神戸市内の新神戸〜谷上(たにがみ)間を運行する北神急行電鉄では、6月1日(月)に北神線にかかる資産を神戸市交通局に譲渡し、同日より「北神急行電鉄北神線」として運行されることとなります。

神戸市:北神急行線の市営化について

これに伴い、料金(運賃)は、谷上〜三宮間が現行の550円から、およそ半額となる280円となるほか、新神戸を介した既存の神戸市営地下鉄各線への料金(運賃)も大幅に引き下がることとなります。

なお、北神急行線の市営地下鉄化にともなう、ダイヤの変更はありませんが、全車両にヘッドマークを付けて運行されることが、神戸市交通局から発表されています。

神戸市:北神急行線の市営化が6月1日より始まります

詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



今回神戸市営地下鉄へ資産等が譲渡されることとなった「北神急行電鉄」は、1988年(昭和63年)に開業しました。

北神線開業までは、神戸電鉄有馬線沿線から神戸市内の中心地、三宮へ出向くは、鈴蘭台、新開地を経由する遠回りのルートしかなかったこともあり、六甲山を南北に突っ切る鉄道路線は六甲山北麓の住民にとっては長年の願いだったかと推察されます。

しかし、開業後は、谷上〜新神戸間が400円強という運賃に加え、新神戸から先は別途神戸市営地下鉄の運賃が加算されることから、運賃の高さを嫌ってか、想定通りに利用者が定着しないままでありました。
そのため、高額な建設費を償還することが困難な状況となったことから、2002年には北神急行の資産を神戸高速鉄道へ譲渡し、北神急行は運行等を担う「第二種鉄道事業者」、神戸高速が資産を保有する「第三種鉄道事業者」となる運行形態の変更が行われましたが、それでもなお、大幅な利用者の増加には繋がらなかった模様でありました。

そんな中、2019年には、神戸市北区の地域振興等を目的として、北神急行電鉄を市営化し、神戸市営地下鉄と一体的な運行を実施することが決定されました。
その後、譲渡に関する手続き等が進められ、この6月1日(月)に、晴れて「神戸市営地下鉄北神線」として、新たなスタートを切ることとなりました。

私は神戸市内の大学に通っていたこともあって、この北神急行の感想を少なくない方々から聞きましたが、皆さん口を揃えて「速いけど高い」と評されていました。
確かにその通りで、運賃が高くなることを嫌って、時間がかかるのを承知で鈴蘭台・新開地を経由して通学されていた方も、結構多かったように記憶しています。

それほどまでに「高い」運賃が、北神線の利用のみならず、神戸市北区の六甲山北麓地域の活性化を阻害していたのは、想像に難くなく、人口減少が今後進むなか、神戸市としても北区の活性化もあり、今回の北神線市営化を進めたといえるでしょう。


利用者サイドにとっては、北神線が「速くて安い」ルートに生まれ変わるわけで、喜ばしいことである一方、「ようやく今頃に」という感想もあるかと思います。
とはいえ、鉄道というインフラの譲渡には、これだけの時間がかかることは、その性格上仕方がないのかも知れませんね。



この北神急行電鉄ですが、私が直近に乗車したのは、2016年4月のことでありました。
この時は、下記記事でご紹介した「関西鉄道むすめ&萌えキャラスタンプラリー」のイベントに参加すべく、谷上駅を訪問したのでありました。


その際にたまたま乗車したのが、北神急行の所有する7000系でありました。
DSC04851_R
▲北神急行電鉄7000系(谷上駅)

DSC04857_R
▲北神急行のPRキャラクター「北神 弓子」のヘッドマーク

DSC04859_R
DSC04858_R
▲この時は、上記スタンプラリー開催のヘッドマークも掲出されていました。

北神急行電鉄のPRキャラクターであった「北神弓子」でしたが、6月1日以降は市営地下鉄北神線のPRキャラクターとして引き続きその任務を果たすことが、神戸市より併せて発表されています。
また同時に、北神弓子を含めた神戸市交通局の「マスコットキャラクターの使用ガイドライン」も定められています。
神戸市:マスコットキャラクターの使用ガイドライン



以上、明日でその名称が地図上から消える「北神急行電鉄」について記してみました。
実際、市営地下鉄北神線となると、運賃も大幅に下がることから、これによる北神線の利用者増、そして北区エリアの住民減少を食い止める効果を生み出すことができればいいなと思います。

あと、気になるのは北神急行電鉄所有の7000系であります。
置き換えの発表が特になされていないので、しばらくは現在の姿で走り続けるものと思われます。
一方で、神戸市営地下鉄では新型車両6000型の投入が進んでおいることから、北神急行7000系もいずれ置き換えの時がやってくるのでしょうから、北神急行の歴史を残す最後の証、としてその動向に引き続き注目していきたいと思います。

【参考文献】
Railway Graphic Namba N0.7「特集 山陽電気鉄道・神戸高速鉄道」あすやろう製本





●関連ニュースサイト:
神戸市、北神急行線を6月1日から市営地下鉄 北神線として運行開始。谷上〜三宮の運賃はおよそ半額に - トラベル Watch
神戸市 西神山手線・北神急行線 一体運行(2020年6月1日〜) - 鉄道コム



●関連ブログ:
【北神急行】北神弓子さん、神戸市交通局でも続投へ | 鉄道プレス
北神弓子も神戸市営地下鉄に: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム