京王電鉄では、高尾山の紅葉シーズンである11月の土休日を中心に、高尾山口発新宿行きの臨時座席指定列車「Mt.TAKAO号」を運行することを発表しました。

臨時座席指定列車「Mt.TAKAO号」を運行します! |京王電鉄

上記発表資料によれば、概要は以下の通りです。

●運行日:
11月10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)、21日(水)、22日(木)、23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)の9日間

●運行区間:
高尾山口〜新宿(途中駅での乗降は不可)

●使用車両:
5000系(10両編成・クロスシート)

●座席指定料金:
400円

●座席数:
438隻

●購入方法:
高尾山口駅で座席指定券を販売
購入可能時間は運行日の7:00〜各列車発車5分前
なお、Webでの購入は不可

●時刻表:
平日・・・高尾山口15:04発→新宿15:54着
土日祝日・・・高尾山口15:01発→新宿15:54着、高尾山口17:09発→新宿18:09着

●乗車特典:
Mt.TAKAO号乗客全員に、木目調の乗車記念カードを配布


その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


京王電鉄では、下記エントリー記事でもご紹介したように、今年2月より5000系車両を使用した座席指定列車「京王ライナー」を運行しています。
参考:【京王電鉄】座席指定列車「京王ライナー」運行開始を発表(2018.2.22〜)。一日合計10本運行、座席指定料金は400円。 : 阪和線の沿線から

現在のところ、平日を中心に利用者が定着している感のあるこの「京王ライナー」ですが、更なる拡大が行われるのか気になるところでしたが、次の展開としては、紅葉シーズンの高尾山からの帰る行楽客を対象にした臨時列車、としての設定となりました。

今回発表された「Mt.TAKAO号」ですが、特徴としては座席指定券を高尾山口駅のみで発売することでしょうか。
そのため、インターネット予約「京王チケットレスサービス」の対象外となっているので、乗車される方は注意が必要でしょう。

紅葉のシーズンの高尾山帰り、と聞くだけで混雑が激しいことが予想されますが、そういった行楽帰りにゆったり帰宅したい、というニーズは、やはり通勤帰りの着席ニーズと同様、相応の需要があると思われます。

今回初めて設定される「Mt.TAKAO号」ですが、来年の紅葉シーズンにも設定があるのか、また紅葉以外にも新緑等の高尾山が混雑する他の季節にも設定があるのか、といった、今後の展開も楽しみに感じたニュースでした。

高尾登山の帰りに臨時座席指定列車「Mt.TAKAO号」初運転 「京王ライナー」と同じ5000系使用 | 乗りものニュース
京王電鉄、11月に臨時座席指定列車「Mt.TAKAO号」を運転へ | レイルラボ(RailLab)
京王、臨時座席指定列車「Mt.TAKAO号」を運行 - kqtrain.net(京浜急行)
京王の登山帰宅用列車は座席指定でノンストップ: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム