叡山電鉄では、芳文社発行の漫画雑誌「まんがタイムきらら」とのコラボ企画「きらら×きららプロジェクト」第30弾企画を実施することを発表しました。
なお今回のコラボ企画では、開始から10年を迎えることを記念し、2021年6月12日(土)から2022年6月12日(日)までの約1年間を「きらら×きららプロジェクト10周年」として、10年間の歴史を感じて楽しめるような取り組みを実施することとしています。

きらら×きららプロジェクト10周年コラボ企画を実施します|叡山電鉄

概要は以下の通りです。

【「きらら×きららプロジェクト10周年」コラボ記念車両】
◎概要
運行期間:2021年6月12日(土)〜2022年6月12日(日)(予定)
車両番号:813-814号車

◎実施内容:
・コラボポスターの掲出
・コラボヘッドマーク掲出
eiden_kirara_30th
▲コラボヘッドマークイメージ
(上記発表資料(https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2021/05/news_2021.05.21.pdf)より引用、ⓒ伊藤いづも・かきふらい・Koi・得能正太郎・原悠衣/芳文社)


【きららコラボ缶バッジ販売】
◎概要
・販売期間:
2021年6月12日(土)〜2021年8月31日(火)(予定)

・販売金額:
400円

・販売場所:
出町柳駅改札内カプセルトイ販売機


【コラボヘッドマーク掲出運行実施】
過去に製作した「まんがタイムきらら」作品のコラボヘッドマーク展示、及び一部のコラボヘッドマークを掲出

・実施日:
2021年7月3日(土)

・掲出列車:
叡山本線(出町柳〜八瀬比叡山口)の営業列車

・掲出方法:
八瀬比叡山口駅で交換し、1往復ずつ掲出予定

(※)詳細は後日、叡山電鉄Webサイトで告知


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



アニメ「けいおん!」とのコラボ企画からスタートしたこの「きらら×きららプロジェクト」ですが、早いもので10周年、そしてコラボ企画は30弾を数えることとなりました。

その「第1弾」ともいうべき「けいおん!」とのコラボは、楽器型乗車券とヘッドマーク付き列車の運転といったものでありました。
当ブログでも、10年前の「けいおん!」コラボの記事をご紹介しています。


当時は「けいおん!」だけの一発もののコラボで、まさかこれが10年も続くとは、当時は予想だにできなかったものと思われます。

これだけ続いたのもひとえに、「まんがタイムきらら」という様々な作品が掲載され、そして多くの作品がアニメ化されるという、一種特別な媒体であること、そして何より何度となく実施されるコラボ企画に毎回足繁く訪問する熱心なファンによるものだ、と感じています。

今回、このコラボ企画が30弾・10周年を迎えるにあたり、コラボ記念車両が運行されることとなりますが、その運行期間は約1年間と、「きらら×きららプロジェクト」のヘッドマーク掲出としては長期に渡るものであるといえるでしょう。

加えて、7月3日(土)には過去の「まんがタイムきらら」作品のヘッドマークを順繰りに掲出する運行が実施されることとなりますので、様々な作品のヘッドマークをひとところで見ることができる、貴重な機会といえるでしょう。

「コラボヘッドマーク掲出運行」の詳細は後日発表されることとなっていますが、八瀬比叡山口駅での展示も期待できるだけに、条件があれば見にいくことができればいいな、とは思っています。


新型コロナウイルス感染症の影響に加え、昨年の大雨による土砂災害による運転見合わせもあり、厳しい経営状況である叡山電鉄ですが、長年続いてきたこのコラボ企画が今後も続いていくよう、私としても可能な限り訪問して叡電を応援していきたいと思った次第であります。




【関連ニュースサイト】
叡山電車、「きらら×きららプロジェクト」10周年。「まんがタイムきらら」コラボのヘッドマーク・缶バッジ - トラベル Watch
叡山電鉄 まんがタイムきららコラボ10周年記念車両 運転(2021年6月12日〜) - 鉄道コム
叡山電鉄 きららコラボヘッドマーク 掲出(2021年7月3日) - 鉄道コム




【関連ブログ】
【叡山電鉄】きらら×きららプロジェクト10周年コラボ企画実施 - kqtrain.net(京浜急行)




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム