阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

南海電鉄

【南海】「はじまりのめでたいでんしゃ」2000系の内外装デザイン発表。名称は7月13日の運行開始日に発表

南海電鉄では、加太線の観光列車「めでたいでんしゃ」に、5編成目となる「はじまりのめでたいでんしゃ」を、来る7月13日(土)に導入することを発表しています。
(参考)


この度、この「はじまりのめでたいでんしゃ」の内外装デザインの詳細等が発表されました。

〜めでたいでんしゃ5編成目〜“はじまりの「めでたいでんしゃ」”の全貌を発表! | 南海電鉄

概要は以下のとおりです。

【デザイン概要】
・外装:
加太の鯛を想起させる、うろこ柄を配した車体デザイン
・内装:
和歌山市駅寄りの車両・・・和歌山県内で発見された新種「ワカヤマソウリュウ」などが描かれた「太古の記憶」
加太駅寄りの車両・・・加太の未来への想いを形にした「未来への想いとSDGs」

【デザインイメージ】
2024061421-51-101
(上記発表資料(https://www.nankai.co.jp/lib/company/news/pdf/240613_1.pdf)より引用)

【運行開始日時】
2024年7月13日(土) 和歌山市発9:55

【運行区間】
和歌山市〜加太間(※和歌山港線を運行する場合あり)

【名称】
7月13日(土)開催の運行開始セレモニーで発表


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



既に上記のブログ過去記事でご紹介したように、5本目となる「めでたいでんしゃ」は、これまでの7100系から、2000系が充当されることとなり、これだけでもファンの注目を集めています。

今回、その続報として車内外のデザインが発表されました。
今回の注目は内装で、和歌山市側は「太古の記憶」、そして加太側は「未来への想いとSDGs」と、互いに正反対のテーマとなっているのが面白くも感じたりしました。

そして、気になる名称については、7月13日(土)の運行開始セレモニーで発表されるとのことです。
この「運行開始セレモニー」についても、下記のとおり発表されています。
“はじまりの「めでたいでんしゃ」” 試乗会&運行開始セレモニーを開催! ― 出発式では新・めでたいでんしゃのお名前発表 ― | 南海電鉄

「はじまりのめでたいでんしゃ」一番列車は、9:55発の加太行きですが、その前の出発式で名称が発表されるとのことです。
どんな名前になるのか楽しみですし、地元にほど近い列車の運行開始ですので、運行開始当日に早速見にいくことができればいいな、と思っていますので、可能であれば当日のレポートをこのブログでご紹介できればと思っています。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【南海電鉄】尾崎駅等での定期券発売窓口を終了へ(2024.6.30限り)

南海電鉄では、就業環境改善の一環として、一部の駅で2024年7月1日(月)から窓口での定期券発売等の取り扱いを終了することを発表しました。

定期券発売窓口(一部)の終了について | 南海電鉄

概要は以下のとおりです。

【発売終了対象駅】
住吉大社、尾崎、みさき公園、和歌山大学前

【終了日】
2024年6月30日(日)

【終了する取扱い】
・定期券の新規及び継続発売、払いもどし、発行替え等
・特急券及び座席指定券の発売、列車変更、払いもどし等
・おトクなきっぷの発売、払いもどしなど
・南海・特急チケットレスサービスの特急積立金の積立、積立取消等


南海電鉄では、近年まで割と小規模な駅でも窓口でのきっぷの発売を行っていた印象があるのですが、ここ近年は窓口での発売を徐々に減らしてきていますが、今回尾崎、みさき公園、和歌山大学前と、私の住んでいるエリアの各駅から定期券の窓口発売が終了することになりました。

また、定期券と同様に、座席指定券及び特急券の窓口での販売も終了となります。

20240609_103122_R
20240609_103111_R
▲今年6月30日をもって窓口での定期券、特急券及び座席指定券等の発売を終了することとなった尾崎駅。

20240609_103058_R
▲定期券窓口販売終了のポスター掲示


今やピンク色の券売機で、特急券・座席指定券や定期券が購入できるわけですから、窓口で取り扱うニーズが減少していることは確かですので、労働力確保のための就業環境改善の一環として、このような措置が採られるのも時代の流れ、ともいえます。

一方で、南海電鉄では、特急「サザン」「ラピート」等の特例の列車の、同じ時間・同じ座席を1ヶ月単位で購入できる「定期特急券・定期座席指定券」を、定期券の窓口で発売しています。
(参考)
定期特急券・定期座席指定券| 南海電鉄
今回窓口での定期券発売を終了する尾崎、みさき公園、和歌山大学前の各駅には、特急「サザン」が停車しており、この定期座席指定券のニーズも少なからずあったかと思います。
しかし、7月以降は、これらの各駅で定期座席指定券を購入することができなくなることに注意が必要といえるでしょう。

ともあれ、今後もこのように定期券の窓口発売が、南海電鉄の他の駅でも出てくるのであろうかと思ったニュースでした。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【南海】【近鉄】世界遺産登録20周年コラボ企画で「天空」「青の交響曲」を乗り継ぐツアー開催

南海電鉄(南海)と近畿日本鉄道(近鉄)では、「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録されてから今年で20周年を迎えることを記念誌「紀伊山地の霊場と参詣道を巡る宿泊ツアー」を実施します。

このツアーは、両社協力による初の企画で、南海の観光列車「天空」と近鉄の観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」を乗り継ぐツアーとなっています。

南海電鉄と近鉄がコラボ「天空」と「青の交響曲」を乗り継いで巡る「高野山」「吉野山」特別宿泊ツアー | 南海電鉄
“紀伊山地の霊場と参詣道 世界遺産登録 20 周年記念”南海電鉄と近鉄がコラボ 「天空」と「青の交響曲」を乗り継いで巡る「高野山」「吉野山」特別宿泊ツアー|近畿日本鉄道

概要は以下のとおりです。

【実施日及び行程】
・8月7日(水)〜8日(木):吉野山宿泊
1日目:
南海難波駅〜(特急「こうや」及びケーブルカー)〜高野山駅〜(貸切バス)〜高野山奥の院〜(貸切バス)〜極楽橋〜(ケーブルカー及び観光列車「天空」)〜河内長野〜(観光特急「青の交響曲」)〜吉野(宿泊)
2日目:
吉野山散策〜金峯山寺蔵王堂(拝観・特別講話)〜解散…(各自/自由散策)…吉野駅〜大阪阿部野橋駅

・8月28日(水)〜29日(木):高野山宿泊
1日目:
大阪阿部野橋駅〜(観光特急「青の交響曲」)〜吉野〜(送迎バス)〜金峯山蔵王堂(拝観・特別講話)〜(送迎バス)〜吉野〜(観光特急「青の交響曲」)〜河内長野〜(観光列車「天空」・ケーブルカー)〜高野山〜(貸切バス)〜宿坊

2日目:
宿坊〜奥の院〜金剛峯寺〜霊宝館〜高野山駅〜(ケーブルカー・南海高野線)〜南海難波駅


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC00550-2_R
▲近鉄「青の交響曲」
20220612_102620_R
▲南海「天空」

いずれも「通勤車両を改造した観光列車」ということに加え、「紀伊山地の霊場と参詣道」へ向かう列車という共通点があります。

登録20周年を迎え、両社・両列車での初のコラボ企画が実現しました。


今年で登録20周年を迎えるユネスコ世界遺産の「紀伊山地の霊場と参詣道」
登録20周年を記念して、色々なイベントやキャンペーンが実施されますが、今回は、この世界遺産の「吉野」と「高野山」へ走る近鉄「青の交響曲」と南海「天空」の双方に乗車できるツアーとなっています。

加えて、今回の企画では、通常両列車が営業運転しない、以下の区間を運行する、というもので、ファンにとっても注目の企画といえるでしょう。

<今回の企画で特別に運行する区間>
【近鉄「青の交響曲」】
長野線・古市〜河内長野間

【南海「天空」】
高野線・河内長野〜橋本


通常の営業運転では決して互いに遭遇することのない双方の観光列車が、何と今回、河内長野駅で顔を合わせることとなりました。
配線の都合上、「天空」と「青の交響曲」が並ぶ、ということは難しいかも知れませんが、そういったレアなシーンも期待したいな、と感じたニュースでありました。

【撮影記録】南海高野線・美加の台〜千早口(2024.6.1)

6月に入り、あちこちで田植えが始まりました。

以前から、そんな季節に是非撮影してみたい場所がありましたが、本日時間があったので、ようやく訪問することができました。
その記録をご紹介したいと思います。

DSC04020-2_R

DSC03986-2_R

DSC04000-3_R



田植えを前にして、水が貼られただけの水田を鏡に見立て、水面に反射する様子を撮影してみました。いわゆる「水鏡」とも言われている光景ですが、以前、ここを走る列車の車内から、決して少なくない人々が撮影しているのを見てから、いつかこの場所で撮影してみたいな、と思っていましたが、本日ようやく達成することができました。

ここの田植えもどうやら始まっているみたいですので、「水鏡」目当ての方はお早めに、といったところでしょうか。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

鉄道ダイヤ情報2024年7月号【特集】南海電気鉄道を読む

今月21日に発売された鉄道雑誌では、関西地区の鉄道を取り上げた特集が多かったので、都合3種類(鉄道ダイヤ情報、鉄道ジャーナル、鉄道ピクトリアル)を購入しました。
これだけまとめて購入したのは、久々だったと思います。
DSC_0003_BURST20240522203902279


ボリュームも相当ありますので、読み終わった順にご紹介していきたいと思います。

まずは「鉄道ダイヤ情報」。
今月の特集は我が地元、「南海電気鉄道」です。
20240524_230706


鉄道ダイヤ情報は、「乗るたのしみ・撮るたのしみ応援マガジン」のキャッチフレーズ(同書表紙より引用)と、いわゆる「撮り鉄」向けの要素が強い雑誌で、一昔前までは車両メーカーから鉄道事業者へ新製車両を輸送する「甲種車両輸送」の予定を掲載していたのは、記憶に新しいところです。
(参考)



今回の南海電鉄の特集でも、撮影に役立つ情報として、同社の車両ダイジェストガイドで、泉北高速鉄道を含めた車両をカバーしていますが、それ以上に読み物としての中身も充実しているな、と感じたのが、今号特集を読み通して抱いた感想です。

伊原薫氏による南海線の概説と加太線の歴史の詳説、栗原景氏による高野線の概説と、同線を通しで運転する「大運転」急行列車の乗車記など、沿線ファンは勿論、日頃南海電鉄に馴染みのないファンにとっても、両線の魅力が分かる構成となっています。


そして、当ブログで特に推したいのが、土屋武之氏による「泉北高速鉄道とは、どんな鉄道か」
当ブログの読者にとっては、南海電鉄と泉北高速鉄道とのつながりは、十分理解いただけていると思うのですが、関西地区外のファンにとっては、金色の「泉北ライナー」では知ってはいるものの、それ以上に深く認知されているのか、とも言えないとも限らない「泉北高速鉄道」。

この特集記事では、わずか4ページではありますが、泉北高速鉄道の歴史や現行車両の紹介、そして現行ダイヤにおける種別の解説と、限られた紙幅で、泉北高速鉄道の概要をコンパクトにまとめられています。

下記記事でご紹介したように、この泉北高速鉄道は、2025年度の早期に南海電鉄との経営統合が予定されており、「泉北高速鉄道」としての社名は消滅することが予定されています。
(参考)


今回の特集は、もしかすると「泉北高速鉄道」という社名が特集のタイトルとして飾るのが最後かも知れません。
そういう意味でも、泉北高速鉄道ファンにとっても是非購入して残しておきたい一冊でありましょう。



冒頭に記したように、この「鉄道ダイヤ情報」は、いわゆる「撮り鉄」をメインターゲットとした雑誌といえますが、今回の特集で掲載されている写真も、ファンが難なく撮影できる場所から撮影したものを掲載しているのにも、気がつきました。

どんな場所から撮影しているかは、是非本書を手に取って確かめていただければと思うのですが、当ブログでも過去に紹介した撮影地の写真も少なからず見つけることができました。

「あ、ここで撮影したことあるわ!!」とページをめくりながら頷いたり、一方で「こんな所でもこんな構図で撮影できるんや!」と、今後のブログ素材の撮影でも活用できる、有意義な一冊であると感じました。

鉄道ダイヤ情報 2024年 07月号 [雑誌]
鉄道ダイヤ情報編集部
交通新聞社
2024-05-21



鉄道ダイヤ情報2024年7月号【南海電気鉄道】
鉄道ダイヤ情報2024年7月号【南海電気鉄道】



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【南海】2023年度決算説明会資料より「泉北高速鉄道との経営統合」をみる

昨日(5月17日(金))、南海電鉄の2023年度決算説明会が開催され、同社Webサイトにも説明会の資料がアップされていました。

2023年度決算説明会資料|南海電鉄

この中で個人的に気になったのは、来年度(2025年度)に予定している泉北高速鉄道との経営統合に関してでした。
(参考)


上記ブログ記事でご紹介したとおり、2025年度早期に、南海電鉄が泉北高速鉄道を吸収合併する経営統合を実施することを、昨年12月に発表しています。

今回の決算説明会の資料でも、泉北高速との経営統合について触れられていたので、ご紹介しておきます。
2024051820-40-1153
(上記発表資料(https://www.nankai.co.jp/lib/company/ir/library/presentation/pdf/setsumeikai_240517.pdf)より引用)


経営統合の目的としては、鉄道事業・不動産事業と事業が重なる両社を統合することで、サステナブルな経営や、堺・泉北エリアの活性化・価値向上を図ることとしています。

現在、その準備を進めているところですが、上記資料記載の「効果」を見ますと、「鉄道施設の一本化や各機能の統合による経営効率の向上」と、南海・泉北両社のファンにとっても、気になることが書かれていることに気づきます。

ここでいう「鉄道施設」が何を指しているのかは、具体的に示されていませんが、素人的に目に付くところとしては、車庫機能(南海・千代田、泉北・光明池)なんかが思いつくところです。

一方で現在の泉北高速鉄道の車両も相当の編成数を有していることから、例えば経営統合を機に光明池車庫を閉鎖するというのは、あまりにも非現実的なことといえます。

ただ、車両の検査等、様々な作業を南海・泉北で一本化していく、というのは大いに考えられるかも知れませんので、経営統合後の変化に注目したいところです。

その他、ファンにとって気になる「車両塗装」や「キャラクター」、そして一般利用者も気になる「運賃」については、経営統合の作業が進むにつれて明らかになっていくものと思われます。
当ブログでも、そういった内容をなるべく「スピーディー」に、そして可能な限り「分かりやすく」ご紹介していきたいと思っています。


また、堺・泉北エリアの活性化・価値向上に関しては、泉ケ丘駅前の活性化計画について、工事が延期している状況が続いていますが、今回の決算説明会でも、事業計画見直しのままとなっています。
2024051820-40-2542
(上記発表資料(https://www.nankai.co.jp/lib/company/ir/library/presentation/pdf/setsumeikai_240517.pdf)より引用)


私の出身地でも泉ケ丘の駅前が大きく変わる、と期待しているところですが、建設費の高騰等から工事の延期が続いていますが、今回の経営統合によりどのような判断で進められているのか、こちらも気にしていきたいと思います。


DSC01327_R
▲住吉東駅を通過する泉北高速鉄道5000系。
青色の帯に塗装変更が進められている泉北高速鉄道の車両ですが、経営統合後、どのような姿になっていくのか、もファンとして気になるところであります。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

南海6000系ステンレス無塗装編成を撮影する(2024.5.18)

今日(5月18日(土))、午前中時間があったので、南海高野線の大和川橋梁(我孫子前〜浅香山)で、南海6000系の「ステンレス無塗装」編成を撮影してきました。

DSC03703_R


この日は土曜日で、天気も良かったせいか、私以外にも5名くらいの撮影者が思い思いの場所で撮影していました。

DSC03703-2_R
▲6000系の部分だけをトリミングしてみました。

そういえば私自身、このステンレス無塗装編成は、下記の撮影会以来遭遇ご無沙汰で、本線上で撮影できたのも、遅ればせながら今日が初めてではなかったでしょうか…
(参考)


機会をみつけて、他の撮影地でも記録してきたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【南海電鉄】2024年度鉄道設備投資計画を発表。8300系は12両新造、1000系6両の床下機器更新を実施

南海電鉄では、本日(5月14日(火))、2024年度の設備投資計画を発表しました。

2024年度鉄道設備投資計画について | 南海電鉄

概要は以下のとおりです。

【2024年度設備投資計画内容】
●中百舌鳥駅ホームドア設置(3番線)

●車内防犯カメラ設置
(9000系、1000系計108両に設置予定)

●駅ホーム上家天井脱落防止
(新今宮駅、堺東駅、その他)

●防護無線システム導入(高野線)

●車両新造・更新
8300系12両新造
1000系1編成6両の床下機器更新実施

●駅舎リニューアル・バリアフリー化推進
難波駅、今宮戎駅、新今宮駅、紀見峠駅、紀伊清水駅、九度山駅

●キャッシュレス化推進
「タッチ決済」「デジタルきっぷ」対応改札機の拡大


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



毎年度この時期に発表されている設備投資計画ですが、今年度(2024年度)の南海電鉄でも発表がありました。
内容は上述のとおりですが、注目は車両新造・更新で、これまで高野線6000系等の置き換えとして投入されてきた8300系が、今年度も12両新造されることとなります。

下記記事でもご紹介したように、6000系の置き換えが2025年度までに置き換えるスケジュールで、8300系の投入が進められています。
(参考)


今年度から、転勤になり再び和歌山市内勤務となったことから、毎度恒例の和歌山市駅での甲種車両輸送の到着のご紹介も、このブログで復活できそうな感じですので、お楽しみにしていただければと思います。

ともあれ、このようなニュースをご紹介していると、6000系の完全引退が確実に近づいていることを、否が応でも感じざるを得ないものですね…

20220209_080015_R
▲和歌山市駅に到着した南海8300系甲種車両輸送。
今年度も12両の製造が予定されています。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【南海】「南海アプリ」でラッピング「ラピート」編成の位置情報が明らかに(MOB、大阪・関西万博、セレッソ大阪)

南海電鉄では、同社のスマホ向けアプリ「南海アプリ」内で提供している列車位置情報において、特急「ラピート」のアイコンを追加し、ラッピング編成の「MOBラピート」「大阪・関西万博」「セレッソ大阪」それぞれの位置情報をアプリで表示することを開始しました。



概要は、上記X(Twitter)ポスト、または同アプリよりお確かめください。



この3月から相次いで運行を開始した、3種類のラッピング「ラピート」編成。
在籍する6編成のうち、半数が何らかのラッピングを行っていることから、簡単に撮影できるのでは?と思いきや、意外と苦戦し、先日ようやくこれら3種類のラッピングを撮影することができた次第です。

(参考)




これらの編成を撮影する際、「南海アプリでラッピング編成の位置情報が見られたらなぁ…」と思っていたのですが、まさかの実装で驚いた次第です。

幸いにも、これらラッピング3編成の記録は済んでいるものの、チャンスがあれば走行線区の沿線で更に撮影できればいいなと思っています。
その際に、今回アプリの運行情報に追加されたアイコンを活用したいな、と思います。

早速、私も「南海アプリ」から「ラピート」の位置情報を調べてみました。
Screenshot_20240513-183934_2
▲空港線の部分を拡大してみますと、丁度りんくうタウン〜関西空港間で上下の「ラピート」が走行しています。
このうち関西空港行きの「ラピート」のアイコンはこのようになっています。
Screenshot_20240513-183934_1
▲右側のように、縁がピンクで彩られており、「セレッソ大阪30周年」ラッピング編成であることが明らかです。
本日は、「大阪・関西万博」ラッピング編成が運用に入っていないため、万博編成のアイコンがどんなデザインなのか、確かめられずじまいでした。
しかし、上述の「セレッソ」やX(Twitter)ポストでの「MOB」と同様、恐らく一目で分かるものになっていることでしょうから、明日以降楽しみにしたいと思います。

(以上、引用先は南海アプリ(https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nankai.nankaiapplication)より)




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【南海】MOB鉄道とのコラボラッピング「ラピート」をみる(2024.4.28)

南海電鉄では、同社と姉妹鉄道協定を締結している「モントルー・オーベラン・ベルノワ鉄道」(MOB鉄道、スイス)の展望列車「ゴールデンパス・エクスプレス」をラッピングした「MOBラピート」を、去る2024年3月14日より運行しています。
(参考)


これまでご紹介してきた「セレッソ大阪30周年」「大阪・関西万博」に加え、この「MOB鉄道」と、3種類のコラボラッピングが運用中の特急ラピート。

こちらの記事で「大阪・関西万博」コラボ編成を撮影しましたが、丁度この日は「MOB鉄道」コラボ編成も運用されていましたので、難波駅で撮影することができました。

以下、その様子をご紹介したいと思います。



DSC03477_R
▲先頭車(1号車)を撮影。
前面は、オリジナルの「ラピート」の色調が残されています。
以下、各号車ごとにみていきます。

DSC03479_R
▲1号車(50704)

DSC03484_R
▲2号車(50204)

DSC03485_R
▲3号車(50604)

DSC03493_R
▲4号車(50104)

DSC03492_R
▲5号車(50004)

DSC03497_R
▲6号車(50504)

ラッピングに付されたロゴ等を詳しくみていきます。
DSC03481_R
▲乗降口付近です。
号車表示はラッピングの元となった「ゴールデンパス・エクスプレス」のデザインそのままに号車表示がされています。

乗降扉の色調も、「ゴールデンパス・エクスプレス」そのままのブラウンとなっていますが、扉窓下には「SISTER RAILWAY SINCE 2017」と、2017年より姉妹鉄道協定を締結している旨が記されています。

DSC03496_R
▲5号車・6号車の「スーパーシート」のラッピングでの号車表示はこのとおりです。

DSC03489_R
▲車両中央部には、下部に「ゴールデンパス・エクスプレス」のロゴが、上部にMOB・南海両社のロゴが記されています。

DSC03505_R
▲「MOB鉄道」「南海電鉄」の両社のロゴをアップしてみます。
併せてスイス・日本の国旗も記されていますね。

DSC03502_R
▲4号車の荷物室扉(現在は使用せず)には、スイス国内の地図と「ゴールデンパス・エクスプレス」の運行ルートが記されています。
コラボ元の列車が、スイスのどこを走っているのかが、これを見ると一目瞭然です。

DSC03510_R
▲先頭部を側面から撮影してみました。
デザインの関係上もあり、先頭部までラッピングされておらず、どうしても「切れ目」が発生しますが、それもこのように上手に処理されています。

20240428_122149_R
20240428_122202_R
▲これだけ見ると、これからスイスの観光列車に乗ろうとしている、と書いても信じられるくらいの再現度、といえましょうか。

実際、このラピートには、多くの訪日外国人が乗車していますが、その中にはスイス出身の方もおられるのではないかと思います。
そういった方々が、本国とコラボしたこの「ラピート」を見ると、どんな感想を抱くのか、ちょっと興味があります。


「MOBラピート」は、この日は12時35分発の「ラピートβ47号」で、関西空港に向けて出発していきました。
その様子を動画で記録してみました。




以上が、先月より運行を開始した「MOBラピート」の記録でした。

「ラピート」用の50000系車両は、6編成在籍していますが、そのうち半数となる3編成に、現在何らかのラッピングが行われている状況で、見る者を楽しませています。

この「ラピート」、この9月で運行開始30周年を迎えます。
節目となる今年、更なるラッピング等の企画が実施されるのか、沿線エリアのファンとしては大いに期待したいところであります。



鉄道コム関連記事】
南海 ラピート MOBラッピング車両 運転(2024年3月14日〜) - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ