阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッター
アカウントをご利用下さい。

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-103 Wi-Fi○、更新×
和歌山(2120)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5028 Wi-Fi○、更新-

近畿日本鉄道(近鉄)では、下記記事でご紹介したように、1990年に導入した団体専用車両の「楽」を30年ぶりにリニューアルしたところで、既に試乗会が開催されたり、今週末には撮影会が予定されています。


この度、このリニューアルした「楽」を、個人でも利用できる臨時列車として運転することが発表されました。

リニューアルした「楽」を臨時列車として運転します|近鉄

概要は以下の通りです。

●運転日:
2020年9月19日(土)、20日(日)、21日(月・祝)、22日(火・祝)、26日(土)、27日(日)

●運転区間:
大阪上本町〜五十鈴川

●停車駅:
鶴橋・大和八木・伊勢市・宇治山田
(※)乗車・降車は以下の区間のみ有効:
・往路:
大阪上本町〜大和八木:乗車のみ
伊勢市〜五十鈴川:降車のみ
・復路:
五十鈴川〜伊勢市:乗車のみ
大和八木〜大阪上本町:降車のみ

●運転時刻:
・往路:
大阪上本町9:28発→鶴橋9:31発→大和八木10:10発→伊勢市11:46着→宇治山田11:48着→五十鈴川11:53着

・復路:
五十鈴川16:34発→宇治山田16:37発→伊勢市16:39発→大和八木18:26着→鶴橋19:16着→大阪上本町19:19着

●臨時列車「楽」利用券発売:
・発売期間:
9月8日(火)5時30分〜9月27日(日)まで

・発売額:
大人400円、子供200円
(別途乗車区間に応じた乗車券が必要)

・発売枚数:
各列車70枚

・発売箇所:
近鉄主要駅(特急券発売駅の窓口)

●リニューアル「楽」イメージ:
kintetsu_raku_renewal_extratrain
▲上記発表資料(https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/rakurinnjireltusha.pdf)より引用)



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



登場後約30年ぶりにリニューアルが実施された「楽」ですが、リニューアルして間もないうちから早速、個人でも利用できる臨時列車として運転されることが発表されました。

運転期間は秋の4連休(9月19日〜22日)も含む土休日で、運転区間は大阪上本町〜五十鈴川間と、割と長い距離での運転になることから、リニューアルした「楽」の乗り心地を楽しむには十分すぎるくらいの所要時間になるかと思われます。

また、今回設定された「楽」の臨時列車を利用する際に必要な「利用券」も400円(大人)で購入可能なことから、この9月の連休に、どこかへ出かけたいな、と思っている方には、格好の臨時列車なのではないかと思われます。

収容力も自慢の「楽」でありますが、新型コロナウイルス感染症予防対策ということもあり、乗客どうしの密接を避けることから、座席定員164名とのところを、その半数にも満たない70人分の発売となることも発表されています。
先のリニューアル試乗会に乗れなかった方も多くいらっしゃるかと思いますので、今回の「楽」臨時列車も人気が集まることが予想されるだけに、早いうちに利用券を購入しておいた方がいいかも知れません。


本来ならば、多数の団体臨時列車としてリニューアルされたばかりの「楽」が引っ張りだこ状態であったものと思われますが、新型コロナウイルス感染症の影響により団体旅行は急激に縮小したこともあり、今回このような臨時列車が設定されたのかも知れません。

元が団体臨時列車用なだけに、なかなか乗る機会を捉えるのが難しい「楽」でありますが、こういった臨時列車運用も狙って乗車してみると、貴重な乗車体験になるかも知れませんので、検討されている場合は忘れずに「利用券」を用意しておいた方がいいかと思ったニュースでした。




●関連ニュースサイト:
近鉄 楽 臨時列車 運転(2020年9月19日〜) - 鉄道コム
9月19日〜22日・26日・27日 近鉄,リニューアルされた団体専用車両「楽」を臨時列車として運転|鉄道イベント|2020年9月4日掲載|鉄道ファン・railf.jp



●関連ブログ:
リニューアルした「楽」、臨時列車として走る: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DSC_2074

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5133 Wi-Fi○、更新-
和歌山(2104)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ223-9 Wi-Fi○、更新○

今日もまた、223系0番台のリニューアル車に遭遇できました。

泉北高速鉄道では、毎年10月に光明池車庫において「せんぼくトレインフェスタ」を開催していますが、今年度の「せんぼくトレインフェスタ」については、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止とすることが発表されました。

【開催中止】「せんぼくトレインフェスタ」の開催中止について|お知らせ|泉北高速鉄道

昨年度の「せんぼくトレインフェスタ」は、台風接近のために中止となり、これで2年連続での中止となってしまいました。



昨年は台風、そして今年は新型コロナウイルス感染症と、いずれも自然や感染症の影響での中止は、致し方がありません。
来年こそは無事に開催されますよう、新型コロナウイルス感染症の終息を切に願いたい次第です。


DSC02048_R
▲「せんぼくトレインフェスタ2015」
今から5年前の「せんぼくトレインフェスタ」で撮影した1枚です。

これ以降、せんぼくトレインフェスタには行っていませんが、来年こそは是非とも訪問できればと思っています。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-5 Wi-Fi○、更新○
和歌山(2043)-和泉鳥取 紀州路快速 サハ223-104 Wi-Fi○、更新○

阪急交通社では、南海電鉄の空港特急「ラピート」を使用したなんば〜和歌山市間の団体臨時列車による貸切ツアーを、11月に実施することを発表しました。


阪急交通社×南海電鉄「特急『ラピート』でめぐる和歌山日帰りツアー」開催|南海電鉄


概要は以下の通りです。

●ツアー概要:
出発日:
11月7日(土)〜11月29日(日)の土曜日、日曜日、祝日

旅行代金:
スーパーシート・・・大人10,400円(16,000円)、小学生9,100円(14,000円)
レギュラーシート・・・大人9,750円(15,000円)、小学生8,450円(13,000円)
※カッコ内は「Go To トラベル」事業支援前の旅行代金

行程:
なんば10:07発〜(特急ラピート貸切列車)〜南海和歌山市駅〜(めでたいでんしゃ)〜加太〜黒潮市場(昼食)〜玉津島神社〜キーノ和歌山〜和歌山市〜(特急サザン指定席)〜なんば駅着


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



新型コロナウイルス感染症の影響による関西空港発着国際線の大幅な運休により、空港特急「ラピート」の需要も著しく減退し、今年4月以降、朝・夕の一部の時間帯のみの運行が続いています。



特に土休日は、昼前以降の「ラピート」は全て運休となっており、車両を持て余している状況がここ半年ほど続いています。
今回阪急交通社が企画した団体臨時列車ツアーは、かように稼働状況が極端に落ちている「ラピート」の編成を利用した、なんばから和歌山市までの団体旅行というものとなっています。

ツアーの詳細を見ると、スーパーシート・レギュラーシートを選択できるほか、和歌山市から加太まで「めでたいでんしゃ」に乗車、黒潮市場や玉津島神社を巡り帰りは「サザン」指定席で帰着という、日帰りでちょっとしたおでかけが楽しめるプランとなっています。

鉄道ファン的には勿論、日頃は入線しない泉佐野以南で「ラピート」の走る姿を、しかも11月のみとはいえ土日祝日に見られるということで、これまた泉佐野以南の沿線に出向いて見に行きたいものであります。

「ラピート」が泉佐野駅以南に入線した記録といえば、最近では昨年7月に尾崎駅周辺で開催された「尾崎駅元気だそうフェス」のイベントで、尾崎駅まで「ラピート」が入線したことがありました。

DSC08799-3_R
▲樽井〜尾崎間の「男里川橋梁」を通過する「ラピート」
(2019.7.7)

こういった様子を、11月に毎週見られることになるので、これは貴重な機会とも言えるので、沿線で色々記録できればと思ったニュースでありました。




●関連ニュースサイト:
ラピートが和歌山市駅へ 阪急交通社が11月限定日帰りツアーを発売 | 鉄道ニュース | 鉄道チャンネル



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

和泉鳥取(0719)-和歌山 紀州路快速 サハ223-3 Wi-Fi×、更新×
和歌山(2043)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5010 Wi-Fi○、更新-

Osaka Metro(大阪メトロ)グループで、大阪市営バスを引き継いだ大阪シティバスでは、この度41年ぶりに路線バスの車両デザインを刷新することを発表しました。

路線バスのデザインを41年ぶりに刷新します(2020年8月28日発表) | 大阪シティバス株式会社

概要は以下の通りです。

●新デザイン・イメージ:
osaka_city_bus_newcolor
▲上記発表資料(https://citybus-osaka.co.jp/news/7055)より引用)

●新デザイン概要:
・「大阪のシンボルとしての路線バス」としてこれまで長年親しまれてきた車体カラーのグリーンを踏襲
・「市民生活に根ざした路線バス」として、信頼、安心を象徴したホワイト
・「未来の大阪へ走る路線バス」として、港町・大阪の海、大阪シティバスとOsaka Metroを象徴するブルー

これらを、これまでの40年からこれからの未来へ、時代の扉を開いて前進する様子を斬新な縦グラデーションで表現し、人々にに愛されるバスを目指したデザイン


また、前後のドアは車体と識別しやすいよう黒色にし、インバウンド向けにドアの上部に白文字で「ENTER」「EXIT」の文字を表記(日本語でも扉横に入口、出口を併記)し、「後から乗車し、前から降車する。」ことがわかりやすいよう利便性向上にも配慮

●新デザインバス導入予定:
・2020年11月から12月にかけて順次運行を開始する新車10両(配置営業所:鶴町営業所5両、酉島営業所5両)から採用
・今後は車両更新にあわせて、全534台の路線バスを新デザインに置き換え

●参考:現在のデザイン
osaka_city_bus_nowcolor
▲上記発表資料(https://citybus-osaka.co.jp/news/7055)より引用)



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



大阪シティバスの現在のデザインは、上記発表資料にもあったように、大阪市交通局時代の1979年(昭和51年)に採用されましたが、現在ではすっかり大阪市内の風景に溶け込んだデザインとなっていますが、このデザインが今般、大きく変わることが発表されました。

新しいデザインでは、現在の大阪シティバスのカラーの「緑」に加え、「白」「青」の三色を縦に配置するというもので、これまでのデザインから大きく変化しているものの、色調は従前のカラーも踏襲したものとなっており、個人的に交換が持てるデザインとなっているように感じました。

一部では、某コンビニエンスストアのブランドカラーに似ているとか似ていないとかが話題となっていますが、そういうことは抜きにしても、一般的に受け入れられやすいデザインにも感じました。


この新デザイン導入は、上記発表資料によれば、「車両更新にあわせて実施」ということなので、既存の車両は塗り替えるというわけではなさそうです。
そのため、現在の大阪シティバスのデザインをまとった車両が急に無くなるわけではないのですが、それだけに、記録は取れるときに早めに取っておきたいところ、と言えるニュースであります。




●関連ニュースサイト:
大阪シティバス 路線バスデザインを41年ぶり刷新へ | 乗りものニュース



●関連ブログ:
【速報】さよなら市バスカラー…大阪シティバス、全534台の車両を41年ぶりに新デザインへ変更 | Osaka-Subway.com



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

JR西日本では、京阪神エリアの特急列車を便利に、快適に利用できるための取組を実施することを発表しました。

特急列車の指定席を便利に快適に 京阪神エリアにおける特急列車利用商品の発売:JR西日本

概要は以下の通りです。

●「J-WESTチケットレス(ネット会員用)」発売:
「J-WESTカード」会員向けに発売している「J-WESTチケットレス(J-WESTカード会員用)」と同様の設定区間、価格、予約・利用方法。但し予約変更に制限あり

・利用期間、発売期間:
2020年10月1日(木)〜通年

・主な設定区間の価格:
天王寺〜日根野・和泉砂川・・・520円
天王寺〜和歌山・海南・・・630円

・留意事項:
予約してた列車の指定席に限り利用可能。
予約の変更(券種間、乗車日、利用区間・列車)は不可


●期間限定・定期券併用チケットレス特急券:
既に設定されている本商品について、2020年9月30日(水)まで期間延長
(対象列車、価格等は変更なし)

●自由席2枚きっぷ:
利用区間を含む乗車券(定期乗車券、回数乗車券、ICカード乗車券を含む)を併用して、特急列車の普通車自由席に乗車できる2枚組のきっぷを発売。

・利用期間:
2020年9月1日(火)〜2021年3月13日(土)(有効期間は14日間)

・発売期間:
2020年9月1日(火)〜2021年2月28日(日)

・設定区間:
湖西線・阪和線・JR神戸線の一部の駅⇔大阪・新大阪、等
阪和線沿線の発売区間・価格は以下の通り

和歌山〜天王寺・新大阪・・・1,800円(1枚あたり900円)
和泉砂川〜天王寺・・・1,200円(1枚当たり600円)
和泉砂川〜新大阪・・・1,800円(1枚当たり900円)
日根野〜天王寺・西九条・新大阪・・・1,200円(1枚当たり600円)
和泉府中〜天王寺・西九条・新大阪・・・1,200円(1枚当たり600円)

●「J-WESTチケットレス」ICOCAポイント還元キャンペーン:
・対象乗車期間:
2020年10月1日(木)〜2021年3月31日(水)

・対象特急列車:
10時〜16時に大阪または新大阪駅を発着する特急列車(サンダーバード、はるか、くろしお、こうのとり、スーパーはくと、はまかぜ)
10時〜16時に京都駅を発着する特急列車(きのさき、はしだて)

・ICOCAポイント還元率:
J-WESTカード会員・・・利用金額の20%
J-WESTネット会員・・・利用金額の5%

・参加条件等:
J-WESTネット会員への登録及びキャンペーンへの円tのリーが必要



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC01315_R
▲「パンダくろしお」編成が充当されている特急「くろしお6号」。
今回の在来線特急向けの割引等施策拡充で、通勤や外出等での利用が、より手軽になります。


新型コロナウイルス感染症の影響により、旅行や出張といった外出が手控えられている中、JR西日本エリアでは特に、山陽・北陸新幹線や在来線特急列車での利用者の落ち込みが続いています。
先に社長会見で発表された7月・8月の営業・輸送概況においても、前年同日比ベースでの利用者数では、近畿圏では6割程度であるのに対し、山陽・北陸新幹線、在来線特急はいずれも2〜3割程度と、非常に苦しい状況が続いています。

一方で、通勤時間帯を中心に、いわゆる「社会的距離(ソーシャルディスタンス)」を確保することで、安全・安心して鉄道を利用できる取り組みも、これまで実施されてきたところですが、今回の発表は、そういった取り組みを更に強化していくものと考えられます。


まず「J-WESTチケットレス」ですが、これは特急列車指定席を格安で利用できる商品で、これまで「J-WESTカード」所有者限定の商品でありましたが、これをその他のクレジットカードでも利用できるようにしたものです。
価格・設定区間等は、J-WESTカード向けとほぼ同様ですが、予約変更が不可能な点に注意が必要です。
(J-WESTカード向けは予約変更が可能)


加えて、「自由席2枚きっぷ」という商品も今回ラインナップされており、これは特急列車自由席が1割程度割引となったきっぷで、2枚単位での発売で、14日間有効ということですので、複数人での利用や、週一回程度といった頻度の高くない利用シーンにおいても、特急列車を気軽に利用してもらおう、という観点での商品であるといえるでしょう。

更に今回、「『J-WESTチケットレス』ICOCAポイント還元キャンペーン」の開始も発表されています。
対象となる列車は、10時〜16時に大阪・新大阪・京都を発着する列車で、還元率は「ネット会員」(一般カード利用者)は5%、「カード会員」(J-WESTカード利用者)に至っては何と20%という還元率の高さとなっています。

例えば天王寺〜和歌山(J-WESTチケットレス(J-WESTカード会員用))では630円でありますが、これが20%割引となり、実質504円で利用可能となります。
ただでさえ割安な「J-WESTチケットレス」が、列車限定とはいえ更に安くなるというのは、非常に有り難い反面、そこまでしないといけないくらいに、利用者の減少に追い詰められている状況を垣間見た次第です。


これを機会に、より多くの方々に特急列車をより気楽に利用していただきたいと思います。
運賃に加え、特急料金を加えることで、より快適な空間と、指定席の場合は着席サービスが提供されるのは、料金を支払う価値があるサービスだと、新型コロナウイルスの前から思ってはいましたが、今回のコロナ禍において、そういったサービスの価値について、改めて多くの方に感じていただければな、と思ったニュースでありました。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

和泉鳥取(0735)-和歌山 普通 モハ225-5137 Wi-Fi○、更新-
和歌山(1858)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5131 Wi-Fi○、更新-

↑このページのトップヘ