阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:鉄道(関西地区事業者) > その他関西地区事業者

近畿日本鉄道(近畿日本鉄道)と福山通運では、近鉄が大阪難波〜近鉄名古屋間で運転する名阪特急「アーバンライナー」を使用した貨客混載事業を実施することを発表しました。

名阪特急「アーバンライナー」を使用した貨客混載事業の実施について|近畿日本鉄道

概要は以下の通りです。

【提供サービス】
・近鉄特急「アーバンライナー」の空きスペースに搭載。
・当日中の大阪市内〜名古屋市内間の配送が、安価で可能。
・名阪間での工業製品・部品、商品(日用品・衣料品)等を配送する事業者間をターゲットとして想定。

【事業実施】
2021年夏頃を目処に実施で合意

【運用フロー(イメージ)】
kintetsu_ul_cargo
(上記発表資料(https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/kakyakukonnsaiul.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC03329-2_R
▲近鉄特急アーバンライナー。
空いたスペースを活用した貨物輸送が実施されることとなりました。


新型コロナウイルス感染症の影響により旅客数が減少することもあってか、鉄道事業者では新たな収入源として、空いたスペースに貨物を積載して輸送する「貨客混載事業」を新たに展開する例が増えてきているように感じます。

元々貨客混載事業はコロナ禍の前から実際にスタートしているところもありますが、ここ最近、実証実験も含めて一気に広がったようにも思えます。


今回ご紹介するアーバンライナーでは、大阪・名古屋といった大都市圏を2時間半で結ぶという利点を利用して、車両の空いたスペースに貨物を積載することで、従前よりも安い料金での貨物輸送を実施するというものであります。

なお一部報道によりますと、貨物輸送のスペースは、かつて車内販売に使用していたスペースを利用するとのことです。


元より経済活動が活発な両都市圏間でありますし、当日の貨物輸送ニーズも相応にあるのではないかと思いますので、この取り組みが成功・定着することを願いたいと思います。




●関連ニュースサイト:
近鉄特急「アーバンライナー」で貨客混載 福山通運タッグ 名阪間の当日配送を安価に | 乗りものニュース
近鉄・福山通運、アーバンライナーで貨客混載事業を実施 - 鉄道コム
近鉄・福山通運,「アーバンライナー」を使用した貨客混載事業を実施へ|鉄道ニュース|2021年3月31日掲載|鉄道ファン・railf.jp



●関連ブログ:
「アーバンライナー」で貨物を運ぶ: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

奈良県及び奈良市では、大和西大寺駅の高架化及び近鉄奈良線の移設を記載した踏切道改良計画を、国土交通省へ提出したことを発表しました。

踏切道改良計画の策定について/奈良県公式ホームページ

概要は以下の通りです。

【解消される踏切】
合計8ヶ所

【移設等の計画概要】
・大和西大寺駅付近の高架化
・国営平常宮跡歴史公園を南側へ迂回するルートへ移設
・移設区間は高架化及び地下化を実施
nara_pref_kintetsuline
(上記発表資料(http://www.pref.nara.jp/57888.htm)より引用)

【予定工期】
・工事着手予定・・・令和23年度(2041年度)
・工事完了予定・・・令和42年度(2060年度)



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



近鉄西大寺駅付近の踏切は、元より列車本数の多い区間に加え、隣接する西大寺検車区への入出庫もあることから、いわゆる「開かずの踏切」の状態となっています。

これを改善する計画として踏切道改良促進法に基づき「踏切道改良計画」を今年度末までに提出することが求められていました。

今回、同法に基づき提出された改良計画では、上述のとおり、「西大寺駅の高架化」「近鉄奈良線の南側への移設及び地下化」により、当該区間に8ヶ所存在する踏切を解消する計画となっています。


やはり注目は、「近鉄奈良線の南側の移設」で、この区間は「平城宮跡」を横切る区間として、古都・奈良を象徴する区間で有名であります。
DSC_0026
▲大和西大寺駅〜新大宮間で通過する平城宮跡。
復元された「朱雀門」も車窓から眺めることができます。

平城京が存在したのは、およそ80年程度ですが、それよりも長い期間、この地を走り続けている近鉄線が、今回の計画により平城宮跡から移設されることとなります。


これで平城宮跡を走る近鉄線の姿を見ることもできなくなるのか、と思われますが、その工事完成予定時期を見ますと、令和42年度(2060年度)と、これから40年も先の話になりそうです。

このブログでも、10年や20年くらい先の計画についてご紹介はしていますが、流石にこれから40年後の2060年度の話となると、私自身この世に生きているのか、といった根本的な問題が出てきそうです。

その頃になると恐らく85歳くらいとなっているはずで、男性の平均寿命よりもかなり長く生きながらえなければ、この目で移設された姿を見ることができないので、残念ながらその姿をみることができない可能性も出てくる計画を、初めてこのブログでご紹介することになりそうです。


逆に言えば、いましばらくは、平城宮跡を走り抜ける近鉄電車を見続けることはできるわけですので、その姿が過去のものになる前に、しっかりと記録しておきたいニュースであります。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

叡山電鉄(叡電)では、去る2020年7月7日(火)から8日(水)にかけて降り続いた大雨の影響により、現在に至るまで市原〜鞍馬間で運休が続いています。

この度、この区間の復旧時期について、2021年秋までを目途に運転を再開する見通しであることが、叡電より発表されました。

土砂災害による運休区間の運転再開見通しについて|叡山電鉄


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



昨年7月の豪雨(令和2年7月豪雨)では、鉄道関係でも九州地方を中心に大きな被害が発生し、そのうち肥薩線の八代〜人吉間では、橋梁の流失をはじめとした甚大な被害が発生し、今もなお復旧時期はおろか、復旧の方法についてさえもその方向性が示されていない状況であります。


令和2年7月豪雨で被害を受けたのは、九州地方の鉄道のみならず、ここ関西地区でも叡電の市原以北の区間で、土砂崩れ等の被害が発生し、今もなお運休が続いています。

このエリアは、特に秋の行楽シーズンは紅葉の名所でもあり、また叡電でも「もみじのトンネル」と称される、市原〜二ノ瀬間で徐行運転を行っているのですが、この区間が運休になってしまったことから、折からの新型コロナウイルス感染症の影響に加え、叡電にとってダブルパンチとなる厳しい状況となっていました。


今回、復旧の目途が示されたわけですが、この予定通りに工事が完了し、かき入れ時の一つである紅葉のシーズンに間に合うよう全線での運転再開を願いたいものであります。

DSC02766-2_R
▲貴船口近くで撮影した900系「きらら」。
今年の秋にはこの区間でも電車の運転再開が発表されましたが、予定通りの再開を待ちたいところです。




●関連ニュースサイト:
叡山電車 2021年秋までに全線復旧へ 土砂崩れで不通の市原〜鞍馬間工事めど | 乗りものニュース
叡山電鉄鞍馬線が今秋にも全線再開へ…令和2年7月豪雨で運休中の市原-鞍馬間 | レスポンス(Response.jp)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

叡山電鉄(叡電)では、漫画「ゆるゆり」とのコラボ企画を昨年7月から実施していますが、この度第4弾の企画として、この3月から5月にかけての様々なイベントの発表がありました。

漫画 「ゆるゆり」とのコラボレーション企画 第4弾を実施します|叡山電鉄

概要は以下の通りです。

【コラボヘッドマーク掲出運行】
下記(1)〜(4)のとおり、コラボヘッドマークを721号車に掲出。

(1)生徒会Ver.:
現在掲出中の「生徒会Ver.」ヘッドマークの掲出は3月25日(木)まで。

(2)各キャラクターver.:
各キャラクターのヘッドマーク全8種を掲出
・3月27日(土)〜4月4日(日)・・・「杉浦綾乃」「歳納京子」
(4月3日(土)は後述のイベントあり。)
・4月18日(日)〜4月29日(木・祝)・・・「吉川ちなつ」「船見結衣」
・5月1日(土)〜5月9日(日)・・・「古谷向日葵」「大室櫻子」
・5月15日(土)〜5月22日(土)・・・「赤座あかり」「池田千鶴」

(3)ごらく部Ver.
「ごらく部Ver.」のヘッドマークを、5月24日(月)〜5月31日(月)で運行

(4)全12種類の掲出
「ゆるゆり」コラボ企画で製作した全コラボヘッドマークを掲出して運行。
・実施日:2021年4月3日(土) 10:00〜15:00
・掲出電車:叡山本線の営業列車(721号車予定)
・掲出方法:八瀬比叡山口にて、1往復(各2枚)ずつ掲出(予定)

【キャラクタースタンディPOP(叡山電車制服Ver.)設置】
・設置期間:
2021年3月13日(土)〜5月31日(月)
・イメージ:
eiden_yuruyuri_20210310
(上記発表資料(https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2021/03/news_2021.03.10.pdf)より引用、(C)なもり/一迅社)

【えいでん×ゆるゆりラッピング電車さよならフェスタ】
・開催日:
2021年5月23日(日)

・開催場所:
八瀬比叡山口

・詳細は、後日叡電Webサイトで掲載


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



昨年7月に開始した、叡山電鉄と漫画「ゆるゆり」のコラボ企画ですが、今回第4弾の実施が発表されました。

既に盛り沢山の内容で継続されていますが、今回は企画のメインである「ラッピング電車」の運行終了も近づいていることから、これまで以上に内容満載の企画であります。


まずヘッドマーク掲出についてですが、この4月から5月にかけて、様々な組み合わせのヘッドマークが各々で1週間程度の期間、入れ替わりで掲出されることとなっています。

この期間に掲出されるヘッドマークの組み合わせは合計4種類になるわけですが、これらの組み合わせを見て、思わずニンマリしたり、膝を叩いたりしたゆるゆりファンの方も多かったのではないのでしょうか。
(いずれも原作において関係性のある組み合わせなんだそうです。)

加えて、4月3日(土)には、これら今回のコラボ企画で製作した合計12種類のヘッドマークを、順繰りに掲出していくという、企画も実施されます。

即ち、当日は10時から15時の間、八瀬比叡山口駅で毎回ヘッドマークを入れ換えていくというものですので、朝から夕方まで滞在すれば、今回のコラボヘッドマークを全て記録できるという、ファンにもありたい企画といえるのではないかと思われます。


そして5月23日(日)には、「ラッピング電車さよならフェスタ」が実施されます。
開催内容の詳細は後日発表となりますが、この「ゆるゆり」コラボ企画開催時に予定されていた「コラボフェスタ」(2020年7月24日(金・祝)開催予定)については、大雨による土砂災害や、新型コロナウイルス感染症の影響により、中止を余儀なくされた(下記参考)だけに、今回は是非とも開催されることを願いたいところであります。
【参考】



ヘッドマークの掲出数といい、ポスター、スタンディPOPの作成回数といい、原作のファン層が広いこともあり、これまで以上な規模で実施されてきた「ゆるゆり」とのコラボ企画も終了の時期が見えてきましたが、ここに至るまで、原作ファンの期待も十分にかなえられてきた内容であったかと思います。

個人的に頻繁に叡電沿線に行くことも難しい時期ではありますが、機会があれば是非どこかのタイミングで訪問できればいいな、と思った次第であります。




●関連ニュースサイト:
叡山電鉄 ゆるゆり コラボヘッドマーク 掲出(2021年4月3日〜) - 鉄道コム
叡山電鉄 ゆるゆり 杉浦綾乃・歳納京子ヘッドマーク 掲出(2021年3月27日〜) - 鉄道コム
叡山電鉄 ゆるゆり 吉川ちなつ・船見結衣ヘッドマーク 掲出(2021年4月18日〜) - 鉄道コム
叡山電鉄 ゆるゆり 古谷向日葵・大室櫻子ヘッドマーク 掲出(2021年5月1日〜) - 鉄道コム
叡山電鉄 ゆるゆり 赤座あかり・池田千歳ヘッドマーク 掲出(2021年5月15日〜) - 鉄道コム
叡山電鉄 ゆるゆり ごらく部ヘッドマーク 掲出(2021年5月24日〜) - 鉄道コム
叡山電鉄 ゆるゆりラッピング電車 さよならフェスタ(2021年5月23日〜) - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

近畿日本鉄道(近鉄)の特急用車両である12200系は、去る2021年2月12日(金)に定期特急列車としての運用を終了しましたが、この4月に臨時特急列車として運用されることが発表されました。

定期運用を終了した「12200系車両」を臨時特急列車として運転します |近畿日本鉄道

概要は以下の通りです。

【運転日】
2021年4月10日(土)、11日(日)、25日(日)、29日(木・祝)

【運転時刻】
○大阪上本町〜賢島:
大阪上本町9:38発→賢島12:15着
賢島16:36発→大阪上本町19:30

○近鉄名古屋〜賢島
近鉄名古屋9:35発→賢島11:52着
賢島14:08発→近鉄名古屋16:32着


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC01048-2_R
▲近鉄12200系車両(後部4両・大和八木駅)


いわゆる「スナックカー」の系譜を有する12200系は、近鉄特急の車両の中でも一大勢力を有する車両でありましたが、経年による後継車両への置き換えなどにより、この2月には定期運用を終了しました。

その後の去就が気になるところではありますが、下記記事でご紹介したように、12200系の他、80000系「ひのとり」、21020系「アーバーンライナー・ネクスト」との撮影会も実施されることから、すぐには廃車されないであろうことは予想されていました。



加えて今回、期間限定ではありますが臨時列車として、この12200系が運用されることが発表されました。
定期列車としては運用終了しましたが、臨時列車として、しかも大阪上本町・近鉄名古屋から賢島までという長距離の運用となりますので、かつて近鉄各線を縦横無尽に運用されていた12200系を最後に味わうのには持ってこいの運行区間、といえるのではないのでしょうか。

私自身は、既に何度も12200系に乗車したこともあり、今回改めて乗車する予定はありませんが、特に沿線で撮影される方は、周囲に十分注意して楽しんでいただければと思います。



●関連ニュースサイト:
近鉄 12200系臨時列車 運転(2021年4月10日〜) - 鉄道コム
近鉄、定期運用を終了した「12200系車両」を臨時特急列車として運行 - トラベル Watch
近鉄12200系、臨時特急列車に! 4月の4日間、大阪・名古屋から1往復 | マイナビニュース
定期列車から引退した近鉄の「新スナックカー」が賢島まで臨時運行…大阪、名古屋から1往復ずつ 4月10・11・25・29日 | レスポンス(Response.jp)




●関連ブログ:
【まだ終わらんよ】近鉄12200系「スナックカー」の臨時列車を運行 | 鉄道プレス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

近畿日本鉄道(近鉄)では、2020年3月14日(土)に運転開始した新型名阪特急「ひのとり」の1周年を記念して、「ひのとり」運行開始1周年記念キャンペーン実施することを発表しました。

「ひのとり」運行開始1周年記念キャンペーンを実施します |近畿日本鉄道

概要は以下の通りです。

【1周年記念ロゴマーク】
kintetsu_hinotori_1st_anniv
(上記発表資料(https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/hinotoriissyuunenn.pdf)より引用)

【記念グッズ発売】
●発売期間:
2021年3月12日(金)10時〜

●商品内容:
・ステンレス製タンブラー(1,800円)
・スマートフォンカバー(1,800円)
・トートバッグ(900円)
・ラバーキーホルダー(600円)
いずれも1,000個限定

●発売箇所:
近鉄百貨店ネットショップ

【記念乗車券・記念特急券・記念入場券】
●発売期間・方法:
・先行発売分(インターネットで事前予約受付、購入日を指定して発売)
予約受付:2021年3月6日(土)10時〜11日(木)17時
発売期間:2021年3月12日(金)〜28日(日)(購入指定日から28日(日)までの間に購入)
購入駅は大阪上本町駅、近鉄名古屋駅から選択

・一般発売分:
2021年3月29日(月)〜9月30日(木)

●利用期間:
2021年3月14日(日)〜9月30日(木)

●商品内容:
・記念乗車券(大阪難波・鶴橋間〜近鉄名古屋の片道乗車券)
発売枚数・・・3,000枚
発売価格・・・2,410円

・記念特急券(大阪難波・鶴橋間〜近鉄名古屋で片道一回の特急券・特別車両券の引換券)
発売枚数・・・3,000枚
発売価格・・・プレミアムシート2,830円、レギュラーシート2,130円

・記念入場券
大阪難波、大阪上本町、鶴橋、大和八木、津、近鉄名古屋、生駒、学園前、大和西大寺、近鉄奈良の10駅の入場券セット
発売枚数・・・3,000セット
発売価格・・・1,590円


【新旧特急車両撮影会】
ひのとり(80000系)、アーバーンライナー・ネクスト(21020系)に加え、今年引退の新スナックカー(12200系)を一同に集めたラインナップ撮影会ツアーを実施

●実施日:
2021年6月5日(土)(予定)

●実施場所:
青山町車庫

ツアー詳細は、後日(4月中旬予定)近鉄Webサイトで告知



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC03420-2_R
▲「ひのとり」80000系(青山町車庫)
ここ青山町車庫で、「ひのとり」に加え、「アーバーンライナー・ネクスト」「新スナックカー」を集めた撮影会も予定されています。


昨年3月に登場した近鉄の新型名阪特急「ひのとり」。
鮮やかな赤色の車体に加え、プレミアムシートは言うまでもなく、レギュラーシートさえも他の特急車両を上回るゆとりの空間から、登場直後からコロナ禍という逆風が吹く中であっても、プレミアムカーを中心に人気を得ているところであります。

この2月には名阪間を結ぶ停車駅の少ない特急は、全て「ひのとり」で運転されることとなりましたが、「ひのとり」1周年を記念して、今回様々な企画が実施されることが発表されました。


内容を見ますと、まず記念乗車券・記念入場券セットは、昨年の運行開始時にも発売されたタイプのものでありますが、加えて今回は「記念特急券」が追加されています。
【参考】



また発売方法も、大阪上本町また近鉄名古屋駅に、指定された日以降、3月28日までに受け取りに行くという、密集を避ける発売方法が実施されることとなっています。

一方グッズの販売は、近鉄百貨店の通信販売のみとなっており、こちらも同様に、密集を避ける発売方法となっていますので、入手希望の方はご注意願います。


加えて今回の発表での注目は、「ひのとり」「アーバーンライナー・ネクスト」「新スナックカー」を集めたラインナップ撮影会の告知でありましょう。

近鉄特急の汎用車両として長年親しまれてきた「新スナックカー」12200系は、この春定期運用から引退しました。
その最後の花道ともいうべき撮影会が、名阪間の特急列車の代表である「ひのとり」「アーバーンライナー・ネクスト」を集めての撮影会となりますので、これまた高い人気が予想されます。

詳しい内容は4月中旬にも発表されるとのことですので、近鉄ファンとしては、こちらも注目しておきたいところであります。


私個人的には、グッズの「ステンレス製タンブラー」にちょっと惹かれました。
何気なく職場に持ち込んで、仕事の合間のコーヒーをこのタンブラーで飲んでみて、ちょっとしたプレミアムカーの気分を味わいたいな、とも思った次第です。


ともあれ、他社と同様、厳しい経営状況に見舞われている近鉄でありますので、ファンとしては「ひのとり」1周年を祝いつつ、少しでも多くのグッズを購入して応援したいところだな、と感じたニュースであります。




●関連ニュースサイト:
近鉄 ひのとり 運転開始1周年記念乗車券・入場券など 発売受付(2021年3月6日〜) - 鉄道コム
近鉄 ひのとり 1周年記念ロゴマーク 掲出(2021年3月12日〜) - 鉄道コム
近鉄,80000系『「ひのとり」運行開始1周年記念キャンペーン』を実施|鉄道ニュース|2021年3月7日掲載|鉄道ファン・railf.jp



●関連ブログ:
【近鉄】「「ひのとり」運行開始1周年記念乗車券・記念特急券・記念入場券」発売 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

明日は令和3年3月3日と、和暦で3が並ぶ日であります。
これを記念して色々な鉄道事業者から「3並び」の記念きっぷが発売されることが発表されています。

このうち、自分の近隣の話題として、和歌山電鐵の「3並び」入場券セットをご紹介したいと思います。

3並び和暦日付印「硬券普通入場券セット」2種を限定発売|和歌山電鐵

概要は以下の通りです。

【伊太祈曽駅窓口 限定販売】
●硬券入場券セット内容:
伊太祈曽駅と貴志駅の硬券普通入場券(A型券)各1枚

●発売開始日:
2021年3月3日(水)〜

●発売箇所:
伊太祈曽駅窓口(9時〜17時30分)

●発売数量:
限定100セット

●発売金額:
1セット380円


【ネット通販限定】
●セット内容:
「和歌山〜貴志」「和歌山〜伊太祈曽」「伊太祈曽〜貴志」の各硬券式往復普通乗車券
「伊太祈曽駅」「貴志駅」各硬券式普通入場券
計5枚セット

●発売開始日:
2021年3月3日(水)午前10時から

●発売箇所:
ネットショップ「たま駅長グッズショップ」
たま駅長オフィシャルグッズショップ

●発売数量:
限定100セット

●発売金額:
1セット2,600円



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。




和歌山電鐵の「ゾロ目日付」の記念入場券は、「1」並びの令和元年11月11日に発売された硬券入場券セットを買いに行ったことがありました。


この時は、発売開始時刻に合わせて伊太祈曽駅に買いに行き、無事入手することができました。
聞くところによれば、この「1並び」の時も、当日即刻完売になった模様であります。

今回も「3並び」の記念入場券などが発売されますが、伊太祈曽駅では入場券2枚組、ネットショップでは往復乗車券もセットした商品が発売されます。


流石に今回は、仕事などが忙しく、平日の午前に時間を作って伊太祈曽駅まで買いに行くのはちょっと難しそうなので、ネット通販でのセットを購入しようかな、と思っています。
ただこれとて、午前10時からの発売なので、昼休みまで残っているのかどうかも気になるところですが、自分がチェックした時点で在庫があれば、貴志川線応援の意味も込めて購入したいな、と思ったニュースでありました。



●関連ニュースサイト:
和歌山電鐵,3並び和暦日付印「硬券入場券セット」などを発売|鉄道ニュース|2021年3月2日掲載|鉄道ファン・railf.jp
和歌山電鐵 3並び入場券セットなど 発売(2021年3月3日〜) - 鉄道コム



●関連ブログ:
【和歌山電鐵】「3並び和暦日付印「硬券普通入場券セット」(伊太祈曽駅と貴志駅の計2枚組)」限定発売 - kqtrain.net(京浜急行)
【和歌山電鐵】「3並び硬券乗車券・入場券セット(全5枚組)」ネット通販限定発売 - kqtrain.net(京浜急行)





↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

和歌山電鐵では、スマートフォン(スマホ)の画面提示により定期券を利用できる「スマホ定期券」のサービスを開始しました。

貴志川線「スマホ定期券」2021年2月24日から発売開始!

概要は以下の通りです。

【発売券種】
通学:1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月
通勤:1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月
(大人券のみ発売)

【発売開始日】
2021年2月24日(水)〜通年

【利用区間】
和歌山電鐵貴志川線(和歌山〜貴志)

【支払方法】
クレジットカード、コンビニ支払、支払秘書から選択

【その他】
スマホ定期券で通学定期券を購入する際、在籍確認により通学証明書や学生証等の画像アップロードが必要

【ポスター】
wakayamadentetsu_sp_pass
(上記発表資料(https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/2021/02/23/smapho_teiki/)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



スマホの画面に定期券の内容を表示させ、乗務員等に提示する、いわゆる「スマホ定期券」の仕組みは、ICカード乗車券が整備されていない地方のバス路線や鉄道路線でサービスが提供されており、当ブログでもJR北海道が道東地区でサービス開始した際の記事をご紹介しました。


この「スマホ定期券」のサービスを、今回和歌山電鐵でも提供するようになりました。
既に他地域での採用例はあるものの、ここ和歌山でこの手のサービスが開始されるとは、意外にも感じた次第です。


ただ、貴志川線の場合、和歌山駅はJR西日本と改札を供用している関係上、「スマホ定期券」利用者は有人改札に回る必要があること、また、西口地下1階・同2階の「和歌山ミオ」連絡改札口は利用できないことに注意する必要があります。
(JR和歌山駅で購入する磁気定期券では、これらの改札も利用可能。但し、JR和歌山駅で購入できるのは、和歌山駅発着の場合に限る。)


とはいえ、和歌山駅を除く線内利用の場合は、これまで伊太祈曽駅でしか定期券の購入ができなかったわけで、今回の「スマホ定期券」導入により、より定期券が購入しやすくなるのではないか、と感じたニュースでした。



●関連ニュースサイト:
和歌山電鐵 スマホ定期券 発売(2021年2月24日〜) - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

和歌山電鐵では、同社貴志川線の安定的な永続に向けて、「キシカイシプロジェクト」として様々な取り組みを実施していますが、その目玉として、たま駅長をモチーフにしたデザイン電車「たま電車2」(仮称)を運行するに当たり、その改造費の一部をクラウドファンディングで募集することを発表しました。

「たま電車ミュージアム号」プロジェクト【クラウドファンディング】ご支援お願いいたします!|和歌山電鐵
Makuake|たま駅長2モチーフのたま電車2を運行したい!和歌山電鉄サポーター募集プロジェクト|マクアケ - アタラシイものや体験の応援購入サービス

概要は以下の通りです。

●名称(仮称):
「たま電車2」

●運行開始:
2021年12月予定(目標)

●改造する車両:
2270系1編成(2706−2276)

●クラウドファンディングのコース:
【個人向け】
3,000円、5,000円、10,000円、50,000円、100,000円
【一般】たま電車2サポーター《3千円》を応援購入する|Makuake(マクアケ)
【一般】たま電車2サポーター《5千円》を応援購入する|Makuake(マクアケ)
【一般】たま電車2サポーター《1万円》を応援購入する|Makuake(マクアケ)
【一般】たま電車2サポーター《5万円》を応援購入する|Makuake(マクアケ)
【一般】たま電車2サポーター《10万円》を応援購入する|Makuake(マクアケ)

【企業向け】
1,000,000円、2,000,000円
【企業向け】たま電車2オフィシャルサポーター《100万円》を応援購入する|Makuake(マクアケ)
【企業向け】たま電車2オフィシャルサポーター《200万円》を応援購入する|Makuake(マクアケ)

●クラウドファンディングのリターン:
コースにより、下記のリターンを用意
・肉球印付きオリジナル御礼ポストカード
・限定缶バッジ
・和歌山駅9番ホームでの名前の掲示(3ヶ月間)
・「たま電車2」の車内に設置するプレートに名前を掲示することの証明書(名前の掲示は運行される限り常設)
・「たま電車2」の車体に企業ロゴを掲示することを証明する証明書



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



「キシカイシプロジェクト」の目玉として、2020年1月に発表された「ニタマ電車」のデザイン。



その直後に発生し、現在も継続している新型コロナウイルス感染症の影響により貴志川線の運営そのものが危機的な状況になっているなか、「ニタマ電車」プロジェクトについても、その後音沙汰のない状態が続いていました。

このままプロジェクトが中止となってしまうのではないか、と危惧していたところ、昨日、奇しくも「猫の日」に、「たま電車ミュージアム号」としてクラウドファンディングの募集が発表されました。
tamatrain_museum
▲「たま電車2」たま電車ミュージアム号のデザイン
(上記発表資料(https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/2021/02/22/tamatrain_museum/)より引用)

クラウドファンディングのリターン(御礼の品)を見ますと、ポストカード、缶バッジの他、3,000円、5,000円コースは和歌山駅での名前掲示、10,000円、50,000円、100,000円コースは車内での名前掲示、そして100万円、200万円コースは、車体の企業ロゴ掲示が行われますので、特に企業ロゴについては、この手のクラウドファンディングではあまり聞いたことの無い取り組みでありますので、厳しいコロナ禍ではありますが、貴志川線を盛り上げ、地域の活性化を応援する企業のロゴ掲出を期待したいところです。

勿論、我々個人のファンとしてもできることは積極的に応援していきたいところですので、個人コースに申し込むことで、積極的に応援していきたいところです。

かくいう私も、早速10,000円コースを申し込んできました。
2021年冬に、無事「たま電車2」が走り出し、その車内で名前が掲示されることを楽しみにしつつ、それ以前に目標額の1,500万円が無事集まることを願いつつ、当ブログからも微力ではありますが応援していきたいと思ったニュースであります。



●関連ブログ:
wap ONLINE:まさかのセミコンパートメント席登場?!たま電車ミュージアム号デザイン発表!



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

阪神電鉄では、本線の最終列車の繰り上げ等のダイヤ改正を実施することを発表しました。

本線で最終列車の時刻を繰り上げます 〜3月13日(土)から実施〜|ニュースリリース|阪神電気鉄道株式会社

概要は以下の通りです。

【実施日】
2021年3月13日(土)

【主な変更点】
平日、土休日とも以下の列車の運行を取りやめ。
・大阪梅田発24:30発尼崎行き
・尼崎24:09発大阪梅田行き(高速神戸発大阪梅田行きを尼崎行きに変更)
・元町24:28発石屋川行き

【最終列車の繰り上げ時間】
・大阪梅田駅(下り方面):
(平日)
24:30発(普通・尼崎行き)→24:20発(急行・御影行き)(10分繰り上げ)
(急行は、野田駅で普通尼崎行き(大阪梅田24:16発)に接続)
(土休日)
24:30発(普通・尼崎行き)→24:16発(普通・石屋川行き)(14分繰り上げ)

・尼崎駅(上り方面):
(平日・土休日)
24:09発(普通・大阪梅田行き)→23:57発(普通・大阪梅田行き)(12分繰り上げ)

・神戸三宮駅(上り方面)
24:30発(普通・石屋川行き)→24:20発(普通・石屋川行き)(10分繰り上げ)



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC_1292
▲西宮駅に停車中の阪神5700系。
今回のダイヤ改正では、最終列車となる普通列車3本が取りやめとなります。


先にご紹介した阪急電鉄と同日に、阪神電鉄でも最終列車の繰り上げを実施するダイヤ改正が発表されました。
【参考】


阪神電鉄の改正内容を見てみますと、最終列車として運行されていた普通列車3本の運行を取りやめるものとなっています。
また大阪梅田駅では、最終列車の種別が普通から急行となりますが、この急行は野田駅で普通尼崎行きに、尼崎駅で普通石屋川行きに接続することとなっています。
そのため、大阪梅田〜大物の各駅での終電が10分程度繰り上がることとなっておりますが、急行が通過する福島駅では、最終列車が14分繰り上げとなります。

また、尼崎→大阪梅田、元町→石屋川の最終列車も運転取りやめとなります。


これらの背景としては、上記発表資料でも触れられているように、深夜時間帯の利用減少と、夜間の作業時間確保が挙げられています。
特に深夜時間帯の利用減少は、2021年1月は前年同月(新型コロナウイルス感染症影響前)に比べると70%減少しており、極端に利用の少なくなった深夜時間帯の列車3本をターゲットに運転を取りやめることとなっています。


最終列車の繰り上げを伴うダイヤ改正は、今年3月の実施では、関西地区の大手事業者では、JR西日本・阪急電鉄・阪神電鉄から発表がありましたが、京阪電鉄についても今年秋を目処に繰り上げを実施する報道がなされています。
一方、近畿日本鉄道、南海電鉄からは、現在のところ最終列車繰り上げの発表や動向は今のところ聞こえてきませんが、各社とも深夜時間帯の利用者が減少していることも考えられることから、今後何らかの見直しが実施される可能性はあり得るでしょう。

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、鉄道利用そのもの、特に深夜時間帯の利用は既に大きく減少しています。
今後感染動向の改善やワクチン接種の状況が進捗したとしても、深夜の利用が大きく改善することも考えにくく、こういったダイヤの見直しはしばらく続くのかも知れませんが、そういった情報も逐次当ブログでご紹介していかなければな、と思っているところです。




●関連ニュースサイト:
阪神 ダイヤ改正・終電時刻繰り上げ(2021年3月13日〜) - 鉄道コム



●関連ブログ:
【急行が終電に】阪神、終電繰り上げダイヤ改正を実施へ | 鉄道プレス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ