兵庫県の上郡と鳥取県の智頭を結ぶ第三セクター鉄道「智頭急行」では、今年(2024年)12月3日に開業30周年を迎えることを記念して、様々な記念事業を実施することを発表しました。

智頭急行開業 30 周年記念事業について|智頭急行

概要は以下のとおりです。

【30周年記念事業】
・記念ロゴマーク掲出
・フォトコンテスト開催
・記念「鉄印」記帳
「プレミアムハザ」(前頭添乗体験)の開催
・HOT3500系運転体験
・駅ネーミングライツ募集

【「プレミアムハザ」詳細】
プレミアムハザ(前頭添乗体験) | 智頭急行株式会社
・体験内容:
特急「スーパーはくと」の乗務員室の助士席に座り、非日常の空間から智頭線を体験する企画。

・体験区間:
智頭線 智頭〜上郡(往復)

・集合場所:
智頭急行 智頭駅

・開催日:
2024年5月18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)

・コース設定(各コース定員1名):
Aコース
スーパーはくと4号(智頭9:21発→上郡10:01着)
→スーパーはくと3号(上郡10:48発→11:28着)

Bコース(集合時間10:55)
スーパーはくと6号(智頭11:15発→上郡12:00着)
→スーパーはくと5号(上郡12:16発→13:00着)

Cコース(集合時間12:30)
スーパーはくと8号(智頭12:50発→上郡13:27着)
→スーパーはくと7号(上郡14:16発→15:00着)

Dコース(集合時間14:30)
スーパーはくと10号(智頭14:50発→上郡15:27着)
→スーパーはくと9号(上郡16:16発→16:54着)

・参加料:
30,000円(税込)
(※)別途、乗車券が必要

・撮影等条件:
写真・動画の撮影が可能。撮影した動画・画像は個人用途に限りSNS等で配信可能


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



兵庫県・岡山県・鳥取県の3県にまたがる第三セクター鉄道「智頭急行」。

京阪神から鳥取県東部を結ぶ陰陽連絡路線として、「スーパーはくと」「スーパーいなば」といった特急列車が数多く運行されており、鳥取市や倉吉市と、神戸・大阪・京都を結ぶのみならず、姫路で山陽新幹線に接続し、名古屋・東京方面へのメインルートとして機能しています。

この智頭急行も今年で開業30周年を迎えることとなりますが、それを記念したイベントが順次実施されることとなっています。


これら記念イベントの中でも特に注目したのは、「プレミアムハザ」こと、乗務員室体験であります。
前面展望は、鉄道ファンの方にとっての楽しみの一つですが、それが通常では立ち入ることのできない「スーパーはくと」の乗務員室で前面展望を楽しむことができる、ユニークな企画となっています。

企画の名称もユニークで、「プレミアムハザ」という、鉄道ファンにとっては「なるほど、そんな名前を思いついたとは!」と感心することしきりな名前であることも注目です。
(※)「ハザ」とは、普通車指定席を指す略語で、「普通車」を示す車両記号「ハ」と指定席座席の「ザ」を組み合わせたところから来ているようです。


料金は30,000円(別途乗車券要)であることから、ちょっと値段は張りますが、非日常を体験できるプレミアムな普通車指定席、興味ある方は是非体験してみてはいかがでしょうか。

20230227_092907_R
▲開業30周年を記念して「プレミアムハザ」が設定されることになった「スーパーはくと」HOT7000系。
前面展望が良い非貫通先頭車「HOT7000形」の先頭席は、鉄道ファンにとっても人気の座席です。
しかし今回の「プレミアムハザ」は、それ以上に迫力ある体験が楽しめそうです。




鉄道コム関連記事】
智頭急行 スーパーはくと 乗務員室添乗体験イベント(2024年5月18日) - 鉄道コム
智頭急行 開業30周年記念ロゴマーク 掲出(2024年4月下旬〜) - 鉄道コム
智頭急行 HOT3500系 運転体験イベント(2024年6月22日) - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム