今日は4月25日。何の日か?と問われると、107人が死亡した、JR宝塚線の脱線事故が起きた日、と答える人が多いと思います。

どうして技術がこれだけ発達した平成の時代に、こんな原始的な(スピードオーバーによる転覆事故の公算が大きいと思われる)事故が起きたのか、事故発生直後は衝撃を受けました。
それがJR西日本が安全投資を後回しにしてきたことも原因の一つである事も、時が経つに連れて明らかになってきました。

今後、JR西日本は安全関係の投資を増やしていくそうです。今頃からとは、遅きに逸した感はありますが、それははともかく、これからどんな投資をしていくか、チェックしていく事も我々デイリー(最近はウィークリーになりつつあるが・・・)ユーザーの責務と私は考えています。

ところで、もう一つの「4月25日」と私が思っているのは、「マスコミが信頼を失った日」とでも言った方がいいでしょうか。

JR宝塚線の事故を報道したマスコミは、その後、事故の原因究明やその過程を報道していくという本来の目的を忘れ、やれボーリング大会やら飲み会やらを持ち出して何でもかんでもJR西日本を叩けばいいという論調でした。
挙げ句の果てに、記者会見で、記者がJR西日本社員に対して暴言・罵倒するという、前代未聞の事件まで起こってしまいました。

その後、数メートル(扉1枚分に満たない)のオーバーランをもあたかも安全対策の遅れとも言うべき論調で記事にしたりしていました。

もともと人間が列車を止めるわけですから、些細なミスがあるのは「想定内」。人間のそうしたミスを機械その他が食い止めて事故を防ぐのが安全対策というものだと思っていますが、どうもマスコミの人たちの認識は全く違うようで、人間がミスする事自体が安全対策がなっていないとの論調です。

こんな論調はさらなるプレッシャーを運転手にかけるだけだと私は思います。そう、片や「運転手にプレッシャーをかける組織が悪い」といっておきながらその実、マスコミ自身が運転手にプレッシャーをかけている。これが中立・客観的な報道と言えるだろうか?

まあ、こんな感じで、これまで無条件に一般市民に信じられていた「マスコミの考えている事・報道している事」が一概には信頼されなくなったはこの事故の報道がきっかけだと思います。
それに対し、マスコミはどのように反省し、これからの報道にどう生かしていって、「失った信用」をどのように取り戻すのかが全く見えていません。「報道しっぱなし」「我々は100%正しい」という高慢な意識がうかがえる、というのは決して言い過ぎではないと思います。

そういや、今朝事故を起こした列車と同じダイヤの列車が、長い警笛を鳴らしながら事故現場を通過した映像を見ましたが、先頭車両に向かってフラッシュをたいているカメラマンがいました。そんなマスコミに安全運転を語らせる資格はないと私は思います。