阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ: その他の話題

JRグループ5社(JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州)では、新幹線車内での列車公衆電話サービス(以下「公衆電話」。)を設置していますが、これらの公衆電話について、2021年6月30日(水)をもってサービスを終了することを発表しました。

新幹線における列車公衆電話サービスの終了について|JR北海道
【本文】新幹線における列車公衆電話サービスの終了について|JR東日本
新幹線における列車公衆電話サービス終了について|JR東海
新幹線における列車公衆電話サービスの終了について :JR西日本
新幹線における列車公衆電話サービスの終了について |JR九州
ニュース 2021年3月18日:新幹線における列車公衆電話サービスの終了について | NTTコミュニケーションズ 企業情報


上記によりますと、6月7日(月)以降は、列車により公衆電話を利用できない場合があるとのことです。


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



新幹線の公衆電話は、開業後まもなくサービスが開始されたようですが、列車電話の歴史を遡ると、新幹線開業前に運行されていた151系特急「こだま」「つばめ」でも実施されていたとのことです。

当時は、現在のように相手方の番号を電話機のダイヤルを押すのではなく、交換手を通じて繫ぐという方法でありました。

また、列車内からかけるのみならず、列車名と相手の名前を伝えて、列車内の乗客へかけるというサービスも往時は実施されており、走行中の車内で個人名が割と頻繁に呼び出されるという、今では考えられない光景が見られました。

加えて、列車からの発信、列車への着信含めて、東海道・山陽新幹線の公衆電話では、通話ができるのは沿線の都府県に限られており、現在とは随分様子が違うサービスでありました。

P7212023-2_R
▲新幹線0系電車(2008年7月)
東海道新幹線開業して間もない頃から公衆電話サービスが提供されていました。

img404-2_R
▲JTB時刻表1987年(昭和62年)3月号に掲載されていた公衆電話サービス
(同号・復刻版より引用)
当時は車内への呼び出しサービスが実施されていたこと、通話先は東海道・山陽新幹線の沿線都府県に限定されていたことなどが分かります。
一方で、東北・上越新幹線の公衆電話サービスでは、全国との通話が可能でした。


この新幹線の公衆電話ですが、トンネル内でも通話が可能であったことから、携帯電話の基地局が整備されるまでは一定の利用ニーズはあったようですが、トンネル内の基地局整備も進み、現在では青函トンネル含めて全ての区間で大手の携帯事業者であれば利用できるようになりました。

携帯電話の普及に加え、そういったハード面の整備も進んだことから、今回新幹線の公衆電話サービス終了が発表されました。


私個人の記憶をたどってみても、新幹線の公衆電話から電話をかけたことは幾度かあったように記憶しています。
既に携帯電話を持っている時期ではありましたが、上述のとおりトンネルで圏外となり通話が切れることを懸念して、敢えて公衆電話からかけていたように思えます。

ただそれも、基地局の整備が進んだことや、携帯電話からのメール等が利用できるようになったことから、連絡の手段が通話に限られなくなったこともあり、近年はめっきり利用することがなくなりました。


現在、東海道・山陽新幹線のN700系(16両編成)では、公衆電話は4台(4号車・9号車・12号車・15号車)設置されています。
携帯電話の普及と、基地局の整備が進んだとはいえ、4両に1台は公衆電話が設置されているのは、以外に多く感じました。

サービス終了は6月30日ですが、6月7日からは、先行して一部の列車で利用できなくなる模様ですので、それまでに新幹線に乗車する機会があれば、公衆電話の画像も記録しておきたいな、と思ったニュースでありました。



●関連ニュースサイト:
新幹線車内の公衆電話サービスが6月末終了 携帯電話の普及に伴い | 乗りものニュース
JR各社、新幹線車内の公衆電話サービスを6月に終了 - 鉄道コム



●関連ブログ:
【速報】新幹線の公衆電話、6月でサービス終了へ…56年の歴史に幕 | 鉄道プレス
新幹線の列車公衆電話、6月で廃止: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

JR西日本の駅ショッピングセンターである「天王寺ミオ」「和歌山ミオ」では2021年2月1日〜2月28日の間、au PAY決済時に使える500円クーポンを進呈することを発表しました。

2021年2月1日(月)〜 天王寺ミオ・和歌山ミオで「au PAY」決済時に使える500円相当のクーポンを進呈します:JR西日本

概要は以下の通りです。

●配布クーポン:
・天王寺ミオでの1,000円(税込)以上の購入に使える500円割引クーポン
・和歌山ミオでの1,000円(税込)以上の購入に使える500円割引クーポン

●対象期間:
2021年2月1日(月)0:00〜2月28日(日)23:59

●利用方法:
au Wi-Fiアクセス、au PAYアプリをそれぞれインストールし、au Wi-Fiアクセスアプリ上でクーポンを取得。


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



一時期は太っ腹な還元キャンペーンが話題だったQRコード決済(スマホ決済)でしたが、ある程度普及が進んできたこともあってか、会員の獲得よりも収益性の向上に舵を切っている模様で、かつてのような美味しいキャンペーンは鳴りを潜めてしまった、ともいえるかも知れません。

そんな中、今回和歌山ミオ・天王寺ミオでは、au PAYというauが提供するスマホ決済利用者対象に、1,000円以上購入の際に500円割引となるクーポンの配布が始まっています。

1,000円以上であれば、購入金額に制限はないこともから、取りあえずクーポンをゲットしておいて、書籍等の買い物に使うようにするのが得策といえるかも知れません。


注意点としては、「au PAY」「au Wi-Fiアクセス」という2つのアプリをインストールする必要があることと、クーポンの入手は「au Wi-Fiアクセス」上から行うこと、そして枚数制限(和歌山ミオの場合は先着5,000枚)となっていることでしょうか。

私も早速、両方のアプリをインストールし、クーポン取得してみましたので、書籍の購入等に利用してみたいと思いますが、平日はしばらくの間、和歌山ミオの営業時間内に退社できる目処がなさそうなのですが、何とか時間を見つけて買い物できればと思っています。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

いつも当ブログ「阪和線の沿線から」にご訪問いただき、誠にありがとうございます。

この度、当ブログの掲載記事数が9,000件に達しましたので、ご報告します。
9,000件達成の記事は、下記の乗車記録の記事であります。


前回ご報告の、8,000件達成記事は、下記でご紹介したように、2019年8月22日でありましたので、それからおよそ1年5ヶ月での達成となりました。



度々ご紹介しているように、当ブログは管理人の私が記す、旅行記、交通関係ニュース、そして毎日の乗車記録を中心とたコンテンツで構成しています。
そのため、毎日通勤で列車に乗っていれば、それだけで記事数は増えていくという仕組みではありますが、一方で日々のニュースや旅行記、撮影記録も、全てひっくるめて「記録」という観点で、このブログにご紹介しています。

そういった日々の活動(というほど大がかりなものではありませんが)の成果が、この16年4ヶ月で9,000件の記事アップ数達成、といったことになります。
まさに「継続は力なり」といったところでしょうか。


さて、折角ですので、9,000件達成までの足取りを、簡単にまとめていました。
blog_counter


近年は、1年半程度で1,000件記事達成ペースですが、これまでの平均だと、およそ660日(約1年9ヶ月)で1,000件達成となっている模様です。
この平均ペースで行くと、来年11月にはめでたく10,000件達成となりそうです。

実際は、通勤で公共交通機関を使うか否かで、記事件数が変動することもあり、次の10,000件達成がいつになるかは分かりませんが、ともあれその日を迎えるまで、また迎えてから後も、管理人自身の健康に留意し、皆様に少しでも良質な記事をご提供することができればいいな、と思っています。


最後になりましたが、閲覧者の皆様に、これまでの日々のご訪問を感謝するとともに、今後も引き続き、当ブログをご愛顧いただければと存じます。


ブログ「阪和線の沿線から」管理人 hanwa0724




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

2021_nenga_blog


あけましておめでとうございます。
本年も、当ブログ「阪和線の沿線から」を、どうぞよろしくお願いいたします。



毎年このブログで恒例となっている「ブログ年賀状の画像」ですが、例年3枚程度を掲載しているところ、今年は少し趣向を変えて1枚だけ選んで掲載してみました。

選んだ画像は、下記記事で撮影した、紀勢本線(きのくに線)紀伊日置〜周参見間の日置川橋梁で撮影した、特急「くろしお」283系「オーシャンアロー」の画像です。




今年はブログ開設17周年を迎え、ますます「ブログを書く」というライフスタイルが定着しつつある今日この頃であります。

一方、昨年初頭より続いている新型コロナウイルス感染症の影響による影響は、今年に入ってもしばらくは続くものと考えられます。

公共交通機関に大きな影響を与え、もはやその存続さえも危機に陥れている新型コロナウイルス感染症が一日でも早く収束することを願い、今年も公共交通機関に関する様々なニュースを取り上げ、読者の皆様のお役に立つことができればいいな、と思っています。


本年も、引き続きご愛顧の程をよろしくお願いいたします。

ブログ「阪和線の沿線から」 管理人 hanwa0724



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

2020年も残すところあとわずかとなりました。
本年も当ブログ「阪和線の沿線から」に数多くのアクセスをいただき、誠にありがとうございます。

毎年大みそかに記している、一年の振り返りについて、今年もご紹介したいと思います。



新型コロナウイルス感染症

今年のトピックとしては、これは外したくても外せないものであったかと思います。
今年初めから広がりをみせた新型コロナウイルス(COVID-19)は、瞬く間に全世界にその感染が広がり、我が国とてその例外ではなく猛威にふるわれ、春先には外出自粛となる緊急事態宣言が発出されました。

緊急事態宣言の対象となった時期にゴールデンウィーク期間も含まれていましたが、その期間中の利用状況は、見るも無惨な数値の羅列となってしまいました。


山陽新幹線、在来線特急ともに前年同日比の利用状況は数%という、かつてない落ち込み幅、そして近畿圏についても2割に満たない数値であり、如何に人々が動かなかったか、ということをまざまざと見せつけられたものでありました。

鉄道に限らず、バス、船、航空等このブログで主に取り扱っている公共交通機関は、いずれも「人が動く」ことで成り立っている産業であります。
それが、「人が動かない」状況になると、当たり前の話ですが途端に苦境に陥ることとなります。

勿論、少子高齢化や情報技術の向上により、「人が動かなくてはならない」分量は将来的に減ってくることは、以前から予想はされており、そんな時代の到来を見据えて、公共交通機関がどう生き残っているべきか、という検討を行っていた事業者もあったかと思われます。

しかし、今回の新型コロナウイルス感染症では、その「もっと先に到来するはず」の未来が「数ヶ月で到来して」しまいました。それが故に各事業者に十分な準備ができないまま、対応せざるを得ないことが、各事業者に対する影響を更に大きくした、と感じています。

各事業者も手をこまねいているわけでは決してなく、テレワーク時代を見据えてた施策を考案し、来年から早速実施するケースもあります。
公共交通機関の利用は、昨年までの水準に将来的に戻る可能性は低いかと思いますが、そんな状況のなか、持続可能な公共交通機関の運営がどのようにして可能となるのか、各事業者の取り組みをご紹介しつつ、来年以降も応援していきたいと思っています。

続きを読む

少し更新が遅れてしまいましたが、去る10月31日に巡った西国三十三ヵ所の訪問記の続きです。

下記記事でご紹介したように、この日は中山寺(宝塚市)、花山院菩提寺(三田市)と兵庫県東部の札所を回ってきましたが、続いてもこのエリアに所在する札所である「播州清水寺」を訪問することにします。

駐車場に車を止め、仁王門から境内に入ります。

HORIZON_0002_BURST20201031120039570


境内は山あいに割と広い面積を有しており、ちょっとしたウォーキング気分です。

続きを読む

先の「中山寺」に続き、先週末(10月31日)に巡った西国三十三ヵ所の訪問記をアップします。

中山寺から車で約40分、三田市の山あいにある「花山院菩提寺」が、次に訪問する札所です。
DSC_2532
▲山門

ここは、「番外札所」の三つのお寺の一つでありますが、私が訪問する番外札所としては、こちらの記事で第八番札所の長谷寺と併せて参拝した「法起院」に続いてであります。

山門を通り、境内に入ります。
DSC_2534

花山院菩提寺の特徴としては、上記の画像のように花山法皇殿と薬師堂という二つの本堂が並んで立っているところが特徴といえます。

DSC_2535
▲色めいてきた木を、それを前にした薬師堂。
先ほどの中山寺に比べて標高があるせいか、木々も色づき始めているように感じました。

DSC_2537
▲展望所からの眺め。
視界が良いと、小豆島まで見えるそうですが、この日はそこまで見られなかったものの、いい眺めでありました。

御朱印は、少し離れた納経所でいただくこととなります。
DSC_2538
▲納経所

ここで、自家用車等で参拝の場合、「参道護持費」を支払うこととなります。
普通車の場合は500円です。
DSC_2539


ちなみに、自家用車等でなく、公共交通機関で参拝する場合は、JR福知山線・三田駅北口から神姫バス24系統「乙原(おちばら)バレイ」行きに乗車し、「花山院」下車となります。
【参考】
アクセスマップ | 花山院菩提寺

バス自体は概ね1時間に1本程度運行されていますが、この「花山院」バス停から山上まで、徒歩25分となってはいますが、急な坂道が続くため、上記公式Webサイトではタクシーでの移動も推奨されていますので、気をつけていただければと思います。

上述の神姫バスに乗車し、花山院バス停から徒歩で参拝された方のブログを見つけましたので、参考までにリンクを貼っておきます。



【参考:徒歩によるバス停から山上までのルート】



続いて、本日三つ目の札所に向かうこととします。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

このブログでちまちまご紹介している西国三十三ヵ所巡りですが、先週末(10月31日)に3箇所の札所巡りへ行ってきましたので、ご紹介します。

まずこの日、最初に訪問したのは中山寺。

DSC_2513

DSC_2514


ここ中山寺は、安産祈願のお寺として有名で、西国三十三ヵ所の札所というよりもむしろ、こちらの方でご存じの方が多いのではないかと思われます。
実際、この日も多くの妊婦さんが安産祈願で参拝されていましたが、それに加え、七五三のシーズンが始まろうとすることもあって、子供連れの家族が多く見られました。

こちらは、「安産祈願」も「七五三」も関係なく、札所を巡って御朱印をいただくわけですが、他の札所と違ってここでは、そういう札所巡りの参拝客はむしろ少数派となっているのが印象的でした。

境内を回ってみます。

DSC_2518
▲本堂

続きを読む

先週末に久々に廻った西国三十三ヵ所巡りですが、第二十番札所の善峯寺については、下記ブログ記事でご紹介しました。
【西国三十三ヵ所】第二十番札所・善峯寺(京都府京都市) : 阪和線の沿線から

この日はもう一ヵ所訪問したのですが、その訪問記が未だでしたので、当記事でご紹介したいと思います。

善峯寺に次いで訪問したのは、京都府亀岡市にある穴太寺(あなおうじ)です。
DSC_2113
▲穴太寺 仁王門

境内に入りますと、正面に本堂を目にすることができます。
DSC_2114


先ほど訪問した善峯寺とは異なり、境内の敷地はこぢんまりとしており、簡単に参拝を済ませることができます。

本堂の写真です。
DSC_2120

DSC_2122


仁王門から本堂を見て、左手にある多宝塔。
DSC_2123


境内の様子です。
DSC_2125


別途入場料を払うことで、本堂と庭園に入ることができます。
本堂内は撮影禁止ですが、庭園は撮影可能でしたので、その様子を撮影してみます。
DSC_2115

DSC_2118


ここしばらく、敷地の広い札所を多く廻っていたような気がするだけに、今回の穴太寺は、コンパクトにまとまったお寺であったので、落ち着いて参拝することができました。



この穴太寺への公共交通機関でのアクセスとしては、JR嵯峨野線(山陰本線)の亀岡駅から京阪京都交通バス「穴太寺前・穴川」行きに乗車し、「穴太寺前」下車となります。
DSC_2110
▲穴太寺前バス停
JR亀岡駅からは、およそ1時間間隔でバスが運行されているので、丁度本堂などをゆったり拝観すると、次のバスに乗れる、といったところでしょうか。

我々が到着した際には、丁度「亀岡市ふるさとバス」が通過したところでした。
DSC_2112_HORIZON

この「亀岡市ふるさとバス」は、JR並河駅〜京都先端科学大学の系統のようでありました。
これまた偶然のタイミングで通過する様子を撮影できたのですが、よく考えたら仁王門が道路に面しているだけに、穴太寺仁王門をバックに走るバスを撮影すると、更によかったのかも知れません。



この穴太寺を訪問する前に、昼食を亀岡の城下町界隈で食べました。
寄った先は、「本町カフェ」という、昔ながらの町家をそのままカフェにした、城下町歴史街並み案内所も兼ねたお店でありました。
DSC_2109

DSC_2107

DSC_2106


明智光秀ゆかりの地とのことで、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に関連した施設や企画も実施されているようであります。
新型コロナウイルス感染症の影響か、このカフェは空いてはいたのですが、それだけに昔ながらの町家の様子を十分堪能しながら昼食をいただきました。


先週末に訪問した西国三十三ヵ所巡りの記事は、これで終了です。
これでようやく、西国三十三ヵ所の半数程度を訪問できた模様ですのが、まだ先は長い模様でありますね…



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

このブログでその進捗状況をご報告している「西国三十三ヵ所巡り」ですが、前回(2020年7月)以来のご紹介となります。
新型コロナウイルス感染症の影響による自粛・・・ではなく、ただ単に「暑い」ので控えていただけであります。
9月に入り気候も今後落ち着いてくるかと思われますので、そろそろこちらも再開していきたいと思っています。

今回訪問したのは、京都府京都市の善峯寺(よしみねでら)です。
京都・西山 西国第二十番札所 善峯寺

DSC_2104
▲善峯寺 東門

DSC_2077
▲山門
DIAGONAL_0002_BURST20200905101702940


山門から少し上ると、すぐに本堂が見えてきます。
DSC_2079


DSC_2080


DSC_2083
▲本堂に到着です。

続きを読む

↑このページのトップヘ