JR西日本では、2021年度に電気式気動車「DEC700形」を導入し、各所で試運転や性能確認試験を行ってきています。
(参考)


この度、このDEC700が同社の姫新線(津山〜新見間)で初の営業運転を実施することが発表されました。

「森の芸術祭 晴れの国・岡山」期間中の列車アクセスを充実します!:JR西日本

概要は以下のとおりです。

【DEC700運行列車概要】
●列車名:
「快速 ハレのモリ」

●運転日:
2024年9月28日(土)〜11月24日(日)の土日祝

●運転区間:
姫新線・津山〜新見間(各日1往復)

●運転時刻:
(下り)
津山発8:28⇒新見着10:36
(上り)
新見発15:48⇒津山着17:36

●座席種別:
普通列車自由席

●使用車両:
DEC700
2024052821-16-242
▲DEC700の外装及び車内
(上記発表資料(https://www.westjr.co.jp/press/article/items/240527_00_press_forestfestivaloftheartsokayama_2.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



導入から3年が経過しようとしているJR西日本のDEC700ですが、これまで試運転等の目撃報告はSNS上に上がっていたりしているものの、これまで一般の旅客が乗車できる機会というのは、特に設けられていなかったものと思われます。

今回、「「森の芸術祭 晴れの国・岡山」(https://forestartfest-okayama.jp)の開催にあたり、岡山県北部を中心とする会場へのアクセス向上を目的に、様々な臨時列車が設定されますが、その中にこのDEC700を使用した臨時列車も運転されることとなりました。

運転区間は、上述のとおり姫新線の津山〜新見間となっており、ダイヤは津山発が朝、新見発が夕方となっています。

朝の津山発は、8:28発と、津山または岡山(岡山6:36発快速「ことぶき」から接続)に前泊しておかないと間に合いませんが、一方で夕方の新見発は15:48発と、新見駅で上下の特急「やくも」に接続していることから、新型車両「273系」と組み合わせてDEC700の乗車を楽しむことができそうです。


上記発表資料によれば、「おトクなきっぷ商品なども検討中」とのことですので、これから発表されるおトクなきっぷなどを活用して、岡山県北部に走り始めた新型電気式気動車に乗りに行くのも楽しいな、と感じたニュースでありました。




【関連ブログ】
【JR西日本】「DEC700」初の営業運転を実施へ! - 鉄道プレス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム