阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ: 旅行記・撮影記録

既に当ブログでご紹介しているように、この11月の土休日を中心に空港特急「ラピート」50000系を使用した団体臨時列車が、難波〜和歌山市間で運行されています。

既にこの団体臨時列車を自宅近辺エリアで撮影してきていますが、本日は樽井〜尾崎間の「男里川橋梁」で撮影してみました。

DSC03534_R
▲特急「ラピート」団体臨時列車(樽井〜尾崎)

この男里川橋梁は、下記記事でご紹介したように2017年(平成29年)10月の台風による豪雨の影響で、橋梁に異常が発生し、およそ1ヶ月異常にわたり単線での運行が実施されたところでありました。
(参考)
【南海電鉄】台風21号による豪雨の影響で単線運転となっていた樽井〜尾崎間、11月23日(木・祝)より複線運転に復旧 : 阪和線の沿線から

既に復旧工事は完了しており、工事期間中は立ち入りができなかった河川敷も普通に歩くことができる状態となっていることから、本日はその河川敷から見上げるスタイルで撮影してみました。
「ラピート」の特徴である円形の先頭部を、違った角度から記録してみましたが、いかがでしょうか。

その他、「HYDEサザン」10000系、「百舌鳥・古市古墳世界文化遺産登録記念ラッピング」1000系も記録でき、短い時間ながらも有意義な記録ができました。
DSC03523-2_R
▲「HYDEサザン」10000系
下記記事でご紹介したように、当初今年10月までの運行予定であった「HYDEサザン」ですが、来年秋頃までの期間延長が発表されています。
【南海電鉄】「HYDEサザン」の運行期間延長を発表(2021年秋頃まで) : 阪和線の沿線から

DSC03528_R
▲1000系「百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録記念ラッピング」。
下記記事でご紹介したように、昨年7月からラッピングが実施されています。
当初の予定は今年6月末となっていましたが、引き続き運行しているようです。
【南海電鉄】百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録を記念してラッピング列車運行(2019.7.21〜2020.6.30)7月20日は高野線を特別運行 : 阪和線の沿線から

この「ラピート」団体臨時列車は、今月中の運行となっていますが、機会があればまた別の場所でも撮影することができればいいな、と思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

下記記事でご紹介しているように、この11月の土日を中心に、南海電鉄では空港特急「ラピート」50000系を使用した団体臨時列車を難波〜和歌山市間で運行しています。
【南海電鉄】空港特急「ラピート」貸切による団体臨時列車を和歌山市駅まで運行(2020年11月の土日祝日) : 阪和線の沿線から

自宅近辺を、毎週末「ラピート」が走行するわけなので、可能な限り自宅近辺の撮影可能な場所で記録しておきたいな、と考えているところです。
先週は、下記記事のように、箱作〜淡輪間で撮影しました。
南海電鉄「ラピート」撮影記録(箱作〜淡輪)(2020.11.8) : 阪和線の沿線から

本日は、樽井〜尾崎間の踏切で、上りの回送列車を撮影してみました。
DSC03520-3_R


夕方近くの時間帯となりますが、この時は若干曇っていた模様でした。

来週末も、どこかで撮影できればと思っています。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

本日(11月14日)、鉄道友の会阪神支部・名古屋支部主催の、近鉄特急「ひのとり」8両編成の撮影会に参加しましたので、ご報告します。

「ひのとり」については、下記記事でご紹介しているように、今年3月のダイヤ改正で運行を開始した後、6月には編成増備による増発が実施され、この11月21日(土)からは、8両編成の増備が実施されることにより、更なる増発が実施されることとなっています。
【参考】
近鉄名阪特急「ひのとり」を撮影する(2020.3.15・大和八木駅) : 阪和線の沿線から
【近畿日本鉄道】新型名阪特急「ひのとり」増発を発表。平日10往復、土休日11往復に(2020.6.13〜) : 阪和線の沿線から
【近畿日本鉄道】新型名阪特急「ひのとり」8両2編成の増備により増発を発表(2020.11.21〜) : 阪和線の沿線から

今回の撮影会では、この11月21日に運用を開始する8両編成について、大阪上本町〜青山町間に乗車するとともに、青山町車庫で撮影を実施するというものであります。

運用開始前のピカピカの新車に乗れることや、そもそも「ひのとり」自体の撮影会ということで、これまた望外のイベントであると感じたので、参加費用は割としたのですが、それでも喜び勇んで参加させていただくこととなりました。


大阪上本町駅から「団体列車」となっている「ひのとり」8両編成に乗車します。
ホーム端での撮影は一般客の支障となるため禁止とされたため、入線の様子は省略で、乗車前の案内表示を撮影してみます。
HORIZON_0001_BURST20201114095447789_COVER_R


号車・行先表示器は、「試乗会」「Demonstration run」と、試乗会独特の表示となっていました。
これだけでも、試乗会に向けての高揚感を抱かずにはいられません。
DSC03368-2_R

DSC03369-2_R

DSC03370-2_R


大阪上本町駅を10時4分に発車し、すぐに車内の撮影会が始まります。

続きを読む

下記記事でご紹介しているように、この11月に南海電鉄の特急「ラピート」を使用した団体臨時列車が難波〜和歌山市間で運行されています。


日頃は「ラピート」が走る機会のない泉佐野以南の南海本線で、11月限定とはいえ毎週末決まった時間に運行されるのは、珍しいことでありますし、同時にこの区間での撮影チャンスが増えるというわけです。

このツアーで「ラピート」に乗車するのは、難波から和歌山市の片道のみのため、「ラピート」編成は、和歌山市駅でツアー客を降ろした後、回送されることとなります。
とはいえ、回送列車であろうとも「ラピート」の編成であることには変わりなく、日頃走らない区間での記録を撮っておきたいところです。

本日は、泉佐野以南の南海本線の中でも、「海が見える区間」として、箱作〜淡輪間の「せんなん里海公園」近くで撮影してみました。
「ラピート」自体はりんくうタウン〜関西空港間で海の見える区間を走るとはいえ、それ以外の大阪湾をバックに走る区間は、通常の運行区間では無いので、今回の団体臨時列車ツアーでの運行を象徴する記録、ということで撮影地に選んでみました。

DSC03355-2_R
▲大阪湾とせんなん里海公園をバックに走る南海50000系「ラピート」団臨回送


今回は、時間の都合で上り列車のみ撮影してみましたが、11月28日までの運行期間中、機会があれば日頃「ラピート」が走らない区間で色々撮影できればなと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

叡山電鉄(叡電)の漫画・アニメとのコラボ企画については、下記記事で「ご注文はうさぎですか?BLOOM」「ゆるゆり」とのコラボ企画の撮影記録を、当ブログでもご紹介しました。
叡山電鉄「ご注文はうさぎですか?BLOOM」とのコラボ企画を見にいく(2020.10.29) : 阪和線の沿線から
叡山電鉄「ゆるゆり」とのコラボ企画を見にいく(2020.10.29) : 阪和線の沿線から

これらに加えて、叡電では「おちこぼれフルーツタルト」という作品とのコラボ企画も、この10月より実施しています。
TVアニメ「おちこぼれフルーツタルト」とのコラボレーション企画を実施します|叡山電鉄

「おちこぼれフルーツタルト」(以下、「おちフル」)の概要は、上記発表資料によると以下のとおりとなっています。
アイドルを志して上京してきた高校一年生・桜衣乃は、 ネズミ荘の住民の売れない(元)子役のロコや
ミュージシャンのはゆ、モデルのニナとともに、 新人アイドルユニット「フルーツタルト」を結成!
取り壊しの危機に瀕するネズミ荘を救うため、 芸能界のおちこぼれ達がアイドル活動に七転び八起き!?
(上記発表資料(https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2020/09/news_2020.09.09.pdf)より引用)


この「おちフル」という作品は、私自身叡電とのコラボ企画の発表で初めて知ったくらいでしたが、現在TVアニメも放送されていることから、折角の機会と言うこともあるので、このコラボ車両も撮影してみることにしました。

DSC_2472_R

DSC_2476_R
▲修学院駅に停車中の「おちフル」ラッピング車両

DSC_2473_R
▲側面を撮影してみます。

続きを読む

下記記事で、先日叡山電鉄(叡電)に見にいった「ご注文はうさぎですか?BLOOM」(以下「ごちうさ」)のコラボ企画のご紹介をしました。
叡山電鉄「ご注文はうさぎですか?BLOOM」とのコラボ企画を見にいく(2020.10.29) : 阪和線の沿線から

叡電では、これ以外にもアニメ・漫画作品とのコラボ企画を同時に実施していて、本記事でご紹介するのは、下記過去記事でご紹介した漫画「ゆるゆり」とのコラボ企画です。
(参考)
【叡山電鉄】漫画「ゆるゆり」とのコラボ企画実施を発表。ラッピング車両運行(7.4〜)、コラボきっぷ・コラボイベント(7.24)など多彩な企画を実施 : 阪和線の沿線から

「ゆるゆり」のコラボ企画でも、「ラッピング車両運行」「コラボポスター掲出」「スタンディ設置」などといった、多彩な内容が展開されていますので、下記にてご紹介していきたいと思います。
(「コラボきっぷ」は早々に売り切れた模様です。)


【コラボラッピング車両】
この日(2020年10月29日)は、「ゆるゆり」ラッピング車両も、出町柳〜二軒茶屋の折り返し運用に入っていた模様で、修学院駅で狙いを定めて乗車し、「ごちうさ」ラッピングに続き、再び二軒茶屋駅まで乗車します。

DSC_2483_R


DSC_2486_R
▲「ゆるゆり」ラッピング車両外観(二軒茶屋駅)


続きを読む

叡山電鉄(叡電)では、去る2020年10月10日(土)より、TVアニメ「ご注文はうさぎですか?BLOOM」(ごちうさ)とのコラボ企画を実施しています。
【参考】
【叡山電鉄】TVアニメ「ご注文はうさぎですか?BLOOM」とのコラボ企画を実施(2020.10.10〜)ラッピング車両運行、コラボポスター掲出、スタンディPOP設置を展開 : 阪和線の沿線から

ラッピング車両の運行や、キャラクタースタンディの設置など、今回も定番の企画内容とはいえ、是非とも見にいきたいと思っていましたが、先日、何とか時間を見つけて叡電を訪問することができましたので、その様子をご紹介したいと思います。

【コラボラッピング車両】
DSC_2451_R
▲二軒茶屋駅で折り返し待ちの「ごちうさ」ラッピング車両

DSC_2463
▲修学院駅に停車中の「ごちうさ」ラッピング車両続きを読む

下記記事でご紹介したように、本日(10月24日)、アドベンチャーワールドへ行くがてら、日置川橋梁でも撮影してみることとしました。
きのくに線・日置川橋梁での撮影記録(2020.10.24・午前の部)223系・105系・287系 : 阪和線の沿線から

午前中は、特に一日1本しかない223系/225系の定期列車を撮影し、その後287系「くろしお」や、105系を撮影してみました。


アドベンチャーワールドで、パンダをはじめとした様々な動物を観察した後、日置川橋梁へ再び舞い戻ってきました。
日置川橋梁では、午後は右岸(紀伊日置側)からの撮影が順光となることから、午前中とは場所を変えての撮影となります。


まずやってきたのは、こちらの列車。
DSC03281-3_R
▲普通紀伊田辺行き2330M
ご覧のとおり、105系の500番台で、103系からの改造車両であることが分かる、面影が残る前面となっています。
通常は105系0番台(3扉車)が銃とされているこの線区で、500番台の代走が見られたのは、本当に偶然でありました。
天気のよい日に、このように貴重な代走のシーンを日置川橋梁で撮影できただけでも、十分満足でありました。

前面をアップしてみます。
DSC03281-4_R
103系からの改造の証である運転台が、よく分かります。

DSC03283-2_R
▲普通新宮行き2333M
105系0番台(3ドア)となっています。

DSC03297-2_R
▲特急「くろしお24号」283系
「オーシャンアロー」こと283系の6両編成ですが、グリーン車が新大阪方に連結されています。

283系には、グリーン車が新宮方面に連結されている6両編成が2本と、増結用としてグリーン車が新大阪方面に連結されている3両編成と、グリーン車の無い3両編成が各1本存在しています。

通常は、6両編成2本で運用し、利用者の多い時は増結用の編成を併結していますが、この6両編成が検査等で運用できない場合、増結用の3両編成を2本連結して、代わりに運用することとしています。
DSC03302-2_R
▲3両編成同士の連結面

そのため、通常は見られない「上り列車の先頭車両がグリーン車」の6両編成が見られるわけですが、283系の特徴でもあるイルカを模した先頭車両を、光線状態の良い、午後の日置川橋梁で撮影できたのは、これも併せて満足が得られる撮影記録でした。


「くろしお24号」283系が通過して、もはやこれだけでももう満足でありますが、時刻表上はしばらく列車はないはずなのに、間髪入れずにこんな列車がやってきました。
DSC03310-2_R
ディーゼル音をなびかせてやってきた、黄色の帯の入った2両編成の車両。
「キヤ141系」という試験車で、線路や架線の検測を行う車両です。
勿論、「キヤ141系」がこの日にここにやってくる情報は事前に知るわけもなく、当日ネット上の目撃情報で初めて知った次第です。

これまで「キヤ141系」とうい車両の存在は知ってはいましたが、実物が走っている姿を見るのは初めてでした。
しかも、それを晴天という好条件の日に撮影できたのは、本当に運が良かった、としか思えない結果でした。




本日の午前・午後で、「223系」だけでなく、「283系逆向きグリーン車」「105系500番台代走」「キヤ141系」といった、注目の車両や編成、運用も撮影できたというのは、運の良さが重なったとしか言いようがありません。

予めこういったネタ列車が来るとは思ってもおらず、アドベンチャーワールドのついでに撮影しただけなのに、これだけ注目のネタが揃うとは、もはや恐縮さえもする次第です。

今後も、機会があれば、きのくに線の他撮影地でも105系や283系も記録できればと思います。
流石にキヤ141系は、運良く遭遇できれば、といったところですが・・・




●関連ブログ:
今日の撮影(10月24日)キヤ141が"きのくに線"を南下 : くろしお99号のblog



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

本日(10月24日)、白浜町のアドベンチャーワールドに行くことになっていたのですが、その前後にきのくに線の列車を撮影してみよう、と思い、早朝から自宅を出発し、日置川橋梁(紀伊日置〜周参見)に向かいました。

下記記事でご紹介したように来年(2021年)春のダイヤ改正で、紀伊田辺〜新宮間に227系が導入されることが発表されています。
【JR西日本】きのくに線・紀伊田辺〜新宮間へ新型車両227系導入・ICOCAエリア拡大を発表(2021年春) : 阪和線の沿線から

これにより、この区間を走る105系・223系/225系が見納めになることが濃厚と考えられます。
特に223系/225系については、朝の1列車(周参見7:17発普通和歌山行き2322M)のみに充当されるという、レアな列車であるだけに、ダイヤ改正までに撮影しておきたいな、と密かに考えていました。

本日、朝5時過ぎに自宅を自家用車で出発し、日置川橋梁を渡る223系の姿を撮影することとします。
DSC02971-2_R
▲223系0番台・2500番台の普通和歌山行き2322M

考えてみれば、223系0番台・2500番台や225系が、定期列車で単線の橋梁を渡るのは、恐らくここだけではないかと思われます。
改正後は、そういった光景が見られなくなることから、早朝から出発した甲斐がありました。


アドベンチャーワールドの開園まで時間があるので、列車本数が少ない中で、可能な限り撮影してみます。

DSC02983-2_R
▲特急「くろしお12号」287系
日によっては「パンダくろしお」が充当される列車ですが、この日は通常の塗装でした。

ズームを引いて、日置川流域の様子も分かるように、俯瞰気味に撮影してみます。
DSC02985-2_R



続いてやってきたのは105系の普通列車。しかし、よく見ると、ドアの枚数が4枚です。
DSC03014-2_R
▲普通新宮行き(2329M)

4ドアの105系(500番台)は、投入当初より和歌山線や桜井線で運用されてきましたが、昨年3月のダイヤ改正で227系置き換えられました。
その後多くは廃車されたようですが、一部編成は残存しているようで、この写真のように、3ドアの105系(0番台)の代わりに運用されているようです。

105系500番台の運転台は、前後で形状が異なっており、新宮方はこのように105系0番台と同じ、改造時に取り付けられたタイプの運転台となっています。
一方、逆向き(紀伊田辺方)の運転台は、改造種車の103系の運転台に扉を付けた独特なスタイルでありますが、こちらの側を日置川橋梁で撮影できれば、これまた望外の喜びでありますが、そうそう上手いこといくのでありましょうか・・・


DSC03019-2_R
▲普通紀伊田辺行き(2324M)

こちらは、この線区に通常運用されている、3ドアの105系(0番台)ですが、この車両も来春で置き換えの予定です。

DSC03026-2_R
こちらも引き気味に、流域の様子がわかるように俯瞰ぽく撮影してみました。


以上で、日置川橋梁での撮影の午前の部は終了となり、アドベンチャーワールドへ向かいます。
アドベンチャーワールドの後、午後も日置川橋梁で撮影しようと企んでいますが、果たしてうまいこといきますでしょうか・・・




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

本日(10月4日)、有志による阪堺電気軌道(阪堺)での貸切列車「ことは号」が運行されました。
私は諸々の事情による時間的制約のため、今回は沿線での撮影をさせていただくこととなりました。

さて、撮影記録のご紹介の前に、この「ことは号」について、若干ご説明したいと思います。



「ことは号」の名前は、アイドルマスター・ミリオンライブのキャラクター、「田中琴葉(たなか ことは)」に由来しています。
アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ | バンダイナムコエンターテインメント公式サイト

現在「アイドルマスター ミリオンライブ!」で提供されているゲームは、「シアターデイズ」という音楽ゲームとなっていますが、本作でも勿論、田中琴葉が登場しています。
田中琴葉|アイドルマスターミリオンライブ シアターデイズ

公式サイトの紹介によりますと、田中琴葉は、「みんなに好かれる優等生。真面目で一途な美少女アイドル」という設定になっています。

その田中琴葉の誕生日が10月5日となっており、翌日に控えた「田中琴葉の誕生日」を祝うというのが、この団体臨時列車の目的であります。

当ブログでも、「アイドルマスターミリオンライブ」については、下記記事で、大阪メトロの駅構内に掲出された広告をご紹介したことがありました。
「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」大阪メトロ駅構内掲出広告を見に行く #ミリシタ39トレイン : 阪和線の沿線から
(この時には、田中琴葉の掲出は、大阪メトロ内ではありませんでした。)

このように、私自身も楽しんでいるゲームコンテンツですが、それに由来する団体臨時列車が運行されるということで、今回撮影に勤しんだ次第であります。


前置きはこのくらいにして、撮影記録のご紹介をしたいと思います。


住吉鳥居前〜細井川間での撮影です。
専用軌道から併用軌道へ入るカーブで撮影してみました。
DSC02799_R


DSC02814-2_R
田中琴葉のヘッドマークが既に掲出されています。

DSC02825-2_R


車両は、162号車で、筑豊電気鉄道の赤電カラーが施された車両となっています。
【参考】
『筑鉄電車』×『阪堺電車』共同PR企画第1弾!!合言葉は、『好きっちゃ筑鉄』『好きやねん阪堺』 阪堺電車で筑鉄電車カラーの電車が走ります|阪堺電軌軌道

そんな特別な車両に、これまた本日だけ特別の「田中琴葉」のヘッドマークが掲出される姿を記録できて、これだけでも大満足でありました。



続きを読む

↑このページのトップヘ