JR東日本と相模鉄道は、本年11月30日(土)に両社の相互直通運転を実施することとしていますが、本日その概要を発表しました。

相鉄・JR直通線の運行計画の概要について|JR東日本
相鉄・JR直通線の運行計画の概要について|相模鉄道


概要は以下の通りです。


●運行区間:
相鉄線 海老名〜JR線 新宿(朝通勤時間帯の一部列車は大宮方面へ直通)

●運転本数:
・終日運行本数:46往復(92本)
朝ピーク時間帯は4本/時、その他時間帯は2〜3本/時の運転

●停車駅:
特急・・・海老名・大和・二俣川・西谷(にしや)・羽沢横浜国大(はざわよこはまこくだい)・武蔵小杉・西大井・大崎・恵比寿・渋谷・新宿
各停・・・相鉄線内各駅停車
(※)「特急」「各停」はいずれも相鉄線内の種別
sotetsu_jr_stations
▲相鉄・JR直通線停車駅
(上記発表資料(https://www.sotetsu.co.jp/news_release/pdf/190716_01.pdf)より引用)


●使用車両:
相鉄・・・12000系、JR東日本・・・埼京・川越線用E233系

●主な区間の所要時間:
・二俣川〜新宿:最速達列車は44分
・大和〜渋谷: 最速達列車は45分
・海老名〜武蔵小杉:最速達列車は36分



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



既に今年11月30日の開業に向けて準備の続く、相鉄・JRの相互直通運転ですが、気になる運行の概要が発表されました。

発表によると、相鉄とJRとで直通するのは、海老名発着の本線系統で、種別は、相鉄線内の特急と普通の二種類となっています。
また、運行本数はラッシュ時には1時間に4本、その他の時間帯は1時間に2〜3本ということで、意外に多くないのかな、という気もしますが、JR線側の容量と、当座の利用見込みを考えると、この程度になるのかな、という気もします。

相鉄線は、途中の二俣川で湘南台方面に向かう「いずみ野線」が分岐していますが、今回の相互直通運転では、このいずみ野線に向かう列車は設定されていません。
一方で、下記相模鉄道の発表によると、いずみ野線の上りラッシュ時間帯に新設される「通勤特急」が海老名発のJR線直通特急と、二俣川で接続することとなっており、同線からのJR線直通についても、配慮が行われるようになっていることがわかります。
参考:11月30日(土) 相鉄線は新ダイヤでの運行を開始|相模鉄道


ともあれ、今回のJR線との相互直通運転により、利用者の動向がどう変わるのかがみどころでしょうが、こと相鉄に関しては、更に約3年後には東急電鉄との相互直通運転開始が予定されており、更なる変化が見られることとなっています。
これまで他社と相互直通運転を行わなかった会社が、数年の間で複数社と相次いで相互直通運転を開始しするという、ある意味、この数年の間、この相鉄は一番の変化が見られる会社線になるのではないのでしょうか。


もっとも、私自身としては、相次いで開業する新規開業線区(今回の場合は武蔵小杉〜羽沢横浜国大〜西谷)に、早いうちに乗りに行かないといけないな、とスケジュールを今から考えておかないとな、と改めて感じたニュースでありました。




●関連ニュースサイト:
相鉄,11月30日ダイヤ改正で新種別を設定|鉄道ニュース|2019年7月16日掲載|鉄道ファン・railf.jp
「相鉄・JR直通線」海老名〜新宿間で運転 1日46往復、二俣川〜新宿間は最速44分 | 乗りものニュース
通勤特急・通勤急行を新設、特急・快速は西谷停車 JR直通線開業で相鉄がダイヤ改正 | 乗りものニュース
新宿〜二俣川間が最速44分、相鉄・JR直通線の運行計画概要発表 - 鉄道コム



●関連ブログ:
相鉄とJR東日本、相鉄・JR直通線の運行計画の概要について公表 - kqtrain.net(京浜急行)
相鉄、相鉄・JR直通線の開業に伴い、2019年11月30日(土)から新ダイヤで運行 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム