京阪電鉄では、同社の大津線(石山坂本線)で運行する700形について、旧塗装車両のラストランに伴いヘッドマークを掲出することを発表しました。

「700形旧塗装車両ラストラン」ヘッドマーク掲出|臨時列車・オリジナルグッズ|京阪電気鉄道株式会社

概要は以下の通りです。

●掲出期間:
2021年1月9日(土)〜2月1日(月)

●掲出車両:
700形車両1編成(709-710)

●ヘッドマークデザイン:
keihan_700_oldcolor_lastrun_hm
(上記発表資料(https://www.keihan.co.jp/traffic/specialtrain-goods/hm-model700_lastrun/)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



京阪電鉄大津線(石山坂本線・京津線)では、2017年6月より現在の京阪線一般車両と同一のカラーデザインへの変更が進んでいます。


既に京津線の800系については旧塗装車両の運転は11月10日限りで終了していますが、今回は石山坂本線の700形についても、旧塗装車両の運転終了が発表されました。


つい数年前は普通に見られた旧塗装ですが、どうやらそろそろ見納めの時期が近づいてきた模様です。
私自身も、大津線にはラッピング車両の撮影で何度か出向いたことはありましたが、ことラッピング車両を中心に撮影していたこともあってか、というよりも大津線自体にラッピング車両が多くは知っていた時期も長かったこともあり、この700形の旧塗装はあまり記録にありませんでした。

DSC08246_R
▲京阪大津線700形旧塗装(2013年12月・浜大津駅(現・びわ湖浜大津駅))

見納めとなる700形旧塗装ですが、ヘッドマーク掲出という、これまた貴重な姿かと思われますので、お近くの方は撮影してみてはいかがでしょうか。
私自身も、現地に出向くことができればいいのですが、ちょっと難しいかも知れませんね・・・



●関連ニュースサイト:
京阪 700形旧塗装ラストランヘッドマーク 掲出(2021年1月9日〜) - 鉄道コム
間もなく見納め「旧塗装」 京阪700形に「ラストラン」ヘッドマーク掲出 | 乗りものニュース



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム