阪和線の沿線から

阪和線沿線に住まう管理人による、鉄道やバスなどのブログ。

大手・準大手・首都圏近郊事業者

京急「エアポート急行」をみる(2023.11.3)11月25日ダイヤ改正で「急行」に変更へ

京浜急行(京急)では、来る11月25日のダイヤ改正で、主に羽田空港を発着する急行列車の種別として設定している「エアポート急行」を、「急行」に変更することを発表しています。


今回、他の用事で品川駅に向かった際、少し時間があったので、その間に同駅を発車する「エアポート急行」の姿を記録しておこうと思い、手持ちのスマートフォンで撮影してみました。

20231103_200336
▲京成電鉄3400形による「エアポート急行」


20231103_202408
▲京成電鉄3100形による「エアポート急行」

20231103_200055
▲「エアポート急行」の発車表示。

いずれも、飛行機のマークと急行という組み合わせの種別表示でありましたが、これらも11月25日以降は見納めとなります。

もっとも、飛行機マークの種別は、「エアポート快特」で引き続き見ることができます。
20231103_195357
▲北総7800形による「エアポート快特」。


以上、簡単ではありますが、「エアポート急行」の姿をご紹介しました。
ダイヤ改正前に偶然にも品川駅に向かうことがありましたので、今回このように私にとっては貴重な記録を撮影することができましたので、ご紹介させていただきました。


【新京成電鉄】京成電鉄に吸収合併となり消滅へ(2025年4月)

千葉県の松戸駅から京成津田沼を結ぶ「新京成電鉄」が、2025年4月をもって、親会社の京成電鉄に吸収合併されることが、この度発表されました。

完全子会社(新京成電鉄株式会社)の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ |京成電鉄

概要は以下のとおりです。

【合併の目的】
・京成電鉄では、「千葉県北西部における事業基盤の強化及び地域活性化」、「経営資源の相互活用による競争力強化及び事業規模の拡大」、「スケールメリットを活かした効率的な協働体制の実現」といったシナジー効果の発揮を目的に、2022年9月1日に新京成電鉄の全株式を取得し完全子会社化した。
・この度、さらなる経営の効率化・意思決定の迅速化を図ることで、経営資源を最大限活用し、これらのシナジー効果をより早期かつ確実に発揮するため、京成電鉄を存続会社、新京成電鉄を消滅会社とする吸収合併を行うこととした。

【合併日程】
・合併契約締結日:
2023年10月31日
・合併予定日:
2025年4月1日(予定)

【合併の方式】
京成電鉄を存続会社とする吸収合併方式で、新京成電鉄は解散


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



その起源をたどると、旧日本陸軍の演習用軌道となるこの新京成電鉄線ですが、現在では千葉県北西部の各路線を結ぶ路線として、地域の生活に密着した路線となっています。

その新京成電鉄ですが、既に昨年10月に京成電鉄の完全子会社となっていましたが、今回更なる意思決定の迅速化などを図る目的から、京成電鉄へ吸収合併することが発表されました。

これにより、戦後から続いてきた「新京成電鉄」という会社名は、再来年の3月末をもって消滅することが決定しました。


この新京成電鉄は、泉北高速鉄道や北大阪急行などの、いわゆる「準大手私鉄(民鉄)」のグループの中で、唯一の関東地区事業者でありましたが、今回の吸収合併により、「準大手私鉄(民鉄)」は関東から消滅、関西地区に残るのみとなります。


利用者にとっては、運賃やダイヤ、車両の動向が気になるところですが、下記「乗りものニュース」の記事によりますと、
○車両をどうするかは検討中
運賃は、新京成線と京成線を別立てとする現在の制度を引き継ぐ方向で国土交通省と協議中
とのことです。

京成電鉄では、今から25年前の1998年に現在の千原線(千葉中央〜ちはら台)を千葉急行電鉄から引き継ぎましたが、その際も運賃は別立てのままで継承し、現在もそのままとなっています。
今回新京成線を引き継ぐ場合も、同様の措置になろうかと思います。


一方、車両に関しては、現在の新京成は、白とピンクを基調とした、明るいカラーリングとなっているところですが、京成電鉄への吸収合併で、今後どのような変化が出てくるのか、気になるところです。

私自身は、新京成電鉄は完乗済みであるものの、車両の画像データが手元にありません。
今後、新京成電鉄が消滅することとなりますので、何かの機会を見つけて、撮影して手元に記録を残しておきたいな、とも感じたニュースでありました。

20230412_150058_R
▲京成電鉄の主力車両のひとつ、3000形。
新京成の吸収合併により、車両導入についても変化が出てくるのか、注目ですね。




【関連ブログ】
「さよなら新京成電鉄」…京成が吸収合併へ - 鉄道プレス
京成電鉄が新京成電鉄を吸収合併へ!2025年4月 : 旅するマネージャーのブログ
京成が新京成を吸収合併へ。千葉日報など報じる: 鉄道ダイヤ改正ニュース
京成、新京成を合併へ: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
新京成、お前、消えるのか…? | Stella Rail Side



【関連ニュースサイト】
京成、新京成を2025年4月に吸収合併へ - 鉄道コム
「新京成電鉄」京成に吸収合併へ 約80年で歴史に幕 車両や運賃はどうなる? | 乗りものニュース
新京成電鉄、解散・消滅へ - 京成電鉄が吸収合併、2025年実施予定 | マイナビニュース
京成電鉄,新京成電鉄を吸収合併へ|鉄道ニュース|2023年11月1日掲載|鉄道ファン・railf.jp
京成電鉄、完全子会社の新京成電鉄を2025年に吸収合併 - トラベル Watch



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【宇都宮ライトレール】一日乗車券の発売開始(2023.11.3)首からかけて全てのドアから乗降可能

栃木県宇都宮市と芳賀町を結ぶLRT「宇都宮ライトレール」では、来る11月3日(金・祝)より一日乗車券の発売を開始することを発表しました。

一日乗車券 発売開始のお知らせ|お知らせ|宇都宮ライトレール株式会社

概要は以下のとおりです。

【一日乗車券の発売開始日】
2023年11月3日(金・祝)9:00〜
当日を含めて3日前から購入可能

【発売場所】
・宇都宮駅東口 定期券うりば (宇都宮駅東口 停留場) 9:00〜19:00 無休
・宇都宮ライトレール車両基地 定期券うりば (平石 下車徒歩2分) 9:00〜17:30 平日のみ

【発売する乗車券の種類】
・大人用一日乗車券:1,000円
・大人用一日乗車券(餃子券つき):1,300円
・子ども用一日乗車券:500円

【券面画像】
2023102801
(上記発表資料(https://www.miyarail.co.jp/pdf/info_20231027.pdf)より引用)

【特徴】
全てのドアから乗り降り可能
(一日乗車券を、周りから見えるように首からかけて乗降

・「来らっせ本店での飲食・購入」「来らっせパセオ店でのお土産購入」に利用できる餃子券(300円)がセットとなった「餃子券付き一日乗車券」もラインナップ
・一日乗車券を「来らっせ本店 日替わり店舗」で提示すると、ワンドリンクサービス
(参考)
来らっせ|宇都宮餃子会公式サイト|餃子の街 宇都宮でおいしい餃子を食べ歩こう。


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



20230904_121826
▲宇都宮駅東口で発車待ちをする宇都宮ライトレールHU300形。
11月3日より「一日乗車券」が発売されます


今年8月26日に開業した「宇都宮ライトレール」。
私自身は、開業間もない9月4日に早速乗車し、平日昼間で豪雨の中でも安定した利用者があったことから、利用者が順調に定着していることを体感してきました。


混雑の緩和から、開業2ヶ月にして早速ダイヤの改正が実施されることも、当ブログで既にご紹介しており、利用者数の好調さがここでも明らかとなっています。


さて、現在、現金とICカードによる利用となっているこの宇都宮ライトレールですが、開業前から「一日乗車券」の設定のニーズは高いように感じていましたが、今回早速発売が開始されることとなり、利用者や来訪者にとっては便利になりそうです。

…というのはいいのですが、個人的に気になっていたのは、「一日乗車券の利用方法」
既に乗車レポートでご紹介しているように、この宇都宮ライトレールでは、ICカード利用の場合は、扉に設置されているカードリーダーにタッチすることで、どの扉でも乗降が可能となっています。
一方で現金利用者は先頭車両の運賃箱に運賃を支払うこととなっています。
LRTのご利用方法|宇都宮ライトレール株式会社

では、一日乗車券は現金みたいに先頭車両の運転席まで移動してきっぷを見せる必要があるのか?という点が気になっていました。
ICカードで全ての扉で乗降できるようスムーズな流れの一方で、一日乗車券の乗客が一斉に運転席に移動すると、そのことでスムーズな乗降の支障となり、遅れの拡大につながります。

その解決策は、「一日乗車券を首からぶら下げて、周りに見えるように乗り降りする」という、一見ユニークなものですが、一方で合理的なものでありました。
周りに見えるようにドアを通過することで、恐らく運転士も扉に付いているモニターで確認が可能ということで、ICカードと同じく信用乗車を一日乗車券でも採用した、ということでしょう。


他社には無いと思われる、斬新な利用方法も今回明らかになった宇都宮ライトレールの一日乗車券。
「宇都宮」らしく餃子お食事券の付いた一日乗車券も設定されています。
秋の行楽シーズンに、一日乗車券を利用して目新しい宇都宮ライトレール乗車と餃子を楽しむ、というのも新たな宇都宮観光ルートともいえますね。



【関連ニュースサイト】
宇都宮ライトレール,「ライトライン一日乗車券」の発売を開始|鉄道ニュース|2023年10月28日掲載|鉄道ファン・railf.jp



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【京急】「エアポート急行」を「急行」に変更へ。2023年11月25日ダイヤ改正実施

京浜急行電鉄(京急)では、来る2023年11月25日(土)にダイヤ改正を実施することを発表しました。

京急線ダイヤ改正を実施します | ニュースリリース | 京浜急行電鉄(KEIKYU)

概要は以下のとおりです。

【ウイングサービスの変更】
・土休日ウイング・シートの運行開始時刻繰り上げ及び運行間隔変更

・平日のイブニング・ウイング14号・16号の運行形態の変更
(快特の後部に「Le Ciel」4両を連結)

【列車種別名称の変更】
「エアポート急行」「急行」に変更
(停車駅は変更無し)



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



今回発表された京急のダイヤ改正では、ウイング・シートの変更や、若干の増発・種別変更はありますが、改正内容としては小規模なものになるかと思います。

その一方で、ある意味大きな話題となているのが、「エアポート急行」の名称消滅でありましょう。

2010年5月のダイヤ改正で設定された「エアポート急行」は、羽田空港から横浜方面への列車として設定されましたが、現在は品川方面への「エアポート急行」も設定されています。

一方で、京急線内の「急行」を全て「エアポート急行」と呼称しているが故に、羽田空港方面には向かわない「急行」も全て「エアポート急行」と称されることになっていました。
(とはいえ、該当する列車はごくわずかでしたが…)

今回、この「エアポート急行」を全て「急行」と称することにより、飛行機マークを記した「急行」の種別表示は姿を消すことになります。

DSC_0919_R
DSC_0918_R
▲エアポート急行新逗子行き(京急蒲田)。
このように、羽田空港を発着し、京急蒲田で折り返して横浜方面と直通運転する種別に「エアポート急行」の種別が設定されました。


ただ、種別の「飛行機」マークについては、引き続き「エアポート快特」は設定されますので、引き続きこれらの種別で見ることができます。

ともあれ、上記の「エアポート急行」の画像も、過去にたまたま撮影していたが故に手元に残っていた次第ですので、日頃の何気ない様子も、記録しておいて決して損は無いな、と改めて感じたニュースでありました。



【関連ブログ】
【京急】「エアポート急行」が消滅へ…急行に統一 - 鉄道プレス
【京急】エアポート急行、消える模様(京急2023年11月25日ダイヤ改正) | Stella Rail Side



【関連ニュースサイト】
京急、11月25日にダイヤ改正 「エアポート急行」は「急行」に名称変更 - 鉄道コム
京急電鉄11/25ダイヤ改正「エアポート急行」名称変更で「急行」に | マイナビニュース
京急電鉄ダイヤ改正「イブニング・ウィング14・16号」運行形態変更 | マイナビニュース
京急「エアポート急行」消滅へ 11月ダイヤ改正でただの「急行」に名称変更 | 乗りものニュース
京急の有料着席列車「ウィング」号、快特に併結へ 途中駅ではドアが開かない!? 11月ダイヤ改正 | 乗りものニュース



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【宇都宮ライトレール】10月23日(月)ダイヤ改正実施。開業2ヶ月で増発等を実施へ

宇都宮ライトレールでは、平日朝の通勤・通学時間帯の混雑緩和を図るため、ダイヤ改正を実施することを発表しました。

10月23日(月) ダイヤ改正を実施いたします|お知らせ|宇都宮ライトレール株式会社

概要は以下のとおりです。

【改正日】
2023年10月23日(月)

【改正内容】
(平日ダイヤのみ)
●上り・朝時間帯
7本の時刻を変更

●上り・19時台
芳賀・高根沢工業団地発平石行きを宇都宮駅東口まで延長

●下り・朝時間帯
1本の時刻を変更

●下り・19時〜20時台
宇都宮駅東口発平石行きを増発



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC00522
▲宇都宮駅東口停留所に到着する宇都宮ライトレールHU300形
開業2ヶ月で、宇都宮駅東口〜平石間で1往復増発のダイヤ改正が実施されます。


この8月26日に開業した「宇都宮ライトレール」。
宇都宮市の東部や芳賀町を結ぶ鉄軌道で、75年ぶりの完全新設の路面電車として開業しました
私自身も開業直後の9月4日、この宇都宮ライトレールに早速乗車し、豪雨の中ではありましたが、沿線の利用が定着していることを実感しました。


開業から2ヶ月を経過しましたが、相変わらず利用者は好調なようで、特に平日朝は沿線から宇都宮駅への利用に加え、宇都宮駅から工業団地、そして大学や高校への利用もあることから混雑が続いているようです。

元々、宇都宮ライトレールの現行ダイヤは、今後快速運転実施などの、本格的なダイヤ改正を見据えた暫定の位置づけですが、そのダイヤでさえも開業2ヶ月という異例のスピードで改正が実施されるところをみても、その好調さが分かります。

もとより市街地であることに加え、上述のとおり大学、高校や工業団地といった、定期利用が見込まれる施設が沿線に数多く所在するのも、この宇都宮ライトレールの強みであるかと思いますが、今回のダイヤ改正ニュースでも、その強みが明らかになった、といえるでしょうし、今後実施されるであろう快速運転などのダイヤ改正の内容も楽しみにしていきたいな、と感じたニュースでありました。




【関連ブログ】
ライトライン、23日にダイヤ改正: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



【関連ニュースサイト】
宇都宮ライトレール ダイヤ改正(2023年10月23日) - 鉄道コム
宇都宮のLRT、早くも「ダイヤ改正」10月実施 増発します!! | 乗りものニュース
宇都宮ライトレール10/23ダイヤ改正、平日朝のホーム混雑緩和図る | マイナビニュース
宇都宮ライトレール、開業2か月でダイヤ改正 通勤ラッシュ対応 | レイルラボ ニュース



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【西武鉄道】東急9000系・小田急8000形を「サステナ車両」として譲受することを発表(2024年度〜2029年度)

西武鉄道では、昨年5月に環境負荷の少ない「サステナ車両」を、無塗装車体、VVVFインバーター制御車両等の他社からの譲受車両として導入することを発表していました。


この度、西武鉄道では、この「サステナ車両」として、東急電鉄9000系及び小田急電鉄8000形を導入することを発表しました。

西武鉄道と東急電鉄・小田急電鉄「サステナ車両」を授受 各社連携して、SDGsへの貢献を加速してまいります :西武鉄道Webサイト
西武鉄道と東急電鉄・小田急電鉄「サステナ車両」を授受|小田急電鉄
西武鉄道と東急電鉄・小田急電鉄   「サステナ車両(※)」を授受 各社連携して、SDGsへの貢献を加速してまいります|ニュースリリース|東急電鉄株式会社

概要は以下のとおりです。

【導入車両】
・東急9000系(1986年導入)
・小田急8000形(1982年導入)

【導入時期】
2024年度以降、2029年度にかけて順次導入予定
2024年度に運行する第1編成は、小田急8000形
東急電鉄9000系は、2025年度以降、順次運行開始予定。

【導入路線】
・東急9000系:
多摩川線、多摩湖線、西武秩父線、狭山線
・小田急8000形:
国分寺線

【車両数】
東急9000系、小田急8000形合わせて約100両


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



昨年5月に西武鉄道が発表した中期経営計画で、俄然ファンの注目を集めたこの「サステナ車両」。
大手民鉄が他社からの中古車両を導入するのが異例ということもあり、果たしてどの事業者のどういった車両が西武鉄道に譲渡されるのか、様々な予想が行われました。

それから1年半ほど経過した本日、ある意味謎に包まれた「サステナ車両」が明らかになりました。
その正体は、現在東急大井町線で活躍している「東急9000系」と、小田急線などで活躍している「小田急8000形」でありました。

DSC06166_R
▲小田急8000形


tokyu_9000_2
▲東急9000系
(提供:ねこ常務(@neko_jomu)様)


いずれもVVVFインバーター制御である一方、小田急8000形は「無塗装ステンレス」ではないことから、車両数も含めた条件に合致した車両を探すことができなかったのかも知れません。

とはいえ、今回の発表により、西武・小田急・東急の車両の動きが、これから具体的に活発になることとなります。

その中で個人的に注目しているのは、西武秩父線の動向です。
ここ西武秩父線には、普通列車用として「4000系」という車両が在籍しています。
2扉・セミクロスシートという、かつての国鉄急行形車両を彷彿とした車内レイアウトは、同じく2扉・セミクロスシートの「東武6050系」と似た思想を感じる方も多いかも知れません。

その4000系が活躍する秩父線では、上述の発表資料のとおり、東急9000系への置き換えが予定されています。
秩父線のみならず、他線区も含めて、2029年度にかけて順次これら「サステナ車両」を導入していく予定ですので、このユニークな4000系が見られるのも、あと長くて5年しか無さそうです。

またこの4000系の一部編成は「旅のレストラン 52席の至福」にも充当されていますが、「2030年度までに車両のVVVF100%達成」(同社発表資料)とあることから、この「52席の至福」にも、何らかの動きが見られるものと思われます。

近年には見られなかった「大手民鉄同士の車両譲受」が行われることとなる今回の発表。
大手事業者同士であることから、他の車両譲渡に比べると、はるかに大きな話題性を有するこのニュース。
今後車両の動きが具体的に見えてくれば、改めてご紹介していきたいと思いますし、私自身も譲渡前後の様子を機会を見つけて記録していきたいな、と感じたニュースでありました。




【関連ブログ】
【西武】サステナ車両は、小田急8000形と東急9000系に | Stella Rail Side
【速報】西武鉄道、東急9000系・小田急8000形を譲受へ!話題の「サステナ車両」 - 鉄道プレス
Msykの業務(鉄道)日誌:西武に小田急・東急の中古電車がやってくる
西武の「サステナ車両」は東急と小田急: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
列車番号T-TAKE(てぃーていく) : 西武鉄道への「サステナ」車両は、東急9000系と小田急8000形に
西武鉄道 小田急電鉄と東急電鉄からサステナ車両を導入へ: TOMOの鉄日誌
小田急8000形の西武への譲渡は何両ぐらいになると考えられるのか : Odapedia 〜小田急のファンブログ〜
【サステナ車両】西武鉄道、東急9000系と小田急8000形を譲受へ | 鉄道ファンの待合室



【関連ニュースサイト】
西武、「サステナ車両」として小田急・東急の車両を導入へ 2024年度から2029年度にかけ順次投入 - 鉄道コム
西武が導入する他社の中古車=「サステナ車両」決定 なんと2車種100両 東急と小田急から | 乗りものニュース
西武鉄道「サステナ車両」東急電鉄9000系&小田急電鉄8000形を譲受 | マイナビニュース
西武,東急9000系と小田急8000形を「サステナ車両」として譲受|鉄道ニュース|2023年9月26日掲載|鉄道ファン・railf.jp
西武、東急9000系・小田急8000形「サステナ車両」約100両導入へ SDGs実現推進 | レイルラボ ニュース
西武「サステナ車両」は東急9000系と小田急8000形!第1編成は2024年度運行開始 | 鉄道ニュース | 鉄道チャンネル
西武の「サステナ車両」=「小田急」に驚きの声 “無塗装”じゃなかったの? 条件変更の理由を聞いた | 乗りものニュース



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

宇都宮ライトレールに乗ってきました(2023.9.4)

DSC00522
▲宇都宮駅東口停留所に入線してくる宇都宮ライトレール・HU-300形車両。


この8月26日(土)に、既存路線の新設などではなく、全くの新設としては実に75年ぶりの路面電車として開業した「宇都宮ライトレール」。
(参考)
75年ぶりの路面電車「芳賀・宇都宮LRT」 では前回の開業路線とは? 路面電車の時代は再び来るのか | 乗りものニュース
【祝】75年ぶりの宇都宮ライトレール開業!…じゃあ75年前の路面電車はどこ? - 鉄道プレス

マイカーの利用が多い北関東エリアである上に、多額の建設費がかかることもあってか、構想は以前からあれど、本当に実現するのか、私自身も不安に感じていたのですが、様々な問題を乗り越えて、この夏、ついに開業に至りました。

今回、2泊3日での旅行の際、この宇都宮ライトレールに寄れるように予定を調整して、このできたてホヤホヤのLRTに乗車してみることにしました。



東北新幹線「やまびこ136号」を宇都宮駅で降りると、そこでは既に、警報級の豪雨となっていました。
こんな豪雨だと運休になっているのではないか、と思い宇都宮駅東口に向かってみると、意外や意外、運行を継続していました。
今後雨も収まることが予想されましたので、運行しているうちにこのまま乗車してみることにしました。

JR宇都宮駅から、宇都宮ライトレールの宇都宮駅東口停留所に向かいます。

DSC00532
DSC00534
▲連絡通路は、LRT開業一色に染まっていました。

続きを読む

【東急電鉄】東横線の有料着席サービス「Q SEAT」は8月10日(木)より開始。平日の渋谷発急行5本に設定

東急電鉄では、2023年度以降に同社の東横線で有料着席サービス「Q SEAT」を導入することを既に発表しています。
阪和線の沿線から : 【東急電鉄】東横線に有料着席サービス「Q SEAT」導入を発表(2023年度以降)

この度、この東横線「Q SEAT」の開始日及びサービス内容が発表されました。

2023年8月10日(木)より、東横線で有料座席指定サービス「Q SEAT」を開始します|ニュースリリース|東急電鉄株式会社
2023年8月10日(木)より、東横線で有料座席指定サービス「Q SEAT」を開始します|東急電鉄

概要は以下のとおりです。

【サービス開始日】
2023年8月10日(木)

【運行区間】
東横線 渋谷駅〜みなとみらい線 元町・中華街駅(種別:急行)

【サービス区間】
・有料座席指定サービス乗車・降車可能区間:渋谷〜菊名
・フリー乗降区間:横浜〜元町・中華街
tokyu_qseat_area
(上記発表資料(https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/b537a57eb0f821158cbaaa5d9452040d413f8f51.pdf)より引用)

【運行本数】
平日の渋谷発元町・中華街行きの5本

【運行時刻】
tokyu_qseat_timetable
(上記発表資料(https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/b537a57eb0f821158cbaaa5d9452040d413f8f51.pdf)より引用)

【使用車両】
5050系
10両編成のうち、4・5号車をロング・クロス転換車両として本サービスで運用。
tokyu_qseat_car
(上記発表資料(https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/b537a57eb0f821158cbaaa5d9452040d413f8f51.pdf)より引用)

【車両設備】
電源コンセントとカップホルダー(一部座席)を設置しているほか、車内Wi-Fiサービスも無料で利用可能。
tokyu_qseat_arrangement
(上記発表資料(https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/b537a57eb0f821158cbaaa5d9452040d413f8f51.pdf)より引用)

【指定料金】
500円(大人・小児一律)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



既に導入が発表されている東横線の有料着席サービス「Q SEAT」。
その概要は既に発表されていましたので、サービスの開始時期と対象列車が焦点でしたが、今回これらの内容が発表されました。

サービス開始は8月10日(木)と、お盆前のサービス開始となりますが、注目は対象列車といえるでしょうか。
上記発表内容のように、東横線でQ SEATが導入される列車は、平日ダイヤの渋谷発元町・中華街行きの5本で、19時台〜21時台に30分ごとの設定となります。

利用者の多い東横線ですので、結構な本数でQ SEATの導入が行われるのでは、とも思ったりしましたが、結果は夕方の5本で、しかも最混雑時を避けた19時以降の設定となっています。

もっとも、先行してQ SEATが導入された大井町線でも、導入当初より設置時間帯が拡大されていますので、東横線でも、今後Q SEATの設定を前後の時間帯に拡大していくことは大いに考えられます。

一方、設定種別に関しては、渋谷始発の「急行」にのみ設定されることとなりました。
東横線では、多くの列車が東京メトロ副都心線に直通運転している一方、一部の急行及び普通は渋谷始発で設定されています。

副都心線への直通列車が多い中、果たしてどのようにQ SEATを設定するのかが気になるところでしたが、答えとしては、渋谷始発の急行列車への設定と、利用者や現場の混乱が少ない方法での導入となったのかな、と個人的には感じています。


既に大井町線で実績のある「Q SEAT」。
東横線では今後、どのようにサービスが拡充されていくのか、引き続きチェックしていきたいと思ったニュースでした。




【関連ニュースサイト】

東急東横線「Q SEAT」8/10サービス開始 みなとみらい線内はフリー区間に | 乗りものニュース
東急東横線「Q SEAT」8/10開始、平日夜の急行5本でサービス実施へ | マイナビニュース
東急東横線で8月10日から有料座席指定サービス「Q SEAT」を開始|鉄道ニュース|2023年7月26日掲載|鉄道ファン・railf.jp



【関連ブログ】
[東急]東横線のQシート、2023/8/10開始。渋谷始発19〜21時台の急行で: 鉄道ダイヤ改正ニュース



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【東京都】上野動物園モノレールの廃止届提出。2019年11月より老朽化のため運休中

東京都交通局では、2019年11月より運休していた上野動物園モノレール(懸垂電車上野懸垂線)について、本日(7月21日)、鉄道事業法第28条の2(事業の廃止)に則り、国土交通大臣宛てに鉄道事業廃止届を提出したことを発表しました。

東京都懸垂電車上野懸垂線の鉄道事業廃止届の提出について | 東京都交通局

概要は以下のとおりです。

【廃止路線】
東京都懸垂電車上野懸垂線
(上野動物園東園駅・上野動物園西駅間、0.3km)

【廃止予定日】
2024年7月21日

届出後、関東運輸局長が届出に係る廃止の日より前に当該廃止を行ったとしても公衆の利便を阻害するおそれがないと認めた場合は、廃止の日を繰り上げることがある。


(参考:鉄道事業法)
(事業の廃止)
第二十八条の二 鉄道事業者は、鉄道事業の全部又は一部を廃止しようとするとき(当該廃止が貨物運送に係るものである場合を除く。)は、廃止の日の一年前までに、その旨を国土交通大臣に届け出なければならない
2 国土交通大臣は、鉄道事業者が前項の届出に係る廃止を行つた場合における公衆の利便の確保に関し、国土交通省令で定めるところにより、関係地方公共団体及び利害関係人の意見を聴取するものとする。
3 国土交通大臣は、前項の規定による意見聴取の結果、第一項の届出に係る廃止の日より前に当該廃止を行つたとしても公衆の利便を阻害するおそれがないと認めるときは、その旨を当該鉄道事業者に通知するものとする。
4 鉄道事業者は、前項の通知を受けたときは、第一項の届出に係る廃止の日を繰り上げることができる


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC09353_R
▲上野動物園を走るモノレール40形

DSC09339_R
▲東園駅に停車中のモノレール40形


このブログでもご紹介したように上野動物園モノレールでは、車両の経年劣化が進んでいることから、2019年11月1日より運転を休止してます。


また、車両の更新に加え、電気設備等についても今後大規模な更新が必要なことから、このモノレールの代替となる新たな乗り物について検討してきて、昨年(2022年)11月に、「コンパクトな乗り物」を想定した、基本方針を発表しました。


新たな乗り物として、小型モノレール等の「コンパクトな乗り物」が想定され、また、現在の上野動物園モノレールと同等の輸送量が確保できる施設であることが示されているなか、現在の上野動物園モノレールから、どのような取扱いを経て新たな乗り物を導入していくのかが気になるところでした。

端的に言えば、「鉄道事業法に基づいた」乗り物となるのか否か、が焦点でありましたが、今回、この上野動物園モノレールについて、廃止届が提出されたことから、新たな乗り物は鉄道事業法に基づかないものとなることが濃厚となりました。

先の過去記事でも「引き続き鉄道事業法に基づく交通機関として運営し続けるのかどうか、気になるところ」と記していましたが、結果は「鉄道事業法に基づかない」こととなりました。

私自身は、休止直前の2019年8月に、この上野動物園モノレールに乗車してきました。


平日夕方の訪問でしたが、既にこの時であっても少なくない鉄道ファンが上野動物園モノレール40形の撮影に勤しんでいましたが、やはり休止を経てここをモノレールが従前どおり走る、ということはならなくなりました。

この時は、たかだか0.3kmのモノレールに乗るために、運賃(150円)よりも高い入園料(600円)を支払って入園し、しかも名物の「パンダ」などには目もくれず、モノレール乗り場に向かって乗車を果たすことができました。

このときのチャンスを逃すと、運休前の乗車は果たせなかったわけですが、今回廃止届が提出されたことから、この時に何としてでも乗車が果たせて良かった、と思う次第です。



鉄道事業法としてのモノレールは廃止となりますが、一方で2026年度には、園内を移動する新たな乗り物が運行されることとなります。
その乗り物がどんな車両で、どのようなルートを走っていくのか。
「鉄道」では無くなることから、このブログで続報を追いかける必要は無いかも知れませんが、これまでこのように取り上げてきたこともありましたので、引き続きこのブログでも今後の動きをご紹介していきたいな、と感じています。



【関連ニュースサイト】
東京都、上野動物園モノレールの廃止届を提出 老朽化で2019年より運休中 - 鉄道コム
上野動物園モノレール1年後に廃止へ - 廃止予定日繰り上げる場合も | マイナビニュース
東京都交通局,上野動物園モノレールの鉄道事業廃止届を提出|鉄道ニュース|2023年7月28日掲載|鉄道ファン・railf.jp



【関連ブログ】
上野動物園のモノレール、廃止へ: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【京王電鉄】京王線・井の頭線の鉄道乗車ポイントサービス開始(2023.10.1)小児向けは運賃50%還元。回数乗車券は一部を除き発売終了

京王電鉄では、京王線・井の頭線の乗車で「京王トレインポイント」が貯まる「鉄道乗車ポイントサービス」を開始することを発表しました。

2023年10月1日(日)から京王線・井の頭線の鉄道乗車ポイントサービスを開始します |京王電鉄

概要は以下のとおりです。

【開始日】
2023年10月1日(日)

【サービス内容】
京王アプリ内の鉄道乗車ポイントサービスに会員登録したPASMOで同社線に乗車することで、乗車回数や乗車運賃に応じて「京王トレインポイント」を付与。
なお、大人運賃と小児運賃で「京王トレインポイント」の付与方法が異なる。

【大人向け】
同一月内に同一運賃区間を複数回乗車すると、乗車運賃の累計と同一運賃区間の乗車回数に応じて変動する付与率をもとにポイントを付与。
同一月内に同一運賃区間を乗車した場合の付与率:
・5回〜8回:1%分
・9回〜16回:4%分
・17回〜24回:8%分
・25回〜32回:12%分
・33回以上:14%分

【小児向け】
1回の乗車ごとに乗車運賃の50%を付与

【付与イメージ】
01_point_main
(上記発表資料(https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2023/nr20230703_joshapoint.pdf)より引用)

【サービス対象】
「京王アプリ」内の「鉄道乗車ポイントサービス」で会員登録したPASMOが対象

【対象となるPASMO】
カードタイプのPASMO、モバイルのPASMO

【京王トレインポイントの利用方法】
・京王ポントへ交換
1ポイント単位で10%上乗せで交換。
「京王ライナー」座席指定券購入や、京王百貨店での購入等「京王ポイントサービス」対象店で利用可能。
京王ポイントへ交換する際には、京王パスポートカードが必要

【セブン銀行ATMでPASMOへチャージ】
1ポイント単位でPASMOへチャージ可能
チャージ1回あたり88ポイントの手数料が必要

【利用方法イメージ】
04_exchange
(上記発表資料(https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2023/nr20230703_joshapoint.pdf)より引用)

【回数乗車券の発売終了】
・発売終了する回数乗車券:
普通回数乗車券、時差回数乗車券、土・休日割引回数乗車券
(※通学用割引普通回数乗車券・身体障がい者用回数乗車券・知的障がい者用回数乗車券は発売を継続)
・発売終了日:
2023年8月31日(木)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



交通系ICカード普及に加え、コロナ禍後のテレワーク定着等の新たなライフスタイルの定着などによる利用状況の変容により、各鉄道事業者では、これまで発売してきた回数乗車券の代わりに、新たなポイントサービスを実施するところが増えてきました。

今回ご紹介する京王電鉄のサービスもそういった流れの一つであり、同社でも「新たなポイントサービス」の提供開始と引き換えに、これまで発売してきた「回数乗車券」の発売を終了することとしています。


そのニュース自体は特に目新しいものではないのですが、今回発表された京王電鉄の内容では、他社では見られない特徴が2点ありました。

一つは「小児運賃での50%ポイント付与」です。
これまで、小田急電鉄泉北高速鉄道京浜急行でIC利用の場合に小児運賃を均一化する動きをご紹介しましたが、今回の京王では、上述3社とは異なる方法での子育て世代の支援として、小児運賃の実質大幅値下げを実施することとなりました。

大人と小児でポイントサービスの付与率を変える取り組み、というのは個人的には聞いたことがなく、今回の京王電鉄の施策はユニークなものと考えられます。


一方で、もう一つの注目は「ポイントチャージ時の手数料徴収」でしょうか。
この手の付与ポイントでは、事業者グループの店舗等で利用できたり、ICカードのチャージ額に利用できたりするものが代表的で、今回の「京王トレインポイント」も、京王百貨店等で利用できたり、PASMOにチャージできたりします。

しかし、そのうち「PASMOチャージ」では、1回88ポイントの手数料が必要となっています。
これまた、交通系ICカードのポイントチャージに手数料が必要なケースは個人的に聞いたことがなく、これまた利用者にとって注意しないといけない仕組みになっています。


総じて言えば、小児運賃のポイント付与率をアップさせる一方、チャージに関する手数料を利用者に負担させるという、ある意味メリハリを聞かせたポイントサービスとも評価できるでしょう。


そして、このポイントサービスの提供開始と引き換えに回数乗車券の廃止となりますが、その発売終了日は、8月31日(木)と、ポイントサービス開始の一ヶ月前となることにも、注意が必要でしょう。

これまた、通常はポイントサービス開始直前に回数乗車券を廃止することが多い流れの中では特殊なケースともいえるでしょう。


ともあれ、メリットもデメリットも特別なだけに、特に京王電鉄のライトユーザーの方々にとっては、制度の切り替わりのタイミングでは、回数券の買い忘れなど注意しておきたいな、と感じたニュースでありました。

20220821_105932_R
▲永福町駅に停車中の京王井の頭線1000系。
8月末で回数券(一部除く)の発売が終了、10月からは鉄道乗車ポイントサービスが開始となります。




【関連ニュースサイト】
京王 乗車ポイントサービス 導入(2023年10月1日〜) - 鉄道コム
京王 普通・時差・土休日回数券 発売終了(2023年8月31日) - 鉄道コム
京王線乗車でポイントサービス 最大14% - Impress Watch
京王電鉄、鉄道乗車ポイントサービスを開始 - 回数券は発売終了へ | マイナビニュース



【関連ブログ】
京王のポイントサービス、子供は運賃の50%のポイントを付与: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ