阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:その他の話題 > 情報・通信関係

かなり昔にこちらのエントリーで私が利用してきた携帯電話の機種の遍歴をご紹介しました。
その後かなり経過しているので、ここで改めて現在までの機種遍歴をご紹介したいと思います。

1995年12月-1996年4月 DP-151(関西デジタルフォン・ノキア製)
1996年4月-1996年10月 ムーバP4(NTTドコモ関西・松下製)
1996年10月-1998年8月 デジタルムーバP101(NTTドコモ関西・松下製)
1998年8月-1998年11月 デジタルムーバP206(NTTドコモ関西・松下製)
1998年11月-1999年4月 デジタルミニモ521G(IDO・松下製)
1999年4月-2000年4月 C104SA(関西セルラー電話・三洋製)
2000年4月-2000年12月 C302H(関西セルラー電話・日立製)
2000年12月-2002年3月 J-SH03(J-PHONE東京・シャープ製)
2002年3月-2002年12月 C1001SA(au・三洋製)
2002年12月-2004年12月 A3012CA(au・カシオ製)
2004年12月-2005年12月 W22H(au・日立製)
2005年12月-2007年6月 W32H(au・日立製)
2007年6月-2009年11月 W52H(au・日立製)
2009年11月-2011年7月 CA003(au・カシオ製)
2011年7月-2013年7月 Xperia acro IS11S(au・ソニーエリクソン製)
2013年7月-2015年6月 Xperia UL SOL22(au・ソニー製)
2015年6月- Xperia Z4 SOV31(au・ソニー製)

これまで携帯電話を21年5か月の間で通算17機種使用してきたことになります。
こう見ると、各機種を使用してきたその時々の記憶などをたどり、色々懐かしい思い出に浸ったりするわけですが、こうも突然このような携帯電話の機種遍歴をご紹介したかと言いますと、auの前身であるIDO(日本移動通信)、DDIセルラーグループ、ツーカーの各ブランドを含む、ほとんどの歴代機種を網羅するWebサイトが公開されたからです。
auケータイ図鑑|おもいでタイムライン
あなたの携帯がきっとある。携帯電話の歴史を振り返る「auケータイ図鑑」、公開です。 | KDDI NEWS SP | 特集 | 明日をちょこっとHAPPY!にするデジカル系情報マガジン TIME&SPACE(タイムアンドスペース)

1988年のカーフォン、ショルダーフォンから始まり、アナログ(HiCAP、TACS)、デジタル(PDC、CDMA、LTE)といった時代の流れとともに、登場してきたau(およびその前身)の携帯電話の機種を一覧できる、これまた懐かしくも資料性の高いWebサイトが公開されているので、この分野にも少なからず興味を持っている私としても、これはご紹介しておきたいな、と思い当ブログでも取り上げてみました。

au(とその前身)のほとんど全機種、ということなので、これまで使用してきた機種の内、521G(IDO)、C104SA・C302H(関西セルラー)、C1001SA・A3012CA・W22H・W32H・W52H・CA003・IS11S・SOL22・SOV31(au)の各機種も、機種名・写真・キャッチコピー及び主な特徴が記されていて、例えば列挙した中で一番古い機種となるIDO 521Gの場合は、このように書かれています。
IDO最軽量80グラム!!ジュエリー感覚のスリムなデザイン。漢字プチメール対応モデル。
■漢字表示ディスプレイ。大型ナビゲーションボタン。
■メロディ着信音。オリジナルマナーモード。
■プチメール対応


その次のC104SAはこんな感じです。
操作性と見やすさを追求したカタチ 2画面ディスプレイ「TWINDOW」を搭載。メモリダイヤルのハイスピード検索も自在。
■TWINDOWディスプレイ。時短検索。
■メロディ作曲機能。イラスト表示。
■卓上急速充電器。


auブランド初のカメラ付きモデルとなったA3012CAはこんな感じでした。
総画素数35万画素カメラ搭載。スーパースペック。
■高感度カメラで、写真付きメールも思いのまま
■最大26万色相当「CrystalFine液晶」で花びらも美しく再現
■最大40和音で高品質なサウンドが楽しめる


こうして見ているだけで時間を忘れそうなくらいのサイトですが、このブログを読まれている方でもauやその前身のブランドを利用している、あるいは利用した方もいらっしゃると思いますので、この「auケータイ図鑑」を眺めて当時の思い出に浸るのも楽しいかも知れないな、ということでご紹介させていただきました。

↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!
鉄道コム

JR北海道とNTTドコモでは、青函トンネル内での災害時における連絡手段の一つして利用できるように、旧竜飛海底駅(竜飛定点)および旧吉岡海底駅(吉岡定点)等において、携帯電話サービスの提供を開始することを発表しました。

青函トンネル 旧竜飛海底駅(竜飛定点)および旧吉岡海底駅(吉岡定点)における携帯電話サービスの提供開始について(JR北海道|プレスリリース)
地域からのお知らせ(北海道) : 青函トンネル 旧竜飛海底駅(竜飛定点)および旧吉岡海底駅(吉岡定点)における携帯電話サービスの提供開始について | お知らせ | NTTドコモ

サービスの提供開始日は2016年2月19日(金)で、提供を開始するサービスエリアは、青函トンネル旧竜飛海底駅(竜飛定点)および旧吉岡海底駅(吉岡定点)内のホーム、避難所、斜坑(ケーブルカー運行区画)となっています。
なお、今回のエリア整備は車両の緊急停車時を対象としたもので、通常運行時を対象としたものではない旨、注釈として記載されています。
提供するサービスの内容は、携帯電話の音声通話ならびにパケット通信サービス(FOMA/LTE)となっています。
その他詳細は、上記プレスリリース等をご覧下さい。


現在青函トンネルでは、トンネル内の全区間が携帯電話のサービスエリア外で、トンネル内の数十分間は圏外のままとなっています。
今回竜飛・吉岡の各定点において携帯電話サービスが利用可能となることから、非常時の連絡手段が確保され、いざという際にも確実な連絡が可能となるものと思われます。

もっとも、今回のサービスは各定点における緊急停止時を対象としているため、前後の区間を含めて利用できるようなエリア整備をしている訳ではなく、通常運行時は各定点を通過する数秒程度しか電波が入らないものと思われます。
ともあれ、北海道新幹線開業を前にして、こういった点でもいざという際の備えも着実に進められていることを感じたニュースでした。

NTTドコモ、青函トンネル内の「廃駅」で携帯電話サービス開始 | レスポンス

↓その他の鉄道関係ニュースはこちらからもどうぞ
鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

駅の構内や列車の車内で無線LANが利用できるところが増えてきていますが、わかやま電鉄では訪日外国人向けの無料の無線LANスポットを伊太祁曽駅と貴志駅に設置しました。

wap ONLINE:わか電にフリーWifiサービスつき自販機!
わかやま新報 ≫ Blog Archive ≫ Wi-Fi自販機を設置 貴志川線2駅に


これは、伊太祁曽・貴志両駅の飲料の自動販売機に無線LAN機器を設置するもので、和歌山県が実施する「WAKAYAMA FREE Wi-Fi プロジェクト」事業として、訪日観光客向けの通信環境整備の目的で実施されています。
上記wap ONLINEの記事によれば、この自販機にはNTT西日本によりフレッツ光回線が接続されており、通信キャリアを問わず、1回あたり15分、1日につき最大60分を限度に無料でWifiが利用できる、とのことです。

海外メディアにも取り上げられ、今や貴志川線が外国人観光客が訪問する観光ルートにまでなっていることに今更ながら驚くばかりですが、こういった形で通信環境が整備され、わかやま電鉄の姿が海外の旅行者から配信されることで、より多くの海外観光客に訪問してもらうことができればいいな、と思ったニュースでした。


↓その他の鉄道関係ニュースはこちらからもどうぞ
鉄道コム

↓その他の鉄道ブログはこちらからもどうぞ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

JR東海から、東海道・山陽新幹線の時刻表アプリの提供が開始されたことが、発表されました。

スマホアプリ JR東海 東海道・山陽新幹線時刻表 |エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約

これは、駅などで配布されていたり、またJR東海のWebサイトでも閲覧可能な折り畳み式の時刻表がスマートフォンのアプリとして閲覧できるようになったものです。

また、アプリ更新の機能を利用して、年に5回更新される時刻表を定期的に最新のものに更新するという機能もついています。

私自身もスマートフォンユーザーで、また、東海道新幹線を利用の際にポケット版の時刻表が常に手元にあればいいな、と思っていたので、このアプリを早速入れてみました。

感想としては、紙のポケット時刻表をデータ化しているので、左右にスライドしても、自動的にページが切り替わるわけではなく、ページをめくる操作が別途必要となる点に戸惑ったりしました。
もっとも、「紙の時刻表をデータ化してスマホで閲覧できる」というのが元々の機能ということであれば、こういうことになるのでしょうが、すべての時間帯で横にスライドすることで閲覧できるようになればいいな、とも思いました。
その他、拡大・縮小に関しても、倍率が任意に設定できないのも改善の余地ありなのかな、という感じもしました。

とはいえ、手元で最新の時刻表を常に確認できる環境が提供開始された事自体はいいことだと思いますので、今後のアプリの改善を期待したいところです。

このアプリですが、Android・iPhone両方の環境で提供されています。提供先は以下のとおりなので、利用してみたい方はインストールしてみてもいいかもしれませんね。

JR東海 東海道・山陽新幹線時刻表 - Google Play の Android アプリ
iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 JR東海 東海道・山陽新幹線時刻表


鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

近年急激に普及してきているスマートフォンやタブレット端末。
これらの機器は大きな画面で操作性や情報検索性に優れているという特徴があるのですが、大容量のデータ通信行うこともあり、大概の機種で無線LANの接続が可能となっています。

自宅で無線LANを利用するだけでなく、公共施設や商業施設等でも無線LANのサービス提供を行なっているところも増えつつあるようですが、今回はそんな無線LANに関する話題。

京都の叡山電鉄では、同社線各駅で無線LAN接続サービスを開始したことを発表しました。
無線LAN 接続サービスの提供開始について(叡山電鉄プレスリリース)

提供される無線LANサービスは「au Wi-Fi SPOT」および「Wi2 300」の各サービスとなっています。

また北海道の函館市電では、市電全車両に無線LANサービスを利用できるサービスを提供しています。
全ての路面電車に無線LANサービスを提供するのは、函館市電が全国初だそうです。
日本初!函館市内を走るすべての路面電車内で「Wi-Fi」サービスを開始します。(函館市企業局交通部Webページ)

個人的にもスマートフォンを利用しているのですが、特に駅でのWi-Fiサービスは、列車の待ち時間に作業や検索がスピーディーにできることから、もっと普及してほしいな、と思いますし、通信事業者の逼迫対策の一環として、これからもこのようなWi-Fiサービスが増えてくるとは思います。
概してこのようなサービスの導入は、地方鉄道では、都市部に比べて遅れ気味のイメージがありますが、今回のWi-Fiについては、むしろ積極的に導入されている事例ということで、ご紹介してみた次第です。


鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

1993年のサービス開始以降、長年にわたって日本の携帯電話の発展を支えてきたNTTドコモの「ムーバ」(デジタルムーバ)が、今月末をもってサービスを終了します。

movaサービスをご利用いただいているお客様へ | NTTドコモ

ところで、このムーバの終了に伴い、西武鉄道では特急車両の車内に設置している列車公衆電話サービスを終了する旨を発表しています。

特急車両の公衆電話サービスの終了について(西武鉄道Webページ)

主に特急列車に設置されてきた列車公衆電話ですが、近年の携帯電話の普及やデータ通信の発達により、利用が減少したことにより、撤去が進んできていますが、こういう理由で廃止というのは、恐らく初めて見かけたのかな、と思います。

ところで、方式の異なる新幹線の列車公衆電話は除き、携帯電話の電波を利用して通信している他の列車公衆電話では、このような形で廃止になるのはあるのかな、と思っていたら、例えばJR東日本成田エクスプレスE259系の公衆電話も今月末で終了との表記を見つけました。時期からして、恐らくムーバ終了と同じくしての撤去、ということかも知れません。

ただ、南海電鉄の特急サザンなどでは、3月末で終了の表記がないこから、鉄道事業者で対応が分かれたのかも知れません。

ともあれ、携帯電話の一時代を築いてきたムーバの終了の影響が、こういうところにも現れてきているのに気づいただけに、サービス終了までに記事にしておきたい、と思ったニュースでした。


鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

今や交通系・非交通系含めて様々な種類が出ている電子マネー・電子決済ですが、そのはしりともいえ初期にはその普及に大きな役割を果たしてきた「Edy」。
その後、様々な電子決済が登場した上、大手資本(流通・クレジット・通信・交通等)の参入とその資本力により利用箇所を拡大させてきたことと、またこのような種類の増加に対応して複数の電子決済に対応できる端末が普及してきたこともあり、初期に普及してきた「Edy」の優位性が残念ながら減少していた、とは感じていました。
実際、自分自身もかつてのおさいふケータイ(W32H・W52H)にはもれなくEdyアプリをインストールしていて、またそれなりの頻度で利用していましたが、現在のスマートフォン(IS11S)にはEdyアプリすらインストールしていないですし、またそれによって不便に感じていないことからも、それを実感せざるを得ないな、と感じています。

そんな感じで個人的にほとんど使う機会のなくなってしまったEdyですが、この度サービス名称を「楽天Edy」に変更し、ロゴについても楽天グループを示したものになることが発表されました。

商号、サービス名称およびロゴ変更に関するお知らせ(楽天ニュースリリース)
電子マネーEdyがサービス名変更「楽天Edy」に(Business Media 誠)

Edyを運営するビットワレット社は既に楽天の子会社となっている(こちらの記事を参照)のも実はチェックしていなかったのですが、それに加えて今回のサービス名称変更により、更に楽天を軸とした電子マネーサービスにシフトしていくのかな、と思います。

個人的には、既に実施されているのかも知れませんが、楽天ポイントとの提携を密にして、これまでEdyを知らなかった楽天ユーザーや、私みたいに一度Edyを利用したが他の電子決済に移ってしまったユーザーの取り戻し、といった積極的な巻き返し策を期待したいな、と思ったニュースでした。


鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

「ラブストーリーは突然に」とかいう曲名があった気がしますが、ラブストーリーともJ−POPとも関係のない、携帯電話の話題です。

約2年半前に機種変更したW52Hをこれまで使用してきました。手頃な大きさ、強い電池スタミナ、必要かつ十分な各種機能を有していることもあり、これまで特に不満もなく使ってきました。
逆に言えば、W52H以降、特に機種変更しよう、と意気込むほどの機種が発売されていなかったことも事実かも知れません。
店頭等で最新機種のデモ端末が用意されていて、時折試しに操作してみましたが、やはり私自身多様するメール関係操作がサクサクしていなかったから、というのが非常に大きかったわけです。

ところが、この愛用してきたW52Hですが、突如としてバイブ機能だけが故障してしまい、マナーモードでは全く着信に気がつかない状態となってしまいました。
修理も検討しましたが、ここで一回違う機種にしてみよう、とも思い、丁度家族の他の携帯を機種変更するタイミングがあったので、それと同時に行けばお店に行く手間も省けるしな、と思い、機種変更してみることにしてみました。

auショップに行って、どの機種にしようか考える訳ですが、このブログ的には写真も掲載していることから、なるべくデジカメ機能が高い機種が良い、それから現在のW52Hに近い操作性・漢字変換の機能を有する機種が選択肢となりました。
後者の条件から、自動的にカシオ・日立のいずれかとなり、それで見ていると、CA003という機種が目につきました。

EXILIMケータイ CA003 | 携帯電話 | KDDI株式会社

掲示板等で見てみても、さほど操作がモッサリしているわけでもなく、また、例えば画素数が約1,200万画素と、カメラに力を入れている機種と言うこともあって、CA003にしてみよう、と思った次第です。
ふと店内の掲示を見てみると、「本日発売」との文字が。発売日当日のモデルを機種変更したのは、これまでの決して短くない私の携帯機種履歴でも全くなかったことでした。

お店にデモ端末の有り無しを聞いてみましたが、何せ本日発売なもので、デモ端末も届いていないとのこと。
操作性の細かいところの確認ができませんが、一度清水の舞台から飛び降りて人柱になってみよう、という覚悟の元、契約してみることにしました。

「清水の舞台」といえば、端末の値段も清水の舞台から飛び降りる位の値段で、旧機種のW52Hの時代とは端末の購入方法が違っているので単純比較できませんが、各種キャンペーン割引を適用して、約6万円を2年間の分割払いで、毎月約2,500円を支払うこととなりました。

さて、実際手に持った上での操作性を個人的な感想ではありますが、ご紹介させていただきます。

・サクサクさのレベル
可もなく不可もなく、といったレベルでしょうか。
さすがに機能があれこれ増えていること、ディスプレイがFVGAとなっていることから、多少のタイムラグは無いわけでもありませんが、問題ないレベルとの認識です。
文字入力時の操作性も問題なく入力できました。

・ATOK
W52Hよりも進化していました。半角数字の混じった文章の入力のしやすさが向上しました。

・カメラ
さすがにEXILIMケータイですので、「カメラ付き携帯」というより「携帯つきカメラ」と言った方が正解でしょうか。
画像については、このブログ的な画像を撮影できた時点で掲載したいと思いますが、ズームの倍率を除き、自宅のデジカメさえも凌駕する高機能さです。

・その他、変わった点
メインディスプレイが遙かに綺麗になりました。文字・画像ともに見やすさは向上しています。
始めてサブディスプレイのついていない機種を利用することとなりました。着信等のお知らせを見逃したりするか、と思いましたが、今のところお知らせランプが点灯してくれることもあり、見逃すことはありません。
一つびっくりしたのは、これまでの機種にはあったヘッドホン端子が無いこと。恐らくヘッドホンを接続する場合はBluetoothでの接続になるかと思いますが、この変化も驚くところでしょうか。
<11/24追記>
ヘッドフォンについては、下記の製品を接続することで、利用可能となっていますので、修正し、お知らせ致します。
外部接続端子用イヤホン変換アダプタ01(au Online Shop)


結論として、多少機種代は高いかも知れませんが、それだけに機種変更しても損はない、12メガピクセルのカメラ目当てで機種変更してもトータル的に悪くはない、と言ったところでしょうか。

まだ発売されて数日しか経っていませんので、機種変更ご検討の方にご参考になればと思い、エントリーさせていただきます。

先日、こんなニュースがありました。
「男性を家畜扱い」抗議殺到で婚活サイト炎上、1週間で閉鎖に(Yahoo!ニュース、元記事:産経新聞)
何でも、モバイル上で知り合いの男性のプロフィール等を登録し、馬や羊といった草食動物のアイコンで表示されるという「男の子牧場」サービスで、結婚活動(婚活、というそうですね)中の女性をターゲットにしたサービスですが、案の定批判が集中し、わずか1週間でサービス停止に追い込まれました。

まあ、男性を羊や馬のアイコンで表示するのは、やはり男性を家畜扱いしているというそしりを受けるのは当然だとおもいます。
例えば逆に、「女の子牧場」とか言って同じような男性向けサービスを行ったとすれば、それはもう、女性団体等の激しい非難を受けるのは当然で、誰もそんなサービスなんて考えもつかないことでしょう。
こういうものを女性だからダメで、男性だから良い、という判断基準で実施すること自体、男性差別でもあり、女性差別でもあると、個人的には思うのですが・・・
ちなみに、今回の騒動を女性団体とかがどう考えているのか、ちょっと聞いてみたい気がしないでもありませんが・・・

さて、そんな「馬」や「羊」や「牛」に例えられた男性ですが、なぜこういった動物に例えられるのか、というと、草食系男子という男性が、なんだかもてはやされているようでして、それをもじったサービスだということでした。

そこで気になったので、上記Wikipediaの記事上の「草食系男子の特徴」をつぶさに見てみると、やはりといいましょうか、結構自分自身に当てはまる項目が多いように感じました。
例えば、
・女性を単なる異性対象ではなく、ひとりの人間として平等に尊重する傾向が強い
・恋愛至上主義的な風潮に踊らされずに、家族や仲間と過ごすのを大切にする
・傷つけられたり、他人を傷つけることを嫌い繊細である
・恋愛に使わないエネルギーは趣味や仕事、ファッションに向かう
・女性に誘われれば旅行やショッピングに同行するが、恋愛に発展しないことが多い
・性風俗を無駄なことと思い、お金を使わない
・いい人止まりになりがち

といった点でしょうか。何だか、8割方の項目が当てはまっていたような気もします。
逆に言えば、恋愛に奥手で消極的な性格と揶揄されるところもありますし、個人的な感想かつ記憶ですが、つい10年ほど前は実際そんな感じのレッテルを貼られていたと思います。それだけに、この10年でここまで変わりますか?といった感想もなきにしもあらずです。

こんな風潮が10年以上前にメインストリームになっていたら、私の当時の学生生活(現在の大学院ではなく、当時の学部生活のことです)は、もっと楽しかったのかな、と思いつつ、いやいや「草食系男子」はそんなことにはがめつくないことが前提なので、やっぱり変わらなく淡々とした学生生活を送っていたのかな、と思ったニュースでした。
続きを読む

4月から、社会人から大学院生になり、生活環境も一変しました。
それに伴い、これまで1時間未満だった通勤時間が一気に2倍強に延びました。
京都市内まで行くわけですが、車で行く、わけにもいかないので、当然列車通学となります。
ただ、2時間も列車に揺られると、その乗車中の時間を有効活用したいという気持ちもあり、また授業で出される課題の作成等もあることから、それならばこれを機会にネット関係のモバイル環境を整えてみようと重い、ウルトラモバイルパソコンと、それに接続するeoモバイルの手続きを行いました。
今回のエントリーでは、私の阪和線・京阪線内のモバイル環境と、その体験談をまとめてみたいと思います。

・ウルトラモバイルPC
ちまたではUMPCと呼ばれているそうですが、今回購入した機種はこちらです。
Amazon.co.jp: ASUS N10JC XPバージョン 10.2inchTFTカラー液晶 N10JC-HV006: パソコン・周辺機器
続きを読む

↑このページのトップヘ