南海沿線でもある私にとって、現代版・汐見橋の観光案内図は、是非とも見てみたいと思いますので、都合がつけば早いうちに見にいきたいな、と感じたニュースでありました。




【関連ニュースサイト】
南海 汐見橋駅 観光案内図 掲出(2021年5月28日〜) - 鉄道コム
南海高野線 汐見橋駅の観光案内図を再現|鉄道ニュース|2021年5月27日掲載|鉄道ファン・railf.jp
南海 汐見橋駅の名物、観光案内図を再現…レトロテイストで内容は現代 5月28日から掲出 | レスポンス(Response.jp)
南海電鉄、汐見橋駅に新たな観光案内図を設置 - 現代風にアレンジ | マイナビニュース



【関連ブログ】
【困惑】南海汐見橋駅のあの案内図、まさかの復活へ | 鉄道プレス
【南海】汐見橋駅に復活した観光案内図を見てきました | 鉄道プレス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0632

和泉鳥取(0815)-和歌山 普通 モハ224-5028 Wi-Fi○、更新-
和歌山(1913)-和泉鳥取 紀州路快速 サハ223-18 Wi-Fi○、更新×

今日も仕事であります。
これでどこかの赤い鉄道会社ではありませんが、13連勤であります。

明日は多分休めるはずです…
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0626
DSC_0628


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5017 Wi-Fi○、更新-
和歌山(2251)-和泉鳥取 紀州路快速 サハ223-7 Wi-Fi○、更新○


緊急事態宣言が延長され、運転期間が更に延びることとなった紀州路快速大阪行きですが、今日は223系0番台の更新済み編成でした。

この編成を和歌山駅で撮影できたのは、恐らく始めてではないかと思います。

残るは223系0番台未更新編成のみとなったので、全て揃えば特殊記事でも書いてみようと思うのですが、果たしてそんなヒマはあるのでありましょうか…
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ