阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。 鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。

鉄道撮影記録

阪和線・山中渓の桜(2024.4.2)「大阪プレDC」ヘッドマーク掲出編成も撮影

自宅からほど近いことをいいことに、毎年このブログでご紹介している阪和線・山中渓駅の桜の様子。
今年も桜の開花時期がやってきましたので、毎年恒例となっている、阪和線・山中渓駅の桜の様子をブログでアップしていきたいと思います。

この4月から私自身が2年ぶりに阪和線で通勤することになったことから、昨年・一昨年よりもより頻度を多く桜の開花状況をご紹介していけるのではないかと思います。

今日の撮影記録のうち、注目は223系0番代未更新編成と、「大阪DCプレキャンペーン」ヘッドマーク掲出編成です。

【223系0番代未更新】
DSC03002-2_R

リニューアル工事がすすみ、すっかり少数派となった、223系0番代未更新編成。
電球色ヘッドライトに、GTO-VVVF制御音など、特徴ある編成が見られるのも、あとわずかといえるでしょう。

【225系5100番代「大阪プレDC」ヘッドマーク掲出編成】
DSC03028-2_R
下記記事でご紹介したように、この4月から6月にかけて、「大阪プレDC」が開催されます。
【参考】


このプレDCヘッドマークを掲出した編成が、3月末から6月末にかけて、阪和線でも運行されることとなっていますが、本日この編成に遭遇することができました。

このヘッドマーク掲出編成ですが、いつか記録に撮りたいな、と思っていたわけですが、まさか山中渓の桜をバックに撮影できるとは思ってもみませんでした。

上記発表の記事では、DCヘッドマーク編成の運行区間には、阪和線のみが記載されており、223系や225系の4連が運行する「関西空港線」や「きのくに線」は入っていませんでしたが、ご覧のとおり225系6連にヘッドマークが掲出されるということであれば、運行区間が「阪和線のみ」であることも十分納得でありました。


特急列車の走らない時間帯であり、また影もできる時間帯でもあるためか、撮影者は少なかったのですが、出勤前に撮影してよかったと感じた一瞬でした。

明日・明後日は雨模様ですので、今週末にもう一度、山中渓の桜を撮影できればいいな、と思っています。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

近鉄南大阪・吉野線の臨時快速急行「さくら号」を撮影する(2024.3.31)

近鉄吉野線が一年で一番賑わうのが、4月の桜の時期といえます。
言うまでもなく、終点・吉野駅からアクセスする「吉野山」の桜の花見客のために、同線では桜の時期に、臨時特急列車や臨時快速急行列車を増発して対応しています。

このうち「快速急行」については、南大阪・吉野線系統では現在、定期運行が無いことから、この時期に見られるレアな種別となります。

本日(3月31日)、用事で橿原市に向かった際、ちょっと時間を作ってこの「快速急行」を記録してみようと、橿原神宮前駅に向かいました。

DSC02877-2_R
▲吉野発大阪阿部野橋駅行き快速急行。
方向幕の種別が「快速急行」となっていることに加え、「さくら号」の副標が掲出されているのが注目です。

橿原神宮前駅駅に15時39分に到着し、10分停車するとのことですので、停車中の様子を記録していきます。
DSC02901-2_R
▲7番のりばに停車中の快速急行大阪阿部野橋駅行き。

DSC02902_R
▲「さくら号」の副標をアップで撮影してみます。

DSC02912_R
▲吉野方の先頭車両を撮影してみます。

DSC02910-2_R
DSC02907-2_R
▲2両編成が2本となっていましたが、編成によって大阪阿部野橋駅の行先表示が、「あべの橋」、「大阪阿部野橋駅」と混在していました。
期せずして、2パターンの「快速急行」の方向幕が記録できたのも、この日の大きな収穫といえます。

DSC02926_R
DSC02925_R
▲7番のりばの発車標。
注目は種別表示で、「快速急行」自体がレアですが、そこに「さくら号」と愛称も併記されているのには驚きました。
快速急行「さくら号」は、公式にも案内されている愛称であることが、ここからも分かります。
これもこの桜の時期限定の風景であります。



以上が、橿原神宮前駅で撮影した、快速急行「さくら号」の記録でした。
この「さくら号」以外にも、桜の時期の輸送対応として、通常ダイヤでは大阪阿部野橋〜橿原神宮前間の運行となる一部の急行・区間急行が、吉野まで延長運転されています。
(同じ時間帯に運転されている橿原神宮前〜吉野間の普通列車を置き換えるもの)

対象となる列車には、下記の「延長運転 大阪阿部野橋〜吉野」の副標が掲出されています。
DSC02831_R


この副標を掲出した列車も撮影することができましたので、ご紹介します。
DSC02822-2_R
▲吉野発大阪阿部野橋行き普通(橿原神宮前から急行)。
どうやら吉野線内は「普通」、南大阪線内は「急行」または「区間急行」として運転されているようで、橿原神宮前駅到着直前には、方向幕を切り替える様子が見られました。
この列車も例外ではなく、幕を切り替えている途中の「快速急行|下市口」という表示が撮影できましたので、敢えてこの写真を掲載しておきます。

DSC02853-2_R
▲大阪阿部野橋発吉野行き普通(橿原神宮前まで区間急行)
こちらは逆に、方向幕が「普通」に切り替えられてからの発車となります。
いずれも、「延長運転」副標が掲出されているのが分かります。



以上が、橿原神宮前駅で見られた、桜の時期だけの「臨時快速急行」や「延長運転」の様子でした。
橿原神宮前駅に関して言えば、正月三が日の橿原神宮初詣の臨時列車「開運号」もありますが、こと吉野線への直通列車に関しては、この「さくら号」が代表的といえます。
その存在は以前から知ってはいたのですが、今回駅の案内表示も併せて記録することができて、よかったと感じました。

これらの列車ですが、桜の開花状況により運行期間が変更となりますので、乗車・撮影の際には下記近鉄Webサイトで予め確認しておくことをおススメします。
【参考】




【関連ニュースサイト】
近鉄 大阪阿部野橋—吉野間で臨時快速急行が運転される|鉄道ニュース|2024年3月30日掲載|鉄道ファン・railf.jp



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【南海】2000系が多奈川線で運行開始(2024.3.24)

南海電鉄では、2023年10月に実施した運賃値上げの際に、安全・安定的な輸送基盤の強化や、社会的要請に応えるサービスの高度化の観点から、必要なる計画的な投資を実施することを発表しています。
【参考】


この設備投資計画の中で、支線で運用しているワンマン車両について、現在使用している2200系から、2000系車両をワンマン改造して置き換えを進めることが言及されています。


2両編成も存在する2000系が、2200系の後継として支線に投入されるのは、現下の状況では自然な流れにも思えますが、その運用時期がいつ頃になるのか、注目ともされていました。


そんな中、本日(2024年3月24日)の午後から、多奈川線(みさき公園〜多奈川)において2000系の運用が始まりましたので、ご紹介します。

20240324_132150_R
▲多奈川駅に入線する2000系。

20240324_132220_R
▲多奈川駅の駅名標との組み合わせ。
まぎれもなく多奈川線に入線していることが分かります。

20240324_132204_R
▲車両側面より車番・方向幕を撮影。
当該車両は、2035(Mc)-2185(Mc)の編成でした。

20240324_132249_R
▲方向幕をアップして撮影。

20240324_132304_R
▲側面から頭端式ホームを眺めます。

20240324_132446_R
▲車止めより前面を撮影します。
「みさき公園-多奈川」の方向幕、そして「ワンマン」の表示が2000系にとっては新鮮に映りますね。

20240324_132544_R
▲みさき公園方の2035号車より撮影してみます。
発車の様子を動画で撮影してみました。




以上、多奈川駅での折り返し時間の約5分間で撮影した記録となります。
この2000系ですが、当初は高野線の急行用車両(難波〜極楽橋の通し運用等)として投入されました。
その後、高野線では橋本駅での系統分離・橋本以南のワンマン運転に伴い余剰となった一部は、今度は南海線の普通車として運用されてきました。
「2扉車」という表記も南海線の利用者にすっかり馴染んできたところですが、今回言ってみれば「三度目の転身」として、ワンマン改造の上、ここ多奈川線にやってきました。

今後、ここ多奈川線のみならず、他の支線(高野線・汐見橋〜岸里玉出、高師浜線、加太線)への投入も十分予想されます。
車両数にゆとりがみられる2000系ですので、今後これら支線での置き換えも進んでいくものと思われますので、これら支線での2000系の活躍も記録していきたいところですし、それによって置き換えられる2200系や7100系も記録していきたいな、と思います。



【関連ブログ】
【南海】支線の多奈川線で2000系の運用開始 - 鉄道プレス




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

旧・名鉄谷汲線谷汲駅を訪問する(2024.3.14)

このブログで逐次ご紹介してきた「西国三十三ヵ所巡り」ですが、先日無事最後の札所「谷汲山華厳寺」を訪問して終了しました。
谷汲山華厳寺のお話は別途ご紹介したいと思いますが、そのついでに、近くにある旧・名鉄谷汲線谷汲駅を訪問しました。


名鉄谷汲線とは、名鉄(名古屋鉄道)のいわゆる「600V線区」のうち、黒野〜谷汲間の路線で、今回訪問した谷汲山華厳寺へのアクセスなどとして建設されてました。
しかし、利用者の減少により、2001年9月末をもって廃止となりました。

廃止から20年以上が過ぎた現在でも、旧・谷汲駅は当時のままで保存されているということもあり、この西国三十三ヵ所巡りの折りに訪問したいと以前から思っていました。
華厳寺から車ですぐ、徒歩でも20分程度でしょうか。谷汲の町中に駅は今も残っていました。

20240314_125434_R
▲旧・名鉄谷汲駅 駅舎
路線が営業していた頃から、隣接する「昆虫館」と一体の建物となっていました。

改札口も当時のままです。
20240314_125445_R
20240314_125515_R


運賃表も廃止前そのままで、何も知らずにここにくると、本当に列車がやってくると錯覚するほどに、当時のままに残っていました。
20240314_130121_R


改札口を通り、ホームに入っていきます。
20240314_125540_R
20240314_130103_R


ホームに入りますと、1面2線のホームに、車両が2両保存展示されていました。
20240314_125615_R
▲モ750形755号車

20240314_130020_R
▲モ510形514号車

いずれも、谷汲線廃止直線まで活躍していた車両でした。
当時の時刻表によりますと、これらの車両が、末期は60分間隔で運転されていたようです。

駅名票も、当時のままに残っていました。
20240314_125621_R


車両と併せて駅名標を撮影すると、まさに営業中の路線の感があります。
20240314_125920_R
20240314_125941_R


そして、運行最終日に掲出されたのであろう「さようなら谷汲線」のプレートも、当時のまま保存されていました。
20240314_125559_R


20240314_130208_R
▲谷汲線営業当時の観光案内図

まさに廃止当時にタイムスリップしたかのように、車両だけでなく駅施設関係も当時のまま保存されているここ谷汲駅。
事前に調べた範囲ですと、当時の車両が保存されていることは承知していましたが、駅の掲示関係も含めて当時のままというのは、自分にとって想定外で、訪問できて本当に良かった、と感じました。



この谷汲線ですが、廃止されたのが2001年9月末でした。
当時は、個人的に色々な事情が重なっていてた時期でもあったことから、現在のように路線の廃止を追いかけていられない時期でありました。

そのため、谷汲線の廃止も情報として知ってはいたものの、敢えて乗りに行くほどでもないか、とスルーしていたように思いました。
それ以前に当時は、そのうちJR全線に乗れればいいか、という考えで乗りつぶしを進めていたこともあり、こういった民鉄の廃止線区を急いで乗りに行かないと、と思っていなかった節もありました。

そんなこともあり、結局この谷汲線は私にとって未乗のまま廃止されたわけです。
今となっては何と勿体ないことをしてたのだ、と思うのですが、当時の状況からは仕方がないとも思っています。

それだけに、今回谷汲駅が当時の様子そのままに残っていたことは、嬉しく感じた次第でした。
最後に、この旧・谷汲駅の保存・活用活動をされているNPO団体のリンク先をご紹介させていただきます。
今後もこの谷汲駅の車両・施設の保存が末永く続くよう、微力ではありますが応援させていただきたいと思います。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

開幕400日前!大阪メトロ「大阪・関西万博」ラッピング列車をみる(2024.3.9)

昨日(3月9日)は、2025年4月13日に開幕する「大阪・関西万博」のちょうど400日前でありました。
万博協会や各府県からも、400日前を記念したSNSの発信も多く見られました。




丁度400日前だから、というわけではありませんが、昨日Osaka Metro(大阪メトロ)御堂筋線・西中島南方駅で撮影していたところ、同線30000系の「大阪・関西万博」ラッピング編成を撮影することができました。

DSC02778-2_R
▲大阪メトロ御堂筋線30000系、大阪・関西万博ラッピング編成

DSC02616_R
▲同・西中島南方駅停車中の撮影


大阪・関西万博のラッピング編成は、御堂筋線以外でも大阪メトロ谷町線、そして阪急、阪神、近鉄、京阪、JR西日本の各社で、万博開幕500日前から順次運行されています。
(参考)



これらのラッピング編成は、概ね万博終了時期まで運行される模様ですが、あっという間にあと1年半は過ぎていくだけに、計画的に記録撮影をしておきたいな、と思った次第でありました。




鉄道コム関連記事】
大阪メトロ 御堂筋線・谷町線 関西万博ラッピング列車 運転(2023年11月30日〜) - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【大阪メトロ・北急】まもなく見納めとなる「千里中央行き」を撮影する(2024.3.9)

下記記事でご紹介したように、来る3月22日に北大阪急行電鉄・南北線延伸線の千里中央〜箕面萱野間が開業するのに併せて、Osaka Metro(大阪メトロ)御堂筋線及び北大阪急行でダイヤ改正が実施されます。
(参考)

この改正に伴い、これまで千里中央発着だった列車は、そのほとんど全てが箕面萱野発着となり、特に「千里中央行き」は消滅することになります。

長年、御堂筋線及び北大阪急行線の行き先として定着していた「千里中央」の表示も、あと2週間で見納めとなることから、本日(3月9日)に、その「千里中央行き」を撮影することにしました。



撮影地をどこにしようか考えていましたが、いつもお世話になっているブログ「Msykの業務(鉄道)日誌」さんの下記記事を参考に、御堂筋線の西中島南方(にしなかじま みなみかた)駅で撮影してみることにしました。

御堂筋線は、この区間では南北に走るので、日中の撮影は逆行気味になるところ、この日は曇り気味の天気でした。

こちらとしては、とにかく「千里中央」という行き先を記録したかったので、曇りという天気は逆に好都合でした。

以下、各車両の撮影記録をご紹介します。



【大阪メトロ30000系】
DSC02564_R

DSC02500_R


10系を置き換え、今や御堂筋線の主力として活躍する30000系。
実はこのLED表示がシャッタースピードをかなり落とさないと切れてしまい、何度か失敗しつつ、無事「千里中央」を記録することができました。

続きを読む

「パンダくろしお」撮影記録(阪和線・長滝〜新家:2024.3.3)

昨日のことですが、家の用事を色々している間、少し時間があったので、用事先にも近いこともあり、阪和線・長滝〜新家間で撮影してみることにしました。

丁度、上下の「くろしお」が、「パンダくろしお」でやってくることから、これはいいタイミング、と思い、撮影してみました。

DSC02459-2_R
▲「パンダくろしお」充当の「くろしお19号」。


DSC02466_R
▲「パンダくろしお」充当の「くろしお26号」。
こちらは「パンダくろしお」充当固定ですが、多客期ということもあり3両増結の9両編成で運行されていました。


この「パンダくろしお」、下記の記事でご紹介したように、当初の予定ですと2023年冬頃には運行が終了しているはずでした。
(参考)


しかし、時は既に2024年。当初の終了予定時期を超え、今なお運行が続いています。

今やきのくに線最大のコンテンツ、否、JR西日本としても有力なコンテンツとなったこの「パンダくろしお」。
これだけの集客効果があれば、運行終了するのもそう簡単にはいかないのかも知れません。

ファンとしてはいつまでも、この愛らしい「パンダくろしお」を眺めることができるのは嬉しいのですが、それとて永遠に、とういわけにもいきません。

終了の時期がやってくるまでに、可能な範囲で記録し続けたいと思います。

撮影地でご一緒いただいた方々、ありがとうございました。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【南海】運転再開間近の羽衣駅・高師浜線ホームを見る(2024.2.24)

こちらの乗車記録でも少しご紹介したように、昨日高校の同窓会に参加する途中、南海本線・羽衣駅の高師浜線ホームを見てきました。

(参考)
阪和線の沿線から : 【南海】高師浜線運転再開は2024年4月6日(土)。高架化記念の「高架ウォーク」等も開催

現在、高架工事の関係で2021年5月より運休となっている高師浜線ですが、上述記事のとおり、来る4月6日(土)に運転再開となります。
今回は、運転再開まであと1ヶ月ほどとなった、再開間近の羽衣駅の様子をみてきました。

(※)
なお、高師浜線の羽衣駅以外の駅(伽羅橋、高師浜)については、既に高架化されており、今回の工事で高架化されるのは、ここ羽衣のみとなります。


20240224_115240_R
▲ホーム駅名標からみた高師浜線ホーム

20240224_115144_R
▲高師浜線ホームには、プラスチックフェンスが設けられていました。

20240224_115150_R
▲ホーム先端部に向かいます。
信号工事も既に完了していますが、まだ稼働していないため、「×」印がつけられています。

一方、高師浜線の運転再開により、バスによる代行輸送も終了します。
そのバス代行輸送の案内も併せて記録してきました。

20240224_115038_R
▲ホーム上のバス代行案内

20240224_115020_R
▲吊り下げ案内表示にも、バス代行輸送の案内が記載されていました。

20240224_114927_R
▲駅改札内の代行バス案内

20240224_114932_R
▲案内の先にある「バス代行輸送」乗り場。
バスはこの先を降りていき、高架下を利用したロータリーから発着してます。
(参考)
阪和線の沿線から : 南海高師浜線・代行バスに乗車する(2021.7.3)


このホームに、2両編成の2200系が高師浜線としてやってくるのも間もなくです。
運転再開すれば、改めて乗りに行きたいと思いますが、それまでの運転再開前の様子を記録できたのもよかったと感じました。



鉄道コム関連記事】
南海 高師浜線 運転再開(2024年4月6日) - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【南海】「めでたいでんしゃ」6両編成連結ツアーの回送列車を撮影する(2023.12.23)

下記記事でご紹介したように、本日(12月23日)、「めでたいでんしゃ連結ツアー」として、通常は2両編成の「めでたいでんしゃ」が6両編成で、和歌山市駅から難波駅まで運行されました。
(参考)


あいにく往路の運転時は、家の用事で撮影できませんでしたが、それならば復路の回送列車を撮影してみようと、定番の撮影地・樽井〜尾崎間の「男里川橋梁」に向かいました。

DSC02426_R
▲難波から和歌山市へ回送される「めでたいでんしゃ」6両編成。


編成順序は、難波方から「かしら」(黒色)、「かい」(水色)、「なな」(赤色)でした。
「かしら」登場後、初の6両編成だったからでしょうか、往路で難波方先頭に「かしら」が来るように編成が組成されていました。

この撮影地からだと確認しづらいのですが、特製のッドマークも掲出されたままで回送されていました。
動画も撮影しておきました。
丁度8300系「堺ブレイザーズ」ラッピング編成と橋梁上ですれ違うシーンも見られました。


この撮影地には、合計5名くらい同じく撮影の方がおられましたが、元よりキャパシティが大きい場所なので、難なく撮影できました。

毎年恒例となりつつある「めでたいでんしゃ」のイベントを撮影すると、年越しも間もなくかな、と思いながら撮影地をあとにしました。



鉄道コム関連記事】
南海 めでたいでんしゃ 6両編成クリスマスツアー(2023年12月23日) - 鉄道コム

【鉄道友の会】南海2200系撮影会に参加する(2023.12.9)

南海電鉄の2200系は、かつて高野線で運用されていた「22000系」を改造した車両ですが、22000系から改造された車両として、他にも2230系、2270系があります。
それぞれ、改造当時の転用内容により、異なる形式が与えられていました。

そのうち2200系は、結果として3編成の改造にとどまり、その後高野線で活躍した後、各支線を中心に運用されてきました。

そして2009年には、2200系のうち1編成が、観光列車「天空」に改造され、現在も高野線・橋本〜極楽橋間で運用されています。

一方、残る2編成のうち1編成は、先ごろ調子鉄道へ譲渡され、改造後のオリジナルで現存している編成は1編成のみとなりました。
(参考)




今回、鉄道友の会の本部・阪神支部主催行事として、この2200系の撮影会が開催されましたので、手元にほとんど2200系の写真が無いこともあって、喜んで参加させていただくことにしました。

DSC02169-2_R
2200系は、難波側から2201号車・2251号車の順の2両編成となっています。

難波側の車両にパンタグラフが載っていることから、こちらから撮影するのが絵になりますが、一方で線路が南北に走っている関係上、どうしても逆行気味になるのは仕方がありません。

続きを読む
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ