阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

今日は吹奏楽団の練習でした。
午前は個人練、午後は合奏でした。
こういうものは、「継続は力なり」というのでしょうか、私のように10年以上のブランク期間があった人間にとっては、楽団の合奏レベルにあわせていくのは大変しんどいものがあります。
あ、もちろん、合奏が嫌とかそんなわけではなく、やはり経験の積み重ねというのは大事やなあ、と思っているだけです。
だから、午前の個人練習はありがたい時間でした。
実は夜の練習もあったのですが、こちらはお休みして、家族の出ているコンサートを見に行きました。
来週の練習も土・日連続です。定期演奏会まではこんなペースですが、適度にがんばっていきましょう。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

和泉鳥取〜熊取 モハ102―2028
熊取〜東岸和田 クハ222―8
東岸和田〜南海岸和田駅前 南海ウイングバス南部 916
そういえば、なぜ南海バスの行き先は、「金剛駅前」「堺駅前」と、南海線・高野線の場合は「駅前」にもかかわらず、「泉ヶ丘駅」は「駅」となり、「前」が付かないのでしょうか?誰かご存知の方いますか?
阪和線は…「駅前」か、何も付かないかのどちらかですな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

かえり:4名
県道泉佐野岩出線の改良工事が一部完了し、今日から新しい道路に切り替わっていました。
おかげで乗り心地が少々よくなりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今週の出勤は今日で終わり。思えば今週は3日しか仕事をしていません。
ゴールデンウイークでも年末年始でもないのに休日が同じ週に重なるのは他でもなく、いわゆるハッピーマンデーのせい。
そういや来月も体育の日がらみで3連休がありますね。確かに楽といえば楽ですが、休日にはそれぞれの意味があるわけですから、そんなものも大切にしてほしいと思います。

今日の樽井岩出線
ゆき:2名
かえり:まだ仕事場です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は秋分の日、祝日です。お休みを利用してお出かけした人も多かったのではないんでしょうか。
さて、先ほどプロ野球のストライキが回避になるとニュースで言っていました。詳細はまだチェックしていませんが、ストライキ回避ということは、選手会側とオーナー側が新規参入の条件等で合意に達したものと思われます。
球団運営が赤字続きで苦しいのは確かに分かりますが、ならば、なぜ今までそのような情報を公開してこなかったのか?公開してくれなければ、選手にもファンにも判断のしようがないと思います。ほんでから、いつの間にかストーリーが決められていた合併話。これなら、選手もファンも、合併に反対するのは当然といえば当然であったでしょう。
今回のストライキは、そんな球界の変革の第一歩という点では大いに評価して良いと思います。
そういえば、最近ストライキなんて言葉、ほとんど耳にしませんでしたね。
でも、競争力の強化という言葉でたいした事業の立て直しもせずにどんどん社員の首を切っていくリストラ(本当のリストラとは首切りではないんですけど)を続ける経営者に対して、立ち上がるべきは市井の労働者ではないかと最近思います。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はお彼岸。そういうわけで、午前中休暇を取ってお彼岸に行ってきました。
岸和田までは車で送ってもらい、岸和田から南海本線に乗車し堺で「堺シャトルバス」に乗り換えて向かいました。
そこで久々に堺シャトルバスに乗車しました。乗車するのも久々なら、平日の朝という一番利用客が多い時間帯に利用するのは初めて。
一体どの程度の利用か気になっていました。
実際は、約3分間隔で、次のバスを待つ人が絶えずいましたので、そこそこの利用があるのではないかと思います。
とはいえ、堺東そのものが中心街としての求心力を落としている近年、楽観視はできません。
南海線堺から高野線堺東を経由して阪和線堺市に至るルートは、約10年後にLRT(新型路面電車)として開業する計画があるそうです。
堺から堺東は大小路通を経由するとして、堺東から堺市はどんなルートを取るのか、気になります。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ふと思い立って、ブログを作ってみようと思いました。
「阪和線の沿線から」というように阪和線の電車が見えるところに住んでいます。どこらへんに住んでいるかはおいおいお話しするとして・・・
初日はこれくらいにして、これからぼちぼち続けていこうと思います。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ