阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ: 旅行記・撮影記録

南海電鉄加太線で運行されている観光列車「めでたいでんしゃ」。
ピンク色の「さち」、水色の「かい」、赤色の「なな」の3編成が相次いで登場し、今や加太線を代表する列車として、観光客の注目の的となっています。

その「めでたいでんしゃ」ですが、「めでたい」という名称に違わず、めでたく新年を迎えるという意味も込めてでしょうか、お正月限定のヘッドマークが掲出されているとのことですので、本日(1月2日)、和歌山市駅まで出向いて撮影してきました。

DSC03692-2_R
▲和歌山市駅に到着する「めでたいでんしゃ さち」編成

この日は、「さち」編成のみが運用されていました。
日中は、和歌山市駅で5分程度で折り返していくため、急いでホームに戻って近くで撮影してみます。

DSC03709_R
▲和歌山市駅に停車中の「めでたいでんしゃ さち」

DSC03704-2_R
▲「謹賀新年」ヘッドマーク


続きを読む

南海電鉄の新型車両として、2015年から投入が続いている8300系。
当初から投入されていた南海線に加え、2019年からは高野線にも投入が開始され、両線の老朽化した車両を順次置き換えています。

このうち、南海線で運用される8300系について、専ら8300系のみ、または1000系との併結で運用されてきましたが、今月初めから、12000系と併結されて特急「サザン」に運用されるようにもなりました。

年末年始の休みが始まった本日、時間をみつけてこの8300系「サザン」の記録を、自宅近辺で撮影してきました。

DSC03624-2_R
▲8300系を線等にした「サザン」難波行き。

DSC03626-2_R
▲種別表示は、日本語「特急 サザン」、英語「Ltd. Exp. SOUTHERN」と交互に切り替わります。

DSC03648-2_R
▲尾崎〜鳥取ノ荘間の尾崎4号踏切で撮影です。


この12000系ですが、デビュー当初は8000系とのペアで運行されていましたが、その後9000系とも併結されるようになり、そして今回、8300系とも併結されるようになり、運用の幅が更に広がったといえるでしょう。

肝心の8300系の新規投入は、6000系の置き換えもあり、しばらくの間高野線が中心となりますが、その後7100系の置き換えとして8300系が更に投入された場合、12000系の追加投入もあり得るのかも知れませんが、それがいつ頃になるのか、のんびり期待して待ちたいところであります。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

先週末の話ですが、用事のため和歌山駅へ出かけた帰り、和歌山線ホームに227系1000番台が停車していましたので、何気なく手持ちのスマホで撮影してみました。

DSC_0118
▲227系1000番台(和歌山駅)


既にすっかりお馴染みの光景ですが、よく見ると、1両目のパンタグラフが2本上がっているのが分かります。


和歌山線・桜井線では、105系の時代から、冬季を中心に発生する霜の対策として、架線に付着した霜を取るためのパンタグラフが設置されています。
この、いわゆる「霜取りパンタグラフ」は、227系1000番台でも勿論引き継がれており、上記のようにこの季節になると、車両両端に設置されているパンタグラフを2本とも上げて運行する姿をみることができます。

日頃は気にしていませんでしが、こうしてみるとなかなか迫力がある姿にも感じましたし、今度は沿線で記録することができればと思っています。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

南海電鉄では、2015年より継続的に8300系車両を新製投入し、老朽化した車両の置き換えを実施しています。
昨年度からは高野線6000系車両の置き換えとして、8300系が逐次投入されていますが、その新車の車両メーカーからの輸送(甲種車両輸送)の様子は、このブログでもこれまで度々ご紹介してきたところです。

今回は、下記でご紹介した11月18日到着分に続き、昨日(12月23日)に甲種車両輸送が実施されましたので、その到着した様子を今回もご紹介したいと思います。
(参考)



DSC03553_R
DSC03555_R
▲8300系を牽引してきたDD51型ディーゼル機関車。
新車両輸送の任を終え、和歌山市駅の構内で停車している姿も、見慣れたものとなってきたように感じます。

続きを読む

当ブログ下記記事でご紹介したように、本日(12月5日(土))から鉄道むすめ「黒潮しらら」と、位置情報ゲーム「ステーションメモリーズ!」とのコラボ企画が実施されています。
【JR西日本】鉄道むすめ「黒潮しらら」と位置情報ゲーム「ステーションメモリーズ!」とのコラボ企画実施を発表(2020.12.5〜2021.3.21) : 阪和線の沿線から

日頃から「黒潮しらら」を応援し、また「ステーションメモリーズ!」をプレイしている私としては、このイベントは是非とも開始当日に参加したかったのですが、新型コロナウイルス感染症の感染が大阪府内で拡大しており、「重症病床使用率が上昇傾向にあり、今後も上昇が見込まれること」から、「できる限り、不要不急の外出を自粛する」ことが発表されました。

大阪府/感染拡大防止に向けた取組み(府民の皆様へのお願い、イベントの開催、施設について等)
大阪府/第31回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議
(上記対策本部会議資料2-1参照)


勿論、「不要不急の外出の自粛」を「お願い」する内容なので、今回のイベントが「必要至急」と言い切ることもできなくはないでしょう。
一方で非常事態宣言の趣旨を鑑みると、決して少なくないPV数を稼ぐまでになった当ブログの管理人が、この要請の趣旨に反して行動するのは、当ブログの運営方針としていかがなものか、ということから、外出自粛期間が終了するまで、イベント参加は見送ることとしました。

外出自粛期間終了後、ゆっくりチェックポイントを回り、「黒潮しらら」のでんこをゲットしたいと思います。



前置きが長くなりましたが、そんなことから外出も控えないわけですが、それでも折角なので、今回のコラボ企画に参加されている方が多く乗っているであろう、本日の特急「くろしお1号」283系を、近所で撮影してきました。

DSC03548-2_R
▲特急「くろしお1号」283系
(2020.12.5)

ちょっと前まで曇っていましたが、直前になり日が差してきて、朝の光を浴びる283系を撮影することができました。

3号車のサロンには、オリジナル広告が掲出されているとのことですので、この広告も機会があれば撮影しておきたいな、と思う次第です。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

既に当ブログでご紹介しているように、この11月の土休日を中心に空港特急「ラピート」50000系を使用した団体臨時列車が、難波〜和歌山市間で運行されています。

既にこの団体臨時列車を自宅近辺エリアで撮影してきていますが、本日は樽井〜尾崎間の「男里川橋梁」で撮影してみました。

DSC03534_R
▲特急「ラピート」団体臨時列車(樽井〜尾崎)

この男里川橋梁は、下記記事でご紹介したように2017年(平成29年)10月の台風による豪雨の影響で、橋梁に異常が発生し、およそ1ヶ月異常にわたり単線での運行が実施されたところでありました。
(参考)
【南海電鉄】台風21号による豪雨の影響で単線運転となっていた樽井〜尾崎間、11月23日(木・祝)より複線運転に復旧 : 阪和線の沿線から

既に復旧工事は完了しており、工事期間中は立ち入りができなかった河川敷も普通に歩くことができる状態となっていることから、本日はその河川敷から見上げるスタイルで撮影してみました。
「ラピート」の特徴である円形の先頭部を、違った角度から記録してみましたが、いかがでしょうか。

その他、「HYDEサザン」10000系、「百舌鳥・古市古墳世界文化遺産登録記念ラッピング」1000系も記録でき、短い時間ながらも有意義な記録ができました。
DSC03523-2_R
▲「HYDEサザン」10000系
下記記事でご紹介したように、当初今年10月までの運行予定であった「HYDEサザン」ですが、来年秋頃までの期間延長が発表されています。
【南海電鉄】「HYDEサザン」の運行期間延長を発表(2021年秋頃まで) : 阪和線の沿線から

DSC03528_R
▲1000系「百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録記念ラッピング」。
下記記事でご紹介したように、昨年7月からラッピングが実施されています。
当初の予定は今年6月末となっていましたが、引き続き運行しているようです。
【南海電鉄】百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録を記念してラッピング列車運行(2019.7.21〜2020.6.30)7月20日は高野線を特別運行 : 阪和線の沿線から

この「ラピート」団体臨時列車は、今月中の運行となっていますが、機会があればまた別の場所でも撮影することができればいいな、と思います。



●関連ブログ:
Msykの業務(鉄道)日誌:紀ノ川橋梁にて〜ラピート和歌山突入作戦(の返し)を



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

下記記事でご紹介しているように、この11月の土日を中心に、南海電鉄では空港特急「ラピート」50000系を使用した団体臨時列車を難波〜和歌山市間で運行しています。
【南海電鉄】空港特急「ラピート」貸切による団体臨時列車を和歌山市駅まで運行(2020年11月の土日祝日) : 阪和線の沿線から

自宅近辺を、毎週末「ラピート」が走行するわけなので、可能な限り自宅近辺の撮影可能な場所で記録しておきたいな、と考えているところです。
先週は、下記記事のように、箱作〜淡輪間で撮影しました。
南海電鉄「ラピート」撮影記録(箱作〜淡輪)(2020.11.8) : 阪和線の沿線から

本日は、樽井〜尾崎間の踏切で、上りの回送列車を撮影してみました。
DSC03520-3_R


夕方近くの時間帯となりますが、この時は若干曇っていた模様でした。

来週末も、どこかで撮影できればと思っています。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

本日(11月14日)、鉄道友の会阪神支部・名古屋支部主催の、近鉄特急「ひのとり」8両編成の撮影会に参加しましたので、ご報告します。

「ひのとり」については、下記記事でご紹介しているように、今年3月のダイヤ改正で運行を開始した後、6月には編成増備による増発が実施され、この11月21日(土)からは、8両編成の増備が実施されることにより、更なる増発が実施されることとなっています。
【参考】
近鉄名阪特急「ひのとり」を撮影する(2020.3.15・大和八木駅) : 阪和線の沿線から
【近畿日本鉄道】新型名阪特急「ひのとり」増発を発表。平日10往復、土休日11往復に(2020.6.13〜) : 阪和線の沿線から
【近畿日本鉄道】新型名阪特急「ひのとり」8両2編成の増備により増発を発表(2020.11.21〜) : 阪和線の沿線から

今回の撮影会では、この11月21日に運用を開始する8両編成について、大阪上本町〜青山町間に乗車するとともに、青山町車庫で撮影を実施するというものであります。

運用開始前のピカピカの新車に乗れることや、そもそも「ひのとり」自体の撮影会ということで、これまた望外のイベントであると感じたので、参加費用は割としたのですが、それでも喜び勇んで参加させていただくこととなりました。


大阪上本町駅から「団体列車」となっている「ひのとり」8両編成に乗車します。
ホーム端での撮影は一般客の支障となるため禁止とされたため、入線の様子は省略で、乗車前の案内表示を撮影してみます。
HORIZON_0001_BURST20201114095447789_COVER_R


号車・行先表示器は、「試乗会」「Demonstration run」と、試乗会独特の表示となっていました。
これだけでも、試乗会に向けての高揚感を抱かずにはいられません。
DSC03368-2_R

DSC03369-2_R

DSC03370-2_R


大阪上本町駅を10時4分に発車し、すぐに車内の撮影会が始まります。

続きを読む

下記記事でご紹介しているように、この11月に南海電鉄の特急「ラピート」を使用した団体臨時列車が難波〜和歌山市間で運行されています。


日頃は「ラピート」が走る機会のない泉佐野以南の南海本線で、11月限定とはいえ毎週末決まった時間に運行されるのは、珍しいことでありますし、同時にこの区間での撮影チャンスが増えるというわけです。

このツアーで「ラピート」に乗車するのは、難波から和歌山市の片道のみのため、「ラピート」編成は、和歌山市駅でツアー客を降ろした後、回送されることとなります。
とはいえ、回送列車であろうとも「ラピート」の編成であることには変わりなく、日頃走らない区間での記録を撮っておきたいところです。

本日は、泉佐野以南の南海本線の中でも、「海が見える区間」として、箱作〜淡輪間の「せんなん里海公園」近くで撮影してみました。
「ラピート」自体はりんくうタウン〜関西空港間で海の見える区間を走るとはいえ、それ以外の大阪湾をバックに走る区間は、通常の運行区間では無いので、今回の団体臨時列車ツアーでの運行を象徴する記録、ということで撮影地に選んでみました。

DSC03355-2_R
▲大阪湾とせんなん里海公園をバックに走る南海50000系「ラピート」団臨回送


今回は、時間の都合で上り列車のみ撮影してみましたが、11月28日までの運行期間中、機会があれば日頃「ラピート」が走らない区間で色々撮影できればなと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

叡山電鉄(叡電)の漫画・アニメとのコラボ企画については、下記記事で「ご注文はうさぎですか?BLOOM」「ゆるゆり」とのコラボ企画の撮影記録を、当ブログでもご紹介しました。
叡山電鉄「ご注文はうさぎですか?BLOOM」とのコラボ企画を見にいく(2020.10.29) : 阪和線の沿線から
叡山電鉄「ゆるゆり」とのコラボ企画を見にいく(2020.10.29) : 阪和線の沿線から

これらに加えて、叡電では「おちこぼれフルーツタルト」という作品とのコラボ企画も、この10月より実施しています。
TVアニメ「おちこぼれフルーツタルト」とのコラボレーション企画を実施します|叡山電鉄

「おちこぼれフルーツタルト」(以下、「おちフル」)の概要は、上記発表資料によると以下のとおりとなっています。
アイドルを志して上京してきた高校一年生・桜衣乃は、 ネズミ荘の住民の売れない(元)子役のロコや
ミュージシャンのはゆ、モデルのニナとともに、 新人アイドルユニット「フルーツタルト」を結成!
取り壊しの危機に瀕するネズミ荘を救うため、 芸能界のおちこぼれ達がアイドル活動に七転び八起き!?
(上記発表資料(https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2020/09/news_2020.09.09.pdf)より引用)


この「おちフル」という作品は、私自身叡電とのコラボ企画の発表で初めて知ったくらいでしたが、現在TVアニメも放送されていることから、折角の機会と言うこともあるので、このコラボ車両も撮影してみることにしました。

DSC_2472_R

DSC_2476_R
▲修学院駅に停車中の「おちフル」ラッピング車両

DSC_2473_R
▲側面を撮影してみます。

続きを読む

↑このページのトップヘ