阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

【JR西日本】新型電気式気動車「DEC700」が姫新線で初の営業運転(2024.9.28〜11.24)

JR西日本では、2021年度に電気式気動車「DEC700形」を導入し、各所で試運転や性能確認試験を行ってきています。
(参考)


この度、このDEC700が同社の姫新線(津山〜新見間)で初の営業運転を実施することが発表されました。

「森の芸術祭 晴れの国・岡山」期間中の列車アクセスを充実します!:JR西日本

概要は以下のとおりです。

【DEC700運行列車概要】
●列車名:
「快速 ハレのモリ」

●運転日:
2024年9月28日(土)〜11月24日(日)の土日祝

●運転区間:
姫新線・津山〜新見間(各日1往復)

●運転時刻:
(下り)
津山発8:28⇒新見着10:36
(上り)
新見発15:48⇒津山着17:36

●座席種別:
普通列車自由席

●使用車両:
DEC700
2024052821-16-242
▲DEC700の外装及び車内
(上記発表資料(https://www.westjr.co.jp/press/article/items/240527_00_press_forestfestivaloftheartsokayama_2.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



導入から3年が経過しようとしているJR西日本のDEC700ですが、これまで試運転等の目撃報告はSNS上に上がっていたりしているものの、これまで一般の旅客が乗車できる機会というのは、特に設けられていなかったものと思われます。

今回、「「森の芸術祭 晴れの国・岡山」(https://forestartfest-okayama.jp)の開催にあたり、岡山県北部を中心とする会場へのアクセス向上を目的に、様々な臨時列車が設定されますが、その中にこのDEC700を使用した臨時列車も運転されることとなりました。

運転区間は、上述のとおり姫新線の津山〜新見間となっており、ダイヤは津山発が朝、新見発が夕方となっています。

朝の津山発は、8:28発と、津山または岡山(岡山6:36発快速「ことぶき」から接続)に前泊しておかないと間に合いませんが、一方で夕方の新見発は15:48発と、新見駅で上下の特急「やくも」に接続していることから、新型車両「273系」と組み合わせてDEC700の乗車を楽しむことができそうです。


上記発表資料によれば、「おトクなきっぷ商品なども検討中」とのことですので、これから発表されるおトクなきっぷなどを活用して、岡山県北部に走り始めた新型電気式気動車に乗りに行くのも楽しいな、と感じたニュースでありました。




【関連ブログ】
【JR西日本】「DEC700」初の営業運転を実施へ! - 鉄道プレス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)

20240528_083007


和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5119
和歌山(1858)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ223-2516

今朝和歌山駅に到着したところ、向かい側の4番のりばに、287系3両編成の団体列車が停車していました。

例年この時期に見られる修学旅行の集約臨時列車のようでした。

【JR西日本】「懐鉄」シリーズ第3弾追加企画で113系福知山色を運転(2024.6.5〜)

JR西日本では、「懐鉄(なつてつ)」シリーズとして、「入場券」「料金券」「リバイバル列車」の企画を実施してきましたが、今回第3弾「リバイバル列車」の追加企画として、北近畿エリアで活躍した「リバイバル列車」を運転することを発表しました。

「懐鉄」シリーズ【第3弾】追加企画!!! 「リバイバル列車」の運転について :JR西日本

概要は以下のとおりです。

【企画内容】
既存の113系(2両)を、福知山色に塗り替えて運転。

【運転期間】
2024年6月5日(水)〜当面の間
(※)福知山6時8分発普通列車城崎温泉駅行きから運転開始予定。

【運転区間・対象列車】
山陰本線:城崎温泉〜綾部間
舞鶴線:綾部〜東舞鶴間
の普通列車を中心に運転。
対象列車の運行情報等は、下記Webサイトで別途掲載予定。
https://www.jr-odekake.net/railroad/natsutetsurevival/


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



昨年10月より、JR西日本が実施している「懐鉄」シリーズの「リバイバル列車」企画。
「115系瀬戸内色」や「381系緑やくも色」と、民営化間もない頃の懐かしい塗色を、これまた当時から運行されている車両に施した、懐かしさを感じさせる企画となっています。

上述のとおり広島・岡山地区での実施でしたが、今回追加企画として、北近畿地区の113系2両編成に「福知山色」を施すこととなりました。

この「福知山色」は、国鉄民営化直前の1986年11月に福知山線・山陰本線の宝塚〜福知山〜城崎(当時)が電化された際に投入された113系に施されたカラーでありました。

今では信じられない話かも知れませんが、当時の福知山線では、大阪駅までこの113系福知山色2両編成の列車が乗り入れていました。
当時であっても6両や8両など、それなりの両数の列車が発着していた大阪駅に、2両編成の113系が発着していたのは、ある意味大都会のギャップ、とも思える風景に、子供ながら感じていました。

ただ、この2両編成、ラッシュ時には尋常ではない混雑で苦情が殺到していたこともあり、輸送改善が早期に図られていった模様で、それと相前後して、この福知山色も割と早い時期に見られなくなってしまった記憶があります。

今回、この北近畿地区に初めてやってきた「電車」のカラーが再現されることとなります。
運行予定は上記運行情報Webサイトにも掲載されていますので、いわゆる「乗り鉄」を初めて間もない頃によく見た「福知山色」を、久々に見にいくのも面白いな、と感じたニュースでありました。

img577-2
▲手元にあった、「113系福知山色」の写真をご紹介します。
この写真は1990年3月31日に、この日限りで廃止となる「鍛冶屋線」に乗りに行こうと、福知山線経由で谷川まで向かった際に、乗り換えとなる篠山口駅で撮影した一コマでした。

方向幕の「快速|福知山」というのが特徴で、当時は大阪〜福知山間を直通する快速列車が、1時間に1本程度運行されていました。
翻って現在では、多くの列車が篠山口で系統分割され、福知山線を通して運行する列車は少なくなっています。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0719)-和歌山 紀州路快速 モハ224-5005
和歌山(1928)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ223-2508

鉄道ジャーナル2024年7月号を読む(上)「【特集】都市の直通運転」

こちらの記事でもご紹介したように、この5月に発売された鉄道雑誌を3冊購入し、読み終わった順に当ブログでご紹介してます。

続いてご紹介するのは、鉄道ジャーナル2024年7月号 特集「都市の直通運転」です。
DSC_0000_BURST20240525195309232


今回取り上げられた「直通運転」は、大阪や東京で実施されている大手・準大手事業者どうしの直通運転をターゲットに、その歴史や現状が紹介されています。

関西地区の事例としては、
・北大阪急行 地元待望の箕面延伸開業(鶴通孝)
・近鉄特急、夢洲へ Osaka Metroへの乗り入れ構想(鶴通孝)
・15周年を迎えた阪神なんば線(伊原薫)
(カッコ内は著者名、敬称略。いずれも本号目次より引用)
が挙げられます。

また関東地区の事例としては、
・東急を中核とする首都圏の直通ネットワークの発展(土屋武之)
・相互直通運転 直通車両統一規格の実際(柴田東吾)
・執念の開業から空港アクセスの隆盛まで 浅草線の建設と運転(岩成正和)
(カッコ内は著者名、敬称略。いずれも本号目次より引用)
となっています。

個人的には、「阪神なんば線」(伊原薫氏)、「都営浅草線」(岩成正和氏)の特集記事が、その建設に至るまでの歴史を丹念に説明しているところが、大変参考になりました。

「阪神なんば線」は、かつての「伝法線」をはしりに「西大阪線」と後年改称されましたが、終点の西九条駅のターミナル機能の薄さもあり、長年阪神の支線としての認識が強いように感じていました。

しかしその位置づけを大いに変え、今や神戸と奈良を結ぶ大動脈となった「阪神なんば線」。
そのインパクトは、本稿でも「進学先の選択肢を増」やし、「人々の人生をも変えた」(いずれも本号P66より引用)と著者がまとめていることからも、私の持っている感覚と軌を一にしていると感じました。


そしてもう一つの「都営浅草線」は、著者自身が東京都職員であることもあり、東京都(市)の都市交通のはしりを、それこそ「都営地下鉄前史」(本号P68より引用)と、ページを割いて丹念に説明しているところが、大変参考になりました。

当ブログ記事を書くにあたり、改めてページ数を確認したところ、16ページ中着工までに費やしたページが7ページ半とほぼ半分を費やしているところから、「浅草線」のみならず、「東京都営地下鉄 着工までの歴史」というサブタイトルでも全く問題ないくらいに網羅網羅された内容となっていました。

関西地区で生まれ、育った私にとっては、東京に同じ地下鉄が「営団」と「都営」の両方が存在し、そして「都営」よりも「営団」の方がずっと規模が大きいことに、大いなる違和感を抱いていました。
こちら大阪では、大阪市営地下鉄が地下鉄路線を一手に掌握していたので、地下鉄=公営単独という前提から考えると、「どうして都営はこんなに少ないのか」と不思議にも思っていました。

大人になった今は、そのあたりの事情は粗方理解していた「つもり」でしたが、今回改めて岩成正和さんの記事を読むと、「どうして都営地下鉄がこんなに少ないのか」という理由が理解できたので、本当に有益に感じました。


「直通車両統一規格の実際」(柴田東吾氏)では、東京メトロ千代田線と、同線に相互直通運転を行う小田急電鉄及びJR東日本(←国鉄)の、直通車両を用意するに当たり、様々な実務面(覚書、保守、仕様etc)から、直通車両の「特別な」点を網羅している点でも、読みごたえのある内容でありました。

本稿では、千代田線を中心とした内容ではありますが、相互直通運転を実施している事業者では、多少の差はあれど、どれも相互直通運転を実施するための実務を、実際の車両設計に落とし込む点で各事業者が苦心しているのだな、とういことを改めて実感しました。


「北大阪急行 地元待望の箕面延伸開業」(鶴通孝氏)では、開業間もない北急・千里中央〜箕面萱野について、著者が実際に乗車して、延伸開業区間の街の特徴(元々市街地が形成されていた点、箕面市自体に高層建築が少ない点)や、延伸開業区間のスキーム(箕面市内が軌道法に準拠している)など、私自身も実際に乗車したとは言え、様々な点を見逃していたことを改めて痛感し、著者の洞察の深さを実感した次第でした。

以上、特集記事の概要をかいつまんでご紹介しましたが、いずれも読みごたえ、学びになる内容であると感じました。



…と、いつもの雑誌紹介ですと、これくらいの内容やタッチで終わるものなのですが、今回の「鉄道ジャーナル」では、いつもどおりのポジティブな評価がすんなりとはできない、それくらい目を覆いたくなる記事がありましたので、そちらにも触れないわけにはいきません。

こちらについては、改めてのブログ記事でご紹介したいと思いますので、ひとまず「特集」記事のご紹介は以上とし、続きは改めてブログにアップする「(下)」記事でご紹介したいと思います。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

鉄道ダイヤ情報2024年7月号【特集】南海電気鉄道を読む

今月21日に発売された鉄道雑誌では、関西地区の鉄道を取り上げた特集が多かったので、都合3種類(鉄道ダイヤ情報、鉄道ジャーナル、鉄道ピクトリアル)を購入しました。
これだけまとめて購入したのは、久々だったと思います。
DSC_0003_BURST20240522203902279


ボリュームも相当ありますので、読み終わった順にご紹介していきたいと思います。

まずは「鉄道ダイヤ情報」。
今月の特集は我が地元、「南海電気鉄道」です。
20240524_230706


鉄道ダイヤ情報は、「乗るたのしみ・撮るたのしみ応援マガジン」のキャッチフレーズ(同書表紙より引用)と、いわゆる「撮り鉄」向けの要素が強い雑誌で、一昔前までは車両メーカーから鉄道事業者へ新製車両を輸送する「甲種車両輸送」の予定を掲載していたのは、記憶に新しいところです。
(参考)



今回の南海電鉄の特集でも、撮影に役立つ情報として、同社の車両ダイジェストガイドで、泉北高速鉄道を含めた車両をカバーしていますが、それ以上に読み物としての中身も充実しているな、と感じたのが、今号特集を読み通して抱いた感想です。

伊原薫氏による南海線の概説と加太線の歴史の詳説、栗原景氏による高野線の概説と、同線を通しで運転する「大運転」急行列車の乗車記など、沿線ファンは勿論、日頃南海電鉄に馴染みのないファンにとっても、両線の魅力が分かる構成となっています。


そして、当ブログで特に推したいのが、土屋武之氏による「泉北高速鉄道とは、どんな鉄道か」
当ブログの読者にとっては、南海電鉄と泉北高速鉄道とのつながりは、十分理解いただけていると思うのですが、関西地区外のファンにとっては、金色の「泉北ライナー」では知ってはいるものの、それ以上に深く認知されているのか、とも言えないとも限らない「泉北高速鉄道」。

この特集記事では、わずか4ページではありますが、泉北高速鉄道の歴史や現行車両の紹介、そして現行ダイヤにおける種別の解説と、限られた紙幅で、泉北高速鉄道の概要をコンパクトにまとめられています。

下記記事でご紹介したように、この泉北高速鉄道は、2025年度の早期に南海電鉄との経営統合が予定されており、「泉北高速鉄道」としての社名は消滅することが予定されています。
(参考)


今回の特集は、もしかすると「泉北高速鉄道」という社名が特集のタイトルとして飾るのが最後かも知れません。
そういう意味でも、泉北高速鉄道ファンにとっても是非購入して残しておきたい一冊でありましょう。



冒頭に記したように、この「鉄道ダイヤ情報」は、いわゆる「撮り鉄」をメインターゲットとした雑誌といえますが、今回の特集で掲載されている写真も、ファンが難なく撮影できる場所から撮影したものを掲載しているのにも、気がつきました。

どんな場所から撮影しているかは、是非本書を手に取って確かめていただければと思うのですが、当ブログでも過去に紹介した撮影地の写真も少なからず見つけることができました。

「あ、ここで撮影したことあるわ!!」とページをめくりながら頷いたり、一方で「こんな所でもこんな構図で撮影できるんや!」と、今後のブログ素材の撮影でも活用できる、有意義な一冊であると感じました。

鉄道ダイヤ情報 2024年 07月号 [雑誌]
鉄道ダイヤ情報編集部
交通新聞社
2024-05-21



鉄道ダイヤ情報2024年7月号【南海電気鉄道】
鉄道ダイヤ情報2024年7月号【南海電気鉄道】



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)


20240524_210213


和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5139
和歌山(2104)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5005

今日は少し残業となりました。
帰りは和歌山駅で283系オーシャンアローにご対面でした。

【鉄道友の会】2024年ブルーリボン賞は東武鉄道「スペーシアX」、ローレル賞は宇都宮ライトレール「HU300形」、大阪メトロ「400系」に決定

鉄道友の会では、2024年のブルーリボン賞及びローレル賞の授賞車種を発表しました。

鉄道友の会選定  2024年ブルーリボン賞・ローレル賞決定 – 鉄道友の会

概要は以下のとおりです。

【ブルーリボン賞】
東武鉄道株式会社 N100系(スペーシアX)
(選定理由)
同社のフラグシップ車両に相応しい存在感溢れる外観フォルム、現代トレンドと江戸・日光の歴史文化を融合させた秀逸なデザイン、多彩なバリエーションを誇る機能美に優れた客室設備、最新および実績のある機器類をバランスよく配し、安定した走行・運用を実現するなど、多くのファクターが高い水準でまとめられた車両であり、会員からも高い支持を得たことからブルーリボン賞に選定。

【ローレル賞】
宇都宮ライトレール株式会社 HU300形
(選定理由)
本車両は、新規開業のLRT路線における、インパクトのあるデザインの車両であることから、社会的にも大変に注目されるとともに、次世代のLRTを期待させるポテンシャルの高さからローレル賞に選定。
なお、会員投票でも1位とほぼ同数の1000票を超える60%以上の支持を受けている。

大阪市高速電気軌道株式会社 400系
(選定理由)
400系が既存系列の車両とは一線を画すデザイン性と多様な需要に応える設備を兼ね備えた車両であることを評価し、ローレル賞に選定。


詳細は、上記発表資料をご覧ください。



DSC_0008_BURST20230811150037085_R
▲2024年ローレル賞受賞が決定した大阪メトロ400系

DSC00522
▲同じく、2024年ローレル賞受賞が決定した、宇都宮ライトレールHU300形


下記記事でご紹介したように、今年のブルーリボン賞・ローレル賞投票は、東武鉄道「スペーシアX」、宇都宮ライトレール「HU300形」、そして大阪メトロ「400系」といった、鉄道ファンのみならず一般の利用者にとっても話題になった車両がノミネートされていました。


結果は上述のとおり、会員からの得票数から決定される「ブルーリボン賞」は、東武鉄道「スペーシアX」が、得票数などを元に審査委員が決定する「ローレル賞」は宇都宮ライトレールHU300型と大阪メトロ400系が受賞しました。

先の記事でも個人的に記したように、この3車種が人気を集める、いわば三つ巴の争いになるのではないか、と思っていたところ、ある意味予想どおり、そして期待どおりの受賞となりました。

特に大阪メトロ400系は、その斬新なスタイルや、地下鉄車両としては珍しい「クロスシート」を設置するなど、来年開催される「大阪・関西万博」へのアクセス車両として、その個性を十二分に発揮する車両と感じていますので、今回のローレル賞受賞は、地元・大阪の車両という意味でも嬉しいと感じています。

大阪メトロと、その前身の大阪市交通局では、過去に堺筋線60系(1970年)、長堀鶴見緑地線70系(1991年)と、いずれも万博会場(大阪万博(1970年)、大阪花博(1990年))への会場アクセス輸送として投入された車両がローレル賞を受賞してきましたが、今回の400系も、2025年大阪・関西万博への会場アクセス輸送を担う車両が受賞することとなりました。


例年ですと、授賞発表の翌月初頭に発行される鉄道友の会の会誌「RAIL FAN」誌上で、投票結果等が明らかになると思われますので、当ブログでも続報としてご紹介したいと思います。

この度受賞された東武鉄道、宇都宮ライトレール、そして大阪メトロの関係者のみなさま、おめでとうございます。
と同時に、受賞記念のグッズ販売や撮影会開催など、鉄道ファンが投票した結果の受賞を記念したイベントの開催も、期待していますので、是非とも実現していただければ嬉しいですね。



【関連ブログ】
【速報】大阪メトロ400系、初のローレル賞を受賞! | Osaka-Subway.com
⏫大阪市営地下鉄・大阪メトロを取り上げられているサイト「Osaka-Subway.com」さんも、お祝いのメッセージを掲載されています。



【受賞決定各事業者のポスト】








↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5106
和歌山(1913)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ225-5027

今日の乗車記録


DSC_0009_BURST20240522085655766



和泉鳥取(0624)-和歌山 普通 モハ224-5126
和歌山(0653)-宮前 普通 クモハ223-3
宮前(0844)-海南 普通 モハ224-5002
海南(0857)-紀伊田辺 特急くろしお1号 クモハ287-19

紀伊田辺(1232)-和歌山 くろしお20号 クモハ287-15
和歌山(2043)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5003

今日は朝から出張が続きました。
早朝から宮前駅で下車したあと、今度は海南駅から特急「くろしお」に乗って紀伊田辺へ。

その後は和歌山へとんぼ返り、となかなか忙しい一日でした。
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ