現在のJR西日本の都市間輸送を支えるフラッグシップトレインとして名高い「新快速」。
この新快速が登場したのは1970年(昭和45年)の10月1日で、この秋で丁度50周年を迎えます。

これを記念して京都鉄道博物館では、「新快速」の歴史と魅力を紹介する展示やイベントを実施することを発表しました。

新快速50周年記念「この秋は新快速で50! 〜学んで、遊んで、しんかいそく!〜」(京都鉄道博物館):JR西日本

概要は以下の通りです。


●特集展示「新快速50年」:
内容:
新快速の歴史と特徴について、「新快速のはじまり」「初の専用車両117系」「新快速の特徴」「新快速等状の背景」「関西の私鉄と新快速」の5つの展示構成で紹介

期間:
2020年9月19日(土)〜12月13日(日)


●「新快速」映像シアター:
内容:
新快速の魅力を、「新快速に携わるJR西日本社員の舞台裏」「収蔵映像より関連映像」の2本の映像を通じて紹介。

期間:
2020年9月19日(土)〜12月13日(日)


●鉄道ジオラマ特別プログラム:
内容:
JR西日本の新快速で使用されていた模型列車や、同じ線区で活躍していた模型列車が走行する特別プログラムで運転

期間:
2020年9月19日(土)〜12月13日(日)


●収蔵資料展:
内容:
普段は未公開の収蔵資料のうち、新快速の幕やヘッドマークを中心に展示

期間:
2020年10月3日(土)〜1月17日(金)


●収蔵写真展:
収蔵している「新快速」関連写真を展示
期間・・・
3階 ギャラリー:9月12日(土)〜12月20日(日)
2階 企画展示室:9月19日(土)〜12月13日(日)


●特別展示ポスター:
kyotorailwaymuseum_special_rapid
▲上記発表資料内PDF(https://www.westjr.co.jp/press/article/items/200817_00_50.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



上記発表資料の冒頭にもあるように、当時の国鉄大阪鉄道管理局が、新たな速達列車を「新快速」とうい名称で運行開始してから半世紀。

当初は113系や、新幹線開業を期に余剰となった153系などが投入されていましたが、1982年(昭和57年)に「新快速」専用車両として、転換クロスシートが設置された117系が投入されました。
「新快速」史上初の新型車両の投入ということで注目を集めましたが、その成果が並行する民鉄からの輸送シェア奪回という形で目に見えてくるのは、その少し後、民営化後のことであったでしょうか。

元々スピードとサービスの双方が高い水準であった新快速でありましたが、京阪神地区の通勤圏拡大に応じて早朝・夜間・深夜時間帯への拡大といったような増発が行われてきました。
また運転区間も北は敦賀、西は播州赤穂と広範囲に渡る高速輸送ネットワークを構築し、今や京阪神地区のみならず滋賀県や兵庫県西部の人々の日常の通勤、通学、行楽等々に欠かすことのできないインフラとして、日々の生活を支えているのは、このブログの読者の多くの方は、ご存じのことだと思われます。


その「新快速」の50年を一気に振り返ることができるこの京都鉄道博物館の展示では、普段は未公開の資料などを見ることができたりと、非常に見どころが多いように思えます。

一列車種別である「新快速」をテーマにした特別展示が博物館で実施されるとは、関西地区以外の方々にとっては、にわかに信じがたいかも知れません。
しかし、これが「新快速」が積み重ねてきた歴史の重みでもあり、また、関西地区の人口に膾炙した列車種別の証左、といえますので、そこまで発展してきた「新快速」の軌跡をたどる意味では、是非とも見てみたいな、と思ったニュースでありました。



●関連ニュースサイト:
JR西日本「新快速」50周年、京都鉄道博物館で展示・講演会など開催 | マイナビニュース



●関連ブログ:
Msykの業務(鉄道)日誌:新快速の誕生から50年




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム