阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

DSC_0621

DSC_0625

DSC_0623

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-9 Wi-Fi○、更新×
和歌山(2251)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ225-5002 Wi-Fi○、更新-

今日も紀州路快速大阪行きの単独表示を見て帰ります。
やってきたのは225系5000番台でした。
昨日は223系0番台だったようでしたが、なかなか遭遇は難しいものですね…
このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄道友の会では、2021年のブルーリボン賞に近畿日本鉄道(近鉄)80000系を、ローレル賞にJR東日本E261系及びJR東海N700Sを選定したことを発表しました。

鉄道友の会選定  2021年ブルーリボン賞・ローレル賞決定 – 鉄道友の会

概要は以下の通りです。

【ブルーリボン賞:近畿日本鉄道80000系】
・選定理由:
名阪特急列車は広くゆったりした快適性を実現し、高品質で高機能な移動空間を提供してきました。「くつろぎのアップグレード」をコンセプトとする80000系は、これらをさらに追求しています。ビジネス、観光、お出かけなどの多様な利用用途に対応し、車内からの眺望を楽しむことができる一方、悠久の歴史を育む沿線の伝統的景観とも調和しており、完成度が極めて高く魅力あふれる車両であることを評価してブルーリボン賞に選定しました。
(上記発表資料(http://www.jrc.gr.jp/newsreleas/6085.htm)より引用、以下同様)

【ローレル賞:JR東日本E261系】
・選定理由:
最新技術を取り入れ、付加価値の高い移動空間と輸送ネットワークを提供する極めて完成度が高い車両としてローレル賞に選定しました。

【ローレル賞:JR東海N700S】
・選定理由:
技術、サービスの向上で日々多くの乗客を快適、安定的に輸送する車両としてローレル賞に選定しました。



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC03420-2_R
▲近鉄80000系「ひのとり」。
2021年ブルーリボン賞授賞に決定しました。


2020年3月14日に営業運転を開始した、近鉄の名阪特急「ひのとり」。
赤色基調の斬新なスタイルに、プレミアム車両・レギュラー車両ともにこれまでの近鉄特急よりも更にゆとりを追求した座席を装備した車両として、登場直後から高い人気を集めました。


また近鉄では、この「ひのとり」を一気呵成に増備し、この2月には停車駅の少ない名阪特急は、すべて「ひのとり」80000系で運転されることとなりました。


近鉄自身もコロナ禍で苦しい経営の中、当初の予定を変更せずに「ひのとり」に置き換えたところからみても、やはり同社の「ひのとり」にかける期待が大きいものと感じましたが、その「ひのとり」も含む2021年ブルーリボン賞(2020年営業運転開始車両対象)でも勿論ノミネートされており、4月に投票された結果が、本日発表となりました。



結果は、やはりというべきか、最優秀車両である「ブルーリボン賞」に選ばれることとなりました。
前評判の高い車両である一方、今回は「サフィール踊り子」「WEST EXPRESS 銀河」といった、ファンにも注目の車両が多くノミネートされていたこともあり、激戦も予想されましたが、そんな中でも栄えある「ブルーリボン賞」を獲得できたのは、個人的も嬉しく感じた次第です。


私自身、「ひのとり」については、この鉄道友の会主催の撮影会に参加したこともあり、強い思い入れがあったことは事実であるだけに、半ば予想通りとはいえ、授賞できたことは本当によかったと思いますし、嬉しく感じています。


また近鉄では、今回の受賞について、早速プレスリリースを発出しており、同社の力の入れようが分かるものであるといえます。
名阪特急「ひのとり」 2021年ブルーリボン賞の受賞決定!|近畿日本鉄道

上記発表資料によると、近鉄のブルーリボン賞受賞車両は、今回の「ひのとり」で9回目となり、そのうち名阪特急車両としては、10100系(2代目ビスタカー)、12400系(サニーカー)、30000系(3代目ビスタカー)、21000系(アーバンライナー)、21020系(アーバンライナー・ネクスト)が受賞しているとのことです。

また、「ローレル賞」についても、東海道新幹線の正統進化である「N700S」、「スーパービュー踊り子」の後継として、観光地へ向かう楽しみを盛り込んだ「サフィール踊り子」と、順当な選定結果なのではないか、とも感じた次第です。




詳しい授賞理由や得票数結果などは、6月に発行予定の鉄道友の会会誌「RAIL FAN」に掲載されると思われますので、手元に届き次第、ご紹介できればと思います。

毎年恒例のブルーリボン賞・ローレル賞ではありますが、今回も無事選定車両が決定されたことに、鉄道友の会の事務局の方々のご尽力に感謝するとともに、私自身会員の特権として今回の投票に参加できたことを、有意義に感じつつ、来年はより多くの方々にこの投票に参加していただければ嬉しいな、とも感じた次第であります。




【関連ニュースサイト】
2021年の最優秀鉄道車両は近鉄特急「ひのとり」に決定 鉄道友の会「ブルーリボン賞」 | 乗りものニュース
近鉄特急「ひのとり」がブルーリボン賞に選出、ローレル賞にはN700S・サフィール踊り子 - 鉄道コム
近鉄「ひのとり」(80000系)ブルーリボン賞、受賞記念コメント発表 | マイナビニュース
2021年ブルーリボン賞は近鉄特急「ひのとり」に 「しまかぜ」以来7年ぶり9回目 | 鉄道ニュース | 鉄道チャンネル
最優秀鉄道車両に近鉄80000系『ひのとり』…ブルーリボン賞&ローレル賞選定 2021年 | レスポンス(Response.jp)
2021年ブルーリボン賞・ローレル賞決定|鉄道ニュース|2021年5月26日掲載|鉄道ファン・railf.jp



【関連ブログ】
【速報】2021年度ブルーリボン賞は「近鉄 ひのとり」が受賞! | 鉄道プレス
【祝】近鉄「ひのとり」ブルーリボン賞決定! : 近大鉄研デジタル通信



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
このエントリーをはてなブックマークに追加


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5028 Wi-Fi○、更新-
和歌山(2120)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ225-5122 Wi-Fi○、更新-
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0617_1

DSC_0618
DSC_0619


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5027 Wi-Fi○、更新○
和歌山(2251)-和泉鳥取 紀州路快速 クハ222-2513 Wi-Fi○、更新○


ここ最近日課となりつつある、和歌山22時51分発紀州路快速大阪行きに本日も乗車です。

今日もありがたく、「大阪」単独表示を見ることができました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0609

DSC_0611

DSC_0615

DSC_0616

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-17 Wi-Fi○、更新○
和歌山(2251)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ225-5005 Wi-Fi○、更新-


今日もまた、和歌山22時51分発の紀州路快速大阪行きで帰宅です。

この列車も運行回数を重ねるに連れ、和歌山駅で「大阪」表示を出すようになってました。
この調子で、223系0番台(旧)の表示も記録できればいいのですが…
このエントリーをはてなブックマークに追加

叡山電鉄では、芳文社発行の漫画雑誌「まんがタイムきらら」とのコラボ企画「きらら×きららプロジェクト」第30弾企画を実施することを発表しました。
なお今回のコラボ企画では、開始から10年を迎えることを記念し、2021年6月12日(土)から2022年6月12日(日)までの約1年間を「きらら×きららプロジェクト10周年」として、10年間の歴史を感じて楽しめるような取り組みを実施することとしています。

きらら×きららプロジェクト10周年コラボ企画を実施します|叡山電鉄

概要は以下の通りです。

【「きらら×きららプロジェクト10周年」コラボ記念車両】
◎概要
運行期間:2021年6月12日(土)〜2022年6月12日(日)(予定)
車両番号:813-814号車

◎実施内容:
・コラボポスターの掲出
・コラボヘッドマーク掲出
eiden_kirara_30th
▲コラボヘッドマークイメージ
(上記発表資料(https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2021/05/news_2021.05.21.pdf)より引用、ⓒ伊藤いづも・かきふらい・Koi・得能正太郎・原悠衣/芳文社)


【きららコラボ缶バッジ販売】
◎概要
・販売期間:
2021年6月12日(土)〜2021年8月31日(火)(予定)

・販売金額:
400円

・販売場所:
出町柳駅改札内カプセルトイ販売機


【コラボヘッドマーク掲出運行実施】
過去に製作した「まんがタイムきらら」作品のコラボヘッドマーク展示、及び一部のコラボヘッドマークを掲出

・実施日:
2021年7月3日(土)

・掲出列車:
叡山本線(出町柳〜八瀬比叡山口)の営業列車

・掲出方法:
八瀬比叡山口駅で交換し、1往復ずつ掲出予定

(※)詳細は後日、叡山電鉄Webサイトで告知


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



アニメ「けいおん!」とのコラボ企画からスタートしたこの「きらら×きららプロジェクト」ですが、早いもので10周年、そしてコラボ企画は30弾を数えることとなりました。

その「第1弾」ともいうべき「けいおん!」とのコラボは、楽器型乗車券とヘッドマーク付き列車の運転といったものでありました。
当ブログでも、10年前の「けいおん!」コラボの記事をご紹介しています。


当時は「けいおん!」だけの一発もののコラボで、まさかこれが10年も続くとは、当時は予想だにできなかったものと思われます。

これだけ続いたのもひとえに、「まんがタイムきらら」という様々な作品が掲載され、そして多くの作品がアニメ化されるという、一種特別な媒体であること、そして何より何度となく実施されるコラボ企画に毎回足繁く訪問する熱心なファンによるものだ、と感じています。

今回、このコラボ企画が30弾・10周年を迎えるにあたり、コラボ記念車両が運行されることとなりますが、その運行期間は約1年間と、「きらら×きららプロジェクト」のヘッドマーク掲出としては長期に渡るものであるといえるでしょう。

加えて、7月3日(土)には過去の「まんがタイムきらら」作品のヘッドマークを順繰りに掲出する運行が実施されることとなりますので、様々な作品のヘッドマークをひとところで見ることができる、貴重な機会といえるでしょう。

「コラボヘッドマーク掲出運行」の詳細は後日発表されることとなっていますが、八瀬比叡山口駅での展示も期待できるだけに、条件があれば見にいくことができればいいな、とは思っています。


新型コロナウイルス感染症の影響に加え、昨年の大雨による土砂災害による運転見合わせもあり、厳しい経営状況である叡山電鉄ですが、長年続いてきたこのコラボ企画が今後も続いていくよう、私としても可能な限り訪問して叡電を応援していきたいと思った次第であります。




【関連ニュースサイト】
叡山電車、「きらら×きららプロジェクト」10周年。「まんがタイムきらら」コラボのヘッドマーク・缶バッジ - トラベル Watch
叡山電鉄 まんがタイムきららコラボ10周年記念車両 運転(2021年6月12日〜) - 鉄道コム
叡山電鉄 きららコラボヘッドマーク 掲出(2021年7月3日) - 鉄道コム




【関連ブログ】
【叡山電鉄】きらら×きららプロジェクト10周年コラボ企画実施 - kqtrain.net(京浜急行)




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
このエントリーをはてなブックマークに追加

JR西日本では、北陸本線で運行してきた「SL北びわこ号」について、今後の運行を終了することを発表しました。

「SL北びわこ号」の運行終了について:JR西日本

概要は以下の通りです。

【運行終了の理由】
・SL北びわこ号で使用している車両では、煤煙の影響の少ない寒気が困難なため、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を十分に行う見込みが立たないこと。
・部品の入手等、保守に苦慮していること。

【その他】
「SL北びわこ号」の営業運転は終了するが、SL検査後の本線試運転を行う場合は、これまで同様北陸本線を走行する予定。



詳細は、上記発表資料をご覧ください。



JR西日本では、山口線で「SLやまぐち号」を運行していますが、それに加えて北陸本線でも「SL北びわこ号」を運行してきました。

「やまぐち号」では、老朽化した客車の置き換えとして35系新型客車を投入するとともに、梅小路運転区内にSL専用検修庫を設け、持続的なSL動態保存のための体制を整備してきました。




そんな中、突然の「SL北びわこ号」運行終了のニュースに驚いた方も多いのではないかと思われます。

発表資料によりますと、運行終了の理由は客車の換気が難しくなってきたこと、また老朽化による部品入手の困難さが挙げられています。

SL北びわこ号に使用されている12系客車は、昭和40年代に製造された車両で、既に半世紀近く運用されてきています。
勿論、ほとんどの車両が廃車となっているだけに、代替部品の入手困難は用意に想像がつくものであります。

それならば、「やまぐち号」のように新型客車の投入を、と願うファンもおられることと思いますが、新型コロナウイルス感染症の影響で未曾有の経営危機に陥り、構造改革が必至のJR西日本にとって、「やまぐち号」に加えてのSL用客車の投入は、昨今の経営状況からすれば、あまりにも厳しいものでありましょう。

琵琶湖湖岸を走るSLの姿をもう見ることができない(但し本線試運転を見る機会はありそうです)のですが、残る「SLやまぐち号」が末永く運行されるよう、ファンとしては少しでも応援・支援していきたいところであります。




【関連ニュースサイト】
JR西、関西唯一のSL列車「SL北びわこ号」の運転を終了 - 鉄道コム
JR西日本,“SL北びわこ号”の運転を終了|鉄道ニュース|2021年5月22日掲載|鉄道ファン・railf.jp
JR西日本「SL北びわこ号」運行を終了 - 感染症対策の見込み立たず | マイナビニュース
コロナ禍でSL列車に明暗…北陸本線では終了、釜石線では再開 | レスポンス(Response.jp)
煙で新型コロナ対策の換気 難しく SL列車が運行終了 JR西「SL北びわこ号」 | 乗りものニュース
JR西日本,“SL北びわこ号”の運転を終了|鉄道ニュース|2021年5月22日掲載|鉄道ファン・railf.jp



【関連ブログ】
【JR西日本】「SL北びわこ号」運行終了 - kqtrain.net(京浜急行)
Msykの業務(鉄道)日誌:「SL北びわこ号」の運行が終了へ
「SL北びわこ号」運行終了&「Aシート」指定席増加: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
このエントリーをはてなブックマークに追加

HORIZON_0002_BURST20210523071453843

DSC_0605

DSC_0608

和泉鳥取(0654)-和歌山 普通 サハ223-109 Wi-Fi○、更新○

宮前(1705)-和歌山 普通 モハ224-5102
和歌山(1829)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ223-7 Wi-Fi○、更新○

今日も朝から夕方まで仕事でした。
これで7連勤であります。

和歌山駅では、土休日ダイヤではありますが、併結作業を見てからの出勤です。

帰りは都合により、宮前駅からの帰宅です。
向かい側ホームに到着の223系0番台リニューアル車を記録であります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも当ブログ「阪和線の沿線から」へご訪問いただき、ありがとうございます。

皆様へのご報告です。

本日、当ブログの2007年10月からの累計アクセス(ユニークユーザー)数が400万件を達成しました。

sketch-1621676420329
▲400万件(ユニークユーザー数)達成後の画像


これまでも節目のアクセス(ユニークユーザー数)の際には、このようなご報告をさせていただいており、前回、300万件のご報告を行ったのが、2019年9月のことでありました。


それからおよそ1年9ヶ月で、更に100万アクセスを達成したわけですが、前回(100万件→200万件)の達成に2年2ヶ月を要したことと比較すると、かなり早いペースであることが分かります。

ただこれは、この間に最多の月間13万PV数を計上した月もあったりと、当ブログの量はともかく、質的にこれだけのアクセスを集めていたのが不思議なほどの記録が続いたことがあっただけに、今後はもう少し緩いペースでアクセス数を積み重ねていくものと思われます。
(参考)



以前から書いていますとおり、このブログは管理人の私が、交通関係のニュースや旅行記、きっぷや鉄道書籍の購入報告、そして何より大事なのが毎日の乗車記録を刻々と記録していくブログであります。

そのため、特にアクセス数を増やすような取り組みを行っておらず、むしろそういった取り組みに時間をかけるならば、より多くの記事を残していきたい、そういったある意味「読者第二、管理人第一」を姿勢に続けてきました。

そんな姿勢でありながら、今なお2000弱のPV数をいただけていることは、本当に読者の皆様に感謝する次第です。
自分のために、そして読者の方々に、少しでも有益な情報を残していくことができればいいな、というのはブログ開始時から変わっていませんし、今後もその方針は貫き続けたいと思います。


当ブログは、この9月で開設17年を迎えます。
開設20周年も視野に入ってきましたが、アクセス数に一喜一憂することなく、一方で定期的にアクセスいただく方々を裏切らない真摯な姿勢で今後も記事を書き続けていきたいと思います。

今後とも、引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。


「阪和線の沿線から」管理人 hanwa0724



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0602_1

DSC_0603_1

和泉鳥取(0815)-和歌山 普通 サハ223-102 Wi-Fi○、更新×
和歌山(1829)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ223-105 Wi-Fi○、更新×

今日も今日とて仕事です。
帰りに和歌山駅のホームで待っていると、223系0番台がやってきました。

丁度種別幕を回し始めたので、レアなものが回ってきたタイミングで写真を撮ってみました。

こういう光景も、リニューアルによるLED化で過去のものになるので、目にすることができるうちに、を心がけたいところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ