京阪電鉄では、開催を延期していたアニメ「響け!ユーフォニアム」とのコラボ企画「京阪電車×響け!ユーフォニアム2019」を、2019年11月1日(金)から実施することを発表しました。

「京阪電車×響け!ユーフォニアム2019」を11月1日(金)から実施します |京阪電鉄

主な概要は以下の通りです。

●舞台めぐりマップ:
作中に登場した宇治市内などのシーンをまとめた「舞台めぐりMAP」を、京阪電車の主要駅や宇治市内の各所で配布

●キャラクター等身大パネル設置:
・展示期間:
2019年11月1日(金)〜2020年3月31日(火)
・展示場所:
中書島駅、六地蔵駅、黄檗駅、宇治駅、宇治市観光センター

●乗車券の販売(京阪線):
・名称:
「京阪電車×響け!ユーフォニアム2019 京阪線フリーチケット」
・販売期間:
2019年11月1日(金)〜12月31日(火)
・通用期間:
2019年11月1日(金)〜2020年3月31日(火)の任意の一日
・有効区間:
京阪線全線 乗り降り自由
・発売価格:
1,300円(大人用のみ発売)
・発売枚数:
5,000枚(なくなり次第終了)
・発売箇所:
中之島、淀屋橋、天満橋、京橋、守口市、寝屋川市、香里園、枚方市、樟葉、中書島、丹波橋、祇󠄀園四条、三条、出町柳の各駅

●乗車券の販売(大津線):
・名称:
「京阪電車×響け!ユーフォニアム2019 ヘッドマーク型大津線フリーチケット」
・発売期間:
2019年11月1日(金)〜12月3日(火)
・通用期間:
発売期間中の任意の1日
・有効区間:
大津線全線 乗り降り自由
・発売価格:
1,400円(大津線の1日フリーチケット2枚1組)(大人用のみ発売)
・発売枚数:
4,000枚(4種類、各1,000枚:なくなり次第終了)
(※)誕生月が8月、9月、10月、11月のキャラクターなどをそれぞれデザインした4種類のヘッドマーク型乗車券を発売。
(※)一人につき各乗車券1枚限り発売
・発売場所:
びわ湖浜大津駅


●ヘッドマークの掲出:
現在運行中のラッピング電車に、大津線の乗車券と同じデザインのヘッドマークを掲出して運行。
なお、ラッピング電車の運行は12 月3日(火)まで。

・掲出期間:
2019年11月1日(金)〜12月3日(火)
11月1日(金)〜11月18日(月)は、大津線の乗車券´△汎韻献妊競ぅ鵑離悒奪疋沺璽を掲出
11月19日(火)〜12月3日(火)は、大津線の乗車券い汎韻献妊競ぅ鵑離悒奪疋沺璽を掲出
・掲出車両:
石山坂本線 石山寺〜坂本比叡山口駅間
600形車両1編成(617-618号車)

●その他:
本企画に関連する売上金の相当額を、京都府が開設している「京都府で発生した放火事件に係る被害者義援金」口座に寄付

keihan_hibike2019
▲「京阪電車×響け!ユーフォニアム2019」オリジナルイラスト
(上記発表資料(https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2019-10-21_hibike.pdf)より引用)





今回ご紹介した「京阪電車×響け!ユーフォニアム2019」のコラボ企画は、元々は7月20日から実施される予定となっていました。


しかし、このコラボ企画開始の二日前の7月18日に、「響け!ユーフォニアム」のアニメを製作する京都アニメーションが放火され、36名の方がお亡くなりになり、また、33名の方が重軽傷を負うという、痛ましい事件が発生しました。


(タイトルは「京都アニメーション」とだけしていますが、記事内容は2019年7月18日(木)に発生した放火事件を記しています。)

そんな状況の下では、予定していたコラボ企画を実施できるわけもなく、止むなく延期ということになりました。
ただ、京都アニメーションの被害自体が甚大なこともあり、延期となったコラボ企画がいつ実施されるのかは気になるところですし、数年単位での延長ともあり得るのかな、とも思い、開催されるまで気長に待つのも当然、と思っていました。


しかし今回、延期となったコラボ企画が11月から開催するという、嬉しいお知らせをお伝えすることができました。
ヘッドマークの掲出期間は当初より短くなったものの、その他の企画はほぼ延期前と同様で、なおかつ追加(京阪線フリーチケット)もありと、これまた開催を待っていたファンにとっては嬉しいものであるといえるでしょう。

また、今回のコラボ企画の売上金相当額を、京都府の設置している被害者義援金口座に寄付することも合わせて発表されています。
既に多くの方が義援金の協力を行っていますし、私自身もアニメイト和歌山店に設置していた募金箱に義援金の協力をした次第ですが、被害者の支援等にはまだまだ足りないとのことです。
今回のコラボ企画で販売される乗車券等を、より多くの方が購入されることにより、より多くの義援金が被害者の方々に行き渡るといいな、と思いますし、このブログがその一助になれば幸いに思います。


ともあれ、甚大な被害を受けた京都アニメーションが、少しずつでもその被害から再建し、再び美しいアニメーション作品を数多く世の中に送り出す。
そして「響け!ユーフォニアム」の続編がアニメ作品として制作される。
その日が来るのを願いながら、こういったコラボ企画をこれまで以上に盛り上げていくとができれば、と思ったニュースでありました。




●関連ニュースサイト:
京阪 響けユーフォニアム 記念ヘッドマーク 掲出(2019年11月1日〜) - 鉄道コム
京阪 響けユーフォニアム 京阪線フリーチケット 発売(2019年11月1日〜) - 鉄道コム
京阪 響けユーフォニアム 大津線フリーチケット 発売(2019年11月1日〜) - 鉄道コム



●関連ブログ:




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム