阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

JR東日本では、東京2020オリンピック(東京オリンピック)開催に合わせて、首都圏や東北地区を中心に臨時列車の運転を計画していました。



今般、首都圏をはじめとした会場で無観客開催となることを受けて、臨時列車の運転計画を変更した旨を発表しました。

東京2020 オリンピック期間中における臨時列車の運転計画について|JR東日本

概要は以下の通りです。

【運転を行う線区】
・伊豆MTBコース:
増発路線・・・東海道線、伊東線

・宮城スタジアム:
増発路線・・・東北本線(利府線)、仙石線、仙山線

【東北新幹線について】
・宮城スタジアムの臨時列車は運転取りやめ
・福島あづま球場は無観客開催となるが、通常の臨時列車として運転


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



新型コロナウイルス感染症が収まりきらないなかで開催される、今回の東京オリンピック。
昨今の感染状況等も踏まえた結果、首都圏の会場は「無観客開催」となり、その他の会場でも多くの会場で無観客開催となることが決定されました。

これにより、特にJR東日本で計画されていた臨時列車の多くは見直しとなりました。

上記の当ブログ記事でご紹介した「東北新幹線の夜行列車」、「鹿島線11両編成運転」も、今回の見直しで運転取りやめとなり、いずれの列車も幻となってしまいました。


夜行新幹線や、利根川橋梁を渡る長大編成といった、この時にしか見られないであろう列車が走る機会が無くなったのは、残念に他ならないのですが、感染状況を踏まえた決断というのであれば、これは仕方がないのかな、と感じた次第です。

CIMG4396_R
▲利府駅に停車中の701系。
今回のオリンピック輸送で、臨時列車が設定される数少ない会場の一つです。


ともあれ、殆どが無観客開催となり、鉄道趣味的には面白みがないオリンピックとなりそうですが、競技自体は変わらず開催される見込みですので、感染症対策を万全にし、安全に開催されることを願うほかないのかな、と感じたニュースであります。




【関連ニュースサイト】
東京2020五輪中、東海道・伊東線と仙台地区で臨時列車運行 深夜新幹線は中止 JR東日本 | 乗りものニュース
東京オリンピック2020の終電後臨時列車は中止に…首都圏以外の競技会場向けは今後調整 | レスポンス(Response.jp)
仙台発の夜行新幹線が幻に…JR東日本が東京オリンピック2020臨時列車計画を変更 | レスポンス(Response.jp)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
このエントリーをはてなブックマークに追加

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-6 更新○ 和歌山(2120)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5023 更新-
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都鉄道博物館では、JR西日本の営業線と繋がった引込線を活用して現役車両の展示を行っていますが、この度、JR西日本が保有する配給車「クル144・クモル145」を特別展示することを発表しました。

最後に再び、やってクル 配給車「クル144・クモル145」特別展示(京都鉄道博物館) :JR西日本

概要は以下の通りです。

【展示期間】
2021年8月6日(金)〜8月18日(水)

【展示車両】
「クル144-15」と「クモル145-1015」

【その他】
配給車については今年度中の引退が決定しており、今回展示する車両の引退をもってJRグループの配給車は全て引退。
今回の展示が一般向け最後の展示となる予定。



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC02408_R
▲配給車「クル144・クモル145」(京都鉄道博物館で2017年12月に展示の際に撮影)

今やJRグループでもこの編成だけとなった「配給車」。
JR西日本が所有する「クル144・クモル145」は、前面は103系に似た形状ですが、その後方にはトラックのような荷台がついていることが特徴です。
電車ですので、勿論この編成のみでの自走が可能であり、かつては様々な部品などを各拠点に運ぶという、重要な役割を担っていました。

しかし道路事情の改善によるトラック輸送への切り替えで、この配給車による輸送は近年は大きく減少し、遂に今年度中の引退が今回のニュースで発表されました。

今回展示される「クル144・クモル145」は、引退前の一般展示としては最後になること、そして夏休み期間ということもあり、過去2回の「クル144・クモル145」以上に沢山のファンが見に来くることになるのではないかと思われます。

ちなみに京都鉄道博物館では過去2回、「クル144・クモル145」の展示がありました。




JR西日本の事業用車両といえば、こちらの去就も気になるところです。
DSC_0535
クモヤ443形であります。

こちらも国鉄時代から継承している車両だけに、今後の動向を注目しておきたいところであります。




【関連ニュースサイト】
JR西日本の「配給電車」クモル145形・クル144形引退決まる 京都鉄道博物館で最後の展示 | 乗りものニュース
8月6日〜18日 京都鉄道博物館で配給車「クル144・クモル145」を特別展示|鉄道イベント|2021年7月13日掲載|鉄道ファン・railf.jp
京都鉄道博物館、引退する配給車「クル144・クモル145」を特別展示 | マイナビニュース
配給車「クモル145」が2021年度中に引退へ 最後に展示の機会も - 鉄道コム



【関連ブログ】
クモル145形、引退へ | 鉄道プレス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
このエントリーをはてなブックマークに追加

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-7 更新× 
和歌山(2120)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5017 更新-
このエントリーをはてなブックマークに追加

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5014 更新- 
和歌山(2104)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ223-2515 更新-
このエントリーをはてなブックマークに追加

叡山電鉄では、令和2年7月に発生した大雨の影響で、現在市原〜鞍馬間で運休が続いています。

この区間の復旧時期については、下記記事で今年秋頃の見通しである旨、既にご紹介しているところです。


今回、叡山電鉄から同区間の復旧時期について、工事が順調に進んだ場合、9月中の見通しとなることが発表されました。

土砂災害による運休区間の運転再開見通しについて◆単短嚇電


詳細は、上記発表資料をご覧ください。



DSC02751_R
▲貴船口駅に入線する800系
このシーンも、あと2ヶ月ほどで再び見ることができるようになります。


このブログでも度々ご紹介してきたように、昨年はじめの新型コロナウイルス感染症の拡大による訪日外国人旅行者の消滅に加え、残された国内旅行者についても、この豪雨による運休で、利用者が見込めなくなったことから、叡山電鉄では他社以上に厳しい状況が続いています。

そんな中、土砂災害の運転見合わせ区間については、今年の秋のシーズン(紅葉)までには復旧を願いたいところでありましたが、今回9月中の運転再開の見通しが立ったのは、うれしいニュースといえるでしょう。

叡電では、上述の利用者減の影響により、この1月から日中の減便を中心としたダイヤ改正を実施しました。


このように利用者の著しい減少がすぐに回復するのは難しいとは思えますが、今回の全線営業再開により少しでも利用者が戻ればいいな、と思ったニュースでありました。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
このエントリーをはてなブックマークに追加

下記記事でご紹介したように、南海高野線の汐見橋駅改札に、かつて掲出されていた案内図を現代版にリメイクした「新観光案内図」が、5月28日より掲出されています。



なんばや関空といった、以前この駅に掲出されていた案内図には無かった施設なども、当時のテイストで再現されていることから、掲出時より大いに気になっていましたが、昨日(7月10日)、ようやく現地に訪問して見にいくことができましたので、ご紹介したいと思います。

DSC04261_R
▲汐見橋駅 駅入り口

駅舎外観には、昨年壁面アートが施されていました。
DSC04259_R
▲東側の壁面には、汐見橋駅開業間もない頃の賑やかな様子をテーマに描かれています。

DSC04258_R
▲北側の壁面には、現在汐見橋線で運用されている2230系と、海、高野山、根本大塔が描かれたロゴとなっています。


駅舎内に入ります。
CENTER_0001_BURST20210710142916979_COVER
ご覧のとおり、改札上部に新しい観光案内図が掲げられています。

DSC04263-2_R
▲観光案内図の全体

DSC04264-2_R
▲右(北)半分の描画

DSC04265-2_R
▲左(南)半分の描画

個人的に気になる部分をアップしてみます。
DSC04268_R-2
▲堺市内を中心とした部分です。

確認できただけでも、「堺トラム」「ビッグバン」「住吉大社」が描かれています。
勿論、「泉北高速鉄道」も描かれていますが、「泉北ライナー」12000系は描かれていませんね・・・

DSC04270_R-2
▲和歌山市内を中心としエリアです。

「和歌山城」「紀ノ川橋梁」は勿論ですが、「キーノ和歌山」「めでたいでんしゃ」も見えます。
また、他社線となる「和歌山電鐵」(たま駅長)、「水間鉄道」(水間観音駅、水間観音)も、路線とともに描かれているのも面白いですね。
(他社線は、薄い紫色の線で統一されているようです。)

無論、「関西空港」「りんくうゲートタワービル」も描かれているのが分かります。


汐見橋線の列車がやってきました。
車両とともに観光案内図を撮影してみます。

DSC04276_R


折り返し時間は5分ほどでしょうか。
DSC04280_R
DSC04281_R


汐見橋駅から乗車して約10分、岸里玉出に向かって今回の訪問は終わりです。
DSC04283_R




以上、汐見橋駅に再現された観光案内図を見てきました。

かつて掲出されていた観光案内図が、まさに現代に蘇ってきた、と思えるものでありました。
先の案内図の時代から大きく変わり、関西空港や泉北高速鉄道が開業していたり、はたまた走る車両も大きく変わりましたが、それらが十分に反映されている、いい地図と思いました。

南海沿線にゆかりのある方は、少し足を延ばしてみて、汐見橋駅のこの案内図を前に、自分とつながりのある場所がどのように描かれているのか、眺めてみるのも楽しいかも知れませんね。



【関連ニュースサイト】
南海 汐見橋駅の名物、観光案内図を再現…レトロテイストで内容は現代 5月28日から掲出 | レスポンス(Response.jp)
汐見橋の観光案内図が刷新 特急ラピートや関空、なんばスカイオも登場 - なんば経済新聞
高野線・汐見橋駅の外壁をアート作品で塗り替え 1900年代のにぎわい表現 - なんば経済新聞



【関連ブログ】
【南海】汐見橋駅に復活した観光案内図を見てきました | 鉄道プレス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
このエントリーをはてなブックマークに追加

近畿日本鉄道〔近鉄)では、同社の名阪特急車両「ひのとり」80000系を、今後伊勢志摩方面(志摩線・賢島駅まで)へ臨時列車で運転することを発表するとともに、賢島駅で「ひのとり」グッズを臨時販売することとしました。
賢島駅でひのとりグッズなど発売します|近畿日本鉄道

この臨時列車運転に先立ち、7月19日(月)、21日(水)に、山田線・鳥羽線・志摩線で「ひのとり」の試運転を実施することが、併せて発表されています。


概要は以下の通りです。

【「ひのとり」試運転】
・日程:
2021年7月19日(月)・21日(水)

【グッズ販売】
・場所:
賢島駅

・日時:
7月19日(月)、7月21日(水)〜24日(土)の10:30頃〜

・販売グッズ:
ステンレス製タンブラー、スマホカバー、トーt−バッグ、ラバーキーホルダー、缶バッジ


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC03420-2_R
▲特急「ひのとり」80000系。
7月には伊勢志摩方面への試運転が実施されます。


昨年3月に営業運転開始した、近鉄の名阪特急「ひのとり」。
登場後1年で、名阪特急のほぼ半数で運行されるようになり、すっかり沿線で見かける機会も増えてきたのではないか、と思われます。


一方で、この「ひのとり」80000系は、現在のところ大阪難波〜近鉄名古屋及び大阪難波〜奈良での運転に限られており、他線区での運転はこれまでのところ発表がありませんでした。

そんな中、伊勢中川以南の伊勢志摩方面、即ち山田線・鳥羽線・志摩線(伊勢中川〜賢島)での臨時列車としての運転が発表されました。
「ひのとり」の編成数に限りがあることもあってでしょうか、伊勢志摩方面へは臨時列車としての運転となりますが、何にせよ今後、「ひのとり」に乗車して伊勢志摩方面へ乗車できる機会ができることは確かなようです。

またそれに先立ち、「ひのとり」の賢島方面への試運転予定も発表されています。
昨今に限った話ではありませんが、珍しい列車が走るとファンが集まってしまうことから、こういったイレギュラーな試運転計画は、通常は発表しないと思われますが、そこを敢えて発表しているところが、興味深くも感じます。


伊勢中川以南の区間では、伊勢湾や英虞湾といた、海が見える区間があるわけですが、ここを初めて「ひのとり」が走ることから、海と「ひのとり」の組み合わせの写真を撮影しようと、多くのファンが集まるのかも知れません。

それ以上に、今後同区間で予定されている「ひのとり」臨時列車が、どのような形で実施されるのかも、気になるところです。
団体臨時列車としての運転か、それとも通常の特急列車と同じく特急券を一般販売するのか等、気になる点もありますが、今後の発表を待ちたいところであります。



【関連ニュースサイト】
近鉄 志摩線など ひのとり 試運転 実施(2021年7月19日) - 鉄道コム
近鉄「ひのとり」賢島駅へ - 7/19から「ひのとり」グッズ臨時販売 | マイナビニュース
7月19日・21日〜24日 近鉄,賢島駅で「ひのとり」グッズを臨時発売|鉄道イベント|2021年7月9日掲載|鉄道ファン・railf.jp



【関連ブログ】
【近鉄】賢島ひのとり爆誕!前代未聞の試運転日発表 | 鉄道プレス
(※)「ひのとり・しまかぜ・伊勢志摩ライナー/汎用特急」の並びを賢島で見られるかどうか、記事中で考察されています。
併せてチェックしてみてはいかがでしょうか。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
このエントリーをはてなブックマークに追加

DIAGONAL_0001_BURST20210710141928128_COVER

CENTER_0001_BURST20210710142017346_COVER

DSC_2739

和泉鳥取(0739)-和歌山 普通 モハ224-5109 Wi-Fi○、更新-

和歌山市(1300)-難波 特急サザン 12002
大阪難波(1410)-桜川 普通 9521(近鉄)
汐見橋(1440)-岸里玉出 普通 2282
岸里玉出(1458)-新今宮 普通 2102
新今宮(1506)-天王寺 普通 クモハ322-15
天王寺(1519)-東岸和田 区間快速 クモハ224-5014
東岸和田(1554)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ223-2507

今日は午前中仕事の後、南海高野線の汐見橋駅へ向かいました。
目的は、つい最近現代版にリニューアルされた「観光案内地図」を見るためです。

観光案内地図の様子は、改めての記事でご紹介したいと思います。

帰りに新今宮駅で「スーパー・ニンテンドー・ワールド」ラッピングの323系に遭遇しましたので、紀州路快速を一本遅らせて撮影しました。

水色主体で、スーパーマリオの世界がそのまま車両に再現されたこのラッピング、走行中の姿も撮影できればと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡県の伊豆半島東岸を南北に走る伊豆急行。

車窓から見える海岸の風景は勿論のこと、「サフィール踊り子」E261系や「踊り子」E257系といったJR東日本からの乗り入れ車両に加え、同社保有車両でも前面展望が楽しめる「リゾート21」など、走りゆく車両のバラエティも楽しめる路線でもあります。


その伊豆急行では、この度JR東日本から209系車両を導入し、来春にも運行開始することを発表しました。

209系車両を導入します!|伊豆急行

導入される209系は、房総エリアで活躍していた車両で、既に伊豆高原駅に到着して、今後検査や改造などの準備を進めていくこととしています。

詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC06425-3_R
▲JR東日本209系電車
(内房線富浦駅)

JR東日本の209系は、主に京浜東北線に投入され、大量の103系を一気に置き換えました。
「重量半分・価格半分、寿命半分」というコンセプトが、一種の揶揄的な表現として使われることも多いこの209系ですが、民営化直後の厳しい経営状況のなか、大量の国鉄型電車を置き換える車両としては、十分に役目を果たしたのではないかと思います。

「寿命半分」というコンセプトが故に、京浜東北線に後継のE233系が投入されるとそのまま廃車、と思いきや、一部は房総エリアに改造投入され、第二の活躍の場が与えられることとなりました。

その房総エリアでも、E131系の投入で廃車、と思いきや今回、更にその一部が伊豆急行で第三の活躍の場を得ることとなりました。

まさか209系が投入後、他社に譲渡される日が来るとは、同系式の投入当初は誰が想像したか、といったところでしょうか。


209系投入に伴い置き換えられる伊豆急の車両は、現在のところ特に発表されていません。
現在、伊豆急には冒頭に記した「リゾート21」と、東急から譲り受けた8000系の2形式が運用されています。
このうち209系により置き換えられるのはどの編成になるのか。

今後の詳細は、後日発表があるとのことですので、引き続き注目しておきたいニュースであります。




【関連ニュースサイト】
JR東日本の209系電車 「桃太郎」のけん引で蘇我駅に現る 機関車を交換して伊豆急行へ | 乗りものニュース
伊豆急行、JR東日本209系導入 - 来春の運行開始めざし検査・改造へ | マイナビニュース
伊豆急行、房総エリアで活躍した209系を新たに導入 - 鉄道コム
JR東日本の房総用209系が伊豆急行で第2の人生…6両編成1本を搬入 2022年春から運用へ | レスポンス(Response.jp)



【関連ブログ】
千葉の209系が伊豆急に: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ