阪和線の沿線から

阪和線沿線に住まう管理人による、鉄道やバスなどのブログ。

【新京成電鉄】新京成線は「松戸線」へ、京成との合併が認可へ(2025.4.1合併)

京成電鉄では、昨年10月31日に、完全子会社の「新京成電鉄」の吸収合併を行うこととしていましたが、この度この合併が国土交通省より認可され、予定通り2025年4月1日に合併することが発表されました。

≪京成電鉄・新京成電鉄≫鉄道事業の合併が認可されました|お知らせ・ニュースリリース|京成電鉄
京成電鉄と新京成電鉄の鉄道事業の合併が認可されました|新京成電鉄

概要は以下のとおりです。
【合併実施日】
2025年4月1日(火)

【合併後の路線名】
京成松戸線

【営業キロ】
京成津田沼〜松戸間 26.5km

【合併時の鉄道運賃・料金】
合併に伴う変更は無し。

【合併時のダイヤ】
合併に伴う変更は無し。

詳細は、上記発表資料をご覧ください。



当ブログの下記記事でご紹介したように、京成電鉄では、子会社の新京成電鉄を吸収合併することとしていました。
(参考)


本日、その合併が正式に決定したわけですが、同時にファンが気になる「路線名称」なども発表されています。

その発表によりますと、現在の「新京成線」は「松戸線」と改称されることとなります。
また、運賃は現行どおり新京成線(松戸線)で別立ての運賃体系とするとのことです。

京成では、過去に千原線(旧・千葉急行線)を吸収した際にも運賃は打ち切り(千原線を別立てとした体系)としていましたので、今回の新京成線(松戸線)の際にも同様の措置を取った、といえるでしょう。

それは路線名称も同様で、千原線(終点の駅名は「ちはら台」)の前例でも旧社名に関わらず沿線を表す地名を採用しており、今回もそれに倣ったものともいえるでしょう。

一方、車両については、両社の発表資料には記載が無いものの、千葉県の地方新聞「千葉日報」では、車両デザインについては「合併後から順次、京成電鉄のイメージカラーを使ったデザインに刷新する」(同新聞記事より引用)としており、近年ピンク色にリニューアルされた新京成電鉄のカラーは、今後見納めになるものと思われます。
(参考)
【速報】新京成は「松戸線」に 京成との合併、国承認 運賃変更せず、車両デザインは刷新 | 千葉日報オンライン



いわゆる「準大手私鉄(民鉄)」の一社であった新京成電鉄の合併は、発表された際に大きなニュースとなりましたが、それに続き、これまた準大手私鉄の一社であった泉北高速鉄道も、南海電鉄に吸収合併されることとなり、来年には準大手私鉄が二社姿を消すこととなります。
(参考)


今後、泉北高速鉄道の合併が正式に決定されれば、勿論当ブログでもご紹介することとなりますが、その際には今回の新京成電鉄との合併と比較してみるのも、面白そうだとも感じました。

ともあれ、新京成線については既に乗車済みではありますが、手元に車両の画像等が無いので、上京する際に機会を見つけて、残り少ない「新京成線」の様子を記録しておきたいところであります。

20230412_160707_R
▲来年4月より新京成電鉄を吸収合併し、同線を「松戸線」として運営していく京成電鉄。
ピンクが主体の新京成の車両も、上記画像の3700系のような京成のカラーに今後変更されていくものと思われます。




【関連ブログ】
新京成線は「松戸線」に改称、ピンク色の電車は見納めへ | 鉄道プレス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5140
和歌山(1858)-和泉鳥取 紀州路快速 サハ223-9

【南海】観光列車「天空」運行開始15周年を記念してヘッドマーク掲出等キャンペーンを実施(2024.7.5〜12.15)

南海電鉄では、同社で運行している観光列車「こうや花鉄道 天空」(以下、「天空」と記す。)の運行開始から15周年を迎えることを記念したキャンペーンを実施することを発表しました。

こうや花鉄道「天空」運行開始15周年を記念!― 記念ヘッドマーク掲出などのキャンペーンを開催 ― | 南海電鉄

概要は以下のとおりです。

【記念ヘッドマーク掲出】
・掲出期間:
2024年7月5日(金)〜12月15日(日)

・運行区間:
高野線 橋本駅〜極楽橋駅間

・掲出車両:
「天空」2258号車(極楽橋側車両)

【15周年記念ロゴ入りコースタープレゼント】
期間中に「天空」に乗車し、SNSに投稿するとコースターをプレゼント。
・進呈期間:
2024年7月5日(金)〜12月15日(日)

・進呈場所:
橋本駅窓口及び高野山駅窓口

・進呈方法:
上記期間中に「天空」の座席指定券を受け取り、乗車
「#天空15周年」というハッシュタグをつけて、SNSで「天空」の写真を投稿
進呈場所の駅係員に「天空」の座席指定券と投稿画面を提示

【天空15周年×ラピート30周年 記念スタンプ】
2024年9月4日に運行開始30周年を迎える空港特急「ラピート」とのコラボ企画を実施。
「天空」指定席車内に「天空15周年」記念スタンプが、関西空港駅に「ラピート」30周年記念スタンプを設置。
・期間:
2024年7月5日(金)〜12月15日(日)

詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



今から15年前の2009年7月に運行開始した、南海高野線の観光列車「天空」。
高野線で長年「大運転」急行として活躍してきたズームカー2200系を大幅に改造し、車窓からの眺めが楽しめる座席とし、また外の空気を味わえる空間を設けるなど、その後全国で運行開始した観光列車の、ある意味見本ともなっている列車なのではないか、と個人的には思っています。
(参考)


その「天空」も、早いもので今年で運行開始15周年を迎えることとなりました。
これを記念して、特別なヘッドマークの掲出などのキャンペーンが実施されることとなりました。

記念ヘッドマークは極楽橋方の先頭車{2258号車)に掲出されますが、通常は下記画像のような「天空」オリジナルのヘッドマークが掲出されますので、いつもとは異なる「天空」の記録のチャンス、といえるでしょう。
20220612_102620_R
▲橋本駅に停車中の「天空」。
この車両に15周年記念ヘッドマークが掲出されます。


いっぽう、「天空」の今後に関しては、車両の老朽化(種車そのものが古いことに加え、改造か15年経過している)に加え、下記記事でもご紹介したように、来年度(2025年度)を目標に新たな観光特急車両の導入が計画されています。
(参考)

現在のところ、この観光特急車両導入に伴って「天空」が引退することは発表されていませんが、上述のとおり老朽化・経年が進んでいることから、「天空」に関しても何らかの見直しが行われることは、想像に難くありません。

勿論、来年度で「天空」が運行終了することも、大いに予想されることもありますので、今回の15周年記念ヘッドマーク掲出を機会に、もう一度いまの姿の「天空」を撮影しておくほうがいいのかな、とも感じたニュースでありました。

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5107
和歌山(1940)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5117

鉄道ピクトリアル2024年8月号「【特集】近畿日本鉄道南大阪・吉野線」を読む

このブログでは気になる鉄道雑誌・書籍を管理人が実際に読んだ上で、感想などを書いています。
今回ご紹介する鉄道雑誌はこちらです。
20240621_214022_R
鉄道ピクトリアル 2024年 8月号 [雑誌]
鉄道ピクトリアル 2024年 8月号 [雑誌]



鉄道ピクトリアル2024年8月号。
特集は「近畿日本鉄道(近鉄)南大阪・吉野線」です。

鉄道ピクトリアルの近鉄特集としては、2018年12月臨時増刊号で「近畿日本鉄道」、2021年9月臨時増刊号で「近鉄特急」が発行されています。
(参考)



一方、民鉄全国一の路線規模を誇る近鉄では、これらの全社的な特集だけではどうしてもカバーしきれない部分がありますが、今回の特異臭では、そういった補完を含めて企画されたもの、とのことです。
その「補完」ともいうべき第一回目が、この「南大阪・吉野線」です。


既にご存じの方も多いように、近鉄南大阪・吉野線は、他の近鉄各線とは線路幅が異なることから、これらの2路線に道明寺線、御所線、長野線の5線を運営する組織として、「天王寺営業局」が長らく設けられていました(2023年6月まで)。

歴史的経緯についても、現在の大阪線及び橿原線とは異なり、現在のJR大和路線・柏原駅から河内長野までを結ぶことを目的に開業した「河陽鉄道」(のちの「河南鉄道」)、河南鉄道から東西に分かれて大阪阿部野橋〜橿原神宮前を結んだ「大阪鉄道」、吉野口でJR和歌山線と接続し吉野方面からの貨物輸送を目的に建設され、後に橿原神宮前まで延伸した「吉野鉄道」、そして大阪鉄道から分かれて御所へ、そしてその先五条までの延伸計画もあった「南和電気鉄道」の5社を源流としています。
(注:路線名及び駅名は現在のものを表記しています。)


運行的にも、そして歴史的にも、他の近鉄各線とは独立した存在であるこの「南大阪・吉野線」ですので、他の近鉄各線とは違った面が色々あり、それを網羅した一冊が今回の特集、といえるでしょう。


個人的に今回の特集を購入して良かったと感じたのは、「橿原神宮前」駅にまつわる歴史的経緯の整理です。
奈良県橿原市の橿原神宮は1890年(明治23年)に創建された神社で、その最寄り駅は当初畝傍駅(現在のJR桜井線)のみでしたが、その後現在の近鉄橿原線(当時は大阪電気軌道)、そして吉野線、南大阪線の順番に橿原神宮近辺まで路線網を延ばしてきました。

加えて、現在は廃止となりましたが、吉野線から桜井線へ接続する路線も建設され、またそこに軌間の違い(橿原線は標準軌、その他の各線は狭軌)や、1940(昭和15年)の橿原神宮拡張に伴う線路移設と橿原神宮総合駅(現在の橿原神宮前駅)の開業もあり、歴史的に複雑な経緯がありました。


今回の特集では、元近鉄社員の武部宏明氏の「大阪阿部野橋駅と橿原神宮前駅の変遷」の項で、この一連の橿原神宮前周辺の経緯が整理されており、意外と複雑な経緯をたどっていることなどが、分かりやすく解説されています。


近年は行けていないのですが、このブログでは毎年の撮り初めとして橿原神宮前駅周辺で近鉄南大阪線の列車を撮影してきています。
(参考)



それだけに、今回特集として「南大阪・吉野線」が単独で取り上げられていることに、嬉しく感じており、早速購入し、読破した次第です。

また特集記事内では、近鉄社員による「南大阪・吉野線の運転体系」と、本線区のダイヤの特徴、特に古市駅での連結・開放等についても、「中の人」による詳細も記されていますので、こちらも冒頭に記した別冊特集と同様、近鉄公式の記事として貴重なものといえます。

以上のように、近鉄南大阪・吉野線が詰まった一冊となった今回の鉄道ピクトリアル。
沿線ファンは勿論、近鉄自体に興味がある方も、狭軌の各線区の魅力を感じ取るという意味で、是非手元に置いておきたい一冊と感じました。


DSC03798-2_R
▲南大阪線・橿原神宮西口〜橿原神宮前間で撮影した「ラビットカー」復刻塗装
(2016年1月2日撮影)
橿原神宮前近辺のお手軽撮影地でもあるこの場所で撮影した写真も、本特集に掲載されていました。
また南大阪・吉野線で撮影した様々な写真も掲載されているので、今後の記録撮影の際にも参考になると感じた特集でありました。

【JR東日本他】新幹線「グランクラス」飲食・軽食あり列車の料金値上げ(2025.4.1発売分〜)1,760円または2,620円の値上げへ

JR東日本、JR西日本及びJR北海道の各社では、東北・北海道・北陸新幹線の「グランクラス」のうち、飲食・軽食ありの料金について、食品の原材料価格やアテンダントの賃金を取り巻く経営環境の変化を受けて、値上げを実施することを発表しました。

「グランクラス(飲料・軽食あり)」の料金を見直します|JR東日本
「グランクラス(飲料・軽食あり)」の料金を見直します:JR西日本
「グランクラス(飲料・軽食あり)」の料金を見直します|JR北海道

概要は以下のとおりです。

【対象列車】
東北・北海道、北陸新幹線の「グランクラス(飲料・軽食あり)」を運行する列車の「グランクラス」料金(「グランクラス(A)」料金)
(東京〜新青森・新函館北斗等の「はやぶさ」、東京〜金沢・敦賀の「かがやき」)

【料金値上げ内容】
・「東北新幹線(東京〜新青森)」「北海道新幹線(新青森〜新函館北斗)」「北陸新幹線(東京〜上越妙高)」「北陸新幹線(上越妙高〜敦賀)」それぞれの区間内で利用する場合:
現行料金から1,760円の値上げ

・「東北新幹線(東京〜新青森)」と「北海道新幹線(新青森〜新函館北斗)」、
「北陸新幹線(東京〜上越妙高)」と「北陸新幹線(上越妙高〜敦賀)」をまたがって利用する場合:
現行料金から2,620円の値上げ

【料金例】
<はやぶさ>
・東京〜仙台:
現行9,430円⇒値上げ後11,190円(+1,760円)
・東京〜新青森:
現行11,840円⇒値上げ後13,600円(+1,760円)
・東京〜新函館北斗
現行17,780円⇒値上げ後20,400円(+2,620円)

<かがやき>
・東京〜長野:
現行9,430円⇒値上げ後11,190円(+1,760円)
・東京〜金沢:
現行15,370円⇒値上げ後17,990円(+2,620円)
・東京〜敦賀:
現行16,760円⇒値上げ後19,380円(+2,620円)

【その他】
「グランクラス(飲料・軽食なし)」の料金(「グランクラス(B)料金」)は変更無し


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



東北、北海道、北陸、上越の各新幹線で運行されている「グランクラス」。
新幹線の車両としては最も少ない横3列(1+2列)とゆったりした座席と、アテンダントによる各種サービスが提供される、新幹線の最上級クラスであります。

この「グランクラス」には、飲料や軽食の提供とアテンダントが乗務する列車に適用される「グランクラス(A)」料金と、これらのサービスが無い「グランクラス(B)」料金があり、それぞれ列車によっていずれかが設定されています。

今回値上げとなる「グランクラス(A)」料金が適用される列車は、東京〜新青森・新函館北斗の「はやぶさ」や、東京〜金沢・敦賀の「かがやき」と、比較的長距離を運行する列車となっています。

値上げの額は、上述のとおり、区間によって1,760円または2,620円で、JR東日本・西日本・北海道の各社をまたいで利用する場合は、2,620円、跨がない場合は1,760円の値上げとなります。


元々グランクラス(A)料金は、グリーン料金より5,240円(JR各社内相互間の場合、JR各社跨ぐ場合は8,380円)高い価格設定となっていましたが、今回の値上げにより、グリーン料金より7,000円(同11,000円)高い料金となります。

いっぽう、グランクラス(B)料金は、グリーン料金より3,150円(同4,200円)高い設定ですが、こちらは据え置きとなることから、グランクラスの(A)と(B)の料金差が更に広がることになります。


私自身は、これまで「グランクラス」に乗ったことが無く、いつか乗車してみたいとは思っているのですが、これだけ高いとなると、「グランクラス(A)」の利用はちょっと躊躇してしまいそうな感じであります。
一方、今回の値上げで「グランクラス(A)」の列車の利用状況に変化が出れば、更なる見直し(例えば現行「グランクラス(B)」への一本化)なども無いわけでは無いとも考えられることから、値上げ後の状況にも注目しておきたいな、と感じたニュースでありました。


20230904_094615
▲一ノ関駅に停車中の「はやぶさ108号」。
この「はやぶさ108号」は盛岡発で仙台まで各駅停車となりますが、「グランクラス(A)」の料金が設定されている列車です。
この列車の場合でも、「グランクラス」が来年4月以降の購入で値上げとなります。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録


20240621_181426



和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5111
和歌山(0840)-箕島 普通 モハ224-5125
箕島(1240)-海南 普通 クハ222-102

海南(1857)-和歌山 普通 モハ223-2510
和歌山(1928)-和泉鳥取 紀州路快速 クハ222-3

今日は箕島と海南に用事で出かけました。
帰りしなに、大十オレンジバスを見かけましたので、記録に撮ってみました。

南海電鉄8300系甲種車両輸送をみる(2024.6.20)

南海電鉄で導入が続いている8300系。
当初は南海線7000系置き換えとして、その後同線7100系や高野線6000系の置き換えとして2015年より投入が続いており、現在は124両(鉄道ダイヤ情報2024年7月号による)が導入されています。
そして今年度は、下記記事でご紹介したように、12両の新造が計画されています。
(参考)


今回、今年度投入される12両のうち8両が、昨日車両メーカーから輸送され、本日(6月20日)和歌山市駅に到着しました。

もはや定番となりつつある、近畿車輛からディーゼル機関車に牽引され、和歌山線・紀勢線を経由して和歌山市駅に至るルートでの甲種車両輸送となりました。

今年度から転勤により再び和歌山勤務となり、この甲種車両輸送も比較的容易に見にいけるようになりましたので、早速その様子をご紹介したいと思います。



20240620_080127
20240620_075258_R
本日は、4両編成×2本の8両編成の甲種車両輸送となりました。

20240620_075306_R
20240620_075406_R
▲本日は、DD51型ディーゼル機関車が2両重連で牽引していました。
一昨年(2022年)12月に泉北9300系8連の甲種車両輸送の際には、DD51は1両だけでしたので、なぜ重連となっているのかが気になりましたが、恐らく大阪駅地下ホームを経由する際の勾配の関係で、重連での対応が必要だったのではないか、と思われます。
(参考)


20240620_080118_R
▲DD51どうしの連結シーンも収めることができました。

20240620_080432_1_R
▲7番線に和歌山港からの7100系が入線してきました。
「DD51重連」「8300系甲種車両輸送」「7100系和歌山港線」の3つの要素が画面に入るシーンを記録してみました。

20240620_075444_R
▲画角からDD51を外し、8300系8両の姿を撮影してみます。

20240620_075840_R
▲同じく、8300系8両を難波方から撮影してみます。

20240620_080308_R
▲種別行先表示は「回送」となっていました。
また、製造メーカーの「近畿車輛」を示す表示が貼られていました。

20240620_075756_R
▲車内の様子をうかがうと、扉付近に多目的スペースが設置されていましたので、恐らく南海線に投入されるものと考えられます。
一方で、高野線の6000系置き換えが進められていることを考えますと、既存車両が南海線から高野線へ移籍する可能性もありそうです。

続きを読む

今日の乗車記録(通勤)

20240620_080127


和泉鳥取(0711)-和歌山 普通 モハ225-5003
和歌山(0742)-和歌山市 普通 クモハ227-1008
和歌山(1858)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ225-5007

今日は少し早起きして、出勤前に和歌山市駅に出向いて、南海8300系の甲種車両輸送の様子を見てきました。

詳細は、改めての記事でご紹介できればと思います。

今日の乗車記録(通勤)

20240619_083028

和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5128
和歌山(2016)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5130

今朝は久々に、「大阪デスティネーションキャンペーンプレキャンペーン」のヘッドマーク掲出編成に遭遇できました。


当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ