南海電鉄では、人気キャラクター「すみっコぐらし」とのコラボ企画を続々と実施していますが、今回、第3弾として、オリジナルコラボグッズの販売等に加え、「すみっコぐらしの駅入場券」の発売が発表されました。

「南海沿線なんかいいね すみっコぐらしめぐりたいキャンペーン」 第3弾はコラボフード&オリジナルコラボグッズ&クイズラリー&パークスガーデン「すみっコの森」など各種イベント! 8月7日(土)「すみっコぐらしラッピングラピート」お披露目|南海電鉄

概要は以下の通りです。

【すみっコぐらしの駅入場券販売】
・販売期間:
2021年8月1日(日)〜12月30日(木)

・内容:
すみっコぐらしがデザインされた、住吉大社、多奈川、和歌山港、加太、汐見橋、高野山の各駅の入場券とオリジナル台紙のセット

・販売額:
960円

・販売数:
10,000部

・販売場所:
南海電鉄の各駅(一部の駅除く)

【入場券イメージ】
nankai_sumikko_platformticket
(上記発表資料(https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/210728.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧ください。



南海電鉄では、この7月から「すみっコぐらし」とのコラボ企画として、第1弾では車両へのラッピング、第2弾では駅の壁面や駅名標への装飾といった、企画を実施しています。




今回、第3弾としてオリジナルコラボフードやグッズといった物販系のコラボが実施されることとなっていますが、その一環として、入場券の発売が発表されることとなりました。

この入場券、相変わらずかわいい「すみっコぐらし」のキャラクターがデザインされており、多くの方に人気が出そうですが、特筆すべき点は、入場券としてセットされる駅名です。

住吉大社、多奈川、和歌山港、加太、汐見橋、高野山の各駅がセットされているわけですが、「すみっコよし大社駅」と、コラボ駅名が付けられた「住吉大社」以外は、いずれも南海電鉄の終端駅となっています。

まさに南海電鉄の「すみっコ」の駅がセットとなった入場券ですが、南海電鉄の多くの駅で発売されることとなっていますので、私も通勤の行き帰り等に時間を見つけて購入したいと思います。



【関連ニュースサイト】
南海 すみっコぐらしの駅入場券 発売(2021年8月1日〜) - 鉄道コム
南海×すみっコぐらし,「すみっコぐらしの駅入場券」「オリジナルコラボグッズ」発売|鉄道ニュース|2021年7月30日掲載|鉄道ファン・railf.jp



【関連ブログ】
【南海】「すみっコぐらしの駅入場券」発売 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム