京阪電鉄では、同社の7000系について、1編成目のリニューアル工事が完成し、2024年1月21日(日)より営業運転を開始することを発表しました。

7000系リニューアル車両が営業運転を開始します! |京阪電鉄

概要は以下のとおりです。

【運行開始日】
2024年1月21日(日)
7002編成(7両×1編成)

【特徴】
・安全性向上
(車内防犯カメラ、ホーム検知装置、戸挟み検知装置の設置)

・バリアフリー対応
(ドアチャイム、液晶型車内案内器への更新、車いすスペース拡大)

・インテリアデザイン刷新

・省エネ化
(車内照明、行先表示器にLEDを採用)

【今後の予定】
2025年度中に全編成(7両×4編成)のリニューアルを完了予定

【内外装】
20240111_01
▲リニューアル車両外観

20240111_02
▲車内インテリア

いずれも上記発表資料(https://www.keihan-holdings.co.jp/news/upload/240111_keihan-railway.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC09037-2_R
▲京阪7000系電車。
今後、2025年度までの間に順次リニューアルが実施されます。

京阪電鉄では、老朽車両の置き換えとして13000系を導入していますが、一方で今後も引き続き使用を継続する車両については順次リニューアルを実施しています。
既に6000系が、車内を13000系に準じたインテリアにするなどの工事が実施されていますが、今回、それらに続き、7000系のリニューアルが実施されることが発表されました。

今回の7000系も、13000系に準じたインテリアにリニューアルされることとなります。
今回1編成をリニューアルしますが、今後2025年度まで毎年度1〜2編成のリニューアルを実施することとしています。

一方で、リニューアルされない車両については、ゆくゆくは置き換え、ということになろうかと思いますが、その動向も引き続き注視していきたいな、とも感じたニュースでありました。




鉄道コム関連記事】
京阪、7000系を「13000系並み」にリニューアル 2025年度までに全編成を更新 - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム