南海電鉄では、「すみっコぐらし」とのコラボ企画を実施しています。

その中で、第2弾として「駅『すみっコ化』」と題して、駅の壁面や駅名標に「すみっコぐらし」の装飾を施す企画を実施しています。


この中、和歌山市駅では駅名標及び待合室に「すみっコぐらし」の装飾が施されているとのことですので、装飾コラボが実施された翌日の7月30日(金)の仕事帰りに、和歌山市駅を訪問して見にいくことにしました。

DSC_0106-2_R
▲「すみっコぐらし」とコラボした和歌山市駅の駅名標。

DSC_0112_R
▲掲出されているのは、4番ホームの難波方となっています。

加太線の列車が発着する3番線には、「めでたいでんしゃ」の幟に並んで、「すみっコぐらし」の幟も立てられていました。
DSC_0108_R


待合室の装飾も見てみることにします。
DSC_0110_R



訪問したときには、丁度「すみっコぐらし」コラボの「めでたいでんしゃ なな」が発車するところでした。
DSC_0103_R



一通り「すみっコぐらし」のコラボを記録して、帰路につきました。



明日8月1日からは、下記記事でご紹介した、コラボ「記念入場券」が発売されます。


こちらも、時間を見つけて早速購入しにいきたいところであります。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム